特殊台詞(攻撃味方)



聖戦士ダンバイン

パイロット 相手 内容 備考
ショウ ドレイク 「ドレイクさえ倒せれば、後は楽になる…!」
「ウィル・ウィプス…! 大きいけど、ブリッジだけを狙えば!」
黒騎士 「黒騎士かっ!」
「黒騎士め、逃がさん!」
ジェリル 「ジェリル・クチビッ!!」
「俺はカシオペア座の第28惑星系の人間だ! あの人達はまったく関係ない!」
「これだけのオーラ力、使いこなしてみせるっ!」
ハイパーオーラ斬り
19話イベント
トッド 「トッド!!」
ビショット 「いたな、ゲア・ガリング!」
「ゲア・ガリングを落とせなくても、ビショットを落とせれば!」
ショット 「スプリガンは、ここで阻止する!」
「ショット・ウェポン、逃がさん!」
聖戦士 「このオーラ…聖戦士か!」
「オーラ力のパワーアップがお前だけだと思うなよ!」
オーラマシン 「オーラの力が俺達を引き合わせたか!」
「オーラマシンは、俺がすべて破壊する!」
機界新種 「救ってみせれば、誰も不幸にならないだろ…!?」
ジークジオン 「悪意に溢れたオーラ力…俺が消し去る!」
リディ 「憎しみや怒りの心を制御してみせろ!」
ELS
バジュラ
「俺のオーラを感じ取ってくれるのか…?」
バジュラ 「俺たちの星から出て行ってもらう!」
連邦 「こっちの事情を聞きもしないで、勝手な…!」
戦艦 「メイン機関部はどこだ…!?」
バルギアス チャム「ショウ…! ショウはずっとショウよね!?」
ショウ「どんな敵が相手だろうと、俺はあるがままの姿で戦う!」
チャム同乗時
ジスペル ショウ「それで俺たちを導いたつもりでいるのか!」
チャム「あたし達の未来はあたし達の物よ! あんたの力なんて頼らないわ!」
チャム ドレイク 「感じる、ドレイクのオーラ力…!」
トッド 「トッドだ!性懲りもなく!」
「トッドよ!トッド!」
ショット 「見て、スプリガン!」
ミュージィ 「ミュージィ・ポーよ!ミュージィ・ポーが来る!」
ハイパー化 「ハイパーだー!」
「幻覚じゃないの…!?」
「ダメよ、ハイパーとやり合っちゃ!」
ガラバ 「ガラバよ!」
ドレイク軍兵士 「あたし達はドレイクをやっつければいいのよ!死に急がないで!」
ビショット軍兵士 「あたし達はビショットをやっつけに行くのよ!邪魔しないで!」
ベルゼブ 「ジャコバ・アオンぐらいにしかできない事をやってくるの!?」
リディ 「こんな雰囲気、や!」
Lサイズ以上 「相手はおっきいのよ。中から壊さなくっちゃ!」
マーベル ドレイク 「ドレイク、覚悟っ!!」
「ウィル・ウィプスといえども、やってみせる!」
黒騎士 「悪意のオーラ、やはり黒騎士!」
「黒騎士!ショウはやらせない!」
トッド 「下がりなさい…!トッド!」
「トッド・ギネス、まだ無駄な戦いを続けるというのなら!」
「アメリカ人同士が、なぜこうも憎しみ合わなければいけないの…!?」
「トッド…あなたまさか、アメリカを売ったわけじゃないでしょうね!?」
「トッドの憎しみのオーラ力が増大している…!?」 ハイパー
ショット 「ショット!逃がすものですか!」
「あの高速巡洋艦が、ショット…!」
ミュージィ 「ミュージィ・ポー!戦場に出てきて!」
「この賢しいオーラ力、ミュージィ・ポー!」
ビショット 「ビショット!逃がすわけには!」
「ゲア・ガリングのブリッジさえ!」
ジェリル 「ドレイクに手を貸す地上人!」
「赤い髪の女…ジェリル・クチビ!」
ゼット 「オーラマシンをバイストン・ウェルに持ち込んだバカな男!」
「ショットとあなただけは、同じアメリカ人として許すわけにいかない!」
ドレイク軍兵士 「ドレイクの手先め!」
「善悪の見境もなしに、ドレイクに手を貸すなら!」
ビショット軍兵士 「クの国のオーラバトラーが相手でも!」
「ビショットの軍の戦力は、どれほどあるというの!?」
オーラマシン 「下がりなさい、オーラバトラーは!」 オーラバトラー以外でも確認
「ハイパー化といっても…!」 ハイパー
マノン 「なぜ、平和を望む者同士、こうも争わなければならないの…!?」
「私達だって、誤解されたまま屈服するつもりはないわ!」
機界新種 「今も昔もあなたは大切な仲間よ!何としてでも助け出してみせる…!」
ELS 「ELSの侵攻をこれ以上許すわけには!」 29話
「彼らに伝わるといいわね、人間が憎しみ合うだけの存在ではないって…!」 43話
フロンタル
草壁
「これ以上戦渦を広げないためにも、あなたの野望はここでくい止める!」
リディ 「このまま戦いを続けても…!」
暗黒大将軍 「この圧倒的なオーラ…!本当に神様が相手だとでもいうの!?」
「私の信じる神様は、決してあなたのような行いはなさらないわ!」
戦艦 「ブリッジを落とせば、足は止められる!」
大ボス 「あれが悪意の源ね…!ならば、ここで断つまで!」
「なんて禍々しいオーラ力…!ここで倒さなければ、世界は!」
バルギアス 「私が従うのは、バイストン・ウェルの意思だけよ!あなたなどではないわ!」
「力による全異世界の支配…そんな事はさせないわ!」
「力を奪い、憎しみ合うだけのあなたに、宇宙を率いる事などできはしないわ!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「ここであなたを倒せば全てが終わる!」
「私が欲しいのは、当たり前の愛よ!あなたの救済などではないわ!」
「善悪の見境もなく、うぬぼれているだけのあなたが、神であるはずがないわ…!」
ニー ドレイク 「ドレイク・ルフトォッ!!」
「ドレイクめ!貴様は俺が倒してみせる!」
「ドレイク、貴様のような奴がいたから!」
黒騎士 「あの黒いオーラバトラーは任せてくれ!」
「黒騎士から感じるこのオーラ、怨念だとでもいうのか!?」
ショット 「ショットの小型戦艦か!」
「ショット・ウェポン!貴様がオーラどを造るからっ!!」
ミュージィ 「ミュージィ!貴様とてバイストン・ウェルの人間だろうに!」
「リムルの音楽教師をやっていた女が、こうも戦火を広げるのか!」
ビショット 「ここでビショットをやれれば!」
「ゲア・ガリング!落としてみせる!」
ジェリル 「ドレイク軍のジェリル・クチビ!」
「地上人、ドレイクに味方するのか!」
「オーラ力が、あんなにも巨大に!?」
ゼット 「ゼット・ライト!オーラマシンの開発者が戦場に出るなど!」
「ゼットめ!バイストン・ウェルに混乱を持ち込んでおいて!」
ドレイク軍兵士 「ドレイク軍め!」
「アの国のオーラマシンめ!ドレイクに従うのならば!」
ビショット軍兵士 「ビショット軍、邪魔をするか!」
「ビショットの造ったオーラマシンなど!」
マノン 「些細な誤解から戦争を起こすなんて、馬鹿げている!」
「地上にまで来て、こんな無意味な争いをしなくてはならないとは…!」
機界新種 「俺のオーラ力で助けることが出来るのか!?」
ELS 「金属の化け物め!ここから先へは行かせん!」 29話
「金属の生物との対話、本当にそんな事が可能ならば…!」 43話
「あのような生き物とも手を取り合おうとする…。見習わなきゃな…!」
フロンタル
草壁
「奴が黒幕ならば、この一戦に俺の全てをかける!」
「力で他人を支配しようとする貴様に、人の上に立つ資格などない!」
暗黒大将軍 「例え貴様が神という存在だとしても、俺達は戦う!」
「貴様の力が如何に強大でも、俺は貴様になど従わない!」
大ボス 「化け物め、貴様の野望もこれまでだ!」
「この世界を、悪意のオーラで満たすわけにはいかん!」
バルギアス 「貴様のような奴がいるから、世界から戦いがなくならないんだ!」 バルギアス
「他者から奪った力を誇る貴様に、器があるとは思えんな!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「地上もバイストン・ウェルも関係ない!ただ人々の未来のために貴様を討つ!」
「ドレイクは傲慢だったが、自ら手を下していた…。貴様はそれ以下の卑怯者だ!」
シーラ ドレイク 「ドレイク、お気づきか? 貴下の成したこと…!」
「ウィル・ウィプスのブリッジだけを潰せば良い!ドレイクのみを!」
黒騎士 「黒騎士、あなたのオーラ力は傲慢なのです!」
「悪しきオーラを持つものよ、下がりなさい!」
ジェリル 「ジェリル・クチビのオーラ力は、私が抑えます…!」
「ジェリルにこれ以上、悪意ある力を広げさせてはなりません!」
トッド 「トッド・ギネス、聖騎士の使命を忘れたか!」
「トッド、お止めなさい、あなたはまだ引き返せます!」
「トッドがハイパー化したのなら、ここで落とさねばなりません!」 ハイパー
ビショット 「目標、ゲア・ガリング!」
「最大戦速! ゲア・ガリングの正面に出る!」
「これ以上、ビショットにやらせてはなりません!」
ショット 「これよりグランは、ショット・ウェポンを討つ!」
「グラン・ガランで、スプリガンを撃破する!」
ミュージィ 「ミュージィのオーラマシンを叩きます!」
「戦場に渦巻くこの賢しいオーラ力、ミュージィ・ポーであろう!」
ゼット 「ゼットとて甘く見てはなりません!彼もまた地上人なのです!」
「ゼット・ライト…ショットともども、その罪は重いぞ!」
ドレイク軍兵士 「ドレイク軍のオーラマシンを撃破せよ!」
「ドレイク軍をグラン・ガランに引き付けよ!」
ビショット軍兵士 「ゲア・ガリングのオーラマシン、落としてみせよ!」
「ビショットに従う兵士達よ!悪しきオーラ力に取り込まれてはなりません!」
マノン 「戦力を展開しておきながら、信じろという方が無理なのかも切れませんが…!」
「私達はお互いを知る努力を惜しみません。今一度考え直してはもらえまいか!」
マーダル 「マーダル!貴下の野望は、なんとしても阻止してみせます!」
「貴下の望む世界となれば、世界は悪しきオーラで満ちてしまいましょう!」
機界新種 「チャンスはある! あの者を救出する事を第一に考えよ!」
ジークジオン
Zマスター
ワルーサ
「人の身ならぬ者が人の世を欲する…!食い止めねば!」
「彼の者は、悪意のオーラそのもの。何としてもここで叩かねばなりません!」
ELS 「あの銀色の生物をグランに取りつかせてはなりません!」
「あれは悪しき者ではない。攻撃は最低限にとどめよ!」 43話
フロンタル 「多くの人を犠牲に成り立つ理想に、いったいどれ程の価値がありましょう!」
リディ 「仕方ありません…。直撃は避け、動きを止めよ!」
暗黒大将軍 「バイストン・ウェルの意思に大きく反するあなたが、絶対者であるはずがない!」
「力強き者を神と呼ぶというのならば、あなたはそう呼べるのかもしれません。…しかし!」
バルギアス 「力によって世界を統べようとするその野心、いずれ自らをも滅ぼしましょう!」
「その力は貴下の下にあるべき力ではありません!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「全将兵に伝えよ。誰ひとりとして欠ける事なく、この決戦に勝利する!」
「お気づきか?己の示す進化しか認められぬ貴下こそ、停滞した存在である事に!」
カワッセ「シーラ様、これが最後の戦いとなりましょう…。皆に号令を!」
シーラ「憎しみの心はここで消し去ります。そして私達はバイストン・ウェルへ帰還します!」
エレ ドレイク 「ウィル・ウィプスを逃がしてはなりません!」
「ドレイク・ルフト…ここで悪しきオーラを断ちます!」
黒騎士 「その男…!この世界から去れ!」
「失せろ!悪しき…オーラの持ち主!」
「黒騎士のオーラ力は、私が抑えてみせます!」
「悪しきオーラが拡大する前に、黒騎士を止めるのです!」
ジェリル 「赤い髪のジェリル・クチビ!」
「ジェリルは…オーラ力は、人を歪めさせ、戦いの中に取り込もうというのか…!」
「ジェリルの悪しきオーラが増大する前に、何としても叩くのです!」
トッド 「トッド・ギネス、やり直せないのですか…!?」
「トッド、オーラ力を正しき方向へ導くのが、聖戦士でありましょう!?」
ショット 「悪しき者…!ショット・ウェポン!」
「スプリガン!ここであれを落とさなければ…!」
ミュージィ 「賢しきオーラ力を持つ者よ、下がれ!」
「ミュージィ・ポーは、ゴラオンで足止めします!」
ゼット 「下がれ 悪しきオーラマシンを作りし地上人よ!」
「バイストン・ウェルにオーラマシンを持ち込んだのは、許されざる事です!」
ビショット 「ゲア・ガリングに対艦戦を仕掛ける!」
「何としてもゲア・ガリングの足を止めなくては!」
ドレイク軍兵士 「これよりドレイク軍を討ちます!」
「あなた方は、バイストン・ウェルの人間としての誇りをお忘れか!」
ビショット軍兵士 「ビショット軍ならば、倒さねばなりません!」
「ビショット軍の戦力を少しでも削ぐのです!」
ハイパー 「いけません!これ以上ハイパー化を続ければ、あなたは…!」
マノン 「どうしても戦うというのなら、私も覚悟を決めましょう」
「暴力による報復は更なる誤解を生むだけだと、なぜ分からないのです!」
機界新種 「オーラの導きに従えば、救う道も開けるはずです!」
マーダル 「その野心が、悪しきオーラとなって世界を覆う前に!」
「征服王マーダル…。あの者が放つオーラは、ドレイクに似て危険なのです…!」
ジークジオン
Zマスター
ワルーサ
「地獄の使者カ・オスは、光に当てて滅ぼさねばなりません!」
ELS 「あの金属の生物の接触を許しては終わりです!」
「この局面を乗り切れば、話し合いの道も開けましょう!」 43話
リディ 「邪なオーラを封じることができればマシーンを止められるはずです!」
フロンタル 「悪意がなくとも、悪を成すのであれば…!」
暗黒大将軍 「私達は、あなたを神というものと認める事はできません!」
バルギアス エイブ「彼奴の力はかつてない程強大です。如何なさいますか?」
エレ「決まっています!私達の全てを賭けて、彼の者を討つのです!」
「例え力を奪おうとも、その使い手が悪しき者であるなら…!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「これで世界が救われるのならば、今こそ生命を賭ける時です!」
「バイストン・ウェルだけではない…。全ての世界のため、我々は戦うのです!」
エイブ「エレ様、これが最後の戦いでございます…」
エレ「皆の者、今こそ死力を尽くして、悪の根源を討つ時です!」
リムル ドレイク 「お父様…!お覚悟を!」
「私は父と刺し違えるくらいの覚悟は持ってるわ!」
黒騎士 「黒騎士のオーラ、あれは危険だわ!」
「いけない!それ以上憎しみのオーラ力を広げては…!」
ショット 「全ての元凶、ショット・ウェポン!」
「ショット!あなたがお父様にオーラマシンなど造るから!」
ミュージィ 「ミュージィ!私はお父様の元へは帰らないわ!」
「ミュージィ、すっかり戦士が板に付いてしまって…」
ビショット 「ビショット!よくも…!」 DLC
「なんとしても、ゲア・ガリングだけは!」
ドレイク軍兵士 「無礼者!私を誰の娘とお思いか!」
「私は必ずお父様の野望を阻止してみせる!」
マノン 「私達は戦いたいわけではないのです!もう一度話を聞いて下さい!」
機界新種 「ニーが私を救ってくれたように、今度は私があなたを救います!」
ELS 「あなた達にも花を愛でる気持ちがあるのなら、通じ合う事もできましょうに!」
フロンタル
草壁
「あなたも父と同じ妄執に囚われているのなら!」
「多くの人を不幸にする野心など、私が阻止してみせます…!」
暗黒大将軍 「例えどんな力があろうとも、あなたを崇める事はありません!」
「何と恐ろしい…!けれど、戦いを終わらせるためならば!」
大ボス 「化け物の総大将!ここであの者を倒せば!」
「人間はあなた達の玩具ではないのです!」
怪物 「あんな化け物なんか、怖くあるものですか!」
バルギアス 「力によって他人を支配しようとする行為は卑劣なのです!」 バルギアス
「支配者としての矜持すら無くしたあなたに、王たる資格はありません!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「この決戦に勝って、ニーとの幸せを掴んでみせる!」
「人々を争いに扇動していたあなたは、何としても許せない…!」
「すべての混乱の元は、あなたです…!罰せられるべきです!」
バーン ワルーサ 「今は、大局などどうでもよい!ただ己が信念を貫くためにも貴様を討つ!」
機界新種 「少々手荒だが、マシンの動きを止めるしかあるまい!」
ハイ 「行くぞ!ハイ・シャルタット!」
「親衛隊隊長が相手ならば、私も本気で挑まねばなるまい!」
ELS
バジュラ
「対話とやらが成功すれば、無益な戦闘も終わるのだろうがな…!」
バジュラ 「地上界も随分と危険な場所になったものだな」
バルギアス 「大将首、このバーン・バニングスが貰い受ける!」
「己の限界を超えてこそ、騎士の戦いよ!」 バルギアス・ドラグーン
「戦士としての誇りまで失ったか!みじめになるだけだと知っていて!」
ジスペル 「奴は神とか言う存在ではない!我々と同じ、命よ!」
「バイストン・ウェルの意志が、あんなものを認めるはずがない…!ゆくぞ!」
「全ては貴様に仕組まれた戦いだったとしてもこの誇りだけは私自身のものだ!」

巨神ゴーグ

パイロット 相手 内容 備考
ゴーグ(悠宇) マノン 「マノンさん、やり直せばいいんです…!」
「聞いてよ、マノンさん!僕らを征服するって、やめてよ!」
ロッド 「ゴーグにひどい事するなら、許さないぞ!」
「あんたって、本当にひどい人だ…なんでこんな事をするんだよ!」
ベーム 「お前がGAIL部隊の指揮官だな…!」
「ゴーグ、あれだ!あの戦車が命令を出してるんだ!」
GAIL兵士 「ゴーグ、一緒にGAILをやっつけるんだ!」
ラブル・ガーディアン 「ゴーグ!首だ、首を狙え!」
「マノンさん、知ってるんだ…!どこかで…どこかで見てるんでしょ!」
クラゲ型メカ 「ああっ!あ、あいつは…!」 11話NPC時
「ゴーグ!あのクラゲみたいな奴を倒すんだ!」
「正体さえ分かれば…!」
ドレイク 「戦争することしか考えてないくせに、何が王様だ!」
「ドレイク・ルフト…別の世界に来てまで、なんで戦争をしようとするんだ!」
黒騎士 「ゴーグ、あの黒い仮面の男だ!」
「ゴーグ…あの黒いマシンには気をつけてね!」 ズワウス
オーラマシン 「宇宙人だけじゃなくて異世界の人も地球に…!」
「ゴーグ、あのマシンは素早いから、油断しちゃだめだよ!」 オーラバトラーのみ
ワルーサ 「ゴーグ、ワルーサにだって、僕達なら絶対に勝てるよ!」
「ゴーグ!あいつさえ倒せば、ジャーク帝国はおしまいだ!」
ベルゼブ 「地球を悪魔なんかに渡すもんか!」
邪悪獣 「ジャーク帝国の好きにさせるもんか!」
こうやって暴れられる方がよっぽど迷惑だよ!」
EI-15 「ゴーグ、コアだけは壊さないで!」
「凱さんみたいにできなくても!」
Zマスター 「ゴーグ、相手は無限の力を持ってる!無理しちゃダメだよ、いいね!」
機界新種 「目を覚まして、命さん!」
「絶対に助けよう、ゴーグ!」
マーダル 「マーダル!この星はみんなのものだ!お前なんか出て行け!」
「戦争が人を強くするなんて、信じられるもんか!」
ハイ 「お前なんかにガリアンもゴーグも渡すもんか!」
「親衛隊だか何だか知らないけど、ゴーグに勝てるもんか!」
マーダル兵士 「謝れ!白い谷のみんなに謝ってよ!」
「出ていけ!力ずくの侵略なんて許さないぞ!」
騎士ゼノンマンサ
ゴーストビグザム
「お前達みたいな悪い奴に、ゴーグが負けるもんか!」
ネオブラックドラゴン 「邪神だとかドラゴンだとか言ったって…!」
「君は僕の友達に似ているんだ!きっと話し合えるはずだよ!」
ジークジオン 「ジークジオン…!お前みたいにひどい事をする奴は、僕とゴーグが倒す!」
「お前みたいな最低なヤツは倒さなくちゃいけない!」
マッドゴーレム 「ゴーグ!あの泥の巨人を攻撃するんだ!」
ELS 「ゴーグ、あの金属に取り込まれないようにね!」 29話
「ごめん、僕には君達の声が聞こえないんだ…!」 43話
「ゴーグ、あいつらを大人しくさせるだけで良いんだ…分かるね?」
フロンタル 「ゴーグ、アイツのスピードに追いつけるかい?」 シナンジュ
「何も変わらない世界だとしても、何度だってやり直せばいいんだ!」 ネオ・ジオング
「僕はあんたみたいに、話し合う事を諦めたりしない!」
「あんたって、本当にズルい人だ…勝手に僕達の未来を決めつけるな!」
フロンタル
草壁
「なんで同じ人間なのに、そんなひどい事ができるんだ!」
「お前みたいな悪い奴に、誰が頭を下げるもんか!」
ネオ・ジオン軍兵士 「ゴーグはテロリストなんかに負けないぞ!」
リディ 「手を抜いて勝てる相手じゃない…やるしかないんだ!」
ゼハート 「あなたも融通の利かない人だな!」
イゼルカント 「人間を選別するなんて…!そんなひどい事神様にだって許されるもんか!」 DLC
シド 「誰かが操ってるわけじゃないなら…!」
ゼラ 「無差別に人を襲うなんて…何でこんな酷い事するんだ!」
「戦いは終わったんだ!これ以上誰かが傷つく必要なんて、どこにもないよ!」
ヴェイガン兵士 「血を流す方法が最善なはずがない!」
「言葉の通じる人間同士、話し合えるはずでしょ!」
暗黒大将軍 「ゴーグ、あいつは正真正銘の神様だ…。敵わなかったら逃げたって良いんだからね!」
Dr.ヘル 「人を幸せにしない科学なんて、僕は信じないぞ!」
キバ 「お前が何度よみがえったって、あの世に送り返してやる!」
草壁 「僕達が悪の帝国だなんて、よくもそんなひどい事を言えるな!」
木連 「地球に恨みがあるからって、何をしてもいいわけじゃないんだぞ!」
「木星の人達って、どうしてこう融通が利かないんだ!」
大ボス 「あいつが、悪の元凶…!勝つよ、ゴーグ!」
「ゴーグ!あいつを止めれば、事件は解決する!」
怪物 「怪物なんかに、ゴーグは負けないぞ!」
バルギアス 「力だけがゴーグの全てなもんか!」 バルギアス
「武器を捨てるのだって、強さのはずだよ!人の力ばっかり狙ってさ!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「ゴーグ!これが僕らの最後の戦いだ!」
「お前みたいな神様なんているもんか!ただの弱虫だ!」
「進化なんて知るもんか!僕が戦うのは、僕の好きなみんなのためだ!」
第11話イベント 「何が…何が始まるんだ!?」
「ま、待ってよ!そんな急に動いたら…!」
第13話イベント 「頼むから言う事聞いてよぉ!」
「やる気なのか!?」
「う、うわぁっ!」
船長 マノン 「やっこさん、完全にやる気らしい!」
トメニク「か、神よ…!」
船長「殺されんで済むようにせいぜい祈ってくれ!」
ロッド 「相手になってやるぜ、バルボアの若旦那!」
ベーム 「これも仕事だ…悪く思うなよ、GAILの指揮官殿…!」
GAIL兵士 「邪魔するなら落とすぞ、GAILども!」
「次から次へとGAILの奴らめ!」
トメニク「GAILの奴らめ…!」
トメニク「GAILめ、オウストラルから出て行け!」
船長「そうだな、ご退場願おうか!」
ラブル・ガーディアン 「異星人どもめ、躍起になりやがったか!」
「狙いどころさえ分かれば、どうって事はねえ!」
トメニク「か、神の使いが…!」
船長「神の使いさんは首が弱点らしい!」
トメニク「あっちは神の使いじゃないんでしょう!?」
船長「どっちにしろ、やらなきゃやられるぜ、先生」
ゼット トメニク「このビーグルは俺が整備したんだ!技術屋なんかに負けるかよ!」
オーラマシン 「動き回るくせにバリアたぁ…ちとやっかいな代物だな…!」
「同じ人間として、あんなのにはなりたくないもんだ!」
トメニク「オーラの力で動くだなんて、悪魔のマシンだ!」
船長「異世界にまで悪魔がいるとは驚きだな、トメニク先生!」
邪悪獣 「小僧達にだけ任せるのも気が引けるんでな!」
機界新種 「上手くあのお嬢ちゃんに戻せればいいがな…!」
「オーダーには応えるのが俺の主義でな」
EI-15 「ゾンダーってのは、聞いていたとおりの厄介な連中のようだな!」
マーダル 「とんでもないパンドラの箱を開けたようだな、あの大将…!」
マーダル兵士 「飼い犬は大人しく、飼い主の下に帰るんだな!」
「お前さん達の大将…ありゃあ、相当なタヌキだぜ?」
騎士ゼノンマンサ 「異星人の次は異世界人か!」
ELS 「ったく、どんなSF映画だ…!」 29話
「俺は耐えるだけだ。あとは専門家に任せるさ!」 43話
「お前さんらとのドンパチも、これが最後になる事を祈るぜ」
フロンタル
草壁
「ようやく御大将のお出ましってわけかい!」
「お前さんの悪事も、そろそろ年貢の納め時のようだな…!」
ネオ・ジオン軍兵士 「ふん、金にもならん事をよくやる連中だ!」
「思想がかって戦争しているようじゃ、プロとは言えんな!」
リディ 「お前さんがその気なら容赦はせん!」
「ここは話し合いで手を打った方が、利口だと思うがね」
ヴェイガン兵士 「お偉方がお前さん達が敵だと言ってるんでな!」
「どんな事情があろうが、仕事の邪魔はさせん!」
暗黒大将軍 「やれやれ、お前さんが神様だっていうんなら、割に合わねえ仕事だぜ!」
「神様相手にドンパチしなきゃならんとは、いよいよもって世も末だな!」
木連 「木星の軍人ってのは、どうも杓子定規でいけねえ…!」
「あんたらに正義があろうとなかろうと、俺達のやる事は変わらんさ!」
大ボス 「正義の味方なんざ柄じゃねえが、お前さんを倒すのも仕事の内なんでな!」
「あの怪物の親玉を退治するのは、なかなか骨が折れそうだ…!」
怪物 「あんな怪物どもが幅を利かせてるようじゃ、世も末だぜ」
Lサイズ以上 「ああいうデカイ奴ほど、案外もろいもんさ!」
バルギアス 「あんたみたいに力の強い奴しかいない世界じゃ、こっちは商売上がったりだぜ!」 バルギアス
船長「トメニク、この戦いが終わったら、勝利の美酒で乾杯といこうや」
トメニク「ええ、とびっきりのヤツでお願いしますよ!」
「確かに俺は人でなしさ…だが、仲間を傷つけられちゃ、何をするか分からねえぜ!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「やれやれ、世界なんて救う柄じゃないんだがな」
「俺達を火遊びの種にするのは少々危険過ぎたって事、教えてやるぜ」
「自分で自分がどうすればいいかを見つける事ができる…それが人ってもんさ」
トメニク「神よ、感謝します…!俺に、世界を守るチャンスを与えてくれた事を…!」
船長「奴は神を名乗っているが…どうする、トメニク先生?」
トメニク「大丈夫、神様なんていなくたって俺達は何度だって出直せます!」
ロッド マノン 「俺が言えた義理じゃないが、人の話は聞くもんだぜ!?」
「やむを得まい…実力行使でここを突破する!」
ラブル・ガーディアン 「ええい、一機相手でもままならんというのに…!」
「あの人型は首が弱点だったな…。なら、やりようはある!」
機界新種 「一度俺の仲間になったのなら、勝手にいなくなるのは許さないぜ!」
ジークジオン 「闇の皇帝とは、恐れ入るぜ!」
ELS 「異種との対話…実に興味をそそられる話だ…!」
「連中との和解とはね…SF映画も真っ青の展開だな…!」
フロンタル 「フル・フロンタル…大した思想家だと思っていたが、がっかりさせてくれる!」
「あの坊や達が教えてくれた、人の持つ暖かさってヤツを俺も信じてみたいのさ!」
フロンタル
草壁
「好き勝手やるのには賛成だが、俺とあんたじゃ価値観が違うらしい!」
「その野心の大きさが、あんたの身を滅ぼす事になるのさ!」
ネオ・ジオン軍兵士 「ジオンの亡霊も随分忙しいことだな!」
「テロリストにしては腕が良い…その気があるなら俺が雇ってやるぜ?」
ゼハート 「犠牲は否定しない…。だが、ひとつの理想に固執するのはナンセンスだと思うがね!」
ヴェイガン兵士
木連
「歴史や情報の秘匿は新たな争いを生む…どこも同じだな!」
暗黒大将軍 「神だろうと何だろうと、俺の邪魔をする奴は容赦しないぜ!」
「悪いが俺は、旧島のゲリラほど信心深くはないぜ…!」
草壁 「俺のじいさんと、腹の探り合いでもしてみるか?ミスタージュピター!」
木連 「木星圏の連中は、相当に諦めが悪いらしい…!」
「その暑苦しい芝居がかった台詞は、いい加減聞き飽きたぜ!」
大ボス 「この俺が勇者の真似事とはね…世の中何が起こるか分からんな!」
「相手は邪悪の化身か。こいつは面白くなってきたぜ…!」
怪物 「このロッド・バルボアが、あんな怪物にでかい顔をさせてたまるか!」
バルギアス 「力ある者が世界を統べる…少し前なら、それも悪くないと思っていたのだがね…!」
「随分と野暮なマネをしてくれるじゃないか、ええ!?」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「俺はロッド・バルボアとしてやり直したいんだ。最高の人生をな!」
「やれやれ、とんだ道化だぜ…。この俺が世界を救うために戦うなんてな!」
「神様気取りのあんたと違って、人間ってのはやり直しができる生き物なのさ!」
ベーム マノン 「ええい、あの青い人型だけでも手こずっているというのに…!」
「気を付けろ!あの人型は、とんでもない兵器を持っているぞ!」
ラブル・ガーディアン 「奴らは首根っこが急所だ!そこを狙え!」
ELS 「あの怪物どもと和解できるなんて与太話、へへ…信じる俺もどうかしてるぜ…!」
フロンタル
草壁
「各員!奴が敵の頭だ!一気に叩くぞ!」
「貴様の理想なんぞはクソ食らえだ!ここで叩きのめしてやる!」
暗黒大将軍 「ふん!お前みたいな奴が、神なんかのわけないだろう!?」
GAIL兵士「ベーム少佐…神を相手に我々は勝てるんでしょうか?」
ベーム「あいつが本物だって保障がどこにある!そして俺は大尉だ!」
木連 「素人め…パワーだけで戦いに勝てるものかよ!」
「恨みつらみで戦う軍人ってのは、少々やっかいな相手だぜ…!」
「木星人だろうと火星人だろうと、邪魔をするなら排除するまでだ!」
大ボス 「俺は勇者なんてご大層なもんじゃねぇ…ただのケチな戦争屋よ!」
「なかなかのものだ…だが、直撃くらえばどうなるか…!」
GAIL兵士「あ、あんな恐ろしい怪物、我々の手には負えません!」
ベーム「ビビるな!俺達人間の意地を見せてやれ!」
怪物 「化け物め…!人間様をなめるなよ!?」
バルギアス 「そんなに弱肉強食の世界がお望みなら、この俺がたっぷりと味わわせてやる!」
GAIL兵士「力によって支配される世界…必ずや阻止ししましょう!ベーム少佐!」
ベーム「貴様ぁ…!最後まで俺の事を馬鹿にするつもりか!」
GAIL兵士の台詞は誤字
「戦争にもルールってもんがある。それを破っちまった貴様は、ただのクズ野郎だ!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「俺はケチな戦争屋だが、最後くらいはビシッと決めんとなぁ…!」
「神気取りの貴様なんかより、どこかの神の使いの方がよっぽど手強かったぜ!」
GAIL兵士「ベーム大尉…最終決戦です。ひとつ号令を」
ベーム「俺は大尉だ!一体何度言ったら…ん?貴様いま、大尉と言ったか!?」
マノン ワルーサ 「異次元より現れし文明の長よ、これが君の答えか」
「あのような邪悪な存在には、絶対に屈服するわけにはいかない」
「異なる次元の文明との出会い、それは奇跡でなく災いだったか」
マーダル 「文明の進化を危惧する心があれば、争いとは異なる手段も選べたはずだ」
「文明の長、自らが侵略を肯定するのなら、相応の手段で対処しよう」
マーダル軍 「時を渡り、我々の文明とぶつかるとは…。嫌な奇跡もあったものだ」
「我がガーディアンと同等の時を歩んできた兵器…油断はならないな」
ELS 「文明はおろか、種族の壁すら越えて分かり合う…そんな事が可能ならば」
フロンタル 「宇宙の刻の終焉…私達の予測では、それは虚無ではない」
ゼラ 「人類の過ちの歴史とその文明…そこから視える未来もあるはずだ」 イベント発生後
シド 「その知識を正しく使うには、人類の文明は未熟かもしれんが」
暗黒大将軍 「太古から争いを持ち込むのは、もうやめにしたいのだが」
「いかなる文明でも、全能者という存在は実現できないはずだ」
草壁 「その文明は君達の手に余るものだ」
大ボス 「怪物の長を相手に、文明の理を説くのは、時間の浪費というものだ」
バルギアス 「力で全てを屈服させる世界…それはもはや文明とは呼べまい」 バルギアス
「仲間を傷つけたお前を、許すわけにはいかない!!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「悠宇とその仲間達が住む世界…最後まで守り抜いてみせよう!」
「私は確信している…3万年の時を経て、人類は進化していたのだと!」
「高度に発達した文明同士が出会い、理解し合える事…それ以上の進化などありはしない!」

絶対無敵ライジンオー

パイロット 相手 内容 備考
ワルーサ 「けりをつけてやるぜ、ワルーサ!」
「俺達は絶対に無敵だ!貴様らなんかに地球は渡さない!」
「これで五次元帝国も終わりだ、ワルーサ!!」 イベント
ベルゼブ 「地球をジャーク帝国には渡さねえ!」
「ベルゼブ!お前の相手は俺達地球防衛組だ!」 42話以降
「本当に地球が好きだってんなら、もう降参しやがれ、タイダー!」
「タイダー!俺達は死んでも五次元人なんかに降伏しないぞ!」
「タイダー!お前ら五次元人との決着、今ここでつけてやるぜ!」
ブラックタイダー 「タイダーの野郎を助けるったって、このままじゃあ…!」
マリア「あの五次元人を元に戻す方法はきっとあるはずよ!」 ゴッドライジンオー
マリア「アークダーマさえ吐き出させれば、きっと元に戻るはずだわ!」
仁「待ってろよ…!ア-クダーマなんて、一匹残らず吐き出させてやるぜ!」
イベント
邪悪獣 「行くぜ、邪悪獣!」
エキゾースト 「覚悟しやがれ!毒ガス怪物!」
「やい!毒ガス怪物!この忙しい時に出て来やがって!」
イカルダー 「観念しろ!邪悪蜘蛛!」
ジャークライジンオー 「本物の力を見せてやるぜ!」
ジャークライジンオー
EI-15
シャドウ
「偽物は所詮、偽物でしかないんだよ!」
ドレイク 「地上は俺達の世界だ!お前なんかに渡してたまるか!」
勉「仁君!ドレイクの巨大戦艦です!」
仁「へっ、でかけりゃいいってもんじゃねぇぜ!」
ゴッドライジンオー
黒騎士 「ちっ!篠田先生の説教よりしつこい奴だな!」
オーラマシン 「異世界のマシーンにだって、ライジンオーは負けねえぞ!」
勉「仁君、あの機体にはバリアが備わっているようです!」
仁「だったら、バリアごとぶっ壊してやるぜ!」
ゴッドライジンオー
マノン 「この分からず屋!どうしてこうなるんだよ!?」
「ったく、うちの父ちゃんより頑固な奴だな!」
「俺達が戦ったって、何の意味も無い!お願いだから下がってくれよ!」
ロッド 「他人の友達を奪おうとするなんて、許せないぜ!」
ベーム 「そんなポンコツメカにライジンオーが負けるかってんだ!」
EI-15 「出やがったな、ゾンダー!俺達が相手だ!」
「人間に取り付いて怪物になるなんて、邪悪獣より迷惑だぜ!」
原種 「原種!もうお前らの好きにはさせねえぞ!」
「原種の野郎に、絶対無敵の勇者はここにもいるって事を教えてやるぜ!」
Zマスター 「お前が無限のエネルギーを持ってたって、勇気があれば心は折れねえ!」
機界新種 「命姉ちゃん…!待ってろよ、今助けるからな!」
マーダル 「マーダル!俺達の怒りに火をつけた事、後悔させてやるぜ!」
「フヌケを治すなら、楽しい事を教えてやればよかったじゃねえか!」
ハイ 「飛鳥よりもキザな奴が来たぜ…!」
マーダル軍 「揃いも揃って妙なかぶりモンしやがって!」
「悪事に加担してる自覚ってもんはねえのかよ!?」
騎士ゼノンマンサ
ゴーストビグザム
「へっ、ジークなんとかをぶっ飛ばす前の、いい肩慣らしになりそうだぜ!」
ネオブラックドラゴン 「悪のドラゴンは、この勇者仁様が退治してやるぜ!」
ジークジオン 「ジークジオン!勝利するのは俺達、地球防衛組だ!」
マッドゴーレム 「泥の怪物なんかにライジンオーが負けるかよ!」
ELS 「出たな、銀ピカ怪物!俺達が相手だ!」 29話
「俺達の話も聞いてくれるようになんのか…?」 43話
「俺達が戦う理由、もうじき無くなるんだよな…!」
フロンタル 「やい、仮面野郎!俺様の実力とライジンオーの力、見せてやるぜ!」
「みんなで仲良く暮らそうとしないお前を、俺は認めない!」
フロンタル
草壁
「仲間を平気で傷つける奴の言う事なんか、俺は認めねえ!」
リディ 「くそっ、やるしかねえのかよ…!」
ゼハート 「みんな、油断するな!あいつが敵のリーダーだ!」
「ガンダムが相手だって、ライジンオーは負けないぜ!」 ガンダムレギルス
イゼルカント 「あんたのやろうとしてる事が間違ってる事ぐらい、俺達にだってわかるぜ!」 DLC
シド 「あの秘宝の番人って奴を倒せば、お宝がゲットできんのか!」
「どんなにすっげぇ技術が使われてたって、ライジンオーは負けねえ!」
ゼラ 「せっかく皆仲直りできたんだ!お前なんかにぶち壊されてたまるか!」 イベント発生前
「戦いはもう終わったんだ!俺達が争う必要なんてないんだ!」 イベント発生後
バジュラ 「よおし!あいつらを大人しくさせたら、存分に俺様の歌声を聞かせてやるぜ!」
暗黒大将軍 「地球防衛組は、例え神様が相手でも負けるわけにはいかねえんだ!」
「この世からテストと注射をなくしてくれたら、お前を神様だって認めてやらぁ!」
キバ 「お前みたいな典型的な悪党は、俺達が地獄へ送り返してやるぜ!」
草壁 「あいつの野望を阻止するためにも、みんなの力を貸してくれ!」
木連 「俺達は、絶対に悪の帝国なんかじゃねえ!」
「ゲキ・ガンガーの偽者なんかで、俺達に勝てると思うなよ!」
バルギアス 「力が強い奴が無敵なんじゃねえ…!仲間を信じる事ができる奴が、絶対に無敵なんだ!」
仁「そんなに力ずくがお望みなら、俺達防衛組の力、見せてやるぜ!」
マリア「ええ!あいつに私達の絆の力を見せてやりましょう!」
ゴッドライジンオー
バルギアス・ドラグーン 「人から盗んだ力で強くなったって、そんなのは本当の強さじゃねえ!」
ジスペル 「俺達は永遠に地球防衛組だ!お前なんかに勝手に未来を決められてたまるか!」
「昔っからの争いは、全部お前の仕業だったのかよ…!絶っ対に許せねえっ!」
「地球も、他のみんなの世界も…お前なんかには渡さねえっ!」
マリア「仁、神様を騙る罰当たりなアイツを、私達で懲らしめてやりましょう!」
仁「ああ!神の名を騙る奴なんかに、俺達防衛組が負けるもんか!」
ゴッドライジンオー
マリア「ついに来たわね、仁…!」
仁「いくぜ、みんな!こいつで最後だぁっ!」
大ボス 「悪の親玉め!俺達は絶対に負けねぇぞ!」
「お前の野望は、俺達が打ち砕いてみせる!」
大ボス(人類) 「お前らみたいな汚い大人に、地球は渡さないぞ!」
「俺の周りにいる大人は、お前なんかとは違う!」
「お前みたいな奴より、篠田先生の方がよっぽどマシだぜ!」
怪物 「化け物退治なんて、邪悪獣に比べりゃ朝飯前だぜ!」
「化け物相手に遠慮はいらねえ!行くぜ、みんな!」
有人機 マリア「仁、相手は人間よ!気をつけて!」
仁「任せとけって!うまくやるからよ!」
ゴッドライジンオー
大人 「いい大人が、何でも力ずくで解決しようってのが気に入らねえんだよ!」
47話、最終話
DLC[Brand new X]
仁「これが最後の戦いだ!気合い入れろよ、みんな!」
姫木先生「絶対に怪我しちゃダメよ!無事で帰ってきてね!」
篠田先生「お前達のこれまでの成長は、俺が一番よぉく知っている!自信を持て!」
仁「サンキュー、篠田先生!…いくぞぉっ!」
篠田先生「お前達なら絶対に勝てる!先生はそう信じているぞ!」
仁「よおし!飛鳥、吼児!この決戦、絶対に勝つぜ!」
マリア ワルーサ 「観念しなさい、ワルーサ!」
ベルゼブ 「ジャークサタン!地球防衛組が相手になるわ!」
「ベルゼブ、いい加減にしなさいよ!」 42話以降
「五次元人相手なら、遠慮はいらないわ!」
ブラックタイダー 「あの五次元人を元に戻す方法は、きっとあるはずよ!」
「アークダーマさえ吐き出させれば、きっと元に戻るはずだわ!」
邪悪獣 「あの邪悪獣の動きを止めるのよ!」
「邪悪獣!バクリュウオーが相手よ!」
「邪悪獣め!バクリュウオーの力を見せてやるから!」
マノン 「真面目すぎるのも考え物ね…!」
「どうしてそう頑固なのよ!もうちょっと話を聞いてくれたっていいじゃない!」
GAIL 「防衛隊の人と似たようなものを使ってたって!」
ゆう「あの人達…あんなに揺れそうな乗り物に乗ってて気持ち悪くならないのかしら…」
機界新種
ゼラ
「何とかして助けなくちゃ…!きっと方法があるはずよ!」 ゼラはイベント発生後のみ
勉「ここで助けられなかったら、今まで勉強してきた意味がありません!」
Zマスター 「あいつが無限のエネルギーを持っていたとしても、きっと勝つ方法はあるはずよ!」
ランベル ラブ「なかなかいい根性してるじゃない…!直々に勝負したいくらいだわ!」
ラブ「この勝負にかける情熱なら、あたし達だって負けちゃいないわ!」
騎士ゼノンマンサ 勉「そ、そんな名前で僕を脅かそうったって、そうはいきませんよ!」 ゴーストビグザム用の設定ミス?
勉「お、お化けなんてあまりにも非科学的な存在…ぼ、僕は恐くありませんよ!」
ELS 「怪物を放っておいたら大変な事になっちゃう!」 29話
「仲直り、きっとうまくできるわよね…!」 43話
「あの子達にも心があるのなら、こんな戦い、早く止めるべきなのよ!」
ゴースト 勉「そ、そんな名前で僕を脅かそうったって、そうはいきませんよ!」
フロンタル 「ドキドキするのも、ワクワクするのも、意味がない事だって言うの!?」
フロンタル
草壁
「あなたの野望は、地球防衛組が阻止して見せるわ!」
暗黒大将軍 「あんたが神様だなんて、私は絶対に認めないわ!」
「どんなに力があったって、みんなを幸せに出来ない神様なんて、私は信じない!」
バルギアス 「力ずくでみんなの住む世界を支配しようだなんて、絶対に許せないわ!」
勉「力だけが全ての世界なんて…!勉強が無い世界なんて、僕は絶対にゴメンです!」
ひでのり「力で他人を押さえつける支配なんて、あっていいはずがありません!」
ゆう「私には、人より優れた力なんてない…けど、みんなが一緒なら戦える!」
ラブ「そんなに力で支配したいなら、まずは私達を倒してみなさいよ!」
バルギアス・ドラグーン 「人の力を奪って喜ぶだなんて、最低ね!」 ボイスは「喜ぶなんて」となっている
勉「あなたのやり方、確かに合理的ですが…僕はそういうズルは大嫌いです!」
ひでのり「ズルして一等をとるより、正々堂々とやってビリになる方がずっとマシです!」
ゆう「あなたはズルいわ…他人の大切なものを奪ってまで強くなりたいだなんて…!」
ラブ「努力せずに得た力なんて、何の意味も無いわ!」
ジスペル 「私達の進む道を…私達の未来を、あんたなんかに決められてたまるもんですか!」
「みんなの生命はみんなのものよ!あんたのオモチャじゃないわ!」
勉「人に知識を与える喜びを知らないあなたが、神様である確率は…0%です!」
勉「先人から受け継がれてきた知識を無下にした進化など、愚の骨頂です!」
ひでのり「今まで散々ズルをして人々を操ってきたあなたが、神様であるはずがありません!」
ひでのり「あなたが決めた道で成功するより、自分で努力して失敗する方がずっとマシです!」
ゆう「あなたは神様なんかじゃない…それに私達は、あなたのおもちゃじゃない…!」
ゆう「例えあなたが神様だとしても、みんなの将来を奪う権利なんて誰にも無い…!」
ラブ「みんな!神様気取りのあいつに、地球防衛組の絆の強さを見せてやりましょう!」
ラブ「努力と根性なくして何が進化よ!そんなの、成長ですらないわ…!」
大ボス 「あんたが悪の親玉ね。覚悟しなさい!」
大ボス(人類) 「あなたも指導者なら、篠田先生や姫木先生を見習いなさい!」
軍人 「どうしてわかってくれないの!私達は戦いたい訳じゃないのに!」
「こんな戦い、何の意味も無いわ!お願いだから引いて!」
怪物 「あんな化け物、邪悪獣みたいなものよ!」
大人 「あなた達みたいな大人がいるから、私達が戦うしかないんじゃない!」
ベルゼブ ワルーサ 「ワルーサ、覚悟!」
「ワルーサァァァーッ!」
「おのれ…おのれ、ワルーサッ!」
「ワルーサ…貴様だけは許さん!」
「なぜだ…我々が今まで戦ってきたのは何のためだったのだ…」
バルギアス 「彼らには我ら五次元人にはない『心』がある…。それがどんな力をも凌駕するのだ!」 バルギアス
「愚かな…!他者から奪った力で得る勝利などに、いったい何の意味がある!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「我ら五次元人を変えてくれたのは争いなどではない…。地球人達の持つ『心』だ!」
ファルゼブ「ベルゼブ…相手は神を名乗るほど強大な相手だぞ…」
ベルゼブ「この次元は、貴様の来るべきところではないのだ!」
ファルゼブ「私達はふたりでひとり…どこまでもお前についていこう」
ベルゼブ「ふん、偽りの神など、防衛組の子供達に比べれば、容易い相手よ!」

勇者王ガオガイガー

パイロット 相手 内容 備考
EI-15 「勝負だ!ゾンダー!」
「いくぞっ!ゾンダー!」
「ゾンダーよ!光になれぇぇぇぇぇっ!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
原種 「勝負だ!機界31原種!」
「貴様ら原種の好きにはさせないぜ!」
「原種よ!光になれぇぇぇぇっ!」 ハンマーヘルアンドヘブン
合体原種 「数で押し切られる前に、ケリをつけてやる!」
「合体原種!貴様らの思い通りにさせてたまるか!」
「合体原種よ!光になれぇぇぇぇっ!」 ハンマーヘルアンドヘブン
Zマスター 「滅ぶべきはZマスター、お前の方だ!!」
「宇宙に必要なのは、お前達の機界昇華じゃない!」
「Zマスターよ! 光になれぇぇぇぇっ!」 ハンマーヘルアンドヘブン
機界新種 「命! 今助け出す!」
「機界新種! 命を返してもらうぞ!」
氷竜「物質文明に終止符を打つ気か…!」
凱「そんな事、させはしない!」
雷龍「俺達の存在を否定するモノ…!」
凱「…それが…機界新種…!」
風龍「これが真の浄化だというのか!」
凱「そんな事はない! あってたまるものか!」
ボルフォッグ「GSライドも、もはや限界です!」
凱「一気に勝負をかけるっ!」
「俺は信じたい…! 人類を、この世界を! そして、俺自身を!」
「だから、戦う! 生き抜くためにっ!!」
46話 イベント
ドレイク 「ドレイク・ルフト!貴様の悪意は俺が断つ!」
黒騎士 「お前の復讐心なんかに、俺の勇気は負けやしない!」
オーラバトラー 「見せてやる、これが地上の勇気の力だ!」
「お前達のオーラ力に負けるつもりはない!」
ロッド 「あの男を止めれば、GAILの勢いは衰えるはずだ!」
GAIL兵士 「同じ地球人でも、悪に手を染めるなら遠慮はしないぜ!」
マノン 「子供達との対話を実現させるためにも、あなたを止めてみせる!」
「もう一度話を聞いてくれるまで、俺達は諦めないぞ、マノン!」
マーダル 「マーダル! 貴様の野望もここまでだ!」
「人類に勇気と正義の心がある限り、衰退などするものかッ!!」
ハイ 「妄信的に従うのは勇気でも誇りでもない!ただの逃避だ!」
マーダル軍 「お前達のような侵略者と戦うのが、俺達勇者の使命だ!」
ベルゼブ 「地球人の勇気の力、見せてやるぜ!」
「五次元人よ!光になぁれぇぇぇぇっ!!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
ワルーサ 「いつだって正義と勇気は絶対無敵だって事を教えてやるぜ!」
「ジャーク皇帝ワルーサ!俺達が絶対無敵の勇気を見せてやるぜ!」
「ワルーサよ! 光になぁれぇぇぇぇっ!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
邪悪獣 「ゾンダーに有効だった戦法なら、奴らにも通じるはずだ!」
「邪悪獣よ!光になぁれぇぇぇぇっ!!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
ワルーサ
ジークジオン
「貴様に俺達の世界を渡さない!」
「いつの時代も、悪の親玉は勇者に倒される運命なんだぜ!」
マッドゴーレム 「体がデカ過ぎて、動きが鈍いようだな!」
「巨人よ!光になぁれぇぇぇぇっ!!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
シャドウ 「偽者が本物に勝てるものかぁぁっ!」
ジークジオン 「悪に立ち向かえる勇気さえあれば、それが勇者だ!」
「ジークジオン! ガンダムだけが勇者だと思うなよ!」
「ジークジオンよ! 光になぁれぇぇぇっ!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
ネオブラックドラゴン 「お前の悪の心、俺達の勇気で打ち砕いてやる!」
ELS 「接触されたら終わりだ…!」
「あの化け物の相手は、俺に任せてくれ!」
「彼らとの対話の時間は、俺が稼いでみせる!」
「ELSよ! 光になれぇぇぇぇっ!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
フロンタル 「運動性能の差は勇気で補ってみせる!」
「その器に、勇気を注がせてもらうぜ!」
「俺達は可能性に絶望なんかしない…! そこに勇気がある限り!」
「フル・フロンタル!可能性を閉ざしたのは、未来を信じる勇気のない貴様の方だ!」
「ジオンの亡霊よ! 光になぁれぇぇぇぇっ!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
リディ 「くそっ…!戦うしかないのか…!」
ネオ・ジオン 「勇者がテロに屈するわけにはいかないからな!」
ゼハート 「ゼハート・ガレット! お前の相手はこの俺だ!」
イゼルカント 「指導者である貴様を倒せば、この戦争は止められるはずだ!」
「貴様が選んだ人達だけを救う世界なんて、絶対に間違っている!」
シド 「シド!ここは通してもらうぜ!」
「シドよ!光になぁれぇぇぇぇっ!」 ハンマーヘルアンドヘブン
ゼラ 「ゼラ・ギンス…! 奴がすべての人類を殲滅するつもりならば…!」
「EXA‐DBとは、あんな化け物まで生み出してしまう力なのか…!」
「共に手をとりあう勇気、それがこれからの世界には必要なんだ!」 イベント発生後
Dr.ヘル 「例えどんなに強大な力を持った相手だろうと俺達の勇気ある誓いは揺るがない!」
暗黒大将軍 「暗黒大将軍! 例え貴様が神でも、最後に勝つのは俺達だ!」
「世界を破壊し人々を苦しめる貴様が、神であるはずがない!」
キバ 「キバ! 貴様の覇気と俺の勇気…どちらが上か勝負だ!」
「アイアンカイザーよ! 光になぁれぇぇぇぇっ!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
草壁 「貴様の身勝手な思想が、争いを引き起こしている!それは悪じゃないのか!」
木連優人部隊 「どんな大義名分があっても、罪もない人々を傷つけていい理由にはならない!」
EI-15
シャドウ
ジャークライジンオー
「本物にあって、偽物にないもの…それはっ!勇者の証だあぁぁっ!!」
バルギアス 「見せてやるぞ、貴様の信じる『力』とは違う俺達の持つ勇気の力を!」
「俺の大切な仲間から奪った力、何があろうとも返してもらうぞ!」 バルギアス・ドラグーン
「バルギアスよ! 光になぁれぇぇぇぇっ!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
ジスペル 「見せてやる! 最後に勝つのは、勇気ある者だという事を!」
「宇宙に必要なのは、お前の望む進化なんかじゃない! 俺達の熱い勇気だ!!」
「ジスペルよ!光になぁれぇぇぇぇっ!!」 ハンマーヘルアンドヘブン
超竜神 EI-15 「ここまでだ、ゾンダー!」
原種 「この超竜神が相手だ、原種!」
「超竜神の力…その身で思い知れ、原種!」
合体原種 「合体はお前らの専売特許じゃない!」
「機界昇華は我々が食い止める!」
Zマスター 「Zマスター、これが最後の勝負だ!」
「最後に勝利を得るのはお前じゃない!我々、勇気ある者達だ! 」
ドレイク 「勇気ある誓いがあれば、巨大戦艦の火力など恐れる事はない!」
黒騎士 「我々の勇気は、決して貴様の憎悪になど負けはしない!」
オーラバトラー 「私の勇気なら、あのバリアを突破できるはず!」
「オーラの力で作られたバリアといえど、この超竜神のパワーならば!」
マノン 「まことに本意ではないが、力ずくもやむなしか…!」
「例え力ずくでも、もう一度話を聞いてもらうぞ!」
ハイ 「君の思考回路は我々の超AIよりも青いようだな!」
マーダル 「勇気と仲間を愛する心さえあれば、闘争など必要ない!」
ベルゼブ 「この超龍神、貴様のような悪の手先に後れはとらん!」
邪悪獣 「人間がコアになっていない分、遠慮は無用のようだな!」
マッドゴーレム 「この超竜神、力比べなら負けはせん!」
ネオブラックドラゴン 「黒龍など、超竜神が正義の心と勇気で倒してみせる!」
ジークジオン 「誤算だったな、勇者はここにもいるぞ!」
ジークジオン
ワルーサ
「あの圧倒的な力、やはり奴が悪の元凶のようだな!」
ELS 「戦う以外の道を探るためにも、今は大人しくしてもらうぞ!」
「あなた方にも私達と同じ心があるならば、対話の道も開けるはずです!」
フロンタル 「勇気の可能性は無限大だ!ここで貴様を倒してそれを証明してみせる!」
「貴様の目論見は、この超竜神が阻止してみせる!」
ゼハート 「君の理想には『勇気』の二文字が足りないようだな!」
シド 「私が番人である奴を引き付けます! その隙に!」
ゼラ 「全ての人類を殲滅するなど、この超竜神が断じて許さん!」
「彼もまた戦争の生んだ悲劇。何としても助け出さねば…!」
ネオ・ジオン
マーダル軍
キバの輩
邪悪獣
「止めるんだ! 自分が何に加担しているのかわかっているのか!」
「我々GGGがいる限り、貴様らの侵略は必ず阻止してみせる!」
「GGGの隊員として、テロは未然に防いでみせる!」
暗黒大将軍 「貴様が神であろうとなかろうと、我々GGG隊員の矜持が揺らぐ事はない!」
キバ 「かつては一軍の長だったとの事だが、我々の隊長とは似ても似つかないな!」
怪物 「この超龍神、ゾンダーとの戦いで化け物の相手は慣れている!」
木連優人部隊 「君達の正義が真実だとしても、私は私の正義を信じて戦う!」
「例えどんな恨みがあろうとも、暴力を正当化できる正義などあるものか!」
バルギアス 「例えどれほど大きな力であっても、勇気ある誓いがある限り、私達は負けん!」
「己の力を信じ切れなかった貴様に教えてやろう…!私達の、勇気の力を!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「自ら矢面に立つ勇気すらない貴様が、神を気取るとは笑止千万!」
「貴様の力がいかに強大でも、我々は決して諦めない!それが勇気ある誓いだ!」
撃龍神 EI-15 「ゾンダーめ、撃龍神が相手になってやる!」
原種 「原種! 撃龍神が相手だ!」
「今すぐ原種核を抜いてやる!」
合体原種 「こっちだって合体じゃあ、負けてねえぜ!」
「原種が束になったって、俺の勇気は砕けねえぜ!」
Zマスター 「いくぞ、Zマスター!」
「Zマスターに、俺達の勇気をぶつける!」
ドレイク 「圧倒的な火力ってヤツだが、あんたを止めねえとみんなが苦しむからな!」
黒騎士 「俺達の勇気は、お前の言う憎しみにだって勝ってみせるぜ!」
オーラバトラー 「小さい奴の相手は、超竜神よりも得意だぜ!」
マノン 「GGGのみんなと出会って俺は変われたんだ! あんただって!」
「この分からず屋が! どうして戦う以外の方法を探そうとしねえんだ!」
ロッド 「なかなか好き勝手やってくれたじゃねえか! 大企業のお坊ちゃんよ!」
GAIL兵士 「人間を傷つけるのは気が進まないが、これも勇者の務めだ…!」
ハイ 「この撃龍神が、その高慢ちきな鼻っ柱をへし折ってやるぜ!」
マーダル 「俺達の地球を闘争が続く世界になんかさせないぜ!」
マーダル軍 「俺達勇者がいる限り、侵略なんかさせるかよ!」
ベルゼブ 「悪の手先は、この撃龍神が撃退するぜ!」
「この撃龍神、悪の手先になんか負けるかよ!」
邪悪獣 「核のない怪物相手なら、派手にやらせてもらうぜ!」
マッドゴーレム 「心を持たない泥人形に、俺の相手が務まると思うな!」
ジークジオン 「お前の恐れる勇者伝説に、この撃龍神の名を加えておきな!」
ネオブラックドラゴン 「邪竜退治は、この俺に任せておきな!」
ELS 「あんな化け物と同化するなんて、冗談じゃないぜ」 29話
「なんだ…俺のGSライドが何かに反応している…?」 43話
「お前達とは戦わずに済むかもしれねえんだ! 大人しくしやがれ!」
フロンタル 「あの冷静かつ大胆な動き…! 同じ赤色でも炎竜とは全く違うタイプだな!」
「勝手に俺達の可能性まで決めつけるんじゃねえ!」
「お前が成すべきは、人類に勇気を与える事だったんじゃねえのか!」
リディ 「くそぉっ!こうするしかないのか…!?」
ゼハート 「あいつの思考回路は、氷竜の超AIより堅物のようだな!」
イゼルカント 「俺には小難しい事は分からねえが、あんたの理想が間違ってるって事は分かるぜ!」
「弱者を救ってこその勇者だ! それを斬り捨てようとするあんたは許せねえ!」
シド 「秘宝を守るのがあいつの使命なら、あいつを倒すのが俺達の使命だぜ!」
ゼラ 「最後の最後に、全部台無しになんかされてたまるかよ!」
「相手を討たずに争いを終わらせる勇気…!俺達もそれに賭けてみようじゃねえか!」
ヴェイガン兵士 「お前ら!今こそ勇気をもって話し合う時じゃないのかよ!」
暗黒大将軍 「俺達はどんな教えよりも、仲間達と勇気を信じてるんだよ!」
キバ 「この撃龍神とド突き合いのケンカをしようってのか? おもしれえ!」
草壁 「自分勝手な戦争を始めたてめえに、正義を名乗る資格はねえ!」
木連(人間系) 「恨みつらみだけじゃあ、俺達勇者は倒せないぜ!」
「お前らみたいな熱い奴らは嫌いじゃねえが、邪魔をするならケガするぜ!」
バルギアス 「真の強者とは、他人の生命や心を尊ぶ、勇気ある者なんだよ!」
「戦術目的第一位!奴に奪われたエネルギーの奪還!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「勇気ある誓いがある限り、必ず勝利をつかみとる!それが勇者だ!」
「仲間のいない貴様には分かるまい。常に仲間と共にある俺達の勇気ある誓いが!」
ビッグボルフォッグ EI-15 「ゾンダー、あなたの相手は私です!」
原種 「機界31原種確認、攻撃します!」
「原種を倒すことは我々の使命!」
「地球を機界昇華させはしません!」
合体原種 「そのパワーはさすが!だが、そこまでです!」
「合体原種!私達の束ねた勇気、見せてあげましょう!」
Zマスター 「これで最後です、Zマスター!」
「Zマスター!全ての決着をつけます!」
ドレイク 「どんなに巨大な相手といえど、動力部を狙えば勝機はあります!」
黒騎士 「あなたの心にあるその闇を、勇気を持って振り払うのです!」
オーラマシン 「異世界の兵器といえど、バリアを用いる敵への対策は万全です!」
マノン 「地球の人々の中にも、勇気と正義を愛する方達はいるのです!」
ロッド 「武力を前提とした調査方法では、無用な戦火を広げるだけです!」
GAIL兵士 「あなた方には、私の教育的指導を受けて頂く必要があるようですね!」
ワルーサ 「巨悪を倒す鍵…それは絶対勝利を誓う勇気です!」
ベルゼブ 「悪の手先などに、我々は絶対に負けません!」
ベルゼブ
騎士ゼノンマンサ
ゴーストビグザム
「悪に付き従う者は、この私が成敗します!」
邪悪獣 「人間が核とされていないのならば、対処は容易です!」
ハイ 「自ら進んで悪に与するのならば、容赦はしません!」
マーダル 「闘争が永遠に続く世界など、この私が許しません!」
マーダル軍兵士 「どんな場所であろうとも、侵略を見過ごすわけには行きません!」
ネオブラックドラゴン 「悪意を広げようとするものを、放っておくわけにはいきません!」
ジークジオン 「あなたの敗因は、この世界にも勇者がいるという事です!」
ワルーサ
ジークジオン
「強大な力を持つ悪の首魁に立ち向かうのは、勇者として望むところ!」
ELS 「人間を核とするのではなく、機械と融合する生命体とは…!」 29話
「あなた方も我々と同じ、心ある存在のはずです!」 43話
「相互理解への道を閉ざさないためにも、今は負けるわけにはいかないのです!」
フロンタル 「あの機動力…そしてこのプレッシャー…!油断できない相手です!」 シナンジュ
「その仮面の下にある真意、暴かせて頂きます!」 ネオ・ジオング
「勇気の持つ無限の可能性…あなたに教えて差し上げましょう!」
フロンタル
草壁
「勇気ある誓いにかけて、あなたの野望は必ずや阻止して見せます!」
「人の心をなくしてしまったあなたに、私達を倒す事はできません!」
ネオ・ジオン軍兵士 「GGG隊員として、あなた方を拘束させて頂きます!」
リディ
ドナウα1
「やはり戦うしかありませんか。ならば!」
「無駄な争いは好みませんが、ここは通らせて頂きます!」
ゼハート 「そこに勇気と正義がなければ、理想は独善でしかありません!」
イゼルカント 「種の選別など、例え神であっても許される行為ではありません!」
「戦争で人々を選別したところで、そこに勇気がなければ平和な世は訪れません!」
シド 「あの秘宝の番人は、私が引き付けます!」
ゼラ 「全ての兵器の殲滅など、我々が許しません!」 イベント発生前
「戦うために生み出された存在といえど、生命ある者ならば救ってみせます!」 イベント発生後
ヴェイガン兵士 「地球を守る勇者として、火星圏からの侵攻は防いでみせます!」
暗黒大将軍 「強大な力だけで、あなたを神と認める事などできません!」
「例えあなたが神だとしても、私は己の正義を信じて戦います!」
キバ 「あなたのような外道にかける情けはありません!」
草壁 「正義を口にしながら、身勝手な争いを続けるあなたこそ、悪そのものです!」
木連 「緑の地球を守るのは、私達の役目です!」
「例えそちらの歴史が正しいとしても、罪もない人々を傷つける事は許しません!」
バルギアス 「数多の星の海をも統べる力、何としてもあなたに渡すわけにはいきません!」 バルギアス
「例え彼の力を奪おうとも、彼の心に宿る勇気の炎までは消せはしません!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「この決戦、死力を尽くして勝利を掴んでみせます!」
「神を騙る存在…奴を倒せば、勝利はすぐそこです!」
「例え何万年もの停滞があろうと、勇気と共に進めば、進化の道は見つかるはずです!」
怪物 「怪物相手の戦闘は、我々GGGの専門分野です!」
マイク EI-15 「ゾンダー! すっごく悪い奴らだもんね!」
「ゾンダーは、マイクがやっつけるもんね!」
原種 「原種核はマイクが取るもんね!」
「マイクの方が原種より強いもんね!」
合体原種 「一度に全部、倒してやるもんね!」
「ビッグだからってマイク、負けないもんね!」
Zマスター 「Zマスター、許さないもんね!」
「Zマスター! 絶対やっつけてやるもんね!」
機界新種 「命、マイクが今助けてあげるもんね!」
バルギアス 「POWERだけじゃ、本当のフレンドはできないもんね!」
「マイフレンドのPOWERをSTEALしちゃうなんて、許さないもんね!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「マイクは今もこれからもEVOLUTIONし続けるもんね!」
「GODみたいに強くたって、マイクのフレンドをいじめるなら許さないもんね!」
J EI-15 「見逃さんぞ、ゾンダー!」
「ゾンダー…放置しておく事はできん!」
「ゾンダーよ!光に、なれぇぇぇぇっ!!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
原種 「原種など私の敵ではない!」
「異形の者達よ、ここはお前達の来るべきところではない!」
「原種よ!光に、なれぇぇぇぇっ!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
合体原種 「あの時の決着、今こそつける!」
「貴様らの核…我らがいただく!」
「合体原種よ!光に、なれぇぇぇぇっ!! 」 ジェイダーヘルアンドヘブン
腕原種 「その声は…!腕原種、貴様か!」
Zマスター 「全てはZマスターを倒すために!」
「もがきあがく事こそ生命の本質!我ら生命あるもののあがき、とくと見せてやる!」
「Zマスターよ!光に、なれぇぇぇぇっ!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
機界新種 「待っていろ、すぐに助け出す!」
黒騎士 「暗黒に染まりし騎士よ! 貴様の誇りを見せて見ろ!」
ドレイク 「貴様のその悪しきオーラごと、私がねじ伏せてくれる!」
マノン 「話し合いの余地はないという事か。ならば!」
GAIL兵士 「力に訴えるだけでは、この私は倒せんぞ!」
ベルゼブ 「他人にいいように使われている貴様などに、この私はは倒せん!」
「五次元人よ!光に、なれぇぇぇぇっ!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
ワルーサ 「邪悪の根源は、このソルダートJが滅する!」
「邪悪の根源よ、アベルの戦士である私が相手だ!」
「ワルーサよ!光に、なれぇぇぇぇっ!!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
邪悪獣 「邪悪な存在は、全てこの私が消し去ってくれる!」
「邪悪獣よ!光に、なれぇぇぇぇ!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
マーダル 「我らアベルの戦士は、何者の支配も受け入れるつもりはない!」
マーダル軍 「下がれ! 自ら考える事を忘れた人間どもよ!」
騎士ゼノンマンサ 「主人に尻尾を振るだけの犬どもなど、私の相手ではない!」
ネオブラックドラゴン 「哀れだな…貴様は…!」
ジークジオン 「ジークジオンよ!光に、なれぇぇぇぇっ!!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
マッドゴーレム 「Jジュエルの輝きの前には、貴様のパワーなど赤子同然!」
「巨人よ!光に、なれぇぇぇぇっ!!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
ジークジオン
皇帝ワルーサ
「怪物の王が相手ならば、遠慮はいるまい!」
「私は勇者などではない!誇り高き空の戦士だ!」
ELS 「機械と同化する生命体ならば、その前に叩くだけの事!」
「彼らとの共生の道があるならば、今ここで我々が倒れるわけにはいかん!」
「青の星の戦士達よ! 彼らとの対話の時間は私が稼いで見せよう!」
「ELSよ!光に、なれぇぇぇっ!!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
リディ 「誇りを忘れてしまった貴様などに!」
フロンタル 「役目を果たすために造られた存在…貴様と私は似ているのかもしれんが…!」
「ジオンの亡霊よ! 光になぁれぇぇぇぇっ!!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
ヴェイガン 「青の星の戦争に介入するつもりはないが、貴様らを見過ごす事はできん!」
ゴドム 「貴様も戦士ならば、仲間の死にとらわれるな…!」
シド 「無人の番人などに、このソルダートJが止められるものか!」
イゼルカント 「力なき者を淘汰した世界に、どんな意味があるというのだ!」
「人間を選別し楽園に導くなどと、神にでもなったつもりか!」
ゼハート 「楽園などと世迷言を! もがきあがくからこそ、生命は輝くのだ!」
ゼラ 「青の星を滅ぼすつもりだろうが、そうはさせん!」
「自分達を滅ぼそうとした者すら助けるか…。ふっ。相変わらず甘い連中だ」
暗黒大将軍 「アベルの戦士に、神を怖れる者などおらん!」
キバ 「戦士としての誇りもなく、ただ破壊を望む輩などに、私は負けん!」
草壁 「己の理想を盲信し、戦士としての誇りすら見失ったか!」
「仲間の屍の上でしか理想を語れぬ者に、人類が救えるものか!」
木連(人間系) 「哀れな…自らが守るべき正義すら、偽りと知らぬまま戦うか…」
バルギアス 「見せてやるぞ、真の戦士の強さとは、力だけではないという事を!」
「誇りを捨て、力に溺れた貴様は、もはや戦士ではない!」 バルギアス・ドラグーン
「バルギアスよ!光に、なれぇぇぇぇっ!!」 ジェイダーヘルアンドヘブン
ジスペル 「自らの足で歩んだ過程こそ、生きている証、それなくして何の進化か!」
「赤の星の戦士として、この決戦···必ずや勝利してみせる!」
「神を名乗り驕り高ぶった貴様には、相応しい罰をくれてやろう!」
「ジスペルよ!光に、なれぇぇぇぇっ!!」 ジェイダーヘルアンドヘブン

機甲界ガリアン

パイロット 相手 内容 備考
ジョジョ マーダル 「マーダル…!俺はお前のやってきた事を許さない!」
「お前を倒してアーストのみんなに引き渡してやる!」
「母さんを返せ!俺の母さんを!」
「マーダル!お前は…お前は間違っているはずなんだ!」 45話
ハイ 「勝負だ!ハイ・シャルタット!」 14話以降
「ハイ・シャルタット!今日こそはやってやるぞ!」
「俺は、お前のような操り人形とは違う!」 45話
ローダン 「ローダン将軍、覚悟!」
「ローダン!男同士の約束を破る、卑劣な奴め!」
ランベル 「あの気迫…ただ者じゃない…!」
「正々堂々勝負だ、ランベル!」
「ザウエルを倒さない限り、白い谷は守り切れない!」 24話
マーダル軍将軍 「マーダル軍の将軍が相手でも、やってやるぞ!」
マーダル軍将軍
マーダル親衛隊
「あの動き…マーダル軍の中でもかなりできる奴だ!」
マーダル親衛隊 「親衛隊がなんだ!マーダルの手先は俺がやっつけてやる!」
「ハイ・シャルタットの仲間なら、油断はできない!」
マーダル兵士 「マーダルの手先ども!見てろ!」
「来い!マーダルに味方する者は、許しはしないぞ!」
ドレイク 「ドレイク・ルフト!それが人々を治める人間のする事か!」
黒騎士 「あいつの戦い方、ハイ・シャルタットに似ている…!ならば!」
オーラバトラー 「異世界の飛甲兵にだって、ガリアンは負けない!」
マノン 「俺達だって戦いたいわけじゃないけど、黙ってやられるわけにもいかないんだ!」
ロッド 「そんな飛甲兵のなりそこないで、ガリアンに勝てるもんか!」
GAIL兵士 「お前達!これ以上ゴーグを狙うなら、許しはしないぞ!」
ワルーサ 「勝つんだ!地球やアーストの人達を守るために!」
ベルゼブ 「悪の帝国の野望は、俺が阻止してみせる!」
邪悪獣 「罪もない人を襲う悪の手先め!お前達が一番の迷惑だ!」
機界新種 「俺は最後まで仲間を見捨てたりはしない!」
「チャンスは必ずある…きっと助け出して見せる!」
Zマスター 「Zマスター!俺達の勇気を見せてやるぞ!」
EI-15 「相手が化け物なら、遠慮はしないぞ!」
ジークジオン 「悪の帝王め!勇者アズベスの孫、ジョジョが相手だ!」
ネオブラックドラゴン 「例え異界の魔王だとしても、俺は負けはしないぞ!」
騎士ゼノンマンサ
ゴーストビグザム
「悪の手先め!邪魔をするなら容赦はしないぞ!」
マッドゴーレム 「悪の巨人め!鉄巨人、ガリアンが相手だ!」
ELS 「銀色の化け物め!俺がやっつけてやる!」 29話
「大人しくしてくれ!俺達は分かり合えるかもしれないんだ!」 43話
「やめるんだ!俺達は戦わずに済むかもしれないんだぞ!」
フロンタル 「赤い機甲兵…!手強い相手だ…!」 シナンジュ
「どんな未来が待っていたって、俺は自分の可能性を信じて戦う!」 ネオ・ジオング
「俺は自分の考えで戦っているんだ!お前のような空っぽの人間とは違う!」
「人の未来を信じていないお前に、俺達が負けるものか!」
フロンタル
草壁
「仲間を犠牲にしてまで作る楽園なんて、間違ってるはずなんだ!」
「お前の野望は、俺が打ち砕いてみせる!」
ネオ・ジオン軍兵士 「お前達のやっている事は、ただの人殺しだ!」
リディ 「本当にこんなやり方しかないのか…?」
ゼラ 「無差別攻撃を繰り返す怪物め!絶対に許さないぞ!」 イベント発生前
「もう戦いは終わったんだ!これ以上誰も死なせてなるものか!」 イベント発生後
イゼルカント 「楽園がなんだ!俺はそんなもの望んじゃいない!」 DLC
「憎悪と暴力をこの世に放ってきたお前は、マーダルと同じだ!」
ゼハート 「ゼハート!お前の理想で人々を幸せにできるもんか!」
「悪の操り人形め!地球もアーストも、お前達の好きにはさせないぞ!」 ガンダムレギルス
ヴェイガン兵士 「生まれた星は違っても、侵略者に容赦はしないぞ!」
ヴェイガン兵士
木連
「故郷を追われたツラさは分かるよ…けど、こんなやり方は間違ってるんだ!」
シド 「悪魔の秘宝は、誰の手にも渡しちゃいけないんだ!」
暗黒大将軍 「イラスタントに伝わる神はお前みたいな奴じゃない!」
「お前が神だなんて、俺は信じないぞ!」
キバ 「ガリアンで、お前をあの世に送り返してやる!」
草壁 「悪の帝国は、力で全てを手に入れようとするお前達の方だ!」
木連 「行くぞ!地球を侵略しようとする奴は許さない!」
バルギアス 「お前はマーダルと同じだ!悪の力で他人を支配したって何も変わりはしない!」 バルギアス
「俺はお前とは違う!どんなに力が欲しくても他人を犠牲にするのはまっぴらだ!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「俺はお前のやってきた事を許さない!勝手な進化なんて、よくもそんな事が!」
「正しい進化なんて俺には分からない…けど、お前は間違ってるはずなんだ!」
「これが最後だ!全力を尽くしてお前を倒してみせる!」
大ボス 「邪悪な怪物め!俺が成敗してやる!」
「お前の凶悪な企みは、俺達が阻止してみせる!」
指揮官 「あの気迫…ただ者じゃない…!」
怪物 「ガリアンなら、怪物相手にだって負けやしないぞ!」
Sサイズ以下 「小さい敵が相手でも、油断しないぞ!」
ヒルムカ マーダル 「マーダル…私が誰か、改めて名乗る必要はないだろう!」
「はっきり言わせてもらうと、この勝負あんたの負けだよ!」
ハイ 「ハイ・シャルタット、手ごわい相手だ…!」
「マーダルの腰巾着は引っ込んでな!」
ランベル 「ったく、融通の利かない男だねえっ!」
マーダル軍将軍 「将軍ってのも、程度が知れてるってもんさ!」
マーダル親衛隊 「大の男が揃ってマーダルの番犬気取りかい!?」
マーダル兵士 「マーダルに従ってる奴らには容赦しないよ!」
「とっとと帰りな!マーダルの手下ども!」
ショット、フロンタル
草壁
「そんな動きじゃあ、何か隠してますって顔に書いてあるようなもんさ…!」
機界新種 「ここであんたを見捨てたら、こっちも目覚めが悪いってもんさ!」
ELS 「あんた達と同化するなんて、あたしゃゴメンだよ!」 29話
「高度文明連合の連中なら、対話なんて考えもしなかったでしょうね…」 43話
「もうすぐ戦わずに済むようになるんだ!大人しくおしよ!」
フロンタル
草壁
「あんたの下らない野望は、全部お見通しだよ!」
「戦争を拡大させた落とし前はつけさせてもらうよ!」
リディ 「仕方がないね…恨まないでおくれよ!」
暗黒大将軍 「神だなんだと言っても、所詮やってることは人間と同じじゃないか!」
「どんな存在が相手だって、あたしには成し遂げなきゃならない事があるの!」
木連 「その腕っぷしは大したものだけど、知恵は回らないようだね!」
バルギアス 「力だけでまとまるほど世界は単純じゃないって、わかってるだろうに!」 バルギアス
「無駄なあがきはおよしよ!泥棒風情なんかに何ができるっていうんだい!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「希望の芽はまだ残っている!あんたが用意した筋書きなんて、ゴメンだよ!」
「生物の進化を夢見たって、あんたのやり方じゃ、誰も幸せになれはしないのよ!」
「これが最後の戦いね…あいつを倒して、みんなでアーストへ帰るんだよ!」
大ボス 「いいかい、みんな!化け物共の親玉は、何としてもここで仕留めるよ!」
「あんたが魔王なら、さしずめあたしは妖艶な魔法使いってところかしら!」
怪物 「まったく、可愛げのない生き物だねぇ!」
スラーゼン マーダル 「マーダル!貴様に踏みにじられた民の怒り、思い知れっ!
「今は亡きボーダー王に代わり、貴様を討つ!」
ハイ 「ハイ・シャルタット!このマーダルの腰巾着め!」
「ハイ・シャルタットめ、いい加減に目を覚まさんか!」
ランベル 「ランベル!尻尾を巻いて逃げた主人のために、あくまで戦うか!?」
「ランベルよ、俺を見習って寝返るか、それとも…!」
マーダル軍将軍
マーダル親衛隊
「マーダルの子飼いどもめ、ワシが成敗してくれる!」
マーダル親衛隊 「親衛隊の若造など、恐るるに足らんわ!」
マーダル兵士 「ええい、マーダルの正体も知らずに踊らされおって!」
「所詮、主に飼われるだけの犬どもよ…!」
機界新種 「安心せい!我らがジョルディ王子は、決して仲間は見捨てんお人よ!」
ELS 「あの銀色の化け物は、ワシが相手をする!」 29話
「この戦い…対話による和議が実現すれば、それほどの上策はあるまい!」 43話
「ジョルディ王子は懐の深いお方よ!お主の事を受け入れてくれるはずじゃ!」
フロンタル
草壁
「貴様の野心は、このドン・スラーゼンが成敗してくれるわ!」
「頭を叩けば、おのずと奴の配下も総崩れよ!」
暗黒大将軍 「主君を裏切ってまで生き長らえた身だ…!今さら神など怖れはせんわ!」
「例え貴様が神であろうと、ワシが信奉するのは、ジョルディ王子ただひとりよ!」
草壁 「滅んで当然の国などない!あの青き星をボーダー王国の二の舞にはさせん!」
バルギアス 「王の王たる由縁は力にあらず!それが分からん貴様は、王の器ではないわ!」 バルギアス
「愚かな…覇道を歩める資質を持ちながら、自ら武人の誇りを捨てるとは…!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「我らは貴様にはないものを持っている!それが未来よ!」
「アーストの未来を…いや、全ての世界の未来を貴様などに決められてなるものか!」
大ボス 「さすがは怪物どもの王よ!まっこと邪悪な姿をしておるわ!」
「その醜悪な姿で世界の征服を語ろうとは、片腹痛いわ!」
指揮官 「敵ながら、なかなかに豪気な相手よ!腕が鳴るわい!」
怪物 「このドン・スラーゼン、怪物相手とて後れはとらん!」
ランベル マーダル 「マーダル!貴様の思い通りにはさせん!」
「あの黒い蛇の紋章こそ、マーダル本人たる証…!」
ハイ 「ハイ・シャルタット、貴様は私が押さえる!」
「ハイ・シャルタット!貴様を王子に近づけはさせん!」
ローダン 「ローダン!武人の風上にも置けん奴め!」
「ローダン…一騎打ちの邪魔をされた借りは、返させてもらうぞ!」
マーダル軍将軍
マーダル親衛隊
「マーダル軍にも、少しは骨のある者が残っていたようだな!」
マーダル親衛隊 「マーダルの親衛隊が相手ならば、油断は出来ん!」
マーダル兵士 「誇りなき軍人など、烏合の衆も同然!」
機界新種 「ジョルディ王子に救われたこの生命、今度は貴公を救うために使おう!」
ELS 「ここで我らが破れては、彼らとの対話の未知も閉ざされよう!」
「いずれ彼らとも沓を並べる日がこよう…だが、今は!」
フロンタル
草壁
「貴様の野望、このランベルが断って見せよう!」
リディ 「こうなれば戦うしかあるまい…!」
暗黒大将軍 「例え神であろうと、ジョルディ王子の前に立ち塞がるならば、排除するのみ!」
「ジョルディ王子に拾われたこの生命、神が相手であろうと惜しくはない!」
キバ 「大義なく、ただ戦いに興ずる輩にこのランベルは倒せん!」
草壁 「表では正義を語り、裏では悪をなす貴様は、武人として許せん!」
バルギアス 「力による治世はいつか綻びを生む…何故それが分からんのだ!」 バルギアス
「その力は大義ある未来を掴み取るための力!貴様の欲望を満たす道具ではない!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「閉ざされているのは我々の未来ではない!貴様の心だっ!」
「この決戦で貴様を討ち果たし、大義を成してみせよう!」
大ボス 「ボーダー王国嫡子ジョルディ王子の名の下に、邪悪の根源たる貴様を討つ!」
怪物 化け物共の相手は、任せて頂こう!
ウーズベン マーダル 「何としても、マーダルの計画を成功させてはならない!」
ハイ 「ハイ・シャルタット!この私が相手だ!」
「あの銀色の飛甲兵だけは、何としてでも仕留めて見せる!」
マーダル兵士 「まだ戦うつもりか、マーダル軍!」
「マーダルに協力するのなら、例えアースト人でも逮捕する!」
機界新種 「こんな僕でも、誰かを助ける事ができるのなら…!」
バルギアス 「力で世界を『あるべき姿』に変える事など、あってはならない!」 バルギアス
「貴様の非道な行いは、連合の調査官としてではなく、ひとりの男として許せない!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「私は確信している!お前の干渉などなくとも、我々は進化していけるのだと!」
「どんな存在であろうと、貴様の行為は明らかな過干渉だ!」
「高度文明連合の調査官として、この戦いを最後まで見届けさせてもらう!」
大ボス 「なんと強大な…!もはや我々の文明が及ぶものでは…!」
「人間が作り上げてきた文明を、貴様などに支配されてたまるものか!」
ハイ ワルーサ 「下賎な存在が帝王の座につこうなど、身分不相応というもの!」
機界新種 「このハイ・シャルタットが救ってやろうというのだ。光栄に思うがいい!」
バルギアス 「恐怖と暴力で全異世界を制するなど、あの方以外に出来うるものか!」 バルギアス
「他人の力で戦うお前には分かるまい…この戦いの真の意味が!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「進化の道理は否定せん。…だが、貴様の指図などは受けぬ!」
「貴様の望む進化を受け入れるなど、生きながらにして死んでいるものと同じよ!」
「陛下が描こうとした理想…この決戦を制し、私が実現してみせる!」

SDガンダム外伝

パイロット 相手 内容 備考
騎士ガンダム
バーサル騎士ガンダム
騎士ゼノンマンサ 「相手はジオン族の騎士か!」
ゴーストビグザム 「伝説の巨人以上のモンスターのようだな!」
騎士ゼノンマンサ
ゴーストビグサム
「ジークジオンはどこだ!?」
ネオブラックドラゴン 「サタンガンダム、何故貴様が…!」
「いくぞ、ネオブラックドラゴン!」
ネオブラックドラゴン
騎士ゼノンマンサ
「何故ジークジオンの配下に甘んじている!」
ジークジオン 「待っていろ! ジークジオン!」
「ジークジオン、必ず倒してみせる…!」
「全ての騎士の上に立つ者として、負ける訳にはいかない!」
シャドウ 「みんな、惑わされるな!あれはまやかしだ!」
マッドゴーレム 「泥の巨人など!」
「偽りの巨人め! 何度立ち塞がろうと無駄だ!」
ドレイク 「みんなの平和を乱す男が王であるはずがない!」
黒騎士 「暗黒に染まった騎士よ…その悪意、私が祓ってみせる!」
「憎しみに囚われ、騎士としての誇りまで無くしたか!」
オーラバトラー 「悪しきオーラの膜など、正義の心で打ち砕いてみせる!」
「あの姿…ジオン族のモンスターに似ているが…!」
ロッド 「ロッド・バルボアよ!これ以上島の人々を傷つけさせはせん!」
マノン 「戦う理由など、本当はないというのに…!」
「人間にも平和を愛する者たちは大勢いるというのに…!」
GAIL兵士 「力ずくで全てを解決しようとするならば、私は戦う!」
「島の民を苦しめることに、正義があるのか!」
ベルゼブ 「サタンの名を冠する者よ!これ以上の悪行は許さん!」
「邪悪の手先め!この騎士ガンダムが成敗する!」
ワルーサ 「この世界はみんなの物だ!支配するなんて間違っている!」
邪悪獣 「お前達を倒さないと、みんなが迷惑する!」
EI-15 「あの怪物をこれ以上増やす訳にはいかない!」
「ゾンダー!ラクロアの騎士、ガンダムが相手だ!」
原種 「私達の正義の心、それすらも不要だと言うのか!」
合体原種 「全人類の機界昇華など、正義であるはずが無い!」
Zマスター 「伝説の巨人など比較にならないほどの大きさだが、私は決して諦めない!」
機界新種 「命! 君は私が必ず助けて見せる!」
ハイ 「そのかたくなな忠誠心…正義に向けさえすれば!」
マーダル 「かりそめの王よ!貴様の野望もここまでだ!」
「マーダル!貴様のとった方法以外でも、故郷を救う方法はあったはずだ!」
マーダル軍 「アーストの平和を乱すならば、人間族とて容赦はしない!」
「この世界にまで悪の魔の手を広げるつもりか!」
「そこをどいてくれ! お前達もここで滅びるつもりか!」 45話
ELS 「遥か彼方より来たりし者達よ、これ以上多くの人を傷つけるのならば!」
「金属の生命体といえども、剣さえ届けば!」
「彼らにもあるのか…私達と同じ正義の心が…!」
「対話の刻が来るまでは、私が食い止めて見せる!」
「彼らと戦わずに済む方法…それさえ分かれば!」
フロンタル 「全ての可能性を閉ざそうと言うのならば、ガンダム族の名にかけてお前を倒す!」
「人の意志の器よ!私の正義の刃で暗黒へ還るがいい!」
リディ 「何故だ!そのようなやり方は正義ではないというのに!」
ネオ・ジオン兵士 「人間たちよ!ジークジオンの名を称えてはいけない!」
ゼハート 「若者よ!悪の理想に踊らされるな!」
「ガンダムの名を持つ機械を操る者よ! それが君の理想なのか!」 ガンダムレギルス
イゼルカント 「人間族を滅ぼそうとする魔王よ! この騎士ガンダムが相手だ!」 DLC[Brand new X]
シド 「秘宝の守り神よ! この私が相手だ!」
「あれほどのモンスターを生み出す、EXA-DB… 悪の手に渡すわけには!」
ゼラ 「あれがヴェイガンに潜む、悪の源か…!」
「微かに見える正義の光…消させはしない!」 イベント発生後
暗黒大将軍 「神を名乗る悪の権化! 私が成敗してやる!」
キバ 「カイザー…。その名は…!」
「悪魔のような所業…!許せん!断じて許すわけにはいかない!」
「貴様のような、ひどいことをする奴は放ってはおけない!」
シャドウ
EI-15
ジャークライジンオー
「姿形を真似たところで!」
「偽者などに正義が負けるものか!」
木連優人部隊 「個人的な恨みで戦争を正当化するなんて、間違ってる!」
侵略者 「侵略で勝ち取った平和など、民が喜ぶはずがない!」
怪物 「人間に仇なすモンスターめ!私が相手だ!」
バルギアス 「力とは、みんなを幸せにするためのものだ! 断じて他人を支配するためのものではない!」
「お前が奪った大いなる遺産、悪に染まらせる訳にはいかない!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「たとえ神であろうとも、みんなの正しき心を否定するなら私は戦う!」
「これで最後だ!貴様に勝ち、世界に平和を取り戻す!」
剣士ゼータ 騎士ゼノンマンサ 「我らが討つべきはジークジオンだ!貴様などに用はない!」
ゴーストビグザム 「魔法が相手では、私の技は…しかし!」
ネオブラックドラゴン 「復活したのなら、再び倒すだけだ!」
「邪竜へと堕ちた者よ!我が誇りにかけて、貴様を倒す!」
ジークジオン 「ジークジオン!ここで決着をつける!」
シャドウ 「我らの影を操るとは…ジオン族め!」
「偽者に後れを取るようでは、ニューやダブルゼータに笑われてしまうからな!」
マッドゴーレム 「マッドゴーレムめ、邪魔だ!」
「力だけの相手など、我が技で!」
ドレイク 「貴様の器、我らが王様とは天と地ほどの差があるわ!」
黒騎士 「この憎悪に満ちた気配…!油断はできんな!」
オーラマシン 「魔法でない障壁ならば、我が剣も通用する!」
「残像など、見切るまで!」 オーラバトラーのみ
ロッド 「力ずくでしか物事を解決できん男など、ダブルゼータよりも性質が悪い!」
「貴様の身勝手な行為で、どれだけ多くの犠牲が生まれたのか、分かっているのか!」
マノン 「この堅物め!どうしてそんな判断ができるのだ!」
GAIL兵士
ジオン軍兵士
「今日で傭兵稼業はおしまいにしてもらうぞ!」
ベルゼブ 「アルガス騎士団の名にかけて…邪悪なる者を討つ!」
ワルーサ 「これほど邪悪な力を持った奴が、ジークジオン以外にもいたとはな…!」
邪悪獣 「迷惑な化け物め!アルガス騎士団が成敗してくれる!」
機界新種
ジラード
「救ってみせる、何としても!」
Zマスター 「これ以上、星のエネルギーは吸わせん!」
原種 「原種よ!これ以上好きにはさせん!」
「貴様らにこの世界を昇華させるわけにはいかん!」
EI-15 「ゾンダー!この私が成敗してくれる!」
「ゾンダー化した人々を助けなくては!」
ハイ 「己のプライドなど、仲間と協力して得られる勝利に比べれば、取るに足らん!」
マーダル 「誤算だったな!我らガンダム族がこの世界に来た事が、貴様の敗因だ!」
マーダル軍兵士 「民を苦しめる侵略など、我らアルガス騎士団が許さん!」
フロンタル 「赤い彗星よ!アルガス騎士団が一番槍、剣士ゼータが相手だ!」 シナンジュ
「人々の可能性を閉ざさないためにも、ここで貴様を討つ!」 ネオ・ジオング
「例え姿形が巨大になろうとも、我々は一歩も引かんぞ!」
フロンタル
草壁
「我らアルガス騎士団は、最後まで人の可能性を信じて戦い抜く!」
バナージ 「耐えてくれ…!」 NT-D
ネオ・ジオン軍兵士 「ジオンの名に魂を縛られた人間達か…!」
「ジークジオンめ、奴の影響とは思いたくないが…!」
ジオン軍兵士 「連邦やガンダムを恨んで、ここまで生き延びてきたというのか!」
ELS 「銀色のモンスターめ!これ以上人々を襲わせはしない!」 29話
「数を相手にしていてはやられる!一体でも多く数を減らさねば!」
「彼らにも、我らと同じように意志があるのなら…!」 43話
「対話が成功するまでは、もうしばらくの辛抱だ…!」
ゼハート 「共に楽園(エデン)を築く道だってあっただろうに…」
イゼルカント 「貴様は、ガンダム族の名を貶めようというのか!」
シド 「弱点さえ分かれば、いかに太古の魔物とて!」
「強大な相手だ…!しかし、今の私に慢心はない!」
ゼラ 「私の勘が告げている…貴様をこのままにしては危険だと!」 イベント発生前
「これ以上戦火を広げないためにも、君を救助してみせる!」 イベント発生後
ダナジン 「所詮は竜を模しただけの機兵!怖るるに足らん!」
ヴェイガン兵士 「火星の民よ、投降しろ!」
「どんな事情があれど、向かってくる以上は!」
暗黒大将軍 「さすがに神というだけの事はある…!しかし!」
怪物 「モンスターなど、我が剣で!」
「会話すらままならんようでは…!」
バルギアス 「貴様がどんなに強大だとしても、強者だけが生き続ける世界など断じて認めん!」 バルギアス
「その力は正義のために使われるべきものだ!何としてでも返してもらう!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「神の名を騙る者よ!アルガス騎士団が一番槍、剣士ゼータ、推して参る!」
「我らアルガス騎士団は最後まで諦めん…!そう、例え貴様が神だとしてもだ!」
闘士ダブルゼータ 騎士ゼノンマンサ 「ジオン族の騎士ならば、相手にとって不足はない!」
ゴーストビグザム 「ふん、魔法では勝てぬとみて、力に訴えてきたか!」
ネオブラックドラゴン 「二度と復活せぬよう、跡形も残さず葬ってやるぞ!」
「勇者ガンダムに滅ぼされし邪竜よ!正義の心を持つ勇者はここにもいるぞ!」
ジークジオン 「出たな、ジークジオン!覚悟はいいか!」
シャドウ 「姿形が似ていようとも、所詮は影!」
「我らの絆まで真似できているか、試してやろう!」
マッドゴーレム 「巨人だろうと、力比べなら負けん!」
ドレイク 「我が祖国アルガスでは、貴様のような奴を暴君と呼ぶのだ!」
黒騎士 「貴様の黒きオーラ、私が打ち砕く!」
オーラバトラー 「闘志の力ならば、この私が負けるはずがない!」
「不可思議な能力など、私の力で!」
ロッド 「青年よ!その好奇心にはいつか足をすくわれるぞ!」
「愚かな…。この最悪の状況が貴様の欲しかった戦果か!」
マノン 「貴様が問答無用と言うのならば、我らも戦う他ないではないか!」
GAIL兵士 「このまま小競り合いを続けていては、島が…!」
ベルゼブ 「邪悪な悪魔め!ガンダム族の末裔として、私が貴様を討つ!」
「戦士としての誇りが、奴を奮い立たせているのか…!」
ワルーサ 「邪悪皇帝ワルーサ!必ず貴様を倒す!」
邪悪獣 「フッ、あんな奴よりゼータやニューの小言の方が、よっぽど迷惑だがな!」
機界新種 「かつてのように上手く行けばよいのだが…!」
「少々荒っぽいが、お姫様…怒らんで下さいよ!」
Zマスター 「何てデカさだ…!しかし、勝利を信じて戦うのみ!」
原種 「原種…!奴らは我々ガンダム族とも、相容れぬ存在のようだな!」
「アルガス一の剛腕たるこのダブルゼータ、簡単に昇華できるなどと思うな!」
EI-15 「ゾンダーとて、私の力をもってすれば!」
「まずは奴を止める!あとは勇者達に任せる!」
ハイ 「高飛車な男など、ゼータだけで十分だ!」
マーダル 「マーダル軍の大将は、ここで討ち取る!」
マーダル兵士 「侵略者は、この闘士ダブルゼータが成敗する!」
ELS 「いくぞ、金属のモンスター!」 29話
「どんな生物とも融合するモンスターとは、恐るべき能力だ!」
「対話の準備が整うまでは、もたせてみせる!」 43話
「あの生物にも、我らと同じ心があるならば…!」
フロンタル 「ジオンの亡霊(ファントム)を束ねる男よ!勝負だ!」 シナンジュ
「貴様の彗星の如きスピードと私のパワー、どちらが上か勝負だ!」
「あの巨体…まるで奴の中の暗黒が具現化したかのようだ…!」 ネオ・ジオング
「自らの可能性を閉ざし、夢を忘れた貴様に、我らガンダム族が負けるはずがない!」
フロンタル
草壁
「ガンダム族の末裔として、この決戦、必ずや勝利してみせる!」
ネオ・ジオン軍兵士 「ジオン族とは無関係と聞いたが、行為はさして変わらんな!」
「ふっ、どうやらお前達には、ガンダム族の伝説がよく効くようだな!」
リディ 「少々荒っぽいが、我慢してくれよ!」
ゼラ 「己の仲間すら滅ぼそうとは…許せん!」 イベント発生前
「強大な敵だろうと助けたい、か…。その決意、私も乗ろう!」 イベント発生後
ゼハート 「貴様がどれほど強い信念を持っていたとしても、この勝負だけは譲れん!」
「感情を無視して作戦を遂行するなどと…、人間を否定するというのか!」
「悪に染まったガンダムなどに負けるわけにはいかん!」 ガンダムレギルス
イゼルカント 「魔王め、貴様の理屈にはつきあっていられん!アルガス騎士団が成敗してくれるわ!」
シド 「秘宝の番人よ!ここは押し通らせてもらうぞ!」
ダナジン 「竜型か…。さぞかし手応えがあるのだろうな!」
ヴェイガン兵士 「選ばれし民だなどと…!」
「人間族でありながら、別の種族だと言い張るとは…!」
暗黒大将軍 「正義の心がある限り、邪神などに負けはしないっ!」
怪物 「おおよそ、モンスターに話は通じぬ!力で応えるまでよ!」
バルギアス 「力による支配を望むか…。その野望、アルガス一と謳われたこの力で止めるまで!」 バルギアス
「己の力で戦えぬ者が、真の強者であるはずがない!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「貴様に言われずとも、人間も我々も進化し続けている!何故それが分からん!」
「己の手を汚さず影からコソコソと…。貴様のような奴は一番許せん!」
「この戦いが世界の命運を分ける…。ならば、命を賭して臨むまで!」
法術士ニュー 騎士ゼノンマンサ 「同じ騎士といえど、アレックス殿ほどではないはず!」
ゴーストビグザム 「貴様の術など、我が法術で!」
「いかに魔力が増大したとしても!」
ネオブラックドラゴン 「邪竜滅殺の法術をお見せしよう!」
「二度と復活できないように消滅させてやる!」
ジークジオン 「今こそジークジオンを討ち倒し、人々に真の平和を!」
シャドウ 「影を実体化させるとは…ジオン族の術も侮れん!」
「そのようなまやかし、我が法術で打ち消してくれる!」
マッドゴーレム 「泥の巨人など、我が法術にかかれば!」
ドレイク 「貴殿の器量の大きさは認めよう!しかし、放っておくことはできぬ!」 DLC
黒騎士 「憎悪のオーラ…。止めてみせる!」
オーラマシン 「オーラのバリアなど、我が法術にかかれば!」
「皆が皆、剣技の使い手か…!」 オーラバトラーのみ
マノン 「我々はやり直せるはずだ!心を閉じてはすべてが終わるぞ!」 DLC
ベルゼブ 「あくまで戦士としての戦いにこだわるか!ならば、このニューが相手になろう!」
ワルーサ 「邪悪なる皇帝…!食い止めなければ、我らの祖国もいずれは…!」
邪悪獣 「言葉だけでモンスターに変容するとは、恐ろしい術よ…!」
原種 「原種め、己以外の種は全て滅ぼすつもりならば!」
「我が法術で、逆に貴様らを昇華してくれるわ!」
EI-15 「ゾンダーめ、我が法術で一掃してくれる!」
Zマスター 「ザ・パワーとやらの供給を絶たねば!」
機界新種 「姫君を助け出すのが、勇者のつとめよ!」
「何としても助け出さねば…!」
「助けられるかどうかなど、やってみなければわからん…!しかし…!」
ハイ 「貴様とアレックス殿では、隊長としての器が違いすぎるわ!」
マーダル 「マーダルよ!貴様の行い…人はそれを悪と呼ぶのだ!」
マーダル兵士 「侵略など、我らアルガス騎士団が許さん!」
ELS 「今は眠れ…!意思ある金属達よ!」
「私には実現できぬが、和解の可能性があるならば!」
「あのような生物と対話ができるとは…まったく、退屈せぬな!」
フロンタル 「赤い彗星とやら!ガンダム族の力、伊達ではないという事を見せてやる!」 DLC
「情けない奴め!貴様はそうやって絶望をし続けるのか!」
「人の心の光を見て変わらなかったのは、貴様自身であろう!」
「敵の司令官は、私がいただく!」
フロンタル
草壁
「この決戦、我らは最後まで諦めん!」
イゼルカント 「種の選別などと…!あなたのエゴで、何も知らない人々を殺そうというのか!」 DLC
ゼラ 「昔取った杵柄!キオ殿の思いに応え、君を救い出す!」 41話
「あれさえ倒せば、ヴェイガンとの戦いも…!」 DLC
ダナジン 「たとえ竜であろうとも、我が法術の前では蜥蜴と同じ!」
暗黒大将軍 「神たる力はあるようだが、ここで臆してはアルガス騎士団の名折れ!」 DLC
怪物 「どんなモンスターだろうと、我が法術を防げはせん!」
バルギアス 「貴様の真の目的は知らぬが、過激なやり方には賛同しかねる!」 バルギアス
「悪の化身め!その力は返してもらうぞ!!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「神を自称し、自らの手すら汚さんとは…外道にも劣る輩よ!」
「我がガンダム族の伝説には、貴様のような卑劣な神は存在せん!」
「私が全ての戦いに終止符を打つ!」
騎士アレックス 騎士ゼノンマンサ 「同じ騎士の称号を持つ者として、負けるわけにはいかん!」
ゴーストビグザム 「力は増したようだが、足元が隙だらけだぞ!」
ネオブラックドラゴン 「蘇りし邪竜は、私が討つ!」
「蘇った事を後悔させてやる!」
ジークジオン 「ジークジオン、決戦の時が来たようだな!」
シャドウ
EI-15
「我らを模すとは…。だが、偽者に後れはとらぬ!」
「形は真似できても、我らの誇りまでは真似出来まい!」
マッドゴーレム 「偽りの巨人よ、土へ還れ!」
ドレイク 「いたずらに戦場を広げて…!それが国を預かる者のする事か!」
黒騎士 「何という執念の塊…!見過ごす訳にはいかん…!」
オーラマシン 「私の気迫とて、貴様たちのオーラに引けは取らんはずだ!」
ロッド 「あの人間族の青年を止めん事には、始まらんようだな…!」
「あなたの軽率な行動が今の状況を生んでいると、何故分からぬ!」
マノン 「あの鎧の下に何か隠しているかもしれん…!油断は出来ない!」
マノン
ザナルド
「あの重装備…防御力は高くとも、その分スピードは落ちるはず…!」
ベルゼブ 「邪悪の手先め!我らは決して悪には屈しないぞ!」
ワルーサ 「邪悪な皇帝よ、ここで滅びよ!」
邪悪獣 「邪悪な獣は、我々が成敗する!」
原種 「原種!これ以上人々を苦しめるのならば!」
「我ら騎士団の誇り、昇華出来るかどうか試してみるがいい!」
EI-15 「ゾンダーの相手は、この騎士アレックスが務める!」
「我々もGGGと連携し、救出活動にあたる!」
Zマスター 「ザ・パワー、聞きしに勝る力だ…!しかし!」
機界新種 「何としても、物質昇華される前に手を打たねば…!」
「必ず助け出して見せる…!だが今は!」
ハイ 「ハイ・シャルタット!覚悟!」
マーダル 「お前の野望は、この騎士アレックスが阻止してみせる!」
ELS 「みんな、気をつけろ!融合されたら最後だ!」 29話
「和解の道があるなら信じたい!しかし、私には!」 43話
「対話への道は、彼が必ず開いてくれる!それまでは…!」
フロンタル 「赤い彗星は、このジオンスレイヤーで打ち砕く!」 シナンジュ
「ジオンの亡霊よ!このアレックスが貴様を虚無に帰す!」 ネオ・ジオング
「人の可能性を信じられない貴様に未来は無い!」
フロンタル
草壁
「どうやら決戦の時が来たようだ、気を引き締めていくぞ!」
「人々の未来と可能性を閉ざさないためにも、貴様はここで討つ!」
ネオ・ジオン軍兵士 「ジークジオンの名を称える者たちよ!目を覚ますんだ!」
リディ 「目が覚める一撃をお見舞いしてやる!」
ゼハート 「君はまだ引き返せるはずだ…!争い続ける事が君の理想なのか…!?」
イゼルカント 「火星の民の王自らが、種の選別などという悪事を行うというのか!」
シド 「破壊者シド…奴の先には…!」
「呪われた秘宝の番人よ!そこをどけっ!」
ゼラ 「ここまで来て、勇者ガンダムの伝説を終わらせてなるものか!」 イベント発生前
「君を救いたいと願うキオ殿の気持ち…私はそれに答えたい!」 イベント発生後
ダナジン 「竜の機兵とて、このアレックスの一撃、当たればただでは済まんぞ!」
暗黒大将軍 「我ら誇り高きアルガス騎士団、例え相手が神であろうと怖れはせぬ!」
「この圧倒的な威圧感…奴は本当に神なのか…!」
指揮官 「隊を率いる者同士の戦いならば、なおさら負けられぬ!」
怪物 「モンスターに遠慮は無用!」
「モンスターめ、ここから先へは行かせん!」
バルギアス 「最終決戦の時が来たようだ…。今こそ、アルガス騎士団の力と正義を示す時!」 バルギアス
「力を奪われ封じられた者の苦しみ、貴様には分からぬのか!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「互いが互いを補ってこそ生命!それを否定する貴様に神を名乗る資格はない!」
「覚えておけ、我らはアルガス騎士団!貴様のような邪悪を討つ正義の騎士だっ!」

劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-

パイロット 相手 内容 備考
刹那 ELS 「お前達は何者だ!」
「なぜ俺達を襲う!」
「このダブルオークアンタなら、お前達に!」
「俺は戦うために来たわけでは…! だが…!」
ガンダム 「敵もガンダムか…!」
「太陽炉非搭載型のガンダム…!」
オーラバトラー 「オーラのフィールドに対抗する術はある」
「オーラの力…それは戦うだけの力では無いはずだ!」
「刹那・F・セイエイ、対オーラバトラー戦に移る」
黒騎士 「貴様のその怨念、この俺が断ち切る!」
ドレイク 「貴様の野心が、世界を歪ませる…!」
ロッド 「ロッド・バルボア! その行動は、争いを広げるだけだ!」
マノン 「争いの発端は俺達、地球側にある。だが!」
「もう一度分かり合う気はないのか、マノン!」
GAIL兵士 「GAILのような企業がある限り、争いはなくならない…!」
「自分達のエゴが、争いを生んでいるとは考えないのか!」
ベルゼブ 「五次元人の機動兵器か…!」
「邪悪獣の指揮官機…!」
ワルーサ 「刹那・F・セイエイ、邪悪な意志の源を駆逐する!」
邪悪獣 「邪悪獣を確認。速やかに駆逐する!」
「ジャーク帝国の企みは、俺達が阻止する!」
EI-15 「ゾンダーはガンダムが相手をする」
原種 「プラン再確認。原種核の確保を優先する!」
「原種確認。核を狙う!」
Zマスター 「ザ・パワー…! 恐るべき力だが!」
機界新種 「命…! 俺達は諦めない!」
ハイ 「ハイ・シャルタット…貴様の忠節は戦争の源となる!」
マーダル 「マーダル!争いなどなくても、人は分かり合えることで前に進んで行ける!」
マーダル軍 「マーダルに従う以上、武力衝突はさけられない」
マーダル軍将軍 「マーダル軍隊長を確認! 優先して破壊する!」
騎士ゼノンマンサ
ゴーストビグザム
「ジークジオンは歪みを生む! わからないのか!」
ネオブラックドラゴン 「ネオブラックドラゴンの闇…俺が消し去る!」
「貴様もガンダムであったなら、わかり合う事ができるはずだ!」
ジークジオン 「俺達が存在し続ける限り、ガンダムの伝説は終わらない!」
「ジークジオン!争いを生む歪みは、ガンダムが破壊する!」
マッドゴーレム 「マッドゴーレム…自律型機動兵器と同様に対処する!」
フロンタル 「貴様の考えは未来を犠牲にし過ぎる!」
「フル・フロンタル! お前の求めているものは、俺達とは違う!」
「俺達は変わる…! 変われるんだ、フル・フロンタル!」
ゼハート 「ゼハート・ガレット…! 貴様の理想は歪んでいる!」
ゼハート
ザナルド
「これよりヴェイガン指揮官機との交戦を開始する!」
シド 「あの兵器を放っておいては、無用な犠牲を生む…!」
「地球と火星…二つの未来を切り開くため…その機体を破壊する!」
ゼラ 「戦うための人生…そんなもの、あってはならない!」
「ヴェイガンのパイロット! 俺の声が聞こえるか!」 イベント発生後
ヴェイガン 「ヴェイガン…! 戦争を広げるのなら!」
ヴェイガン
木連(人間系)
「お前達の苦しみを伝えるためにも、この戦いは終わらせる必要がある!」
Dr.ヘル 「自分の野心だけで戦争を広げるのか!?」
暗黒大将軍 「この世界に神などいない!」
バルギアス 「貴様の目指す世界は戦争根絶とはほど遠い!」
「それが貴様の心の光…! 未来を照らさない光など、ガンダムが駆逐する!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「この宇宙に生きる生命の進化は、俺達自身の手で勝ち取る!」
「この世界に神はいない…!貴様の存在は、世界に暴力を生み出すだけだ!
「俺は俺の意思で戦う!ガンダムと共に、真の平和を勝ち取るために!
特殊コマンド 「くっ…! お前達は何者だ!?」
「何を求めてここに来た!?」
「応えろぉぉぉぉっ!!」
イベント
刹那「クアンタムシステムを作動させる!」
ティエリア「ELSの力は未知数だ。フルパワーで行く!」
刹那「了解!」
刹那「クアンタムバースト!」
刹那「これがラストミッション!」
ティエリア「人類の存亡をかけた!」
刹那「対話の始まり!」
刹那「うううう…おおおおおおーっ!!」
43話イベント
ロックオン ELS 「敵の目的が分からねえ以上、やるしかねえ!」
「何を企んでいようが…この先に行かせるわけにゃいかねえな!」
「刹那が対話を成功させるまでの辛抱だ!」
「刹那、頼むぜ! こっちはもたせて見せるからよ!」
ハロ「増エタ! 増エタ!」
ロックオン「長期戦は避けねえとな…!」
ドレイク 「また見つけちまったよ、兄さん…。戦いを生む存在ってヤツをさ…!」
オーラバトラー 「あのフィールドがあっちゃ、分が悪いか…!」
「オーラバトラーだからと言い訳してちゃ、マイスターの名が廃るぜ…!」
ロッド 「ロッド…! 欲しいもんは奪うってのは、理解できるがよ…!」
マノン 「わかり合えたとしても、あの信念を折らねえことには…!」
「例えイノベイターでも、あいつを説得するのはホネが折れそうだな…!」
GAIL兵士 「お前ら下っ端には罪はねえのかもしれねえが…!」
「企業が利益を求めすぎるのは、いつも一緒か…!」
EI-15 「ゾンダーだって、狙い所があるはずだ!」
原種 「機界昇華なんてされてたまるかよ!」
ベルゼブ 「五次元とやらにお帰り願おうか!」
ワルーサ 「てめぇが支配する世界なんざ俺は嫌だね…!」
「ロックオン・ストラトス、邪悪の根源を狙い撃つぜ!」
邪悪獣 「さてと…はた迷惑な邪悪獣を狙い撃つぜ!」
機界新種 「待っていろよ、命…! 必ず助け出してやるからな!」
「言われなくてもやる事はやる…! 『トリガーを引く』…助けるためにな!」
マーダル 「征服王マーダル…狙い撃つ!」
マーダル軍 「マーダルの言う事に黙って従いやがって…!」
「宇宙に進出しても、俺達の出番はなくなりそうもねえな…!」
騎士ゼノンマンサ 「その忠義だけは認めるさ。けどな!」
ネオブラックドラゴン 「ガンダムっていうにはツラ構えが悪すぎるぜ!」
「サタンを名乗ってた奴なんざ、この世界にはお呼びじゃねえんだよ!」
ジークジオン 「ジークジオンは、俺が狙い撃つ!」
「闇の皇帝と戦う事になるたあ…『ソレスタルビーイング』を笑えねえな…!」
マッドゴーレム 「いくぜ、泥野郎!」
カークス 「予想通り、そこに潜んでやがったな!」
「狙い撃つのはあんただけじゃないってこった!」
フロンタル 「ちっ、恐ろしく速いな…! 狙い撃てるか…?」
「例え赤い彗星が相手だろうと、狙いは外さねえ!」
「フル・フロンタル! てめえは世界と向き合っちゃいねえ!」
「人と人とがわかりあえる世界も不可能じゃない…!そう信じてるから、俺は戦う!」
アンジェロ 「てめえがいくら認めても、俺はやつのやり方は認めねえ…!」
リディ 「狙い撃つ場所も考えねえとな、こりゃ…」
「正面から世界と向き合うなんざ、できりゃ、したかなかったけどな…!」
ネオ・ジオン兵士 「どんな理由があろうと、テロは許さねえ…!」
「ロックオン・ストラトス、ネオ・ジオンを狙い撃つ!」
ゼハート 「そんなに楽園に行きたきゃ、てめえひとりで行きな!」
ゼラ 「敵も見方も見境なしかよ…! こいつは本気モードで行かねえとな!」
「ヴェイガンの虎の子相手に手加減とは…とんだ甘ちゃんだよな、俺もよ…!」 イベント発生後
シド 「ちっ…厄介な番人だぜ、まったくよ!」
ヴェイガン 「どんな事情であろうと、犯した罪の分は罰を受けてもらうぜ…!」
「ロックオン・ストラトス、ヴェイガンを狙い撃つぜ!」
Xラウンダー 「先読みされるほど、ちんたら狙うつもりはねえ!」
ガンダム 「そっちもガンダムかい!ならよ!」
連邦 「もう敵じゃねえってのに…!」
「状況が状況だ。世界から疎まれようとも、咎を受けようとも…!」
怪物 「対話の通じねえ異種か…!」
「化け物め…!話が通用する相手じゃねえなら!」
バルギアス 「これが、お前の…自分の考えだけを押しつけた結果だよ!」
「わかるぜ…お前は、戦う事より逃げる方を選んじまったんだ…!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「随分と上から目線の物言いだが、てめえが万能とは思えないな!」
「俺は、ロックオン・ストラトスとしてこの世界と向き合う!これからもな…!」
アレルヤ ELS 「ELS侵攻の防衛行動に移る!」
「脳量子波に群がってくるのなら!」
ハレルヤ「脳量子波で薄気味悪りぃ声上げてんじゃねえ!」
「今の僕達は戦うことしかできない!けど!」
ハレルヤ「あんなのと話す、か…!笑えるが仕方ねえ!」
機界新種 アレルヤ「本気でやらなきゃこっちがやられる!…けど!」
ピーリス「絶対に助けてみせる!」
リディ アレルヤ「武器だけを狙う…!」
ハレルヤ「甘めぇぜ、アレルヤ!」
アレルヤ「甘くてもいい。僕にできる事をするだけだ!」
連邦軍 「連邦が敵対するなんて…!」
ハレルヤ「不本意だろうが任務だろ?いいぜ、相手してやるよ!」
ハレルヤ「俺達に恨みがある奴は本気で来いよ!でねえと楽しくねえからなぁ!」
ピーリス「地球圏の脅威は我々ではないはず!」
アレルヤ「退いてくれ!」
ガンダム 「たとえ敵がガンダムだとしても!」
「ガンダム同士で戦うなんて最後にしたいけどね…!」
ハレルヤ「てめえもガンダムか!おもしれえ!」
バジュラ ハレルヤ「派手にやりすぎて、機嫌を損ねねえようにしねえとなぁ!」
バルギアス 「僕は戦う。最後の最後まで…!」
ハレルヤ「でけえツラしやがって…! すぐに潰してやるからよぉ!!」
ハレルヤ「ついに来たな、アレルヤぁ!」
アレルヤ「ガンダムハルート、ファイナルミッションを遂行する!」
バルギアス・ドラグーン
ジスペル アレルヤ「勝って切り開いてみせるさ…!」
ピーリス「未来を…!」
アレルヤ「明日を!」
ティエリア 黒騎士 「この圧迫感…僕の脳量子波を通じて奴の悪意が伝わってきているのか…!?」
ドレイク 「ドレイクを討たねば、戦乱の終わりはない!」
オーラバトラー 「ティエリア・アーデ、これよりオーラバトラーへの対応を行う!」
ロッド 「その好奇心からの行為が、いつか最悪の結果を招くぞ!」
マノン 「彼に誤解はない…! これが、今の人類に下される判断なのか…!」
「もう一度、対話のチャンスが生まれるまでは…!」
GAIL兵士 「君達のやっている事は、僕個人としても容認できない!」
ベルゼブ 「他次元からの脅威だとしても!」
ワルーサ 「対話よりも支配を望むというのなら、断固として抵抗する!」
邪悪獣 「被害が拡大する前に、邪悪獣を一掃する!」
EI-15 「ゾンダー確認。プランに従って対処を行う!」
原種 「原種との対話…残念だが、諦めるほかないようだな」
Zマスター 「ザ・パワーの供給さえ止められれば!」
機界新種 「何としても卯都木命を取り戻す…!」
ハイ 「他人に傾倒するだけでは、君に革新など起こり得ない!」
マーダル 「僕は人類と共に未来を作る…! 闘争ではなく対話で作る未来を!」
マーダル軍 「理由無き侵略など、万死に値する!」
騎士ゼノンマンサ 「邪悪な皇帝に仕えるのならば、相応の結末を辿ってもらう!」
ネオブラックドラゴン 「黒竜となったガンダムの暴走…それを止めるのは、マイスターの役割だ!」
ジークジオン 「ジークジオン…その本質は、闇…! ならば、僕は!」
マッドゴーレム 「人形など、僕の敵ではない!」
ネオ・ジオン兵士 「ラファエル、袖付きのモビルスーツを一掃する!」
「確かに我々は稀代のテロリストだ。だが、君達とは違う!」
連邦軍 「アロウズとは事情が違う。だが!」
「我々の敵は他にいるというのに…!」
フロンタル 「あれを落とせば、今のネオ・ジオンは瓦解する!」
「人類の未来は、貴様が規定するものではない!」
「僕にとって肉体は器にしか過ぎない! だが断じて貴様のような空っぽの器ではない!」
ゼハート 「人類はエデンになど導かなくとも、己の力で進んでいける!」
「ゼハート・ガレット!君はガンダムに相応しくない!」
イゼルカント 「イゼルカント! 人間の尊厳を踏みにじるやり方など、僕は認めない!」 DLC[Brand new X]
「プロジェクト・エデンは血塗られた計画だ!認めるわけにはいかない!」
シド 「コードネーム・シド…! 人類の、かつての過ちの象徴…!」
「旧時代の遺産は、僕が相手をする!」
ゼラ 「たとえ僕と似た存在であったとしても、人類の未来を阻むのなら!」
「人類と共に未来を作る…それが僕達のあるべき道だ! だから!」
ヴェイガン 「ラファエル、敵ヴェイガン機を殲滅する!」
ヴェイガン
木連
「互いの苦しみを知った者同士なら対話の道も選べるはずだ!」
Xラウンダー 「この感覚…脳量子波ではない…! Xラウンダーの力か…!」
バジュラ 「異星体…今は戦うしかない!」
「脳量子波は通じない…。なら、対話は…」
バルギアス 「僕は、貴様の作る世界で満足などしない!」
「いくらその力を掌握したところで、所詮は疑似的なもの! 負けるわけにはいかない!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「神を名乗る存在から未来を救う…。それが僕達人類のあるべき道だ!」
「貴様がすべきは、人類を導くのではなく、人類を見守り未来を作る事だった!」
スメラギ ELS 「異星体への攻撃を開始します!」
「向こうの狙いが何であれ、今は戦うしかない…!」
スメラギ「フェルトの分析が終了後、強行突破します!」
ラッセ「繊細なんだか、強引なんだか」
「これが対ELSのラストミッションよ…!」
スメラギ「刹那がELSの中枢に突入するまで持ちこたえるのよ!」
ラッセ「おうよ!」
ミレイナ「ポイント13から、巡洋艦クラスのELS接近!」
スメラギ「このミッション、何としても成功させるわよ!」
機界新種 「ラッセ「こいつは無茶だぜ!」
スメラギ「これが一番救出できる可能性が高いのよ。やるしかないわ」
リディ フェルト「スメラギさん…!」
スメラギ「やむを得ないわね…。攻撃、開始…!」
ガンダム 「たとえガンダムが立ち塞がろうと、私達は…!」
ミレイナ「敵ガンダムが接近してくるです!」
スメラギ「作戦プランに変更はないわ。予定通り対応を!」
モビルスーツ 「総員、敵モビルスーツ部隊に対して、戦術プランS43で迎撃準備!」
バジュラ 「異種との対話…本当に果たせるというの…?」
「GN粒子による意識共有も叶わない…。なら、今は…」
指揮官 「まずは、指揮系統を分断させます!」
ミレイナ「ノリエガさん、あの機体は!」
スメラギ「隊長機ね!みんな、気を引き締めて!」
バルギアス 「けじめをつけましょう…! ラストミッション、スタート!」
バルギアス・ドラグーン
ジスペル
「ミレイナ「最終目標、目の前です!」
スメラギ「これを、トレミーの最後の戦いにするわ!みんな、行きましょう!」
グラハム ELS 「ELSに打ち勝ち、未来を切り開く!」
「目標との接触は避けねばならんようだな…!」
「状況は絶望的だが、この身に代えてもここは通さん!」
ドレイク
マーダル
「敢えて言わせてもらおう…貴公は暴君であると!」
黒騎士 「哀れな…誇りを捨て、復讐に恋い焦がれるか!」
オーラバトラー 「空戦が得意とは…ファイター乗りの血が騒ぐな!」
マノン 「力ずくでも田神少年との対話の席についていただく!」
「今は、対話のために力を振るわせてもらう!」
ロッド 「若いな、ロッド・バルボア! だが、嫌いではない!」
GAIL兵士 「企業戦士…それが君の生業というわけだな!」
ベルゼブ 「忠義の輩か…! 手強い!」
「五次元人の戦士と見受けた!私との勝負を希望する!」
「君の忠義には尊敬する…が主君を誤ったな!」
邪悪獣 「民間人を巻き込み破壊の限りを尽くすなど、迷惑千万!」
機界新種 「ふっ、かの眠り姫は、いささかご機嫌斜めとみえる!」
Zマスター 「無限のエネルギーを取り込もうとも、私は諦めの悪い男でな!」
EI-15
原種
「我がブレイブもまた、勇者の名を冠する機体! 役者不足とは言わせん!」
マーダル 「生きるための戦いと、戦いのために生きるのでは、天と地ほどの差があろう!」
マーダル軍 「どこまでもマーダルに付き従うか! ならば!」
ネオブラックドラゴン 「己を悪と定義し、貫く姿勢もまたガンダム!」
ジークジオン 「ジークジオン!この世界もスダドアカ・ワールドも、貴様の好きにはさせん!」
ジークジオン
ワルーサ
「闇を統べる者よ、このグラハム・エーカーが相手だ!」
マッドゴーレム 「心を持たぬ人形に、私を捉える事はできん!」
フロンタル 「器だと言うなら、我が意志も注がせてもらうぞ、フロンタル!」
「その仮面の奥から感じる威圧感…何やら矛盾めいたものを感じるな!」
「私が未来への水先案内人となる! 希望の未来へ、いざ行かん!」
ネオ・ジオン 「ネオ・ジオンの残光は、ここで消す!」
「お互いガンダムに辛酸を舐めさせられた身…遠慮は無粋というもの!」
ゼハート 「ゼハート・ガレット…!敢えて言おう。真剣勝負だと!」
「仮面をつけて戦場に臨むとは、並々ならぬ覚悟があると見た!」
「そのガンダムの扱い方…救世主にはほど遠い!」
「友の声を聞かず、部下の死をも省みぬとは…私以上に頑固者だな、君は!」
ゼハート
ザナルド
「ヴェイガンの指揮官は、このグラハム・エーカーが相手をしよう!」
シド 「忌々しくも雄々しいな、シド!」
「パワーもスピードも申し分なしか。無粋だが、心躍る存在だ!」
「今こそEXA-DBとやらに刻むがいい! このグラハム・エーカーの名を!」
ゼラ 「彼の暴走を止めなければ、我々だけでなくヴェイガンも危うい!」
「殺し合いの相手を命がけで助ける…フ。私もとんだ矛盾をはらんだものだ!」 イベント後
ヴェイガン 「ヴェイガンッ! その愚行は後悔にしか繋がらんぞ!」
「火星圏への同情はある…憂もある…だがここは、我が母星への愛が勝る!」
Xラウンダー 「Xラウンダー能力などなくとも、私にはこの生命がある!」
バジュラ 「話が通じぬのなら、お引き取り願おうか!」
ガンダム 「相手がガンダムタイプとは…っ!」
「ガンダムタイプ、相手にとって不足なし!」
バルギアス 「例え阿修羅すら凌駕する相手でも、今の私は退く事を知らん!」
「虎の威を借りる狐と言われても仕方のない行為、戦士として情けない事だと知れ!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「未来への水先案内人は、貴様ではない!この宇宙に生きるすべての生命だ!」
「大した自惚れ屋のようだが、自惚れならば私も負けん!そう、勝つのは我々だ!」
パトリック ELS 「大佐、俺が一体でも多くELSを倒してみせますよ!」
「化け物め、俺の大佐には指一本触れさせねえぞ!」
ガンダム 「出やがったな、ガンダム!」
機界新種
リディ
「くそっ、足を引っ張りやがって…!だがよ!」
侵略者 「俺達の地球に手を出すんじゃねえ!」
アンドレイ ELS 「ELS…! 行かせはせん!」
「今は、命を賭して戦う時!」
機界新種 「見殺しになどできない…! しかし…!」

機動戦士ガンダムUC

パイロット 相手 内容 備考
バナージ フロンタル 「赤いモビルスーツ…!」
「フル…フロンタル!」
「フル・フロンタル…! ここで…!」
「たとえ造り物であっても、人は器になんてなれませんよ!」
「俺は未来を示します! あなたに注がれた人の意思の総意に!」
アンジェロ 「親衛隊って人達は…!」
「親衛隊だから、なんなんですか…!」
「アンジェロ大尉か…!」
「アンジェロ大尉、ここで終わらせる!」
「人を超えた力が欲しいなら、自分をもっと信じてみろ、アンジェロ大尉!」
マリーダ 「四枚羽根のモビルスーツ…!」
「あなた達は直線的すぎるんだ、マリーダさん…!」
リディ 「リディ少尉…!」
「ユニコーンとバンシィが引っ張り合ってる…!」
「バンシィから降りてください!それは危険なマシーンです!」
「状況を良く見て、リディさん! ここで俺達が戦う理由なんて!」
ロニ 「ロニさん!戻ってくれぇっ!!」
「ロニさん!こんな事を繰り返していたら…!」
「俺はロニさんを止めたい!止めなきゃならないんだ!」
「憎しみや怒りが生きる意味なんて、悲し過ぎますよ!」
プルトゥエルブ 「目を覚ましてくれ、マリーダさん!」
「マリーダさんに俺の声を届けるためにも、今は!」
「キャプテンとマリーダさんを戦わせるわけには…!」
「違う…これは違うよ!普通じゃない!これは危険な光だ!」
ネオ・ジオン兵士 「ネオ・ジオンはどうしてこんな事を…!」
「言いたい事は理解できる…! だけど!」
「パラオを戦場にしたいのか!あんた達は!」
「戦争なんて手段が正しいはずがないんです!」
「オードリーの想いも理解しないで、あなた達は…!」
ジオン軍兵士 「そんな昔の機体で!死ぬつもりですか!」
「こんなの、ただの怨念返しじゃないか…!」
連邦軍 「地球連邦軍が邪魔をするなんて…!」
「財団の息がかかった、あなた達など…!」
黒騎士 「何を隠すために、仮面を被ってるんです!」
「どうして、その光を温かくできないんです!」
「憎しみや怒りを生きる意味にしてはダメなんですよ!」
ドレイク 「子供を苦しめるだけですよ! あなたのやっている事は!」
オーラバトラー 「冷たくはないけど、怖い光だ…!」
「こうしないで済む方法だって、あるはずなのに…!」
ロッド 「島の秘密を暴いたら、きっと戦場は広がりますよ!」
マノン 「一方的に信じる心を止めてしまってはダメなんだ!」
「人が知り合うのが滅びの始まりだなんて、悲しすぎますよ!」
GAIL兵士 「あなた達も、組織のしがらみから自由になれるはずなんです!」
ベルゼブ 「五次元人…人類の敵…!」
ワルーサ 「暖かい想いを理解できないから、足をすくわれるんですよ!」
「どんな理由があっても、一方的に人の命を弄ぶ権利なんて誰にもないんだ!」
邪悪獣 「アークダーマだって、みんなのために使えれば…!」
EI-15 「どんなストレスから生まれた相手でも…!」
原種 「原種を放置していたら…!」
「俺じゃ浄解はできないけど…やれる事はやる!」
Zマスター 「絶望を退ける勇気を持てば…無限の力相手でも、可能性は残ってる!」
機界新種 「少しでも、命さんを助けられる可能性があるのなら!」
ハイ 「ハイさん! あなたの身勝手につきあってる暇はないんだ!」
マーダル 「俺は、人が争わずに進化できる可能性を信じる!」
マーダル軍 「力があるからって、マーダルに従って…!」
騎士ゼノンマンサ 「同じ事を言っていても、あなたはジオンの人達とは違う!」
ネオブラックドラゴン 「お前もガンダムなら俺達と共に戦う可能性だってあるはずだ!」
ジークジオン 「俺は勇者なんかじゃないけど…! それでも!」
「ジークジオン! これ以上みんなを苦しめないためにも!」
マッドゴーレム 「あんなモノを造れるから…!」
ELS 「声が…声なのか…?」
「この感覚は…何か、何か違う…」
「取り込まれる前に何とかしないと…!」
「俺達が戦う理由なんて、もうじきなくなる…!」
「対話で戦いが終わらせられるなら、俺もそれに賭ける!」
「これからELSとわかり合うのも…新たな人の形のひとつなんだ…!」
ゼハート 「あなたの理想は直線的過ぎるんだ…! だから!」
「あなたにだって、哀しいと感じる心があるんだ! 忘れちゃいけませんよ!」
「あなたが託された物は願いなんかじゃない! 呪いですよ!」
イゼルカント 「あなた達だって、人間なんでしょ…! だったら…!」
ゼラ 「地球と火星が共に生きる未来…その可能性を残すためにも!」
「託された願いを、呪いに変えちゃいけない…!」 イベント発生後
ヴェイガン 「あなた達にとっての神は…!」
「共存の可能性だって、充分に残されてるはずなんだ…!」
「怨念返しで戦争なんて、憎しみを募らせ合うだけなのに…!」
「自分が地獄を見たからって、他人にそれを押し付けていいって事は!」
バジュラ 「直撃はさせられない…!」
暗黒大将軍 「あなただって、元々は俺達みたいな存在だったんでしょ!」
「たとえあなたが神でも、俺達は…可能性という内なる神を持ってる!」
草壁 「一方的すぎるんですよ、あなたのやり方は!」
ガンダム 「あっちもガンダムで来るのか…!」
「ガンダムなら、いいってもんじゃない…!」
「そのガンダムだって、可能性のひとつの形なんじゃないんですか!?」
指揮官 「あなたが指揮官なんでしょ! なら…!」
怪物 「破壊しか考えてない奴が来たなら…!」
「こんな化け物を通すわけには…!!」
「怪物退治なんて冗談じゃない、って思いたいけど…!」
バルギアス 「あなただって、戦いの悲惨さは全部見てきたんでしょ!」
「あなたがいくら犠牲を払ってたって…! その力はあなたが持っちゃいけないものだ!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「オードリー…戻ってくるよ、必ず!」
「俺達がダメかどうか…それを見分けようだなんて、傲慢すぎますよ!」
「俺達に託された思いは、未来に繋げる!ユニコーンガンダム、行きます!」
リディ フロンタル 「その仮面の下にあるものを吐き出せ! フル・フロンタル!」
「人の心の光を消そうとするあんたは、俺達が止める!」
アンジェロ 「袖付きの親衛隊が性懲りも無く!」 32話
「フル・フロンタルにすがる情けない奴! 邪魔なんだよ!」
「その盲信的な考えは危険なんだ!だからこそあんたを!」
バナージ 「バナージ!俺がわからないのかよ!」 NT-D
「動きを止めさせてもらうぞ、バナージ…!」
ネオ・ジオン兵士 「未だにジオンを担ぎ出すのかよ!」
「スペースノイドは過激な事しかしない…!」
「どけよ! ジオンの亡霊どもが!」 32話
「ネオ・ジオンに箱を渡すものかよ!」
「フロンタルの側近が出てきたところで!」
「ジオンごときが、バンシィに勝てるわけがないだろうが!」
連邦軍 「財団の犬め、箱をかすめ取るつもりだろうが!」
黒騎士 「聖戦士になれない事が、あいつの呪いをさらに重たくしているのか…!」
オーラバトラー 「その光は、お前が生みだしているものなのか…!」
ロッド 「出自がどうであれ、あんたは社長だろ! 不毛な争いをさせる気かよ!」
マノン 「相手を信じる事をやめるな! 何もかも失うぞ!」 DLC[Brand new X]
GAIL兵士 「こんなご時世だってのに、GAILって企業は!」
ベルゼブ 「心の強さは俺達だけが持っているものじゃない。それがわからなければ、お前に勝ちはない!」
ワルーサ 「ワルーサ!百億の人間が生きている世界をお前などに渡しはしない!」
ワルーサ
ジークジオン
「あんな化け物に支配される可能性だけは、ゼロにしておくべきだな…!」
邪悪獣 「人の不快感を受信して…ある意味、サイコミュ・システムだな…!」
EI-15 「ゾンダー発見、対応に移る!」
原種 「原種のシステムも、元々は祈りだったんじゃないのか…?」
Zマスター 「無限の力が相手でも、人の可能性が負けるなんてあってはならないんだ!」
機界新種 「お前の居場所はそこじゃない…!」
「必ず取り戻してやる! 行くぞ、バンシィ!」 隠し機体でも発生する
ハイ 「あいつもプライドが邪魔して前に進めないのか…!」
マーダル 「たとえ、ひとりで世界と戦うつもりだったとしても…!」
マーダル軍 「力でアーストを支配した、悪魔の集団…!」
騎士ゼノンマンサ 「ジオンのシンパなのかよ!」
「ジーク・ジオンって言ってるのか…!?」
「ジオン族の勃興など、許すわけにはいかない!」
ゴーストビグザム 「何もかもひっくりかえそうっていうのか、ジオン族は…!」
ネオブラックドラゴン 「黒いガンダム…!」
「ネオブラックドラゴン…まるで、鏡だな…!」
ジークジオン 「ジークジオン…! 気味の悪い外見をしている…!」
マッドゴーレム 「泥人形め…!」
ELS 「対話までの時間は俺が稼ぐ!」
「わかりあえる可能性がある…それだけで十分だ…!」
ゼハート 「…! 男と見込まれたヤツの感覚だな…!」
「あんたも囚われているのか…理想という名の呪縛に!」
ゼラ 「ゼラ・ギンス…!止めなければ…!」
「お前だって、祝福されて生まれてきたんだ! それを呪いに変えるな!」
ヴェイガン 「元々は、希望や祈りだってあったんだ…!」
Xラウンダー 「この感覚…Xラウンダーか…!」
刹那
ティエリア
「人類の新たな形だからって、他人を見下していいわけがないだろ!」
戦艦 「母艦を落とせば、勝負は決まる…!」
バルギアス 「この世を地獄に変えさせはしない! 俺達がいる限りはな!」
「貴様が奪った力の源、吐き出せ!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「この光を、誰が生み出しているか…お前にはわからないのか!」
「俺もみんなも、まだこの世界でやる事がたくさんあるんだ!だから!」
オットー フロンタル 「フロンタルに全火力を集中させろ!」
「赤い機体だからと気後れするなよ!」
ミヒロ「先頭の一機は後続機の3倍の速度で接近中!」
オットー「赤い彗星が来るか…!ならば!」
「赤い彗星とて、あれだけの図体だ!付け入る隙はある!」 ネオ・ジオング
「あの機体は普通じゃないぞ!こちらも前に出て味方機の援護に回れ!」
アンジェロ 「もう貴様らの言いなりにはならんぞ、若僧っ!」
「あの機体にサイコ・ジャマーを使わせるな!」
「あんたらは軍人じゃない!やはりテロリストだ!」
バナージ 「ユニコーンを止めろ!撃墜はするなよ!」 NT-D
リディ 「相手は味方だぞ…!くそっ!」
「気勢さえ削げばいい!追い払え!」
「いいか、あくまで威嚇だ!できるだけ当てるなよ!」
「例え相手がリディ少尉でも、黙ってやられる訳にはいかん!」
ネオ・ジオン兵士 「ここで袖つきを叩くぞ!」
「ネオ・ジオンの好きにはさせるな!」
「袖つきを近づけさせるな!絶対にだ!」
「ネオ・ジオンめ…!今さら戦争など…!」
「ここまでネオ・ジオンが力をつけていたとは…!」
ドレイク 「敵旗艦に攻撃を集中!ここで勝負を決めるぞ!」
オーラバトラー 「敵はオーラのフィールドを持っている!火線は集めろ!」
「奴らの機動性は並のモビルスーツより上だ!よく狙え!」
ロッド 「立場にあぐらをかいている若造に、現実を教えてやれ!」
マノン 「対談の場をもうけるためだ…!やむを得ん!」
「このまま全面戦争に持ち込まれるのだけは、何としても避けなければならん!」
GAIL兵士 「アナハイムと言い奴らといい、幅を利かせすぎじゃないのか!?」
機界新種 「これは人質救出作戦だ! 地球の命運もかかっている。諸君の健闘に期待する!」
騎士ゼノンマンサ 「ジオン族とやらの好きにやらせるな!」
ゴーストビグザム 「ジオン族に対し、本艦は攻撃を実施する!」
ネオブラックドラゴン 「かつては悪魔のガンダムを名乗った存在だ!攻撃の手は緩めるな!」
ジークジオン 「攻撃目標、正面ジークジオン!」
マッドゴーレム 「本艦で、あの泥人形を叩くぞ!」
「ティターンズや、旧ネオ・ジオン軍の忘れ形見ではなさそうだな…!」
ELS 「金属体の接近を許すな!絶対に許すなよ!」
「対話が成功するまで、時間を稼ぐぞ!」
ゼハート 「頭を潰せば敵は勝手に崩れる! とにかく奴を狙え!」
「ガンダムと言えど、ヴェイガンだ!排除しろ!」
ゼラ 「和平の可能性を未来に残すため、なんとしても奴を食い止めろ!」
「生命を救うってのはいいもんだ。それが敵であってもな…!」
シド 「相手はロスト・テクノロジーの塊だ! 一瞬たりとも気を抜くなよ!」
「まさに亡霊か…!総員、落ち着いて対応にあたれ!」
ヴェイガン 「たとえ彼らが被害者であっても、我々の任務は変わらん!」
ガンダム 「ガンダムか…!何としても落とせ!」
戦艦 「攻撃目標は敵艦だ!」
怪物 「攻撃目標は前方の化け物だ!」
Sサイズ 「小型機にまとわりつかれると厄介な事になる…!」
バルギアス 「各員、奮起せよ!これが最後の戦いだ!」
「各員、攻撃を集中!これ以上、奴にエネルギーとシステムを掌握させるな!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「生命の未来を決めるのは、今を生きる若者達だ!あんたじゃない!」
「これが最終作戦だ。終わったら、一杯飲ろう。みんなでな 」
マリーダ フロンタル 「姫様は言った…!あなたと同じ道は歩まないと!」
「終わらせるぞ、フル・フロンタル!」
「器という言葉で自分の存在をごまかし続けるお前など!」
「世界と姫様に仇なすお前を野放しにはできない!」
アンジェロ 「心の拠り所を間違えるな、アンジェロ!」
「そこを通してもらうぞ、アンジェロ・ザウパー!」
「好きにやってくれた礼をさせてもらうぞ、アンジェロ!」
リディ 「その光は危険な光だとわからせなければ…!」
「バナージが教えてくれた…その光は危険な光だと!」
「バンシィも可能性の獣だ!その可能性を閉ざすな!」
「バンシィに惑わされて戦うな!このままでは、お前は…!」
「落ち着いて周りを見渡せ、バンシィのパイロット…!」
バナージ 「バナージ!システムに食われたか!」 NT‐D
ネオ・ジオン兵士 「箱を手に入れる邪魔はさせない!」
「武器を収め、姫様の言葉に耳を傾けろ!」
連邦軍 「財団に踊らされていることに何故、気付かん!」
黒騎士 「貴様の忠義と私の献身は、根っこから考え方が違うようだな…!」
「突きつけられた現実に敗北した男…!負けるわけにはいかない!」
ドレイク 「貴様はまず、家庭に光を与えるべきだった!」
ロッド 「良かれと信じての行動なら、まだ救いがあったのだがな…!」
マノン 「もう一度、友好的な立場に立って考えてもらえれば…!」
GAIL兵士 「GAILには、歴戦の猛者が流れてきているようだな…!」
ベルゼブ 「五次元帝国の指揮官機は、私が相手をする!」
「貴様は、ワルーサの命令に疑問を感じんのか!」
ワルーサ 「邪悪の塊め…! お前の存在は、この世界には不要だ!」
腕原種 「人間相手の戦い方は通用しないだろうが…!」
Zマスター 「あの無限のエネルギーを逆流させられれば…!」
機界新種 「待っていろ…! 今、助けてやる!」
ハイ 「あいつにとっては、マーダルが光なのか…!」
マーダル 「マーダル…貴様の言う事は正しいな。それでも、納得はできない!」
マーダル軍 「お父さんのような悲劇を、これ以上生み出させはしない!」
騎士ゼノンマンサ 「貴様もまた、マスターが望む事を望む存在か…!」
ゴーストビグザム 「幽霊だ、ビグ・ザムだなどと…姫様を悲しませる事は許さん!」
ネオブラックドラゴン 「私の感じ方が間違っていなければ、あのガンダムは…」
ジークジオン 「その名を抱き、暗黒の世界へ行け!」
「諸悪の根源ジークジオンよ! 死ねぇーっ!」
ダブルゼータシャドウ 「ダブルゼータの、黒い影…!とても、気持ち悪い…!」
マッドゴーレム 「あれは、似て非なるモノだ…!」
「そんな姿などに惑わされはしないっ!」
ELS 「世界は…宇宙は広いんだな…」
「私には、対話の手助けはできないかもしれない…。それでも…!」
ゼハート 「ヴェイガンの指揮官機が来たか!」
「お前が委ねられたのは、呪縛などではないはずだ!」
「ヴェイガンのガンダム…! 止めてみせる!」 ガンダムレギルス
フラム 「お前がすべきは、心に従う事だ! 共に生きられる可能性を信じろ!」
「お前にとっての新しい光とは、あいつなのだな…!」
シド 「使命のために尽くす存在か…!」
「禁忌に触れる者を見つけ出して破壊する…。それがあのシステムの本能なのか!」
ゼラ 「父親にわがままを言え! マシーンに同化を許すな!」
「お前は、私と同じなんだ…! だから…!」 イベント発生後
ヴェイガン 「お前達がすがった光、それは危険な光だ!」
「世界は広い! ひとつの光に囚われるな!」
ニュータイプ
強化人間
「私の中に入ろうとするな!」
「この感覚、邪魔をするな…!」
戦艦 「母艦を落とせば、勝負は決まる…!」
「懐に飛び込めば、戦艦など無力だ…!」
バルギアス 「この世界はバナージや姫様達が照らす! お前の支配など不要だ!」
「得た力を増幅しているのか…! でも…それでも!」 バルギアス・ドラグーン
ジスペル 「人の道は続いている…心の光の彼方に!」
「どんな絶望の中にも、希望は生まれる!それを否定などさせはしない!」
ジンネマン フロンタル 「フロンタル…!あんたの言葉には真実がないよ!」
「気をつけろよ!フル・フロンタルが来る!」
「あんたもバナージの持つ可能性に賭けてみな!」
フロンタル
草壁
「力を振りかざして他人を従わせるような奴が…!」
「いつだって貴様のような奴が戦争の元凶だ…!」
アンジェロ 「アンジェロが来るぞ!迎撃だ!」
「フロンタルにくっついて回る小僧が!」
ネオ・ジオン兵士 「今のネオ・ジオンに俺達の居場所はない…!」
「元は同じ釜の飯を食った連中だ!殺すなよ!」
「停戦を呼びかけろ!聞き入れないなら迎撃だ!」
「連邦に味方したと思うな!これは俺の戦いだ!」
「あいつら、まだフロンタルの言葉に踊らされてるのか…!」
ガンダム 「ガンダムが来るぞ!気を引き締めろ!」
「またガンダムと戦う羽目になるとはな…!」
ジンネマン「ガンダムが来やがったか!」
フラスト「こうなりゃ腹を括るしかありませんぜ!」
機界新種 「奴の動きを止める!今はそれだけだ!」
指揮官 「頭を狙うのが定石だ!」
怪物 「化け物退治と洒落込むぞ!」
「こんな奴らを野放しには出来ねえ!」
高機動 「ちょろちょろと動き回りすぎだ…!」
若者 「ガキが、何で出てくる…!」
「小僧のくせに!命を粗末にするな!」
女性 「女か、戦場は不似合いだぞ…!」
Lサイズ以上 「デカい獲物を仕留めるぞ!」
「デカブツめ!叩き落してやれ!」
Sサイズ以下 「小さいわりには勇ましいな!」
バルギアス・ドラグーン
ジスペル
「終わりにさせてもらう!全てをな…!」





コメント

  • ティエリアVSベルゼブ:他次元からの脅威だとしても!ティエリアVS邪悪獣:被害が拡大する前に、邪悪獣を一掃する!グラハムVSドレイク:敢えて言わせてもらおう…貴公は暴君であると!グラハムVSオーラバトラー:空戦が得意とは…ファイター乗りの血が騒ぐな!バナージVSマノン:人が知り合うのが滅びの始まりだなんて、悲しすぎますよ!オットーVSオーラバトラー:奴らの機動性は並のモビルスーツより上だ!よく狙え!オットーVSロッド:立場にあぐらをかいている若造に、現実を教えてやれ!オットーVSGAIL兵:アナハイムと言い奴らといい、幅を利かせすぎじゃないのか!?オットーVSマノン:対談の場をもうけるためだ…!やむを得ん!②このまま全面戦争に持ち込まれるのだけは、何としても避けなければならん!オットーVSSサイズ:小型機にまとわりつかれると厄介な事になる…!キオVS黒騎士:あの人、じいちゃんと同じだ…。憎しみに駆られるまま戦って…! - 2016-03-10 14:22:26
  • アキトVS黒騎士:あんたは分かってない!恨みや憎しみで戦争してちゃダメなんだよ!アキトVSオーラバトラー:ディストーションフィールドとは原理は違うけど…やってみるか!ヨウタVSマノン:ヨウタ「何とか誤解を解く方法はないのか…!?」グリッターファルセイバー「それは戦いながら考えるんだ!」②ユキ「今は言い訳にしかならないんだよね…!」ヨウタ「客観的に見て、悪いのは俺達だからな…!」 - 2016-03-10 14:26:27
  • ショウVSオーラバトラー:オーラの力が俺達を引き合わせたか!②オーラマシンは、俺がすべて破壊する!シーラVS暗黒大将軍:バイストン・ウェルの意思に大きく反するあなたが、絶対者であるはずがない!②力強き者を神と呼ぶというのならば、あなたはそう呼べるのかもしれません。…しかし!エレVS暗黒大将軍:私達は、あなたを神というものと認める事はできません!リムルVS暗黒大将軍:何と恐ろしい…!けれど、戦いを終わらせるためならば!凱VSDr.ヘル:例えどんなに強大な力を持った相手だろうと俺達の勇気ある誓いは揺るがない!超竜神VSフロンタル:勇気の可能性は無限大だ!ここで貴様を倒してそれを証明してみせる!②貴様の目論見は、この超竜神が阻止してみせる!撃龍神VSオーラバトラー:小さい奴の相手は、超竜神よりも得意だぜ!JVSフロンタル:役目を果たすために造られた存在…貴様と私は似ているのかもしれんが…!JVS暗黒大将軍:アベルの戦士に、神を怖れる者などおらん!JVSキバ:戦士としての誇りもなく、ただ破壊を望む輩などに、私は負けん! - 2016-03-19 13:43:28
  • バーサル騎士ガンダムVSドレイク:みんなの平和を乱す男が王であるはずがない!バーサル騎士ガンダムVSフロンタル:人の意志の器よ!私の正義の刃で暗黒へ還るがいい!バーサル騎士ガンダムVSキバ:カイザー…。その名は…!②貴様のような、ひどいことをする奴は放ってはおけない!バナージVSアンジェロ:アンジェロ大尉、ここで終わらせる!リディVSフロンタル:人の心の光を消そうとするあんたは、俺達が止める!リディVSアンジェロ:袖付きの親衛隊が性懲りも無く!②その盲信的な考えは危険なんだ!だからこそあんたを!リディVSゼハート:あんたも囚われているのか…理想という名の呪縛に!オットーVSフロンタル:赤い彗星とて、あれだけの図体だ!付け入る隙はある!オットーVSネオ・ジオン兵士:ネオ・ジオンの好きにはさせるな!②ここで袖付きを叩くぞ!オットーVSオーラバトラー:敵はオーラのフィールドを持っている!火線は集めろ!オットーVSアンジェロ:あんたらは軍人じゃない!やはりテロリストだ!刹那VSDr.ヘル:自分の野心だけで戦争を広げるのか!?ロックオンVSマノン:例えイノベイターでも、あいつを説得するのはホネが折れそうだな…!キオVSゼハート:あのモビルスーツ…いや、イゼルカントさんじゃない…!キオVSオーラバトラー:違う世界の人達だって人間なんだ…だから!キオVSキバ:自分が楽しむためだけに戦うなんて、そんなの絶対に間違ってる!キオVSフロンタル:あの温かい光が教えてくれたんだ。人は分かり遭えるんだって事を!キオVS暗黒大将軍:例え神様でも、戦いをやめないなら僕はそれを止めてみせる!セリックVS暗黒大将軍:例え神が相手だとしても、俺達が為すべき事は変わらない!②むしろ証明して欲しいものだな、神と呼ばれる存在が実在するという事を! - 2016-03-19 13:46:48
  • アルトVSゴースト:ゴーストだろうが何だろうが!アルトVSフロンタル:お前のご講説は、もうウンザリだ!②あのマニューバ…かなり腕の立つ奴だ…!アルトVS暗黒大将軍:何でも筋書き通りに行くと思うなよ…!オズマVSマノン:俺達が争っても何の解決にもならんだろうが!オズマVS暗黒大将軍:『神の使い』なんて大それた立場は、お前達には相応しくない!ミシェルVSドレイク:どれだけデカくたって、動力部さえ撃ち抜けば…!ミシェルVSゴースト:ゴースト相手なら、遠慮はいらないなミシェルVS無人機:機械相手になめられちゃ、たまんないんでね!②無人機ならではのパターンって、あるんだよね③悪いけど、その手の無人兵器は動く的も同然でね!ミシェルVSマノン:ここまで話がこじれたとなるとな…!ミシェルVSフロンタル:未来に絶望するなら、勝手にひとりでやってくれよな…!ミシェルVS暗黒大将軍:どんな力を持っていたって、スナイパーのやる事は変わらない…!②何でもかんでも支配できると思うなよ…!ブレラVS無人機:心を持たぬ機械ごとき!真上VSキバ:フッ、まだ懲りていないようだな、キバ!アキトVSドレイク:俺は、自分のわがままだけで戦争する奴を許せない!アキトVS暗黒大将軍:本物の神様が相手だなんて…俺達、本当に勝てるのか…?②あんたが神様かどうかなんて関係ない!俺は俺の大切な人達を守るために戦う!アキトVSキバ:死んだと思ってた強敵が蘇るなんて、ゲキ・ガンガーみたいな展開だな…!リョーコVSマノン:どうしてもう少しあいつを信じてくれなかったかんだよ!?バカヤロー!リョーコVS暗黒大将軍:てめえが神様だなんて信じるほど、俺は乙女チックじゃねえんだよ!②神だか何だか知らねえが、売られたケンカは買うだけだ!ヒカルVSキバ:いいね、いいねぇ!その世紀末な感じ!ユリカVS暗黒大将軍:私とアキトの愛の力は、例え神様でも止められないの!ヨウタVSデストルーク兵士:デストルーク…俺達が相手だ!②ファルセイバー「デストルーク!境界の力はお前達には渡さん!」ヨウタVSブルーディスター:ファルセイバー「偽りの力は、心で打ち砕く!」ブルーヴィクターVSデストルーク兵士:二体の守人…お前達にとっては誤算となったな! - 2016-03-19 13:47:25
  • シーラVSフロンタル:多くの人を犠牲に成り立つ理想に、いったいどれ程の価値がありましょう!エレVSフロンタル:悪意がなくとも、悪を成すのであれば…!ゴーグVSフロンタル:あんたって、本当にズルい人だ…勝手に僕達の未来を決めつけるな!凱VSフロンタル:フル・フロンタル!可能性を閉ざしたのは、未来を信じる勇気のない貴様の方だ!凱VSシド:シド!ここは通してもらうぜ!②シドよ!光になぁれぇぇぇぇっ!撃龍神VSフロンタル:勝手に俺達の可能性まで決めつけるんじゃねえ!②お前が成すべきは、人類に勇気を与える事だったんじゃねえのか!撃龍神VSゼハート:あいつの思考回路は、氷竜の超AIより堅物のようだな!撃龍神VSシド:秘宝を守るのがあいつの使命なら、あいつを倒すのが俺達の使命だぜ!撃龍神VSヴェイガン:お前ら!今こそ勇気をもって話し合う時じゃないのかよ!JVSシド:無人の番人などに、このソルダートJが止められるものか! - 2016-03-22 15:19:47
  • ロックオンVSネオ・ジオン兵士:ロックオン・ストラトス、ネオ・ジオンを狙い撃つ!②どんな理由があろうと、テロは許さねえ…!ロックオンVSフロンタル:人と人とがわかりあえる世界も不可能じゃない…!そう信じてるから、俺は戦う!ティエリアVSネオ・ジオン兵士:確かに我々は稀代のテロリストだ。だが、君達とは違う!ティエリアVSフロンタル:人類の未来は、貴様が規定するものではない!ティエリアVSゼハート:ゼハート・ガレット!君はガンダムに相応しくない!ティエリアVSシド:旧時代の遺産は、僕が相手をする!バナージVSアンジェロ:アンジェロ大尉か…!リディVSネオ・ジオン兵士:フロンタルの側近が出てきたところで!②ネオ・ジオンに箱を渡すものかよ!オットーVSフロンタル:あの機体は普通じゃないぞ!こちらも前に出て味方機の援護に回れ!オットーVSシド:まさに亡霊か…!総員、落ち着いて対応にあたれ!オットーVSゼハート:ガンダムと言えど、ヴェイガンだ!排除しろ!オットーVSヴェイガン:たとえ彼らが被害者であっても、我々の任務は変わらん!マリーダVSゼハート:ヴェイガンの指揮官機が来たか!キオVSフロンタル:僕は、人の心の光がみんなで生きていく道を照らしてくれると信じている!キオVSフラム:犠牲を無駄にしないためにも、戦いをやめなくちゃいけないんだ!アッシュVSネオ・ジオン兵士:地球と宇宙の均衡…いま彼らを討たねば、崩れかねんな…!セリックVSゼハート:この…恐竜ヤロウがっ!セリックVSフロンタル:人の可能性を否定し、それを閉ざす…そんな決定権がお前にあるとは思えん!シャナルアVSフロンタル:戦争なんて誰も望んでない!それがわからないあんたなんか!②これ以上、あんたの野望に苦しめられる人を増やすわけにはいかないのよ! - 2016-03-22 15:20:56
  • オズマVSゴースト:ゴースト相手だろうが、負けるつもりはない!オズマVSフロンタル:貴様には、情熱っていうものがないんだよ!②貴様も、俗に言う『気に食わんトップ』なんだよ!オズマVS無人機:俺をやりたきゃ、シャロン・アップルでも連れて来るんだな!リオンVSゼハート:あんたの理想だけに都合のいい世界なんて、あるわけねえんだよ!ユリカVSフロンタル:私とアキトの未来のために、あなたの野望はここで止めてみせます! - 2016-03-22 15:22:09
  • ティエリアVSマッドゴーレム:人形など、僕の敵ではない!グラハムVSマッドゴーレム:心を持たぬ人形に、私を捉える事はできん!リディVSマッドゴーレム:泥人形め…!リディVSゼラ:ゼラ・ギンス…!止めなければ…!リディVS連邦:財団の犬め、箱をかすめ取るつもりだろうが!マリーダVSマッドゴーレム:そんな姿などに惑わされはしないっ!オットーVSゼラ:和平の可能性を未来に残すため、なんとしても奴を食い止めろ!②生命を救うってのはいいもんだ。それが敵であってもな…!フリットVSレイル:この感覚、パイロットはゼハート・ガレットではないようだが…!フリットVSザナルド:でかいだけの機体などに、ガンダムは負けはせん!フリットVSゼハート:ヴェイガンの造った機体がガンダムなどと…私は認めん!セリックVSヴェイガン兵士:ヴェイガンのXラウンダー部隊だ!各機、油断するな!セリックVSジラード:仲間の命が掛かったこの作戦…万に一つも失敗は許されない…! - 2016-03-25 14:49:22
  • アキトVSジラード:やめてくれよ…俺はあんたと本気で戦うつもりなんて…!アキトVS元一朗:お前が…!よくも…よくも白鳥さんを!ユリカVS草壁:私たちは悪の帝国なんかじゃありません!②あんな遺跡があるから、戦争になるんです!ユリカVS源八郎:私、快男児なんかじゃありませんからね! - 2016-03-25 15:00:54
  • ロックオンVSELS:刹那が対話を成功させるまでの辛抱だ!ティエリアVSEI-15:ゾンダー確認。プランに従って対処を行う!ティエリアVSゼラ:たとえ僕と似た存在であったとしても、人類の未来を阻むのなら!グラハムVSEI-15:我がブレイブ もまた、勇者の名を冠する機体!役者不足とは言わせん!グラハムVSゼラ:彼の暴走を止めなければ、我々だけでなくヴェイガンも危うい!リディVSEI-15:ゾンダー発見、対応に移る!フリットVSベルゼブ:異界の兵器といえど、ガンダムは対応してみせる!フリットVS草壁:地球連邦の腐敗が、彼らとの戦争を引き起こしたのならば…!ゼハートVS草壁:木星圏の民よ…お前達は私のようになってはならない! - 2016-04-08 15:35:25
  • 超竜神VSゼラ:全ての人類を殲滅するなど、この超竜神が断じて許さん!②彼もまた戦争の生んだ悲劇。何としても助け出さねば…!超竜神VS草壁:例えどんな恨みがあろうとも、暴力を正当化できる正義などあるものか!撃龍神VSゼラ:最後の最後に、全部台無しになんかされてたまるかよ!②相手を討たずに争いを終わらせる勇気…!俺達もそれに賭けてみようじゃねえか!撃龍神VS草壁:自分勝手な戦争を始めたてめえに、正義を名乗る資格はねえ!JVS腕原種:その声は…!腕原種、貴様か!JVS草壁:己の理想を盲信し、戦士としての誇りすら見失ったか!②仲間の屍の上でしか理想を語れぬ者に、人類が救えるものか! - 2016-04-08 15:35:57
  • 海堂VSELS:どっちが上か、感じとってもらおうじゃねえか! オズマVSELS:バジュラ同様…奴らにも心があるのか…!ミシェルVSヴェイガン:騙して歌わせるなんて、最低にも程があるぜ…!②シンデレラに意地悪したら、相応の報いがあるんだぜ!クランVSELS我々の詞書が通じるようになるのか…!リョーコVS草壁:草壁中将!あんたも諦めの悪い野郎だな!②綺麗事を二度と言えねえようにしてやる!ユリカVSELS:話し合うチャンスがあるなら、それまで、みんなで頑張りましょう! - 2016-04-08 15:36:31
  • JVSジークジオン:怪物の王が相手ならば、遠慮はいるまい!リディVSオーラバトラー:その光は、お前が生みだしているものなのか…!リディVS騎士ゼノンマンサ:ジオン族の勃興など、許すわけにはいかない!オットーVS騎士ゼノンマンサ:ジオン族とやらの好きにやらせるな!オットーVSゴーストビグザム:ジオン族に対し、本艦は攻撃を実施する!オットーVSネオブラックドラゴン:かつては悪魔のガンダムを名乗った存在だ!攻撃の手は緩めるな!オットーVSジークジオン:攻撃目標、正面ジークジオン!オズマVSマーダル軍:悲しいかな、異星人とは戦い慣れてるんでな!②人の家に土足で上がり込んでおいて、ただで帰れると思うなよ! - 2016-04-22 15:54:53
  • エレVSマーダルは前半と後半で違う台詞になる。他にも話数で変わる台詞あるだろうね。 - 2016-04-30 00:22:38
  • エレVSマーダル:征服王マーダル…。あの者が放つオーラは、ドレイクに似て危険なのです…!超竜神VSマッドゴーレム:この超竜神、力比べなら負けはせん!超竜神VSジークジオン:誤算だったな、勇者はここにもいるぞ!JVSマッドゴーレム:Jジュエルの輝きの前には、貴様のパワーなど赤子同然!②巨人よ!光に、なれぇぇぇぇっ!!JVSジークジオン:私は勇者などではない!誇ります高き空の戦士だ!②ジークジオンよ!光に、なれぇぇぇぇっ!!刹那VSネオブラックドラゴン:貴様もガンダムであったなら、わかり合う事ができるはずだ!刹那VSジークジオン:ジークジオン!争いを生む歪みは、ガンダムが破壊する!ロックオンVSジークジオン:ジークジオンは、俺が狙い撃つ!キオVSジークジオン:あいつが邪悪な魔王であっても、分かり合う努力だけは諦めたくない…! - 2016-05-06 13:44:32
  • ウーズベンVSハイ:あの銀色の飛甲兵だけは、何としてでも仕留めて見せる!リディVSハイ:あいつもプライドが邪魔して前に進めないのか…!マリーダVSハイ:あいつにとっては、マーダルが光なのか…!ティエリアVSハイ:他人に傾倒するだけでは、君に革新など起こり得ない!アルトVSハイ:いつまでも他人に依存している奴なんかに負けるかよ!オズマVSハイ:俺も相当ガキだが、貴様は俺以上にガキなようだな!オズマVSマーダル:俺は戦うしか能の無い男だ…。だからこそ、お前を認める訳にはいかん!ミシェルVSハイ:その天狗の鼻っ柱、今撃ち落としてやるよ!②正面から来るとはね…。よっぽど腕に自信があるのか、それとも…! - 2016-05-28 18:29:23
  • 凱VSイゼルカント:指導者である貴様を倒せば、この戦争は止められるはずだ!ビッグボルフォッグVSイゼルカント:戦争で人々を選別したところで、そこに勇気がなければ平和な世は訪れません!JVSイゼルカント:力なき者を淘汰した世界に、どんな意味があるというのだ!パトリックVSマーダル軍:悪い宇宙人め!地球を狙ったって無駄だぜ!キオVSイゼルカント:やめて下さい、イゼルカントさん!ガンダムで戦うなんて!キオVS木連:ガンダムは救世主なんだ!僕達が悪の帝国なんて間違ってる!ミシェルVSクイーン・フロンティア:頼むぜ、アルト…!女王バジュラを口説くのは、お前の役目なんだからな!ルカVSバジュラ:バジュラを放っておくわけには!ジェフリーVS巡洋艦バジュラ:①目標、バジュラ空母艦!②モニカ「敵バジュラ側に、巡洋艦クラスの戦闘艦を確認!」ジェフリー「戦闘準備!」 - 2016-08-18 13:59:20
  • 分割しないと追記できないみたいです。どなたか、分割してもらえないでしょうか。 - 2016-08-18 16:54:26
  • バナージVSプルトゥエルブ:マリーダさんに俺の声を届けるためにも、今は!刹那VSガンダム:敵もガンダムか…!ロックオンVSガンダム:そっちもガンダムかい!ならよ!ロックオンVS連邦:ロックオンVS連邦:もう敵じゃねえってのに…!②状況が状況だ。世界から疎まれようとも、咎を受けようとも…!アレルヤVSガンダム:ガンダム同士で戦うなんて最後にしたいけどね…!③ハレルヤ「てめえもガンダムか!おもしれえ!」 - 2016-11-22 15:58:31