2016年7月中、渋谷道頓堀劇場

香盤は、1.有馬美里、2.花咲はな、3.坂上友香、4.JUN、5.伊吹千夏、6.アキラ(敬称略)


 1回目2番さん終わりかけ~1回目5番さんまで。外出はさみ、2回目フィナーレ~3回目2番さんまで。外出はさみ、4回目4番さん途中からラストまで。3往復して(最初から最後まで見れたのは)7ステージ。切れ切れだけど、1人1ステージは見れたな(笑)


 1.有馬美里さん
 3回目、「リマニュエル日本館」。黒い羽織(?)、白地に花柄の和装、から黒い下着姿へ。ベット着は青いガウンに黒の網タイツ姿。いかにも有馬さんらしい選曲にニヤついてしまう。長キセルくわえる様があだっぽい。ベットは得意のオナベ。髪の毛をかなり短く切られて、ボーイッシュと言っていい長さだが、それがまた一層セクシーに見える不思議。


 2.花咲はなさん
 デビュー作リメイク1個出しとのこと。激変、かな。自分の記憶では、1曲目と3・4曲目が前から使われていてラスト曲(5曲目)目は別のものに変わっていた。はなちゃんに聞いたら2曲目を追加したんだとか。フリも変わって、オリジナルバージョンより動きが多くなってたと思うし、何より表情が良くなっていたと思う。かわいい子には旅をさせよ、だな。ちっちゃくて可愛いはなちゃんは、(見に行ってないんだけど)TS・上野と他劇出演も経て踊り子として一段成長してホーム道劇に帰ってきたなと思った。


 3.坂上友香さん
 1回目、「マジックナイト」。前回お会いした2頭・TSでも見た演目。ダンスが可愛い!ベット中に客席を見回しなからにっこり。素敵すぎる笑顔に癒され、浮世の憂さを忘れさせてもらう。それと友香さんのおっぱいはとてもいい!


 4.JUNさん
 1回目、初見の演目。後ろに結んだ髪、カールして揃えられた前髪。デニムのシャツをみぞおちあたりで結ぶ。薄い赤のスカート。クルクル回るとスカートがふわりと広がる♪次が、白いタンクトップとミニスカ。ベットショーは髪を下ろして。薄いオレンジ色の花柄のベット着。濃厚なオナベ。ベット終盤に幾つかポーズを見せて終演。JUNさんのあそこは、、、形状、色合いがとてもエロい。こんなことを言うのはセクハラ以外の何者でも無いが、、、思わず「入れ心地」を妄想せずにはいられないのですよ。最初キレイにセットされていた髪が、その情熱的なショーが終わる頃には汗に濡れ寝乱れているのに何ともエロスを感じる。演目全体を通じて音は古い年代のアメリカ??JUNさんにお聞きしたところ、50年代アメリカを意識していて、初めて振り付けを全て自分でした演目だそう。
 4回目、途中からで全部見れず。JUNさんの和装が見れた。こちらも初めてだった。うむむ、最初から最後まで見たかった(>_<)


 5.伊吹千夏さん
 道劇は聞かれもしないが「今日は誰を見に来ましたか」の人。
 1回目、「vivid」、再演の演目。4年前の演目だとか。多分2014年5中・TSで自分が初めてTSで千夏さんのステージを見た時に出していた演目だと思う。カチューシャに蛍光色の花の飾り、水色の上着、蛍光色の生地を重ねたスカート。2曲目がテンポ良くて、千夏さんが可愛くてテンション上がる!ベット着も蛍光色のもの。ベットショーはしっとりムード?暑い時期なので美Bodyに汗の玉が浮いてたまらない視界。終演間際の立ち姿のプロポーションの美しさに息を飲む。
 4回目、新作「バイオハザード」。千夏さんが和製アリスに変身。和製といっても日本人離れしたプロポーションを誇る彼女のこととなれば赤いドレス姿がめちゃんこセクシー。ヒップにはumbrella社のシールタトゥが入るデイティールの凝りよう。着替えれば体にピタリとした衣装にハンドガンと機関銃で重武装。このコスチュームはカッコ良すぎでしょ!!動きづらいブーツスタイルをものともせずスピーディーな蹴りやガンアクションを繰り出していく。このクオリティを間近からライブで見られる贅沢。後半のベットではゲームでも映画でも他の媒体では見れないアリス嬢のフルヌードをじっくりと拝めるというわけ。ストリップが好きで良かったなぁ。今週はおかわり無しだけどまた見たい演目。8頭・TSでまた見れるだろうか?


 6.アキラさん
 4回目、チャイナの演目。ダンスパート、激しく動き続ける。その豊富すぎる運動量に唖然とさせられる。そこからの滝汗ベットもまたキレイで。

 終演後、すぐに先輩と一緒に帰ってメモに控えなかったら記憶があやふやになってしまった(^_^;)


 フィナーレ
 メンバー紹介のみの通常フィナーレだった。
 


前の記事「2016年7月頭、渋谷道頓堀劇場」 ⇔ 次の記事「2016年7月中、ライブシアター栗橋