2016年11月結、池袋ミカド劇場

香盤は1.多岐川美帆、2.水鳥藍、3.雛形ひろ子、4.渚あおい、5.葵マコ、6.KAERA(敬称略)


 11結のミカドの祭りの日に参加。お祭りには久しぶりに参戦。招待券や割引券も魅力的ではあるが、むしろお祭りでしか手に入らない写真・グッズ等があるので魅力的なイベント。この日は2Lサイズの合同写真とポスターと、期間半年のスペシャルスタンプカードとなかなかの戦果。入場料分ぐらい元を取った気がしてホクホク♪

 入場してみたら客席の壁(上側)が塗り変わってて驚いた。下側は塗装の下地のようになっていてこれから塗るのだろうか。「あの」レトロなポスターは撤去?あれ好きだったんだけどなぁ(;^ω^)

 あまり時間の無い日で4往復して8ステージ。感想は見れた範囲で。


 1.多岐川美帆さん
 たっきーさんのステージを見るのは8か月ぶりと久しぶりだった。道劇嬢なのに意外とご縁が無い。
 見れた演目は一つ。黄色い「アラビアン」な衣装で始まる。エジ~プシャン♪と幾度か聞こえて来るので、エジプトもアラビア語圏ではあるがより正確には「エジプシャン」な演目なのだろうか。次に縦ストライプでカラフルでハデハデな衣装へ着替える。流れてくる音も、動きもコミカルなものに変わる。衣装には大きな目玉。この衣装なんでやねん(笑)ということでお久しぶりでも相変わらずのたっきーさんのステージ。ベットショーは全裸で。プロポーションもお肌も変わらずお綺麗、、、なんだけどポーズ切りながら目の前のお客さんに変顔してる(笑)。タレントが各人の美しさを競うストリップのステージでベット中に変顔するのこの人だけだよね、きっと。ストリッパーが全員たっきーさんの芸風だったら嫌だけど、彼女が一人我が道を征っている分には楽しい。
 オープンショー、久しぶりにWowWowした(^^♪


 2.水鳥藍さん
 最新作「f」(おそらく第19作目)。白いタイトなミニ丈のワンピース。顔の中央を横切る太い包帯に、両足にも包帯が巻かれた痛々しい姿で開演。自分はゲームの「サイレントヒル」のナースのイメージが思い出されたが、後の展開からして患者役の様子。場面変わり女医の姿へ。眼鏡をかけて、白衣に聴診器に注射器。かぶりの客に聴診器をあて、額に手をあて熱を診て、注射していく。再び怪我人の患者姿へ。顔の包帯を外して一気にスピードアップしてダンサブルな動きへ。ターン、ジャンプ、高速の手さばきを交えて揺るぎないダンスの技量を発揮する。しかし、この演目でのダンスはとても扇情的な味付けだ。それに中指を何度も立ててたいそうお下品である。ベットショーは、透明なビニールの診察着(?)その下にボンデージ風の白い下着。足元は上げ底+ハイヒールの白いエナメルのロングブーツ。かぶりの客ににパンツの紐をほどかせ、聴診器を秘部にあててなまめかしく悶える。白っぽい液の入った太い注射器を股関近くに擦り付ける様は何か象徴的。ハリのあるヒップをうんと強調しながら寝姿勢で2ポーズ。立ち上がり、壁に手をつき、ヒップを突き出し激しく腰をシェイクさせる動作を挟みつつ、両手付きの片足上げと、三点ブリッジを見せて終演。ベットもエロエロだった。
 この日の目的の一つがタイムラインで好評の最新作で無事に見れた。このところたまにしか彼女のステージは見ないけど、そのステージにはやはり不思議と筆が走る。
 「Fellini(特別ver)」。9中・渋谷で見た演目。ベットショーで流れる最後の曲が変わったようだった。前回見たバージョンよりしっとりした印象。

 
 3.雛形ひろ子さん
 この日残念ながらステージ見れず。しかし、夜、劇場前で携帯ポチポチしてたらご挨拶いただく。(ほんとすみません・・・)


 4.渚あおいさん
 「周年作」。舞台上にはスタンドマイクと椅子が設置。赤いドレス、胸元には胸を覆い隠す位の大きな黒いリボン、肩に毛皮のストールをかける。それに黒髪ショートカット(ウィッグ?)に青いカラコン。マイクを手に歌いながらダンスする。ドレスのスカートとストールを外していく。一旦ハケて、黒い軽装で戻ってくる。ここでも踊りながらクルクルとターンして脱衣していく。なかなか見えそうで見えない焦らし感。これぞストリップという感じ!最終的にビスチェと両足のレッグカバーを残し、舞台上の椅子を用いてポーズベット。座り込まずダンサブルなステージが最後まで続く。最初から最後までノリっぱなしでいられた♪選曲はレトロ調??


 5.葵マコさん
 この日テケツでお名前をコールした方。
 「へべれ拳」(8周年作)。この演目は7結・広島で初演初日1回目を見ている。久しぶりに見たこの演目、ここまで全国修行の旅の中で十分に功夫を積んだようで、さらに酔っ払いに、さらにキュートになっていた。お酒を片手に客席の手近なところに絡んでいく。いるいるこういうタチの悪い酔っ払い(笑)あ、でもマコさんのような美人なら大歓迎!ベットショーは、ミカドのピンクの照明が下から照らし上げるプロポーションがとてもキレイでうっとりした。特にバストがの形がキレイで(^^)
 「きいろいのん」。自分が2年前に初めてマコさんのステージを見た日に出ていた演目の一つ。その後も何度か見てるけど、音とダンスに飲み込まれて酔いしれて、終わるころにはスカッとした気分になれる大好きな演目。久しぶりに見れた♪自分の記憶の中のイメージとの大きな違いは、マコさんのプロポーション。この間に好きだったお酒を絶ってぐっとお痩せになっている。自分は前のマコさんがの柔らかいボディラインがとても好きで、いまだにそのイメージが強い。イメチェン(?)後に会うのがこの日で3度目でようやく自分の中のイメージに修正がかかってきた。
 マコさんの未見の演目で気になるのが幾つかあって見れないかと期待していたがご縁が無かった。


 6.KAERAさん
 人と話していたらメモを取るいとまが無くアバウトになってしまった。
 赤い衣装の演目。ターンに合わせてスカートが大きく広がる。エキゾチックな衣装、ダンス、そして音楽。アラビアン、じゃなくて、インドとかネパールな印象を覚えた(違ってたらごめんなさい)


 前の記事「2016年11月結、DX歌舞伎町」 ⇔ 「2016年12月頭、渋谷道頓堀劇場