2016年10月中、池袋ミカド劇場

香盤は1.先島ひより、2.井吹天音、3.天羽夏月、4.上野綾、5.翔田真央、6.浅葱アゲハ(敬称略)


 この週は2回。
 


 1.先島ひよりさん

 半年以上ぶりでステージを見るのはこの週で2度目だった。
 「周年作(新作)」。緑が鮮やかに目に飛び込んで来るアラビアンな衣装。その後の衣装、選曲もエキゾチックなイメージのものでまとめられアラビアンな演目。かなりショートカット&ツーブロックで刈り上げられたサイドがのぞく。控えめなバストと合わせてボーイッシュな印象。しかしながら表情・流し目は実に色っぽくオンナの魅力が香る。


 2.井吹天音さん

 約半年ぶりにステージを拝見。
 赤い変形の和装、右肩が出ていて鯔背な印象。三味線の音がビシビシ鳴り響く。1枚脱ぐと黒いロングパンツが姿を現し、長身かつ長い足が際立ってとてもスタイリッシュ。赤い羽扇子を手に舞う。ベット入り、真っ赤なベット着で後ろ向きに直立する。背中が大きく開いてており綺麗な背面にうっとり。赤いベット着と赤い羽扇子、「赤×赤」の組合せが鮮やかで綺麗すぎる。ベットショーの選曲、突然音が鳴り響く導入に驚かされたがかっこいい選曲だ。白い肌、整ったプロポーションをじっくり見せてもらう。この演目は初めて見てとても好きになった。
 「雨音」。赤い和服に紫の和傘。ベット着は紺の生地にピンク色の花が散る。夜桜のイメージ?かと思っていたら天音さんに聞いたら違うらしい(^^;いずれにしろ色使いがとてもきれいで素敵な衣装だった。音楽が止まり、降りしきる雨の音だけが響き、しっとりとオナベ。ベット後半はポーズベット。


 3.天羽夏月さん
 緑のドレス姿で開演。ボリュームのあるスカートがターンに合わせて大きく広がる。次に水色のミニスカートのワンピース姿を見せる。1・2曲目の選曲からしても乙女のイメージ?これはアイドル的な演目だなー。肉弾アイドル!!ベットはフルヌードで滝汗ポーズベット。おおっ!!見せる人がほとんどいない竹トンボが見れた。(というかできる人がほとんどいない??自分は天羽さんで4人目)眼福眼福。
 赤いドレスで開演。次に赤いハット、ゴールドのジャケット、黒のブラ、黒のロングパンツに着替える。この衣装で高速且つ非常に激しいダンスを見せる!すごい、すごすぎる、、、脳内には「蝶のように舞い蜂のように刺す」という言葉が浮かぶ。ベットショー、赤いベット着で入ってきて、そのうち黒のロンググローブと赤いハットだけの姿になってポーズベットを見せる。またもや竹トンボ炸裂!・・・だけにとどまらず、肩と頭を着けた三点倒立のまま次々とポーズをかえていく、片手で足を持つビールマンも!どういう体幹!?どういう身体能力!?


 4.上野綾さん
 上野さんのステージを見るのも約半年ぶりとお久しぶりだった。
 「エセアイドル」。この演目は2015年7結・DXKで拝見して以来。久しぶりに見た上野さんのステージ、久しぶりに見たこの演目。天真爛漫、元気と可愛さ一杯で楽しく見れた。スライディングはミカド使用で横方向へ。
 「ハロウィン」。黒い衣装に悪魔の角。舞台中央に吊られたリングには白いお化けの布がかけられている。次にバニーの衣装。ぎゃんかわ!リングはお化けからジャックオーランタンへ変身。最後はゲンコツ一発で打ち抜き、オレンジと紫のリングが残る。うさみみのまま白い下着姿へ。あらためてスタイル抜群だな!そして上野さんのリングは初めて見た。上野さんはほんと何でも出来る、すごいなあ。脱衣してベット着を羽織りポーズベット。選曲がこの演目と上野さんの雰囲気(自分は7周年作なら黒の方が好き)にあっててとっても良かった。



 5.翔田真央さん
 「カルメンまお」(12周年作)。9結の渋谷で拝見した今年の周年作。どの衣装も素敵なデザインで見ていて心惹かれる。ベットでは足に見せられる。ランとバイクで鍛えられた長い脚はしなやかな筋肉のシルエットが浮かぶ。
 「鶴の恩返し」。8中の渋谷で拝見した、匠悠那さんから継承した演目。約2か月前に見た初演の週の印象よりも、動きが滑らかになっていたように感じた。ハッピーデイズ!なオープンショーは「オー!」の掛け声が渋谷の時と比べてだいぶ控え目に感じた回も。やっぱり劇場が違うと客層が違う日もあるのかなぁと思ったり。


 6.浅葱アゲハさん
 今週の「誰を見にきましたか?」の方。
 「あきんこ」。秋の演目。この演目のベットショーの「赤」が本当にきれいで都度うっとりしてしまう。
 「かぼちゃ」。自分はハロウィンに興味がない人だけれども、近年の渋谷の街の狂騒を思うとだんだん興味が無いで済まされず影響を受けざるを得なくなってきているのかなと思う。それは余談として、アゲハさんが「かぼちゃ」の演目をやり出すと「今年もハロウィンの時期だな」と感じる。この演目は自分にとってちょっと特別で、1年前にかぼちゃビームにリボンを投げて応援するのを目標にしていたが、今年は何とかそれが出来たのでとてもうれしく思えた。
 ちょっとひさびさの(ご本人のつぶやきによる)演目。劇場でお聞きしたところ約2年ぶりという秋の演目だった。空中で白いテイシューが幕のように卵のようにアゲハさんを包んでいる状態で始まる。紅葉した落ち葉が舞い落ちる。メイド服のような衣装は、ミニスカートの下に一見長ズボンのように見えるレッグカバーを着けている。小気味良い選曲と弾むようなダンスに、エネルギーが連続して小爆発を起こしているようなイメージを受け、心がワクワクと揺さぶられる。クルクルと高速でターンしながら脱衣すると白いタンクトッブとホットパンツに。再びテイシューの上の人に。回転するとアゲハさんはつむじ風となって落ち葉を吹き散らす。痛快!ベットショーは茶色いベット着で。手に一杯の落ち葉を持って戻ってくる。落ち葉を撒き、そこから座り姿勢でいつまでも流れ続けていくように美しく舞う。ベットショーは余韻があるなあ。初めて見れてとても嬉しかった。


 前の記事「2016年10月頭、池袋ミカド劇場」 ⇔ 次の記事「2016年10月結、渋谷道頓堀劇場