2015年7月中(後半)、新宿ニューアート

香盤は1.初芽里奈、2.宮沢あめり、3.藤咲茉莉花、4.チームショー「3Peace」加瀬あゆむ・吉沢伊織・豊田せりか(敬称略)

 

 7月中のある日、最終回割引で4回目トップからからラストまで。
 自分は見たことがなかったポラ館での3人チーム。行けるとしたら4回目だけだが、その4回目はやらないというのであきらめていたが、この日は急遽4回目にチームとの報に家を飛び出てしまった。行く以上はトップの里奈ちゃんを見逃す手はなく、それですっかり焦ってしまった。
 3回目6番さんオープン中に到着。満席で立ち見とテケツで 言われる。とにかく間に合った!3回目終了で中から人が溢れだすのに流れに逆らって場内に入る。なぜかぽっかり空席になっていた盆前に滑り込む。今日は自分にもエロ神が降りて来た!この香盤を最上のシートで見れた幸せ。


 1.初芽里奈さん

 2013年12月結のライブシアター栗橋で初めて見て以来で見るのは2回目。あの時は自分のスト4回目だったな。
 ピンクの浴衣姿でスタート。そこから白と水色のストライプの水着、ヒマワリの柄のワンピース、白いワンピースにハットと忙しく衣装が変わっていく。聞こえてくる音からも、テーマは夏休み、やりたいことがいっぱいで、そんなワクワクを詰め込んだ演目と思う。ピョコピョコと跳ねたり、非常に可愛らしい様子を色々な衣装で見ることができた。
 舞台上には芽生えたばかりの鉢植えが置いてあり、「初芽」に関係しているのか?などと思っていたら暗転が開けると、彼女の背丈ほどもあるひまわりの花が現れた。ステージ後半から黄色系の照明が用いられることが多かったが、この舞台上のひまわりとの相性が良くてとても素敵な視界だと感じた。
 ベット着は白いレース、カップレスでバストが露出しているもの。小さな体に汗の玉を光らせながらの全力パフォーマンスを見る。男子ならばその可憐な存在を守ってあげたくならずにはいられない!後半のポーズベットは小さな体をいっぱいに大きく使う。舞台上に大きな花が開いたように感じる。まぶしいぜ、里奈ちゃん。そして久しぶりにバキバキの美ボディをなんと盆前で見れてしまった。エロ神に感謝!
 自分が見た回はダブルリボンがステージを演出していたが、オープンショーでは、各リボンさんから一掴みづつ受け取って2投していた。リボンを投げてもかわいい。
 一人目のステージで早くも「来れて良かった」と充実した気持ちになる。先鋒としてオーダー以上の仕事ぶりと思った。


 2.宮沢あめりさん。デビューおめでとうございます。
 良い意味で顔のパーツが大きくて、バランスよく調和してカワイイ系のお顔立ち。そしておっぱいも大きい、ブルンブルンと揺れている。ヒップも大きい。グラマーなプロポーション。そして、満面の笑みというか笑顔も大きい、シンプルながら動作も大きい。総称してスケールが大きいとでも言おうか。
 ダンスパート、おや?この衣装は「白○姫」だな。デビュー作でこういったテーマ性の強い演目を持って来たという人は自分の少ない経験の中では初めて。ベットはランジェリー姿に赤いリボンを持って登場。どう使うのかな、と思っていたら右足に巻きつけてそれを手で引きながらポーズを切っていくという使い方で視覚的なアクセントになっていた。新人でグラマーバディながらポーズの姿勢キープはしっかりとされていた。そして立ち上がりは正面・上手・下手へそれぞれ大きく一礼してベット下がり。本舞台上に開脚座りで終演。衣装・リボン・立ち上がりと、デビュー作ながら一工夫ある構成と感じた。
 

 3.藤咲茉莉花さん
 ビン底メガネに三つ編みのおさげ髪、ピンクと青の袴姿で開演。ラブレターを渡そうとして転んでしまったり、コテコテのドジっ子ぶり(笑)卒業式ということだろうか?手に持つ小道具は卒業証書?(ちなみに小道具はハードカバーの書籍で背表紙には「ホテルローヤル」と。ストリップ好きで有名なあの女流作家の本だったかと思う。)
 2曲目は和服姿へ。手には白い和傘。上衣が同じものなので一曲目の衣装から袴の下だけ脱いだということだろう。花・鳥・扇が描かれた鮮やかな色柄。和の演目らしい淑やかな足の運びに身の捌き。ドジっ子はすっかり素敵な大和撫子になったのかなー
 ベット着は着物の下に来ていた桜色の襦袢。ベット中は長い髪が顔にかかって表情があまり読めないまま進行。立ち上がりに髪をかき上げると優しく柔らかな笑顔がのぞく。情感のあるラストだった。
 

 4.チームショー「3Peace」
 加瀬あゆむさん、吉沢伊織さん、および豊田せりかさん(初見)の10年選手が3人で織りなすチームショーはさすがパフォーマンスのレベルがとても高かった。そして多くの場面で手拍子しながら楽しく見ることができた。このチームショーを見れてコストパフォーマンスの良すぎる観劇だった。ちなみに、3人でベットショーってできるのかなと思っていたら、見た範囲では最大2人同時だった。
 だいたいチームショーは盛り沢山過ぎて一発勝負だと記憶要領を超過するという・・・。おおまかな進行と、印象に残っている点を箇条書きで書いていく。


・3人が和服姿に扇子を手に開演。和物?と思うと、アップテンポな音が流れ出し壮観な光景。
・3人が裸エプロンでダンス。
・豊田せりかさんがソロベット。(実は加瀬さんを過去1回しか見ていないので、この人は加瀬さんだったか、それとも初めましての豊田さんかと悩んでいた。)
・3人でストリート系(?)の衣装でセクシーなダンス。
・いおりんさんのソロベット。3人の中で一番思入れのある踊り子さん。かぶりに座っていたため、この日も目を合わせてくれた。優しく微笑んでいる。自分の気持ちがシンクロしていく、優しい気持ちになる、思わず笑顔になる。
・いおりんさんがジャージ姿の体育教師役、他のお二人がブルマーに体操服姿。(体操服がゼッケン入りだったので、ようやくここで加瀬さんと豊田さんの見分けがつく)ダンスの授業という設定だが、ここはお笑いパート。でも最後は踊れる3人がビシッと決めるぜ!武富士のあの曲で(笑)
・本舞台にシースルーのカーテンが引かれ、その向こう側でランジェリー姿で舞う踊り子さん達の姿が。映画のワンシーンのような光景。
・いおりんさんとせりかさんのチームベット。ベット着は裸Yシャツ、エロい!妖艶な女同士のS○Xベット→ポーズベット。10年選手同士のチームのベットは素晴らしい見応えだった。
・袴姿の加瀬さんが登場。本舞台中央には大きな和太鼓が設置されている。和太鼓の演奏が始まる、少し遅れて他のお二人がYシャツに黒のネクタイ、黒のスラックスという男装で舞台に戻ってくる。大変有名なボカロ曲に乗せて3人で踊る。このパートは激しくダンサブルで見ていて熱くなった。特にセンターを努めた加瀬さんが太鼓のバチを手に晴れやかな表情で活き活きと大きく動く姿に見ていてエキサイトした。
・加瀬さんのソロのベットショー。激しいダンスの後だけに全身から汗が吹き出している。照明に汗の玉が光り、情熱的なベットショー。
・立ち上がり、舞台に下がってきたところで、残りのお二人が本舞台上で待ち受けており、3人並んで終演。

 チームの写真は列が「し」の字になっていた。それもそのはず、聞くところによると別々に撮れば3人で2000円だとか。3人で1,000円は破格も破格。並ばない道理が無い。
 オープンショーは3Peaceだけに「ピ~ス!♪」。3人分だけにたっぷりフルコーラス(?)なんとも贅沢な時間だった。

 

 

前の記事「2015年7月中、池袋ミカド劇場」 ⇔ 次の記事「2015年7月結、DX歌舞伎町