2018年12月結、渋谷道頓堀劇場

香盤は、1.左野しおん、2.花音芽、3.鏡乃有栖、4.本城ナナ、5.松本なな、6.榎本らん(※)
※楽日のみ、1.花音芽、2.鏡乃有栖、3.本城ナナ、4.松本なな、5.榎本らん、6.左野しおん(以上敬称略)


 この週は、回数券割引販売の日と、楽日の2回。


 1.左野しおんさん

 この週をもって引退。お疲れ様でした!
 自分が見れたのは下記の回。演目名は熱心なしおんちゃんのお客さんのつぶやきより。
 3日目1回目、「タンデム」。
 3日目2回目、「フォレストスノウ」。
 楽日1回目、「グランドライン」。
 楽日2回目、「ピーカーブー」。
 楽日4回目、「タンデム」。

 


 2.花音芽さん
 ぼみちゃんのステージを見るのは1年以上ぶりで随分久しぶりだった。
 Twitter見ると新作1個出しだとか。白いロング丈のドレスで盆上に板付いて始まる。黄色いワンピースに着替え、唾広帽をかぶって踊る。頭上にショートヴェールを頂き白いドレス姿、花嫁を思わせる清楚な装いでで盆へ。ドレスを脱ぎ、アクセサリーだけになってポーズベット。演目通して勢いある選曲で疾走感のあるステージ。


 3.鏡乃有栖さん、この週、フルでステージを見れた回は無かった。


 4.本城ナナさん
 1個出し、U!S!A!な演目。キャップに、サングラス、マイクを手に歌詞を口ずさみながらのダンス。パリピだ♪紫の衣装に着替えてまだまだ踊る。シンプルな振付だけど勢いで押し切る。カラフルなベット着でベット入り。一旦カラフルなベット着を床面に置き、Yシャツを握りしめてポーズベット。おもむろにポストカードを客席の1人に渡したりストーリー要素もありそうだけれどどういう筋だろうか。再びカラフルなベット着に身を包みポーズベット。長身がステージ映えするなぁ。
 写真タイムのキャラはイケイケ(笑)今回の演目は次々とコースが入って多忙につき振付師をつけずに作った演目で、アドリブ要素が多い演目だとのこと。
 オープンショーでは投光室に指示を出し、盆を上げて回転させて軟体ポーズを披露する。


 5.松本ななさん
 ななまつちゃんのステージは以前に1回だけ見たことがあって、今回そこからさらに約1年半ぶりと随分久しぶりになってしまった。自分のストリップ応援道の師匠にあたる人が応援している踊り子さんなのでお名前は頻繁に耳にしているのだけれど。前回見た時からダンサブルな印象はあったけれど、久しぶりに見たらめっちゃ良いステージなので驚いた。
 1・3回目、「あいのうた」。アッシュカラーのウィッグにメタリックカラーのセパレートの衣装で始まる。時折照明がぐっとしぼられ、グローブの指先から緑のレーザーがほとばしる。ダンサブルで見応えがあって楽しいステージ。
 2・4回目、「アラビアン」。黒いアラビアンの衣装で、フェイスベールも着けてミステリアスな雰囲気で始まる。ステージ上を縦横無尽に動き続け、情熱的なダンスを見せる。


 6.榎本らんさん
 「バニークリスマス」、以前に翔田真央さんがやっていた演目。昨年11結・渋谷で翔田さんバージョンを見ている。真央さんと同様、らんちゃんも長身・美脚の持ち主でバニーの衣装がよく似合っていて、適切なところに演目が引き継がれたなと思った。
 「シンデレラ」、匠悠那さん→翔田真央さん→榎本らんちゃんと受け継がれてきた演目。この演目の構成が神がかっていると思うので廃盤とならずに受け継がれたのはとても嬉しい。ハッピーデイズなオープンショー時の場内の一体感も他に代えがたいものがある。



 左野しおんちゃん引退に寄せて。

 上にこの週見れたしおんちゃんの演目を並べてみた。大和で見た「ヤミナベF」は好きな演目だったが残念ながら引退週には見られなかった。それにしても「グランドライン」以外は演目名からステージ内容を連想しづらい。
 彼女のコースを追いかけてはいなかったけれど、直前の12中・大和で見たしおんちゃんはラストに向け完全燃焼体制に入っていて良いステージを連発していた。春ちゃんとの友情にも胸を熱くさせられた。春ちゃんといえば、引退週の12結・渋谷のロビーには春ちゃんからしおんちゃんへ見事なスタンド花が贈られていて、しおんちゃんからは写真の時に「驚いたけれどとても嬉しかった」と「春姐さんをよろしくお願いします」と言ってもらった。
 引退週のしおんちゃんのステージはどれも晴れ晴れとした表情でダイナミックなダンスとベットを披露していた。1ステージ1ステージ楽しく、大切に見させてもらった。
 いよいよ楽日、しおんちゃんはその日はトリを務めた。彼女のリボンさんによると初めてのトリだったそうだ。
 自分は実家の大掃除の手伝いを済ませてから急いで道劇に向かい、到着するとちょうど1回目のしおんちゃんのステージが始まるところだった。演目は「グランドライン」。場内は多数のお客さんで賑わっており、また、場内後方に共演の踊り子さん達も勢ぞろいで(?)しおんちゃんのステージを見守り、その後の写真にも踊り子さん達が並んで場内が沸いた。
 この日、本編は専属リボンさんが一人で投げ、オープンショーは自分ともう一人で志願して、はなむけに3方向リボンをした。
 オープンショーでは、その数日前から始めていたそうだが、しおんちゃんはその演目がラストになると衣装や小道具をお客さんに次々と渡していた。しおんちゃんも演目も、もう戻ってくることは無いんだなと実感させられた。
 2回目はたしかオールダブル・オープン有り進行だったような気がする。やはりしおんちゃんの写真はとてもよく売れていた。
 外出し4回目に戻ると、正月休みの場内はまだまだ多くのお客さんで賑わっていた。最終回のステージは「タンデム」、入魂のステージだったと思う。暗転中に共演の踊り子さん達も入ってきていた。場内の熱気・一体感・温かい手拍子には非常に高揚した。ベットショー。専属リボンさんが非常に発奮して最後の最後のステージで大胆なリボン投げを連発し、見ていて度肝を抜かれた(汗)…しおんちゃんもリボンさんも前から知っているけれど、なんだかんだでお似合いのコンビだったとは思う。
 最終回もデジカメショーがあり、しおんちゃんと最後の挨拶をすることが出来て嬉しかった。他の回で話したこともごっちゃになるけれど、しおんちゃんは以前から私のことを「パパ!」と呼び、「パパの家の子になってリボン投げを教わる」という客いじりを繰り返していた。その都度「あなたのパパじゃない」、「うちは子供は2人で打ち止め」と(めんどくせー女だなw)と思いながらあしらっていた。しおんちゃんは最後の最後まで同じ話をするので、最後の最後で折れて、「わかった、来年からうちの子になるといい、もう1人くらいなんとする」と答えた。しおんちゃんは「やったー!」と嬉しそうにしていた。何だこの会話(笑)最後まで面白いお人だった。
 長いデジカメショーが終わり最後のオープンショーへ。3方向からリボンが飛び、場内のお客さんが次々のはなむけのチップを渡していく。場内のほとんどの人が心付けを渡していたように思える。新しい門出のはなむけにとてもとても暖かい空間だった。あっという間に1曲フルコーラスで終わってしまう。しおんちゃんから「もう1回だけお願いします!」と投光室に声をかけ、再度オープンショー。共演の踊り子さんからもご祝儀が手渡されていく。その後、しおんちゃんはこれまでのステージと同様、最後のステージで来ていた衣装や小道具をお客さんに渡していった。自分も最後に青いレッグラップをもらった。
 2度目のオープンショーが終わり、投光さんから終演が告げられると、しおんちゃんが盆に戻ってきて、お客さん一人一人に声をかけながらお見送りをしてくれていた。

 左野しおんちゃんお疲れ様でした。

 

 前の記事「2018 12/11~12/30、浅草ロック座 伊沢千夏引退公演「LAST SCENE」」 ⇔ 次の記事「
祝2019年新春特別興行 新春早朝ヌードショー@BASE-K