2016年9月頭、シアター上野

香盤は、1.さくら、2.葵うさぎ、3.美樹うらら、4.浅葱アゲハ、5.きよ葉(敬称略)



 9月頭のある日、2回目4番さん~3回目4番さんまで
 アゲハさん2回目直前のタイミングぴったりでシアター上野に入場。そこから3回目アゲハさんまでの1回り+α。何故か空いてた上手側壁際のかぶりをGETし絶好のシートから大好きな「pocopoco」と、この夏最後の「おアゲちゃん~」を見れた幸せ(*´∀`*)

 共演の踊り子さんのステージもいずれもとても素晴らしくわずか1回りというスケジュールが恨めしく、帰り際は後ろ髪を引かれて後頭部が禿げ上がるかと思った(^o^;)その甲斐あって程々の時間に帰宅し子供達のお風呂に間に合った。


 1.さくらさん
 昨年末の池袋ミカド劇場以来で約9か月ぶりうわっ!めっちゃ久しぶりになってしまった(^^;
 「パイナップルプリンセス」。初めて見た演目。演目名通りのなんという可愛い衣装!!次に赤いハワイアンな衣装へ。さくらちゃんの激しい腰使いに悩殺される。ベットは憂いを含んだ物言いたげな表情がめちゃくちゃ素敵で、久しぶりにさくらちゃんのステージを見れて嬉しかった。
 


 2.葵うさぎさん
 うさぴょんも昨年末のシアター上野以来。やはり約9か月ぶり。
 水色のワンピース姿、「歌声喫茶、、、」というナレーションが流れ、お盆を手にしているのはウエイトレスさん風?お久し振りなうさぴょんはこの日も元気一杯なダンスを見せてくれた。盆に進み出てお手玉を披露。白いブラとミニスカで次なるはフラフープを披露。バスタオルを巻いてお風呂ルックで登場。ビールで乾杯。工夫を凝らしてバラエティ豊かで、客席を巻き込んでで、とても楽しいステージ。全編手拍子も可能で盛り上がれた(^O^)


 3.美樹うららさん
 光沢のある白い生地に黄色い縁取りのワンピース姿。次に豹柄のブラとミニスカでワイルドな装い。ベットショー、赤い布を広げてひらめかせたり、マフラーのように首に巻いたりしながらポーズベット。いつもながらうららさんのステージがすごくキレイで胸が高鳴った。


 4.浅葱アゲハさん
 「pocopoco」、上手盆かぶりから至近距離で見られた幸せ(*´∀`*)いつもはアップテンポなパートでエキサイトしていることが多いが、この回の上野のシンプルで光量抑え目の照明が、途中静かな曲調になってゆっくりブランコで揺れるアゲハさんの座り姿を美しく際立たせていた。それにはっと気付き心が引き込まれた。大好きで幾度か見ている演目でも、上演される劇場や、その時の環境によってまた違った感慨をもたらしてくれる。やはりライブはたまらない魅力がある。
 「おあげちゃんリゾートにいく」、今年の夏の新作。たまたま今年最後の回を見れた。今年の夏は、初演の6結・池袋ミカド劇場からおあげちゃんと夏の日々を過ごしてきたなぁ(笑)ひと夏お世話になりました!


 5.きよ葉さん
 新作。大きなピンクの羽扇子を両手に、赤系かな?キラキラと輝くタンクトップとロングスカート、頭には小さなハット。ミュージカルぽい選曲かなと思う。2曲目を聞いてどメジャーな選曲に「なるほど」と。レビュー的な演目だ。薄いゴールドのビスチェに黒い下着姿へ。ハケ際、ビスチェを取ると豊かなバストがあらわになる。ついつい穴を開けそうなほど視線を送ってしまったががすぐに暗転(笑)ベットショーは、真っ赤な衣装に身を包み、オナベからのポーズベット。オナベの大迫力はきよ葉さんならでは。音楽の切れ目に聞こえる荒い吐息がハートに突き刺さる。
 これで自分は休業前ラストかな。きよ葉さんのロケットおっぱいとオナベが当座見れなくなると思うと名残惜しく感じられた。


 前の記事「2016年9月頭、DX歌舞伎町」 ⇔ 次の記事「2016年9月中、渋谷道頓堀劇場