六花ましろさん 第14作目 「キャバレー」 

 

公式情報まとめ的なもの

  • 2014年12月3日付のブログに「赤色ドレス新作」との記述有り。

 

 

 2014年11月中、渋谷道頓堀劇場(初演)

 この演目については、初日にtwitterのタイムラインを見ていたら新作を出しているようだったので「早く見たい!」とテンションがブチ上ったのを覚えている。初日1回目のステージは見れなかった(残念!)が、初演の週は2日目と9目に道劇に行った。

 ましろさん曰く「渾身の新作!毎回渾身だけど(笑)」。新作は新しい一面を見れる素敵な素敵な作品(後に「キャバレー」と命名される)。この週は新作一個出し。普段はとってもキュートなまっしーがこの演目ではオトナのオンナ?夜の蝶?小道具を用いて空間的に広がりのある華麗な景を演出。そして視線の流れと置き場が一風違うようだ。妖しく男を惑わせとろかせに来る!楽前日に再訪した時にはさらに女っぷりが上がっていたように感じた。

 10月頭以来のオフ明けで久々のステージはほっとするような心持ち、あーやっぱりまっしーが一番!(新作のイメージとは関係ありません)

 

 2014年12月頭、TSミュージック

 偶数回、赤色ドレス新作「キャバレー」。まっしーがかわいくて、そしてせくしーな夜の蝶に変身!回転盆無しバージョン!
 新作のタイトルが「キャバレー」と発表されたのはこの前日のこと。実は一人ブックメーカーをしていて、キャバレーかバーレスクではないかと迷って、バーレスクと予想していたが残念ハズレだった!
 

 2014年12月中、渋谷道頓堀劇場

 偶数回、「キャバレー」。初演から演目が進化しているようだった。2曲目、おどけたようなはしゃぐような仕草はとてもキュートだった。記憶にあるのは、初演週の楽前日。珍しく(?)ビデオ撮影が入り、聞くとご自身で見て確認する為とのことだった。こういった努力が結実してさらにステージ上での完成度が増しているんだろうなぁ。(販売してくれないかな!)
 

 2015年1月結、DX歌舞伎町

 最新作「キャバレー」。立ち上がりであぁずっとそのステージを見ていられたらいいのにと強く感じる。

 

 2015年2月頭、渋谷道頓堀劇場

 「キャバレー」。大きな羽扇子で優雅に悠々とあおぐ姿は泰然自若。
 

 2015年11月頭、渋谷道頓堀劇場

 偶数回。「キャバレー」(14作目)。久しぶりに登場の演目。気付いたら今まで書いて無かったので演目の流れを追いつつ。

 赤いドレス、両手に白い大きな羽扇子を持って登場。流れる曲と動作はゆったりと妖艶な雰囲気。2曲目、羽扇子を舞台後方に一旦置き、赤い大きなスカートを下ろすと白いミニスカート姿へ。テンポのいい曲が流れ、このパートはめっちゃかわいい。はじける様なまっしースマイル!好きな動きはお尻でくるりんターンと、お尻をフリフリ!ベットショーは、ポーズベッドで2曲。ガーターベルト、タイツ、そして羽扇子(一本のみ使用)と白でそろえた色使いはセクシーでありながら清楚な印象も受ける。後半のポーズはV、スワン、飛行機(←?別の踊り子さんがそう呼ぶのを聞いたことがある)の3ポーズ。スワンと飛行機は、一旦ポーズを切って、その状態でキープしつつ羽扇子を大きく構えなおしてきめる二段構え。余裕たっぷりで何とも「いい女」な光景。白いリボンが両袖から飛んだ回は衣装との色合いもよく実にキレイだった。
 

 

関連ページ 「六花ましろさん・特集ページ