2017年5月頭、渋谷道頓堀劇場

香盤は、1.相田樹音、2.左野しおん、3.水鳥藍、4.時咲さくら、5.榎本らん、6.石原さゆみ(敬称略)


 5月頭のある日、3回目2番さん途中~3回目3番さん本編まで、外出はさみ、4回目5番さん途中から4回目トリの方本編まで。
 7日目あたりから水鳥藍さんが新作を出てるということでチラ見しに行った。渋谷も連休中はすごい人出だったらしいが、連休明けの平日とあって満杯という程ではなく落ち着いて見られた。自分の方が全然落ち着きがなくて本編・オープン通しで見れた人は一人もいなかったな(;^_^Aだいたい見れたのが4ステージ。記述は見れた範囲で。


 1.相田樹音さん
 周年週で、渋谷初乗りとのこと。滞在時間の関係でステージ見れず。久しくステージ見れてないなぁ。


 2.左野しおんさん
 3回目、以前にも何度か拝見した「あまちゃん」の演目を2曲目位?から。ベットショーのイメージが何となく見違えたのだけれど、髪飾りと髪型が違うのかなぁと。しおんさんは、肌が白くて滑らかでとてもステージに映えて綺麗なヌード。


 3.水鳥藍さん
 3回目、相田樹音さんからもらった新作「La La land」。薄紫と黒のドレスで始まって、赤いミニ丈の軽装へ。賑やかで華やかな音、運動量豊富なダンス、弾ける笑顔。水鳥さんはほとんど自分で振り付けしてるはずなので、人からもらった演目を踊っているのを見るとやはり普段と動きが違うようで新鮮に見える。ベット入り、黒い下着姿、舞台上に置いた椅子に後ろ向きに座ってゆったりと下着をとっていく。絞られた照明に浮かぶ背面のラインがキレイだな。脱衣が済むとリングを持って盆へ。リングは、手で回転を起こして勢いがつくとふわりと空中の人へ。リング上でのポーズを続けていく。リングから降りた後、盆が上がり、華やかな曲の流れるなかでポーズを決めていく。
 水鳥さんが演目でリングやるのは「The mirrors」以来かな、だいぶ久しぶりに見た。もらって2日でこの演目を出したとか?ロビーのステージ写真コーナーには、たしかに1曲目のドレスを着ている相田樹音さんの写真が掲示されていた。樹音さんもリビングレジェンドだと思うが、水鳥藍という踊り子もすごい。演目の元ネタはタイトルしか知らないのだけれど、このステージを見るととても楽しい作品なんだろうなぁと興味が湧いた。


 4.時咲さくらさん
 この日は滞在時間の関係でステージ見れず。
 

 5.榎本らんさん
 4回目、戻ってきたら始まっていた。一曲目?から。最初の衣装と思われる白い着物をまだ着ていた。RCさんはモデル体形が素敵。


 6.石原さゆみさん
 道劇の階段にはさゆみちゃんのでっかいポスターが。煽り文句はたしか「新たなる旅立」と。引退ロードも残りわずかの道劇の若きエース、自分が通しでステージを見るのは昨年末以来。新作を出していると聞いて出来れば見てみたいと思っていたが、場内でさゆみちゃんのお客さんに聞いたところ、この週は演目を沢山出していて何が出るかわからないと・・・
 さゆみちゃんのステージを見れたのは最後の4回目だけだが、そこで折よく「新作」が登場してくれた。 黒い男装。スリムなラインのスーツをかっこ良く着こなしてなかなかのジェントルマン。次に黒いロング丈のワンピースに着替えてスカートをひらめかせながら踊る。柔らかいけれど華がある動きに目を引き付けられる。その衣装でポーズベット。立ち上がり、盆上にはらりと赤い花びらが散らす。舞台に戻ると袖にハケる。無人の舞台が余韻を残して終演。
 連休後のど平日に沢山のお客さんを残して、写真の列も長いなーと見届けて本編で退出。どうやら引退週の道劇開館記念週も見れそう。ものすごい香盤で大混雑必至かな(;´・ω・)


 フィナーレ
 ほとんど場内にいなかったため見れず。


 前の記事「2017年5月頭、シアター上野」 ⇔ 次の記事「2017年5月中、ライブシアター栗橋