※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あたたかき白雪 ユキナ


「」



▼基本情報
初期クラス メイド 個人スキル 母性愛
派生クラス ロッドナイト系
シーフ系
初期装備 鉄の暗器
フリーズの杖

▼加入時ステータス
クラス Lv HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防 移動
メイド 2 24 6 14 16 17 20 9 15 6

▼基本成長率
HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防
40 15 35 30 35 60 20 35

▼成長限界補正
HP 魔力 速さ 幸運 守備 魔防
-2 +1 +1 -1 +1



▼キャラクター詳細

黒髪黒眼、ロングスカートのクラシックなメイド服を身に付けた女性。
外見は20代後半といったところ。

主人公のお世話係として仕えてきた女性。
もともとは主人公の母親であるミソノのよき友、よき従者であった。
彼女の死後は、彼女の遺言を忠実に守り、陰に日向に主人公の為に尽くしている。

もともとは下町暮らしの貧民層であった。
生きるために裏社会に身をやつしていた彼女は、あるとき命の危機に見舞われる。
その危機を救ったのが、主人公の母であるミソノであった。
ユキナはその恩義に報いるため、彼女の傍近く仕えることを決めた。

どんなときでも穏やかな、まさに「母」を体現したような心優しい女性。
しかし、規律や礼儀作法には厳しく、不真面目な人には彼女の雷が落ちることも。



▼支援会話

主人公(男)
支援会話C 「殿下、危ないっ!」
支援会話B 「少し、ミソノ様に助けていただいたときのことを思い出していました」
支援会話A 「これからも、私はあなた様に尽くしていきます」
支援会話S 「私のような立場の者が、こんな想いを抱くのは許されません……でも、私、もう……」

主人公(女)
支援会話C 「殿下を一流のレディに育てあげるのも私の役目です」
支援会話B 「だめですよ、殿下。こんな戦いの中だからこそ、礼儀作法や王女としての流儀を忘れてはなりません」
支援会話A 「やっぱりあなたは、ミソノ様にとてもよく似ていらっしゃいます」

ロザリンド
支援会話C
支援会話B
支援会話A

アルフィナ
支援会話C
支援会話B
支援会話A

(ユウサキ)
支援会話C
支援会話B
支援会話A

アルビレオ
支援会話C
支援会話B
支援会話A
支援会話S

(サギリ)
支援会話C
支援会話B
支援会話A
支援会話S

(カツラギ)
支援会話C
支援会話B
支援会話A

(カマドウマ)
支援会話C
支援会話B
支援会話A



Thanks to @yukina_ryuel