※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

弥永 家子


【 キャラクター名 】:弥永 家子
【キャラクター名読み】:やなが いえこ
【 性別 】:女性


特殊能力 『テクマク・マーヤ・ドリーム』

夢で見た自分に変身できる能力。
変身できる時間はこれまで自分がその姿を夢見ていた時間と同じ。
変身すれば夢で所持していた物を現実に持ち込んだり、夢で可能だった出来事を現実でも再現させることが可能。
(ただし、彼女が強力な武器や無体な能力を持つ自分を夢見ることは無いだろう)


キャラクター設定

希望崎学園、高校二年生。
心優しい性格で、アルバイトやボランティアに精を出し、いつも周りのことを気にかけ、周りのためになることを考えている少女。
やや内気なところがあるが、周囲の皆は普段の彼女を見ればいたって普通の少女だと思うことだろう。ただし、その外観を除いて。

彼女の身体的特徴、身長2メートル50センチ、体重200キログラム、全身を覆う白い体毛、茶色い鋼鉄の皮膚、四本指が生える巨大な四肢、100メートル走5秒以内、ジャンプ力は一っ飛び10メートル、体温は0度から-200度まで調節可能、氷の息を吐き出して獲物を捕食する……。

――そう、彼女はヒマラヤ伝説のUMA、イエティである。

何故彼女はイエティになったのか。
それは高名な探検家であり、優れたUMAハンターでもある彼女の父、弥永 家次郎(やなが いえじろう)の魔人能力によるものである。
10歳の時に死の淵に立った娘を救うため、父は苦渋の想いで己の能力を愛する娘に使用。父の知る限り最も生命力の強いUMA、イエティへと生まれ変わらせることで、娘の命を繋ぎとめる。

人外の身で生きていくことを余儀なくされた彼女だが、そこに悲劇も不幸も無いように思えた。
父も、妹も、変わらず彼女を愛してくれる、楽しい学園生活を送ることもできる、心を許せる友達もいる、こんな姿の自分を愛してくれる心の清い恋人も……。

だが……だが……、ある日、気づく。果たして本当に周りの皆は幸福なのか?
イエティである冷たい自分は満足に恋人と抱き合うこともできない。
恋人はそのことを今はまだ気にしない。家族も、周囲も、いつも優しいままだ。そんな状況が続けられるよう懸命に努力してくれている。
彼らは変わらぬ優しさをこれからも彼女に注ぐだろう。
けれども、本当にそこに永遠はあるのだろうか――。

ある日神様がくれた魔法は、しかし一日に数分程しか効果を発揮できない。
何故ならイエティは一日に一時間程しか眠る必要は無い。夢を見れる時間など、その中の僅かな間。
だが、もしも――。
もしも自在に、いくらでも好きな夢を見ることができたなら?


関連SS


予選投票結果(獲得DPとコメント)

+ ...