2014年8月結、渋谷道頓堀劇場

香盤は、1.川中理紗子、2.飯島しき、3.井吹天音、4.浅葱アゲハ、5.中條美華、6.多岐川美帆(敬称略)

 

 8月結のある日、2回目のスタートから3回目4番さんまでの約1.5周。


 1.川中理紗子さん。
 2回目、「金魚」(?)。は再演の演目とのことだが自分は初見、スタートの赤の着物と帯の色柄がともに鮮やか。しっとりとした振り付けと選曲があわさり麗しい。
 3回目、「浴衣2014」。「しまう」とのつぶやきもあった綿あめの演目をまた見れた。初めて見たのが夏はこれからという6月頭。季節の移ろいを感じる。それにしてもかっこいい体だ。加圧トレーニングってそんなに効くのだろうか


 2.飯島しきさん
 2・3回目ともゴールドの上着で始まる演目。壮大でワイルドな印象。二曲目、アップテンポな曲にのせて虎の頭をあしらったキックボードでステージ上を自由闊達に疾走してまわる様子がとても楽しい。


 3.井吹天音さん

 この日初めて井吹さんのステージを見た。

 目元涼やかな美人さんで、背が高く手足も長い方であった。演目は2・3回目とも同じで、赤いドレスで始まる演目。スタートの衣装が華やかで、それに身を包み披露したキレのあるダンスが印象的


 4.浅葱アゲハさん
 2回目、久しぶりという演目。白いドレスで始まる。のっけから、そして随所で、体の柔軟さと強靭さを感じる。そして選曲・十八番のアレも「こんなのがあったのか!」と衝撃を受ける。

 3回目、「pocopoco」。アゲハさんのステージを見てると脳内麻薬ドバドバで多幸感がヤバイ。そして、道劇で見るアゲハさんは本当に本当にキレイだ。

 
 5.中條美華さん
 2回目、紫の衣装で始まる(何度か見てるが、二曲目こんな感じだったかな?)。自分にとっての休業前ラスト。あと少し無事に踊りきって頂きたい。

 この日の道劇ロビーには中條さん宛の寄せ書きの色紙(?)が置いてあった。ファンからの声を集めて届けられるというのは素敵な企画と思った。


 6.多岐川美帆さん、デビュー6周年おめでとうございます。

 2回目、「23作目」(6周年作)。2014年6月10日のサンスポに掲載された際の談話が「周年ではますますコミカルで楽しいステージを準備しているんですよ」との記載だった。そして今日、想像を遥かにこえる作品に出会った。大爆笑!

 


 フィナーレショー。

 2回目、道劇フィナーレ・パフューム。先週見た夏の新フィナーレではなかった。季節も変わるししばらく見れないのだろうか。

 

 

前の記事「2014年8月結、蕨ミニ劇場」 ⇔ 次の記事「2014年8月結、ストリップ浜劇