2019年1月頭・渋谷道頓堀劇場

香盤は、0.三番叟 六花ましろ(2~5日)、1.翔田真央(特別出演)、2.石原さゆみ(2~6日 特別出演)/美月春(7~10日)、3.楠かほ(周年)、4.金魚、5.桃歌、6.浅葱アゲハ、7.六花ましろ(敬称略)


 この週で道劇300観劇。春ちゃんの出演する7日以降に3回行った。

 6日まではお正月休みとさゆみちゃんの特別出演が相まって大変な混雑だったそう。7日以降落ち着いたということだったけれどそれでも平日にしてはだいぶ混んでて、楽日は木曜日とは思えぬ混みようで3回目2-3-2、4回目3-3-1進行だった。

 記述は見れた範囲で。


 1.翔田真央さん
 昨年の引退週、楽日夜に最後を見届けに行こうと思っていたらまさかの台風で2回公演。今回のリベンジ公演は楽日を見届けられそうだと思っていたら、なんと楽日前夜に踊り子続ける宣言!またも翔田さんのラストを見届けられなかった(笑)たしかにこの週のステージを見ていて翔田さんまだまだ全然現役で行けると思ったけどさ(笑)世の中色々なことがあるものだなぁ(;^ω^)
 この週見れた演目は、
 「メーテル」。3回目は次の出番の春ちゃんが「9」で冬休み特別・道劇アニメスペシャル!
 「夜鷹」。引退前に翔田さんが最後に作った演目で13周年作。しかし、現役続行ということは今後はまた新しい作品が作られるのかもしれないな。最初見た時に衝撃を受けたのを覚えている。その後も幾度か見る機会があったが、重い演目だし、生きていくということを考えさせられる演目。
 「火の鳥」。現役続行宣言に正直「なんじゃそりゃ?」と思ったけれども、悔しいけれど楽日4回目とても良いステージだった(笑)久しぶりに真央さんのリボンさんが投げているところを見れたのも嬉しかった。奥ゆかしいお人で後方でそっと立ち見をしていることも多いのだけれど、ゆっくりと柔らかな放物線がステージに華を添える見事な職人技。


 2.美月春ちゃん
 1・2・4回目、「正月新作」
 3回目、「9」
 1中までロングで14日間出演。記事アップ日現在も公演中なので、演目については1中の記事にて。



 3.楠かほさん
 デビュー1周年おめでとうございます!
 1周年作の1個出し。水色を多く用いた涼し気な衣装、全般にゆったりとした選曲と踊りでおくる。
 デビュー週以来で楠嬢のステージを見た。ご本人にデビュー週以来という話をしたら「デビュー週にいたのを覚えている」と言っていた。よく覚えているもんだなと驚いた。また1年後に再開することをお約束した(笑)
 

 4.金魚さん
 昨年12頭・渋谷で見た際と同じ演目で、第2作目と第3作目を出していた。


 5.桃歌さん
 桃歌さんはずっと縁が無くて今回初めてステージを見た。ご本人のつぶやきによると新作2個出しだったとのこと。
 1・3回目、レトロな和物の演目。ステージの上手と下手に、折り紙(?)の下がった紐で飾り付け。不思議な世界観。
 2・4回目、オレンジの衣装で始まる。次の衣装のインパクトでかいな!一富士二鷹三茄子!ハチャメチャなステージ。
 2演目がどちらも独特の世界観で、若手ながらこういうステージをする人もいたかと驚かされた。


 6.浅葱アゲハさん

 浅葱さん若干久しぶりになってしまった(^^;
 1・3回目、新作。人魚姫の演目だろうか。水色の着物姿に、扇をひらめかせながら舞う。浅葱さんは着物のイメージが無かったので新鮮。脱衣すると洋風の軽装へ。一旦幕を締め、幕が開くと、ハンモック状に吊られた水色の布でエアリアルパートへ。布の中でまるで水の中を泳ぐよう動作を見せ、包みの中から出て空中ポーズへ移行していく。盆に進みポーズベット。最後にステージに戻り、エアリアルでしめる。
 2・4回目、「12周年作」。見るの久しぶり!初演の当時、自分はメンタルしんどかった時期で、でも、この演目にとても救われた気持ちになったのだった。そんな当時のことを思い出しつつ、あらためてとてもいい演目だなぁとしみじみと。


 7.六花ましろさん
 1・3回目、「ゆきんこ」。見るのは昨年末の休業週以来、懐かしいなぁ。まっしースマイルがまぶしいアイドル系演目。最初にウサギのパーカーを着ているところは前と違っていたな。新たなウサギパーカー姿もとてもキュート!自分はまっしーの足のラインがとても好きで、足の美しさを際立たせるのがまっしーのポーズベット。悠々としたポージングに惚れ惚れとする。
 2・4回目、「傘二本使う着物のヤツ」。翔田さんの演目で、略称「傘二本」。まっしーが受け継いだのか!キリリと引き締まった表情で通す大人の演目。最初の金色の着物姿が鮮やかで大変お美しい。その後の赤い衣装に着替えてからのダンスを見ていてまっしーはダンス上手くなったなぁと何となく感じた。休業中のダンス修行が効いているのだろうか。この演目のベットショーはオナベ。
 この週、久しぶりにまっしーのタンバさんが「ゆきんこ」で場内後方から叩いていた(※タンバリンは袖に入らず大きすぎる音でなければ可)。濃い人達のほとんどが道具持ちだったましろ隊は復帰を機にじっくり見る人達になった。色々なことを抜きにして、あくまで個人的に、またあのタンバリンが聞けて自分はめちゃくちゃ嬉しかった。
 まだ1年、もう1年。長いようで短いようで。色々なことが変わるのだなぁ。


 フィナーレ
 ゲストの浅葱さん含めて7人全員登場の新春フィナーレ。春からたいへん縁起が良い!!


 前の記事「2019年1月頭、池袋ミカド劇場」 ⇔ 次の記事「2019年1月中、渋谷道頓堀劇場