2018年12月中、池袋ミカド劇場

香盤は、1.天羽夏月、2.葉月凛、3.悠木美雪、4.六花ましろ、5.南美光、6.水元ゆうな(敬称略)



 12中の楽日、2回目4・5番さん、外出はさみ、4回目4番さんからラストまで。
 お道具無しで手ぶらだったので安心して飲酒観劇。ほろ酔いで女体を見るのも乙なもの。帰る頃にはすっかり出来上がってた(笑)
 記述は見れた範囲で。


 4.六花ましろさん
 2・4回目、「クリスマス」(第27作目)。前年2017年12月結・渋谷の休業週の前半に5日登場しただけだったレア演目が再びお目見え。当時のことが懐かしく思い出された。1年経ってもとってもキュートな「クリスマス」で、4回目は友人のご厚意により出ベソかぶり付きから見れて胸いっぱいお腹いっぱいに(^^)


 5.南美光さん
 2・4回目、和の演目を出していた。きよ葉さんのヌードはとても扇情的な肉付きをしていまさに垂涎ものだ。ベットショーの激しいオナベからポーズベットへの流れも鉄板である。


 6.水元ゆうなさん
 水元さんのステージを見るのは1年以上ぶりだった。
 和の演目。ダンス2曲目(?)で見せてくれたライトセイバー二刀流がとてもスタイリッシュで惚れ惚れとした。


 前の記事「2018年12月中、大和ミュージック」 ⇔ 次の記事「2018 12/11~12/30、浅草ロック座 伊沢千夏引退公演「LAST SCENE」