2018年12月頭、渋谷道頓堀劇場

香盤は、1.美樹うらら、2.金魚、3.坂上祐香、4.美月春、5.園田しほり、6.目黒あいら(敬称略)


 この週は5回。春ちゃんが連投中で、前週は皆勤したし次週もあるので半分に。とはいえホーム道劇の初日に行かなかったのは久しぶりで、自分自身どうにも落ち着かなかったし、3日目になって顔を出したら従業員さんに「初日に来ないから何事かと思った」と言われた(笑)
 7日目は機材トラブル(大人の事情)による中断があって、その後は一回りだけP着になって、何とも落ち着かなかったが、考えようによっては珍しいものが見れた。その後平穏無事なので安心。


 1.美樹うららさん
 美樹うららさんとは1年以上ぶりで久しぶりにステージを見た。
 1・3回目、「新作」。花魁が主役の和の演目。芝居仕立てで、前半は古典的な展開ながら演目の最後は現代的なポップスが流れる意外性のある展開。どういう筋書き何だろうと頭をフル回転させながら見た。写真の時に「自分はこういう筋書きだと思った」という話をしたら、帰ってきた写真の裏面にびっしり演目への思いの丈を綴ってくれていたのには驚いた。
 2・4回目、「周年作」。華やかなドレスで舞う。


 2.金魚さん
 1・3回目、第3作目。白いワンピース、スカートに苺の飾りをあしらった可愛らしいデザインでアイドル風に笑顔で踊る。光沢ある赤いタイトな衣装に着替える。ベット入りし、濃厚なオナベを見せてから、薔薇色のリボンで体をラッピングしながらポーズベット
 2・4回目、自分が前回金魚ちゃんのステージを見た10結・渋谷でも出ていた第2作目。


 3.坂上友香さん
 坂上さんは2週続けて春ちゃんと共演。この週は見れた限りで3個出し。

 「ネズミーランド」、2016年秋に新作としてDXK・横浜ロック座で見た演目。当時のことが懐かしく思われる。
 「mature」、前週・池袋で非常に感銘を受けた演目。渋谷の照明で見るとこれがまた良い。ベットショーの女神感!
 「24作目」、こちらも前週・池袋で見たアイドル演目。


 4.美月春ちゃん
 1・3回目、「あんみつ姫」。自分の記録によると、関東では昨年4結・栗橋の道劇大会以来の登場。春ちゃんのお着物姿がとてもキュートで大好きな演目!
 2・4回目、「愛の讃歌」(4周年作)。前週・池袋に続いての登場。


 5.園田しほりさん
 1・3回目、白い衣装で流れる曲から感じた演目こテーマは生きること(?)。シリアスなテーマを丁寧に美しく踊る。ステージから伝わる胸を打つエネルギーに感動させられた。
 2・4回目、左右の頬に「妖」「怪」、頭に角が生えた妖怪の演目。ベット中、巧みな手の動きで座りながらもダンスしてるような動作に目を奪われた。


 6.目黒あいらさん
 1・3回目、和物の演目。流れる曲のテンポがゆっくりで、じっくり見せる演目という印象。
 2・4回目、◯レイテストショーマンの演目。曰く「幾人かの踊り子がこの映画を元ネタに演目を作ったが最も完成度が高い」。Twitterのタイムラインで激賞され、評判を聞きつけてこの演目を見るために道劇に来たというお客さんもチラホラ。自分はと言えば元ネタの映画を見たことがないので元ネタに対してどうかという視点では評価不能。メインテーマの曲だけは劇場で何度も聞いていた。とてもスタイリッシュな演目。


 フィナーレ
 並んでメンバー紹介のみの通常フィナーレ。


 前の記事「2018年11月結、池袋ミカド劇場」  ⇔  次の記事「2018年12月中、大和ミュージック