2016年8月中、TSミュージック

香盤は、1.水鳥藍、2.有馬美里、3.森かんな、4.かすみ玲、5.虹歩、6.浅葱アゲハ、7.きよ葉(敬称略)


 8月中のある日、2回目6番さん~ラストまで。


 テケツのキャッチコピーは、
 『8月11日~8月20
 暑さ忘れる裸体の美』
 『夏色の人気舞姫
 魅せます熱い裸体美』


 各踊り子さんのキャッチコピーは『』で表示。


 1.水鳥藍さん『華麗に魅せる アイドルポラ』
 3・4回目、「This time has come」(2周年作)のTSバージョンと言えるのかな、4頭渋谷で見ていた記憶と色々と異なっていたように感じた。開演時、人形が唐突に意思を持って動き出すような動作を見せて演目が始まっていく。渋谷と違い本舞台にポールが無いためダンスパートのポールとのペアダンスは少な目。ベット後半に来るポールの演技は、水鳥さんが前回TSに乗った2月頭も含めて見て更に上達が感じられた(2月の演目は周年作では無かったがやはり2演目ともポール)。3・4回目を見て特に3回目の出来映えが良かったように思ったが、最も変化を感じたのはグローブをしなくなったこと。ポール上で披露するポージングは手ではポールを掴まず、足と体で体重を支える(おそらくより高度な)ポーズが中心的になっていた。だからこそグローブの必要性が少なくなったのだろうと推察。グローブを装着する間が無くなって演目の流れもスムーズになったように思うし、また、各ポーズで体がずり落ちることなくしっかり止まって、降りて登り直すことなくポール上で続けざまにポーズを移行していく展開はとても良かった。最後にまた人形に戻るように終演。
 4回目はポール中に痛そうな表情が見えてしまったので心配された。おそらくまた怪我をおして精力的にレッスンをして香盤中はずっとポールをやっているのだろう。ポールをやらない踊り子さんの方が大多数だし、ましてや必ず1日4回ポールをしなければいけないわけではなかろうに、これと決めたら譲らない。突進力、突破力?とでも言ったらいいのか。いかにも彼女らしいなと思いながら見ていた。
 久しぶりに見た水鳥さんやはり良いステージをしていた。次週の8結の岐阜まさご座ではデビュー以来初めて(のはず)トリをとる。デビュー週から知ってる踊り子さんなので何やら感慨深い。


 2.有馬美里さん、『艶やか人気舞姫 楽しい人気ポラ』 
 3回目、「リマニュエル婦人日本館」。前回7中・渋谷でも見た演目。「異人館」というバージョン?があるようだが、ご縁がなくまだ見れていない。この演目の為に髪を切ったというショートカットが色っぽい。そして、やや後方から見ていたんだけれども、ベットショーになると暗めになるTSの照明の下、黒々としたアンダーヘアーがミステリアスに映えていた。
 4回目、「リマの証明」。急用で数分外出して一部見れなかったので印象のみ。選曲、衣装、雰囲気、なんとも形容しがたい独特の「味」がある演目。また、この「味」は有馬さんじゃないと出せないんじゃあんなかろうか。もう1回(以上)きちんと通して見て理解を深めたいところだけれど、でもきっと見てもやっぱり言語化は難しいんだろうなとも思う。


 3.森かんなさん、『新人舞姫デビュー かわいい人気ポラ』
 今週デビュー。おめでとうございます。
 白がベースのワンピース姿で開演。振り付けはシンプル目なもの。新人さんだと最初の衣装の次は即ベット着という展開も多いが、もう一つ別の衣装姿を見ることができた。テンガロンハットにブラとミニスカ、カウガール風?な衣装。ベット着は白いものを身に着けていた。柔軟性が高いなぁ!ポーズベットは前半のダンスパートに比べていきなりストリップとしての形がかなり出来ているように思えた。終盤には新人舞姫によるまさかの片足上げブリッジ炸裂に驚く。


 4.かすみ玲さん、『楽しく魅せる 笑顔の人気ポラ』
 3回目、白いつばひろ帽、白ベースにグリーン、ブラウンが差した衣装。リズミカルにふわり弾むように舞う。昨年末の上野以来で久しぶりに見たが、手足が長くてスタイルがよくて、ダンスもさすがの上手さ。ベット着はゴールドのものでポーズベット。これまた長い手足が映える。
 4回目、チャイナ(?)な演目。本舞台の壁から花道先端のポールの根本まで届く長い白布がかけられ、赤と青2つの花が全面にあしらわれた傘が置かれ、まずセットの手が込んでいる。チャイナ風の衣装に大振りの白い羽扇子。脱衣して白い軽装へ。パンチ等を交えてスピーディーかつキュートな動きを見せる。ベット着は藍色の生地にたっぷりとゴールドの柄が入った贅沢なもの。意思の強さを感じさせる引き締まった表情、トメハネのある動きに引き込まれる。ラスト曲は怒濤の展開!激しい曲に合わせて羽扇子を閃かせ、ポーズを決めていく。場内が興奮の坩堝と化す。手のひらが痛くなるほど手拍子し、終演時には今一度全力の拍手贈った。


 5.虹歩さん、『虹色のアイドル 華麗な人気ポラ』
 3回目、薄紫の和装で始まる演目。身のこなしが美しい。ベット入りの美しく物語性を感じさせる振り付けに引き込まれる。虹歩さんのファンの方によれば「新作」だとのこと。
 4回目、白いコート姿で始まり、次の衣装はスカジャンに蛇柄ズボン。暗闇の中でグローブが発光し指先が光る。動作に合わせて光が乱舞する。この演目もリズムとダンスに触発されて一気にノっていけて、見ていて非常に気持ちいい演目。


 6.浅葱アゲハさん、『エアリアル舞姫 魅せる人気ポラ』
 この日テケツでお名前をコールした方。
 2回目、「12」(12周年作)。2曲目の腰の切り方がかっこいいなぁ。TSの照明で見る「12」もまたキレイで好き。
 3回目、「おあげちゃんリゾートに行く」。その瞬間、唐突に腰紐が宙を舞う。見事な紐捌きに必殺仕事人かと思う。組紐で相手を倒す仕事人いたよね(笑)
 4回目「pocopoco」。久しぶりに見れた大好きな演目。今週この演目が出てると知っただけで興奮冷めやらずにいた。待ちに待ってラスト4回目のステージでついに見れた。特にダンスパートの可愛らしさ、スピーディーかつ爽快なテンポが気に入っていて「pocopoco好き過ぎて発狂しゅる!!」と心の中で叫ぶ。いやまぢでこの演目はストリップの宝だろうよ(特に根拠は無し)。
 ポコポコは今は無き西川口テアトルミュージックにて2014年2中に初披露された演目。自分がアゲハさんを見始めて2週目のことだった。自分がアゲハさんを初めて見た週の演目は当時の自分の記録を見返しても「初めて見たアゲハさんすごい!!」位しか残ってなくて不明。きちんと認識している演目としては「pocopoco」が最初。それとアゲハさんのデジを初めて撮ったのもその時の西川口だったなぁ(T_T)自分にとっての思い出演目との再会はこの上ない幸せだった。


 7.きよ葉さん、3結・TS以来の26回目。『巨乳人気舞姫 色香の人気ポラ』
 2回目、「マリアDEサンバ」。2年前の夏にたまたま自分の観劇コースにきよ葉さんが入り続け何度となく見た演目。たしか去年も見てるな。お久しぶりで今夏も拝見。足の細かな動きから立ち上がった振動が上半身に至る頃には増幅されておりブルブルときよ葉さんの肉感的なボディが弾む。夏にぴったり、熱い!しかし、きよ葉さんのお客さんによればこの演目は出し納めだとか。休業宣言をされているきよ葉さん、そのステージを見られるのもあと少し?と思うと名残惜しく感じられる。
 3回目、「ベリーダンス」。この演目も素晴らしい。ベリーダンス、腰のコインも激しくゆれるがきよ葉さんのおっぱいはもっと激しく揺れている。きよちゃん最高かよ!!
 4回目、「プリチ★ウーマン」。4回目トリ、花道かぶりから。ぷりちーな笑顔、そうかと思えば妖艶な微笑み、白く滑らかな肌、玉の汗、男心を刺激するナチュラルオープンな秘所、それがゼロ距離で。はぁ、、、(うっとり)。
 ストリップ最高ぉ、TS最高ぉ、そして、きよちゃん最高!(大事なことなので2回言いました)


 大変残念ながらTSミュージック最後のお盆興業(TT)素晴らしい香盤を存分に楽しんで、見届けさせてもらった。


前の記事「2016年8月中、渋谷道頓堀劇場」 ⇔ 次の記事「2016年8月結、DX歌舞伎町