2018年3月頭、池袋ミカド劇場

香盤は、1.御幸奈々、2.浅葱アゲハ、3.相田樹音、4. 京はるな、5.箱館エリィ、6.時咲さくら(敬称略)

 

 

 この週は、お時ちゃんのイベントデーと楽日で2回。ミカドでのイベントは初めて見た。
 楽日は、外出していて4回目に戻ったら、だいぶ巻いてて定刻には戻ったが既にお目当ての踊り子さんの出番が終わっていて自分の3頭は予想外に唐突に終了。わかってはいたけれどミカド劇場の定刻は当てにならない(;´・ω・)
 楽日はごく短時間しか場内にいなかったので、記述はほぼイベントデーのもの。

 


 1.御幸奈々さん

 ステージを見るのは約1年弱ぶり。
 1回目、花柄のヴェールを頭に、花柄のドレスを身に纏い始まる。最初の衣装は色柄がきれいで素敵だった。次に、白い衣装へ。流れる音と動作がアラビアンなものに変化する。そして青い衣装へ。スピーディーで精緻なダンスの時間がしばし続く。ベットショーは、座り姿勢で・寝姿勢でも激しく動きながらダンサブルに。
  2・4回目、春らしい色柄の和風のドレスに、手には花の枝を一振り持って始まる。パステルカラーの軽装に着替えると、ミカド劇場の横長のステージをめいっぱい使ってスピーディーでパワフルなダンスを見せる。白いベット着でポーズベット。ベット曲まで聞いて、昨年4中・上野でも見た演目だったと思い当たる。まっすぐな愛を綴ったラブソングに合わせて体全体を大きく使ったポージング。ああそうだ、この演目のベットがとても好きだったんだ。またこの季節にこの演目を出会えて嬉しかった。

 


 2.浅葱アゲハさん
 テケツでお名前をコールした踊り子さん。
 1回目、「モモと時間泥棒」(13周年作)。お久しぶりの周年作、自分が見たのは昨年7月のデラカブぶり。この演目に合わせて作られた周年Tシャツ<モモT>を着てモモちゃんを応援できたのが嬉しかった。最初のモモちゃんはとても可愛らしくて見ていて自然と口角が上がってしまう。次の灰色の男パートは、冷徹な敵役で酷薄な表情ではあるけれどクールなダンスに引き込まれる。ゆったりとしたベットには、あぁきれいなだぁ。と見惚れる。
 2回目、新作。東寺限定と噂された新作を池袋でも見れた(^^♪手には桜の枝を一振り、薄い黄色の和装、その上に光沢のあるシースルーの上着を羽織る。まだ外の桜は咲いていないけれど、一足早い春の訪れに気持ちが華やぐ。ティシューでのエアリアルへ。新作は珍しい構成で、このあとラスト直前までずっとエアリアルだった。エアリアルに充てられた時間が長い分、披露されるポージングが多彩でとても見応えがあった。加えて言うと、ミカド劇場の下から照らすピンクの照明はシンプルで明るさもそれほどではないのだけれど、その分アゲハさんのほりの深い筋肉の陰影がはっきりと映し出される。その肉体美に惚れ惚れと見入る。出ベソでごく短いベットがあり、立ち上がり客席に立ち姿勢でお辞儀をして終演。

 


 3.相田樹音さん
 2回目(多分1回目も同じ演目だったと思う)、イベントデーは雛祭りの当日でもあり、樹音さんは雛祭りの演目を出されていた。雛祭りと言えばの曲が流れ、樹音さんは赤い豪華な着物に身を包み登場。曲が変わり、和楽器が響くテンポの良い曲へ。脱衣して白いシースルーの和装になり、踊りながら帯をほどき、その帯を振って空中でひらめかせる。側転、倒立も交えてエネルギッシュなダンスを展開する。ベットショー、白いシースルーの生地のスカートを腰に巻き、青と黄の薄い布を肩からかけて出ベソへ。弦楽器の響きの中でポーズを切っていく。
 

 

 4.京はるなさん
 1回目、お昼から戻って途中から。2014年12中・池袋で見たブラクラ演目「agape」が出ていた思う(違っていたらゴメンナサイ)。
 2回目、昨年1頭・渋谷でも見たチャイナの演目。ピンク色の体にピタリとしたデザインの衣装。両手に持った光るヌンチャクが光の軌道を描く。ベットでも天狗が光る。ラストはポーズベット。テンションぶち上がる選曲!

 イベントデーからエリィちゃんとのチームショーを始めたらしいがご縁が無く残念(*_*;

 


 5.箱館エリィさん
 この週初めてステージを見た。
 1回目、「媚・妹・Baby 」。「お兄ちゃん…」と音声が流れて、セーラー服姿の三つ編みツインテールのJK姿で登場、おぉ、可愛い子だなぁ!ラブレター(?)が出てきてストーリーがありそうだけど、イベントデーの混雑で人垣の合間を縫って見てたのであまり良く見えず。バスタオルを体に巻いて出ベソへ。シャワーヘッドを手にし、シャワータイム。やがて、シャワーの水流を当てる箇所がアソコへ集中して・・・。そのシーンをお兄ちゃんに見られてしまい、お兄ちゃんとの情事へ雪崩れ込む。濃厚なエアセ〇クスの艶技と、みずみずしい肌と、柔らかなプロポーションと魅力的なベットで、後方の客だまりから背伸びして一生懸命見た(笑)
 2回目、「Too Drunk To Fuck 」。ピンクのドレス姿で始まって、身軽な装いになって、ベットショーは黒いキャミソール姿。ベットショー、指が中まで深々と入るオナベの迫力には、TSの玉菊姐さんが思い起こされずにはいられなかった。

 エリィちゃんはこの日初めてで2演目見て、大変エロいステージをする踊り子さんだなと思った。

 


 6.時咲さくらさん
 デビュー6周年おめでとうございます!

 お時ちゃんとは昨年11中SM大会でのまっしーとのチームショーぶり。懐かしいな。
 1回目、「6周年作」。ピンク色にゴールドの模様が入った華やかな衣装で開演。ゴールドの部分が照明を乱反射してキラキラとした光を投げ返す。次に薄紫の衣装に着替えて踊る。動作がきれいで、何よりお時ちゃんがとても素晴らしい表情をしていて!「喜びに満ち溢れている」そんな表情。それと、途中で合掌する場面があって、色々な人への「ありがとう」なんだろう、お時ちゃんらしいなと思った。ベットショーではゆったりとポーズを切る。最後は、立ち姿勢で左手を前方に差し出す。そこにふわりとリボンが放物線を描き、左手に投げかけられて終演。
 リボンの投げかけは今はあまり見ることのない珍しい光景が見れた。余韻があって美しい終わり方だったな。予定調和ではなく、そこにリボンさんがいたから、そこに手が差し出されたから、阿吽の呼吸が生んだ化学反応だったようだ。やはりライブって面白い!
 2回目も同じ演目。

 


 3日目の2回目フィナーレ時に、「2018.3.3、時咲さくらさんデビュー6周年イベント」が開催された、 

 


 前の記事「2018年2月結、渋谷道頓堀劇場」 ⇔ 次の記事「2018年3月頭、まさご座