2017年4月結、ライブシアター栗橋

香盤は、1.多岐川美帆、2.美月春、3.新條希、4.平野ももか、5.高崎美佳(敬称略)

29・30日、1・3回目のみチームショー「bitter chestnuts」(新條希・RUI)


 この週は当初2回の予定が、色々スケジュールが変わって3回行けた。栗橋に3回は自己記録タイ。この週は道劇大会ということで、向かって正面の壁の情報に「渋」「谷」「道」「劇」と掲示されていた。道劇客(自称)としては楽しく過ごせた香盤だった。
 読み進めると渋栗「RUI先生」の演目の記述有り。この週は2日間しかやっておらず、5中・渋谷で毎日上演中。ネタバレを見たくない人はご注意を。


 1.多岐川美帆さん
 赤いアラビアン(7作目とのこと)。2結・渋谷で見て以来。笑い無しの演目1個出しでこの週はまじめなたっきーさん。オープンショーはいつも通りだけど(笑)
 たっきーさんは、自分が見だした頃は2個出しの週もあったと記憶しているけど、いつの頃かほぼ1個出しな印象。
 

 2.美月春ちゃん
 奇数回、「恋がしたい」。自分と周囲の人にはもっぱら好評の演目が栗橋でも登場。元々2曲あったベット曲に、間に1曲追加してオナベを見せるように変わっていたので驚いた。


 偶数回、何が出るかなと思っていったところ、、、
 
 きたか…!!

  ( ゚д゚) ガタッ
  /   ヾ
__L| / ̄ ̄ ̄/_
  \/   /
 
 「あんみつ姫」!
 ベットショーでポーズが10個、自分が記憶している限りで春ちゃんの演目の中で一番ポーズ数が多い(応援客視点ではポーズ数は重要w)。「あんみつ姫」は昨年12頭・渋谷以来の登場。どの衣装も可愛くて春ちゃんの持つ雰囲気に良く合っている。ダンスの途中から手元に登場してひらひらと舞う扇子が綺麗だったな(前から扇子使ってたっけ?)。


 3.新條希さん
 「1周年作」(第10作目)。前週の大和に続いて見れた。
 「新作」(第11作目?)。花の模様の衣装を赤い帯で結ぶ(和装になるのかな)。次に濃い青の上下セパレートの衣装へ。大人っぽい振り付けで激しく踊る。ベット着にも青が使われていた。オナベを交え情熱的なベットショーを見せ、後半はポーズベット。照明も青が当てられて「青」が鮮烈な印象を残したステージ。それと、曲が全部男性ボーカルというのもこの演目の特徴と言えるかも。アニソンかな?


 チームショー「bitter chestnuts」(新條希・RUI、29・30日、1・3回目のみ。)
 1回目、「RUI 先生」曲カットver。初出しの1回目を見られた。
 セーラー服にツインテール姿のキュートなのぞみんが舞台上に座り込んで泣いている。背中に悪口を書かれた紙が貼り付けられ、手にしたノートにもマジックで黒々と大きく悪口が書かれている。いじめられっ子のようだ。白いブラウスに黒いスカートのRUI先生が登場。のぞみんを優しく励まし、盆上でキラキラと輝くような笑顔とダンスを見せる。後方からリズムを取りながらうっとりと先生を見入るのぞみん。場面変わってのぞみんが一人で登場。カバンから先生の写真を取り出し自慰にふける。次の場面はRUI先生が彼氏?(人形)とデート。既製品なのか自作なのか、この人形の作りが雑で、しかもマジックペンか何かで気色悪い表情が書いてあるので「うわっ、、、」という感じで苦笑い。RUI先生は、盆上でその人形を操りつつ、人形とのS〇Xベットを展開。こういうシーンは初めて見たなぁw!のぞみんはと言えば、後方の袖から姿をのぞかせ、片手に双眼鏡、もう片方の手には藁人形でストーキング。RUI先生が彼氏?と過ごす時間に不愉快そうな表情を見せる。ことが終わってRUI先生がハケると、舞台中央に彼氏?(人形)が残される。のぞみんが登場しカッターナイフで人形をめった刺しにし、カバンから取り出した家庭用ゴミ袋に詰めると引きずっていき舞台下へ投棄してしまう(青い照明が当てられていて、写真の時間の発言からは海に死体遺棄したんだと)。場面変わって、不安げに歩くRUI先生、彼氏?を探しているのか。後方からのぞみんが近付き、薬物を染み込ませた布でSUI先生の口元を覆う。昏倒して倒れ伏す先生。のぞみんは意識朦朧のRUI先生を抱き起して盆上へ連れて行き、両手を拘束し、覆いかぶさっていく。意識を取り戻したRUI先生はのぞみんの一方的な愛を拒絶する。のぞみんは激情して、先生の首を両手で絞めて殺害してしまうのだった。動かなくなったRUI先生の履いているものを脱がせ、二人の局部をこすりあわせるように死姦して思いを果たす。ラスト、のぞみんはカッターナイフを自らの首元に充てると力を込めて思いっきり引く。先生の死体の上に倒れこみ暗転、終演。3人死亡(人形含む)、誰も幸せにならないダークで衝撃的なチームショーだった。
 3回目のもう一つのチームショーは滞在時間の関係で見れず。


 4.平野ももかさん
 1作目と2作目を出していた。どちらの演目も以前に見たことはある。ももんがーのステージは渋谷でしか見たことなくて他劇で見るのは初めてだった。栗橋の照明で見るステージもキレイだった。
 写真の列が長くてかなりの人気。まだデビュー1年未満ながらどんどんコースも入って、栗橋は早くも3回目とのこと。


 5.高崎美佳さん
 今週のスペシャルゲストのロック嬢。初めてステージを見た。涼しげな目元が記憶に残る美貌。劇場に乗っているのだから18歳は超えているのだろうが「美少女」と言って差し支えないのでは。オープンショーの選曲はアニメ好きなのかな?
 「SSES」(←この演目名はどういう意味なんだろう?)。水色の唾広帽とミニ丈ワンピースの衣装で始まる。ペパーミントグリーンのワンピースに着替える。お肌がスベスベでプロポーションもとてもキレイだった。
 「Sadistic Dance」。この週の中日初演の新作。頭に黒いウサギ?の耳。クールでシャープな曲とダンス。涼しげな美貌が醸す雰囲気にとてもマッチしている。ビスチェとミニスカで、盆上に椅子を持ち込み、椅子を用いたベットショー。


 フィナーレ
 「わっしょいフィナーレ」。道劇大会ということであの道劇フィナーレが栗橋で見れた。自分が見た限り春ちゃんがずっとセンター。なんとゲストのロック座所属・高崎美佳さんも加わり全員参加で。ロック嬢の道劇フィナーレが見れて握手も出来る、道劇大会in栗橋+スペシャルゲストが生み出したミラクル!!最後はトリの高崎さんのマイクで〆


 前の記事「2017年4月中、大和ミュージック」 ⇔ 次の記事「2017年4月結、渋谷道頓堀劇場