2016年3月結・TSミュージック

香盤は1.五木麗菜、2.春野いちじく、3.きよ葉、4.永瀬ゆら、5.御幸奈々、6.浅葱アゲハ、7.荒木まい(敬称略)


 3月結のある日、1回目6番さん~2回目2番さんダンスショーまで、並びに4回目2番さん~ラストまで。よく調べずに平日でパンツ投げも無い日だから空いているだろうと入ったら1回目から4・5番Wの盛況。抽選会の日だったか!抽選会は残念ながら戦果無し。

 

 テケツのキャッチコピーは
 『華麗に魅せる舞姫達 魅惑の裸体の舞』

 
 以下、各出演者。『』内がテケツのキャッチコピー


 1.五木麗菜さん
 『色香で魅せます 実力派人気ポラ』
 名前は全国香盤表でよくお見かけするのにずっとステージを見る機会がなかった五木さん。ようやく初めてステージを見れた。ベテランさんだと思うが、童顔なせいか年齢不詳に見える。
 見れた演目は「花魁 花舞台」、スタッフブログ記載のコメントは「優しさと女の色気を感じて下さい!!」
 暗転の中、ナレーションが流れる。この声聞き覚えがあるような、、、?舞台に明かりが灯ると金色の重厚な打ち掛けと前帯姿の五木さん。衣装の圧倒的なボリュームにラスボス感ハンパねぇ(トップだけどw )それだけで1つの芸術作品であるかのような着物姿から少しずつ脱衣してゆく。ベットショー前半では、叶わぬ恋?懊悩するような動作を見せる。のち、ポーズを連続する展開。


 2.春野いちじくさん
 『新人アイドル舞姫 なでしこ人気ポラ』

 3中デビュー、たしか当初出演予定の方の降板があっての急遽デビュー即2連投の2週目。
 見れた演目は「秘密の花園」。スタッフブログ記載のコメントは「可憐なイメージで春のピンクをイメージしました。」とのこと。
 ピンクの花柄のワンピースで始まる。シンプルな振り付けを着実に踊っている。キャッチコピーどおりアイドルっぽいかな。しかし可愛らしい衣装の下から現れる下着は黒に近い紫?一転してアダルトでセクシーな印象を受ける。いちじくさんは、ダンス中もベット中も、涼しげな目元から力強い視線を順次客席に送ってくる。特にベット前半はこちらも座っていて視線の高さが同じ位だからドキリとしてしまい表面上平静を取り繕うのに苦労する。
 まっしーに似ているという噂で気になっていたので見れる機会が早く訪れてラッキー♪似ていると言われれば似てる、、、かな。骨格というか体格は近いものがあると思う(ということは自分好みだと言うことw)。それよりも!会社の後輩の女の子にすっごい似てる、かなり可愛くした感じだけと姉妹じゃないかと疑うレベル。なんだか見てはいけないものを見てる背徳感がたまらんかった(笑)
今日は色々とストライクでまたステージを見れるのが楽しみな踊り子さんと出会えた♪ 


 3.きよ葉さん
 『巨乳アイドル舞姫 元気な人気ポラ』
 見れた演目は「モモイロギロッポン」。スタッフブログ記載のコメントは「儚い感じ、心あったまってくださ~~い!!」とのこと。
 最初から着ている白い打ち掛けがTSの照明を浴びてキラキラと光を反射してとてもきれいだと嘆息する。そしてやっぱりきよ葉さんのステージはベットが強烈な印象を残す。誘惑的なセックスベット、指が二本深々と出入りするオナベ、そしてポーズベットへ。序盤のセックスベットでは、その肉感的なヒップがバックポーズでこちらに向けて突き出された時には「こんないい女を抱いてみたい!」と頭の中でつぶやいたね(言葉使い汚いけど)。日頃、ストリップを見ててもあまりこういう発想にならないんだけどなー。思わず鷲掴みにしたくなるような見事なおヒップだった。


 4.永瀬ゆらさん
 『可憐な人気舞姫 かわいい人気ポラ』
 見れた演目は「スタンダード2」。紫を多く使った衣装だったかな。この頃場内がツアー客でぎゅうぎゅう。なんかこの日はフリーダムなお客さんが多くてわちゃわちゃしててかなり集中力を乱されてしまった。修行が足りん、、、。ベット終盤のブリッジのアーチがとても綺麗だったのが最も印象に残っている光景。


 5.御幸奈々さん
 『華麗に魅せます 魅惑の大人気ポラ』
 スタッフブログには3つの演目名が書いてあったが、どれを見れたか不明。緑の洋装で始まる演目。ダンスが流れるようで軽やかで、曲にあわせて手拍子しつつとても楽しく見れた。
 オープンショー、ゲストリボンさんが袖に入る。「ほら投げて」とばかりにステージ中央で決めポーズを作ってリボンが飛んで来るのを待ってる間が面白かったw


 6.浅葱アゲハさん
 『魅せるエアリアル 空中パフォーマーポラ』

 今日の「誰を見に来ましたか」の人。
 「はるいろ」、久し振りに拝見。この衣装この季節にぴったりで、春の妖精が舞い降りたかのように感じる♪2曲目が流れ出すと同時に正面のカーテンが開いて視界が変化しドラマを予感させられる。そして続く空中パフォーマンス。次は?その次は?と何故かウキウキとするようなドラマチックさを感じずにはいられない。艶やかなベットを挟み、最後は脱衣して再びのエアリアル。ポージングの美しさもさることながら、ポーズを替えたり、回転に弾みをつける動きと後方の壁に伸ばした手足が接触するのを回避する動きが一体化していて、壁に当たりそう、、、で当たらない!よどみなく演技が流れ続ける構成にすごいなと思う。
 「めもめも」、この演目は手拍子して一緒に盛り上がれるパートが大きく2ヶ所かな、早く手拍子させて!と気持ちが盛り上がっていく。演目の持つ緩急に自然と演目の世界観に没入させられていく。
 今年に入ってからかな?TSのステージの天井にブラックライトが付けられた。そのライトが後方の壁に横一文字の光となって白っぽく反射する。「めもめも」ではステージ中央には天井からテイシューが垂直方向に下がっている。縦と横のラインでステージ中央に大きな十字架が出現したかのように見える。そしてアゲハさんがステージ中央で手を広げるとあたかも十字架に張り付けにされた聖人のように錯覚して圧倒される。


 7.荒木まいさん、初見。
 『初来演AV舞姫 可憐な人気ポラ」
 「デビュー作アレンジバージョン」、ピンクのドレス、スカートは柔らかな生地が幾層にも折り重なってふんわりとしたボリュームがある。ストレートの黒髪、キュートなお顔立ちにお嬢様、いや、お姫様のような女性と思う。ベットはペロッと下を出したり、客席に視線を送ったりしながらゆったりと演技していく。
 「初恋桜」桜色の衣装の演目。これも季節感を感じる演目。まいまいはとってもかわいいお顔で客席にめっちゃ視線送ってくるな。思わずにっこり(^^)前の方に座ってたら折り鶴を貰えてハッピー!
 4回目のオープンは左右の袖にゲストリボンが入ってダブルリボン。リボン禁止のホーム東洋ショー劇場以外初の他劇で、聞くと初のリボンだったそう。「リボンおもしろーい!」って言ってた(笑)



 前の記事「2016年3月中、渋谷道頓堀劇場」 ⇔ 次の記事「2016年3月結、池袋ミカド劇場