2017年2月結、ライブシアター栗橋

香盤は1.永瀬ゆら、2.橘メアリー、3.KAERA、4.大見はるか、5.六花ましろ(敬称略)

 

 

 この週は2回。初日と楽日。栗橋は2回が限界(;^_^A



 1.永瀬ゆらさん
 「スタンダード2」。薄紫の衣装。スカートの前が切れ上がっていて黒い網タイツと赤いパンツがのぞく。紫の衣装を脱ぐと、水色のブラが現れ、レオタードの様な衣装で見せるダンスは健康的に、時に扇情的に。ペールオレンジのベット着。ゆらさんのミニマムボディはとても好みだ。この演目は見たことあったっけか?と思ったが、記録を辿ると2016年3結・TSで一度見ていたようだ。
 「はなれ瞽女」。紫の江戸時代(?)の旅装束。三度傘を被り、これがまた非常に可愛らしい衣装姿。三味線と杖を持つ。盲目の女性を演じているように思われる。黒字に赤で文字が書かれた襦袢。赤い腰巻き1つになって艷やかにセックスベット。芝居系の演目だった。
 後日ご本人のブログを見たら演目名が書いてあった。瞽女という言葉は初めて目にしたが、「ごぜ」と読み、「三味線を弾き歌をうたって渡世する目の見えない女性のことで,特に室町時代以後,遊芸者として各所を巡遊した者についていわれる。(以下略)」※コトバンクより。予備知識無しで見て上のような感想文。演目の主要なテーマはきちんと読み取れた、かな(^^)セリフ・ナレーションの無いステージで衣装・小道具・表情・動作で多くの情報をわかりやすく発信するゆらさんの演技力の賜物であり、感心する。


 2.橘メアリーさん
 「艶〜刹那〜」(第4作目・1周年作)。真正面かぶりから見れた回、力強い視線と表情に圧倒されてまじまじと見つめてしまうのだけれど、素敵過ぎて思わず目を反らしてしまった。あらためて1周年作は良い作品が出来たなと思った。それと、この演目はおすすめの観覧場所があるんだよね。道劇では入り口の近くということだったけれど、栗橋では真ん中より下手寄りあたりだった。狙って座ったわけではなかったが、その瞬間、思わずニンマリしてしまった。わざわざ本人がおすすめする理由がよくわかったwww


 3.KAERAさん
 昨年11結・ミカドでも見た演目。赤い衣装から、金色の衣装に着替え、白いベット着を着る。前半の曲はインドかネパールの音楽かなと思ってお聞きしたところ、やはりインドの音楽だとのこと。異国情緒たっぷり。ベットのラスト曲は邦楽ながら異国にかけた選曲。
 もう1演目は初見。水色のつば広帽にレースのロングスカートのドレス。高音とハーモニーが美しい歌声の曲にのせて舞う。青く抑え目の照明の場内、電飾を多数散りばめたイシスウィングを閃かせながら舞う。幻想的で美しい光景に思わず前のめりになった。こういうステージに出会うと、コースを追う踊り子さんはある程度決まっていても、見に行く香盤が変わればその時々の共演者がそれぞれ趣向を凝らした素晴らしいステージを見せてくれる、そんなストリップの公演形態の魅力を改めて感じる。


 4.大見はるかさん
 新作の「人魚」。水色のブラとミニスカ姿で始まる。人魚の演目と言えば、タイトなロングスカートだったり衣装で人魚とわかるように表現するパターンが多いのでなかなか珍しく思えた。足を揃えて水をかくような動作で人魚を表現していた。水色のフラフープを使ってダンスする場面、曲に合わせてて手拍子をして客席を煽る場面と続く。手拍子は初見の時は合わせられなかったが、2回目からは合わせられた。一体感があって楽しい♪ベットショーは水色のベット着でポーズベット。
 ほぼロックに行かない自分にしては、大見ちゃんは昨年秋から見る機会が多かったがさすがに次は未定(笑)とてもルックスがいいし、まだデビュー1年未満の新人さんなのだけれど、ステージを見ていて一生懸命さと気立ての良さが伝わってくるように感じた。


 5.六花ましろさん
 「魔女」。前週の上野から引き続きの登場。上野には上野の良さはある、と前置きしたう上で・・・ステージの広さ、照明の明るさ・綺麗さが率直に言って段違いじゃないか!栗橋で見る「魔女」はとても良かった。うーむ、まっしーは今週も可愛いであるなぁ(いつもかわいいけど!)このところ仕事でメンタルを削られる局面がちょこちょこ続いてお疲れだったので、まっしーのおっぱいを見ていたらとても癒された。

 もう1演目、久しぶりの17作目が出ていたようだが、初日と楽日で行ったらなんと見れなかった(ToT)/~~~。次週・大和でのお楽しみになってしまった。なので大和は2日目と楽前に行く!


 まっしーの「魔女」は昨年秋の初演から沢山見ている演目で、その演目を栗橋で見て、劇場の音響、特に低音にぐっと迫力が出ているのに驚いた。向かって正面中央に大きなスピーカーが鎮座しておりこれは前は無かったような・・・?栗橋は、前年に閉館の延期した後に改善された照明も実に明るく多彩で、今回の音響の件も加わって、遠くても足を運ぶ価値のある素晴らしい設備を備えた劇場だと思うに至った。
 さらにはこの週のうちに券売機も新調して3頭から稼働だとか。ただ、楽屋は引き続き雨漏りするらしいのでいずれは改修が楽屋にも及ぶように頑張ってもらいたい(客のお前が頑張って金落せよという話っ、、、汗 )


 フィナーレ
 すっかり板に付いてきたまっしーのマイク。カンペを見ずともスラスラ。でも最終回にアドリブを利かせようとするとちょっと嚙んでしまうまっしーもとてもキュート♡2回目のトリの大任お疲れ様でした。これからも栗橋のアイドルとして頑張ってね!


 前の記事「2017年2月中、シアター上野」 ⇔ 次の記事「2017年2月結、渋谷道頓堀劇場