2018年9月結、渋谷道頓堀劇場

香盤は、1.榎本らん、2.はな、3.永瀬ゆら、4.浅葱アゲハ、5.六花ましろ、6.翔田真央(敬称略)


 9月結のある日、オープン~2回目フィナーレまで。とても混んでいる日だった。楽日の夜も行こうかと思っていたが大型台風の接近により休演。
 自分にとっての9月は色々あり、劇場には通ってたし都度楽しく過ごさせてもらっていたけれど、心中の一定の部分でずっと内省が続いていた。昨年末も自分にとっての転機だったと思うし、今年の9月もまた転機になったと思う。


 1.榎本らんさん
 1回目、「R♡Cafe」。メイドカフェの演目。白と黒のチェックのメイドさんの衣装でスタート。とても可愛らしい♡その衣装で2曲ダンスして、水色のメイド服っぽいデザインのベット着へ着替える。手にした銀盆の上のパフェにメープルシロップの容器に入ったローションを垂らす。そこから過激さが加速していく。次にもう一つ取り出した銀盆の上には怒張した張型が。こちらにもローションを垂らすと、張形を淫らな手技で攻める。勢いを駆ってうっかり(?)入ってしまうハプニングもw最後は両手での同時攻めに耐え切れずミルク発射。ポーズベットも見せてからステージに戻って笑顔で終演。ベットがエロ過ぎ!!
 2回目、毛皮のコートにブランド財布、ステージ上にはブランド物と思われる紙袋。客席にお札をバラマキ、気持ち良く散財する。気が付けば財布の中は空っぽ。うなだれるRC。ヘルメットを被ってつなぎ姿、ピコピコハンマーを手に肉体労働に従事する。やっとの思いで受け取った給料は雀の涙(´;ω;`)転職して(?)次は夜の蝶か。カップレスブラにガーターストッキングのセクシーな装いで登場。客席から次々とチップがストッキングに差し込まれていく。今度は分厚い給料袋をゲットし、ポーズを切る度に札束を空中に撒き散らす。何とも華々しいステージ!最後は…え、まさかの〇〇オチ(笑)
 この週のRCさんは2演目ともとても楽しく見れた。


 2.はなさん
 1・2回目、本人のつぶやきによれば「弁天小僧」。和物の演目。黒い着物をビシッと着こなし、和傘を手に始まる。勇壮な三味線の音をバックに、どっかとあぐらをかくと着物をはだけて左肩の刺青を見せる。女・遠山の金さんといったところか。見事な風格。
 

 3.永瀬ゆらさん
 1回目、「カウガール」。テンガロンハットを被りカウガールの衣装で始まる。脱衣して黄色い臍出しのベストと、デニムのホットパンツ、太腿まである黒いロングブーツ姿へ着替える。両手で手綱をコントロールして暴れ馬を御すような動作を交えながらスタイリッシュに踊る。虹色の布を携えてベット入りし、腰に巻く。張り型が登場してなんとゆらさんの天狗ベット!天狗のイメージが無い踊り子さんだったので自分には新鮮な驚きだった。写真の時にお聞きしたら古い演目の再演とのことだった。
 2回目、「スペース☆」。2015年2結・池袋で当時の新作として見ていて、3年以上ぶりだ。近未来的でスタイリッシュな衣装は記憶に残っている。音とダンスは久しぶり過ぎて、「こんなのだったっけ?」「うん、こんなのだったような」などと思索しながら懐かしく見ていた。


 4.浅葱アゲハさん
 1・2回目、「ポップコーン」。8結・上野で初演と伝え聞いていたがようやく見れた。星条旗を思わせる帽子と衣装で始まる。道劇客としてはいきなりフィナーレになっちゃったか!?と思う選曲。輝く笑顔を絶やさず華やかなダンスショーが眼前で展開する。青いレースの衣装に着替え、その下にはクリーム系の色使いの下着を身に着けている。スマホをいじりながら、リングと戯れながら、物思いに耽る。ベットショーは全編オナベで、ポーズは切らない。盆を降りてステージ上のリングに取りつきエアリアルのパフォーマンスへ。これまでアゲハさんで見たことのない決めポーズもあったように思えた。華やかなステージの裏側で常に自己を研鑽されているのだろうなと思いを巡らせる。リング上のポーズで終演。


 5.六花ましろさん
 復帰週。お帰りなさいませ!
 1回目、「ゴシック」(復帰作)。白地に金で刺繍が入ったふんわりとした衣装。次に黒い体にピタッとしたラインの軽装で。ダンスがキレてる!アイソレーションって言うんだっけ?これまでの記憶にあった姿よりもまっしーは自由に自信の体をコントロールしながら踊っているように思えた。休業中にレッスンしたりしたそうだけれどもステージに磨きをかけて帰って来られたなと思った。ベットショーは全編オナベ。選曲もちょっと今までの演目と雰囲気違ったかな。
 2回目、「トリックスター」。昨年末以来でお久しぶりの演目をまた見れて懐かしく感じられた。こちらの演目はポーズベット。やっぱまっしーのポーズベットはスラリとした足のラインがとてもとてもキレイだなと惚れ惚れ。


 6.翔田真央さん
 14周年週にしてこの週で引退。お疲れ様でした!
 1回目、「シンデレラ」。不朽の名作!最後にまた見れて嬉しかった。
 2回目、「ドロンジョ」。翔田さんにとてもお似合い演目だと思う。
 自分の記録を見返すと、自分が翔田さんを初めて見たのが2014年4結・渋谷で約4年半前で、通算で65日・24演目でステージを見れた(ステージ「数」はカウントしておらず)。道劇客なので翔田さんはお会いする機会が多い踊り子さんだった。


 フィナーレ
 カットで滞在中無し


 前の記事「2018.9.19~30、坊’s WAR頭ファースト・ジェネレーション/ホームカミング 」 ⇔ 次の記事「2018年9月結、まさご座