※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは対戦形式の種類を紹介します。

トーナメント/逆トーナメント形式

様々な大会でよくある、勝ち抜き型の対戦形式です。
逆トーナメントは、その名前の通りに、負け抜き型の対戦形式です。
適切な人数は4人、8人、16人の時。

FNCBでトーナメント形式をする時は、平衡して逆トーナメントも行います。


&ref(トーナメント/逆トーナメント.JPG)

総当たり形式

全員と必ず1度対戦する形式です。
FNCBでは人数とルールの状況次第でこの形式を使用することがあります。
 例  ドラ ウサ ウシ 先生 ネコ ですの 姉御 ぬめ 勝ち点 順位
ドラ子 × × × 4  3
ウサ子 × × × 4   4
ウシ君 × × 5   2
タヌヌ先生 × × × × × 2   7
ネコさん × × × ―  × ○  3 5
ですの 7 1
姉御さん × × × × × × 1   8 
ぬめ君 × × × × × 2   6

スイスドロー形式

勝率が同じ人同士で対戦する形式です。
現実世界のカードゲームや囲碁・将棋等幅広く使われています。
対戦数を抑えて順位を付けるのに適しています。
例  1回戦 2回戦 3回戦 順位
ドラ子 ウサ戦1-2× 姉御戦0-2× です戦1-2× 8
ウサ子 ドラ戦2-1○ ぬめ戦1-2× ネコ戦1-2× 5
ウシ君 タヌヌ戦2-0○ ネコ戦2-0○ ぬめ戦1-2× 2
タヌヌ先生 ウシ戦0-2× です戦2-1○ 姉御戦0-2× 6
ネコさん です戦2-0○ ウシ戦1-2× ウサ戦2-1○ 3
ですの ネコ戦0-2× タヌヌ戦1-2× ドラ戦2-1○ 7
姉御さん ぬめ戦1-2× ドラ戦2-0○ タヌヌ戦2-0○ 4
ぬめ君 姉御戦2-1○ ウサ戦2-1○ ウシ戦2-1○ 1


ブロック形式

人数が多い時に予選として使う方式です。
4名か6名を一組にして、勝った人を決勝トーナメントへ進めさせます。
FNCBでは、スイスドロー形式の要領で先に人数の半分の数勝った人が勝ち抜きます。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
メニュー

著作権表記
Copyright(C) 2006 GCREST, Inc. All Rights Reserved.
(C)Copyright 2006 NtreevSoft Co., Ltd. All Rights Reserved.
Ntreev and Trickster are registered Trademarks.