2015年6月中、池袋ミカド劇場

香盤は、1.結城綾音、2.京はるな、3.Rika、4.園田しほり、5.目黒あいら、6.榎本らん(敬称略)

 

 

 6月中の初日、1回目3番さん途中~1回目ラストまで、および4回目まる1回分。
 今週のキャッチコピーは「人気舞姫 華麗なステージへ」
 「関西大会(仮称)」だった先週に続き、今週も珍しい香盤。TS系列ながらTS所属の踊り子さんはゼロ。ミカドで比較的よくお見かけするのはしほりんさんとRCさんか。後ろのお二人の代わりにロックの演者さんを一人入れて5香盤にしたら蕨で見れそうな香盤。



 1.結城綾音さん

 おお、ちょうど1年ぶりにステージを見れた。
 4回目のみ。「WICKED QUEEN」。紫の光沢あるドレスで開演。威厳のある、というか尊大な印象を受ける表情・動作。後から調べたらWICKEDは邪悪な、意地悪なという意味のようだ。2曲目では黄色のレオタードに着替え、動きが出てきて若々しさを感じる。ベットは魚肉ソーセージ(?)で天狗。終盤のポーズベットでは変形シャチホコ?、珍しいポーズも見れて、全体に円熟味を感じるステージだった。


 2.京はるなさん
 2個出しだったようだが残念ながら4回目のみ。「どろぼうねこ」が出ていた。黒い猫耳に尻尾で、黒猫ちゃんでスタート。めっちゃ激しいダンス!これは見ていてゴキゲンだ!次に白い制服姿。こちらはもうひとりの登場人物のおまわりさん。かぶりのお客さんから一人選ばれてその人もキャストの一人となる。再びどろぼうねこが登場。お色気な探索活動を経て見事お宝ゲット。手にした大粒の真珠のネックレス、もしや?と思ったらそのもしやで天狗。一粒一粒入っていく。途中ぶらぶらと揺れる光景が激エロい。ついに全部入って完全に隠れてしまい、そのまま少し動きを見せて終演。一度入ってしまうと外観からはわまるでからない。「女性が陰部に物を隠して…」というのも納得。取り出しは最後のオープンで。あらためてこんな長大なものが収納されていたのかと驚く。


 3.Rikaさん
 1回目、「チャイナ」。ほとんど全部見れたと思うが、序盤が見れなかった。キレイなステージ。
 4回目、「安全地帯メドレー」。赤いドレスでスタート。前側の生地が切れ上がっていて覗く足がセクシー&視線が甘い。赤いベット着でオナベ。音楽に疎い自分は「安全地帯」はよく知らなくて、そこまで知ってる曲はかからなかったが最後の最後でメジャーな曲が来る。「これがちまたで噂の演目!」と気付く。ダンスベットが楽しく、そして終演!


 4.園田しほりさん
 この週も日常的に応援している踊り子さんはいない香盤だった為、テケツで「今日は誰にしましょうか?」と聞かれる(笑)迷ったが結局しほりんさんのお名前をコールした。そしてお名前を挙げておいて彼女が働き過ぎではないかと心配になったりする。
 1・4回目とも「ジンギスカン」。白のブラウスに赤のベスト+赤のハーフパンツという出で立ちで始まる。ディスコでフィーバーな1曲目、そして演目名は2曲目に来る。動作が時に軽快で、時に超速で、時にコミカルで。とても楽しい。以前ご本人がアホっぽいダンスと評した「カリスマどっとこむ」をちょっと彷彿とさせる。この人のすごいと思うところは、曲でも衣装でも顔芸でも無く、動作だけで楽しさおもしろさを表現してしまうところ(人間の体ってこんな複雑に自由自在に動くのかと驚くボディコントロールを、それも高速で繰り出しながら)。蛍光ピンクと白のベット着に着替え、しっとりと流麗なベット入り・・・!?横たわらず立位のまま曲が終わる。再びアップテンポな曲にかわり、立位ポーズを一つ入れてダンスベット。熱い演目だった。


 5.目黒あいらさん
 1回目、「フリーダム」。この演目は…ようやく演目名がわかった。白いドレスにハット。胸とハットには花があしらわれている。自分の中ではB系のイメージが強い彼女だが、「フリーダム」のダンスパートにおいては清楚であり、時にハツラツとした少女のような姿を見せる。ベットショー1曲目「後光(和訳)」は、ストリップをきっかけに好きになった曲だが、この曲を2週続けてミカド劇場で聞けたことに不思議な感慨を覚える。そしてベット2曲目、これまた、ストリップを入口に好きになった曲。ミカドの正面の一段高くなった立ち見スペースで全体を余すことなく見たところ、3度見て今までで一番キレイに見えた。
 4回目「アラビア」。白いアラビアンな衣装でスタート。音はB系?ベットショーはゆっくりとしたもの。夜も更けたこの時間、盆正面の最上のシートに座れており、そのプロポーションをきれいだなとじっと見入った。
 


 6.榎本らんさん
 1・3・4回目「Rainbow RC」。ピンクのブラに豹柄の小さな上着、虹色のスカートという衣装でスタート。ベットショーで見せる「L」、長い足が際立つ。
 隣の年配のお客さんが、「今のストリップは若くてスタイルのいい子が出てるんだな!」と演目中にも関わらず興奮気味に話しかけて来るという出来事があった。「後で話を聞きますから」と静かにしてもらい、演目終了後に話を聞くと30年ぶりのストリップだったとか。トリのRCさんのプロポーションにより「30年ぶり」を十分に楽しめたご様子だった。

 

 

前の記事「2015年6月頭、池袋ミカド劇場」 ⇔ 次の記事「2015年6月中、新宿ニューアート