ライバル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲーム開始時ライバルの家の前

どんッ!!

××「なんだってんだよー! って ○○ か! おい! みずうみに いくからさ はやく こいよな! いいか ○○! おくれたら ばっきん 100まんえん な!」

  「わすれもの!」

ライバルの家2階

××「……バッグと ぼうけんノートも もっていくか」

  「おっ! ○○! みずうみに いくぞ! どうろで まってるから おくれたら ばっきん1000まんえん な!」


201番道路にて

××「なあなあ さっきの テレビ みただろ?「あかい ギャラドスを おえ! みずうみに あらわれた いかりの ポケモンの なぞ!!」 オレさ おもったんだよ あの みずうみ にも あんな ポケモン いるはずだ! って だから オレと おまえで そいつを みつけに いくんだよ!」


ライバルと共に行動

××「ポケモンが いたら なんとかして つかまえて ポケモントレーナーに なるぜ! しってるだろ? ポケモントレーナー ポケモンどうし たたかわせてさ!」

  「ポケモンって いろんな わざを もってるんだよ! ポケモントレーナーはポケモンに どの わざを つかうか めいれい して たたかわせるだろ? かっこいいよな」

  「オレも はやく ポケモンが ほしいぜ そうすりゃ ポケモンと いっしょに いろんな ところに いけるのにな」

  「あの みずうみには きっと まぼろしの ポケモンが いる みんな なんにも いないって いってるけど オレには わかるのさ」

  「ぜったい オレ ポケモントレーナーに なるからな! しかも さいこうに つよい ポケモントレーナー だぜ! だって それが オレの ゆめだからな」

  「いつまでもさ しゃべってないで みずうみに いこうぜ オレ もう ウズウズして がまん できねーよ!!」


シンジ湖前

××「よし! みずうみ! あかい ギャラドス みつけるぜ!」



シンジ湖にて

××「なんだ……?」


ナナカマド博士とヒカリ(コウキ)のやりとりをみる。

××「なんだ? いまの ふたり…… あれ? ○○! ちょっと みに いこうぜ!」

  「…… …… …… …… …… ……」

  「なんだよ? くさむらに はいるなってか? へいき! へいきッ! ちょっとなら ポケモンだって でてこないって」


博士の忘れ物に近づく。

××「カバン…… だ…… さっきの ひとの わすれもの だな どうすりゃ いいんだ? とどけようにも いまの だれだ? はかせ って いってたけど……」


ムックルに遭遇。

××「わわッ! ポッ ポケモン!? なんだってんだよー!」

パートナーを選択しムックルを倒す。

××「ふわー! おまえの パートナー すごかったな! だけど オレの パートナーのほうが もっともっと つよかったけどな!」

  「……って オレも おまえも ひとの ポケモン つかっちゃったけど だいじょうぶ だよな……?」


ヒカリ(コウキ)がカバンを取りに来る。

××「なんだ あいつ…… ○○!とりあえず ここから でようか…… さっきので オレの ポケモン きずついちゃったし…… また ポケモン おそってきたら ちょっと やばいんだよな……」


シンジ湖を出る。

××「おまえ さきにいけよ ……ポケモン かえしに いくのは とうぜんだって わかるけど もうちょっと こいつと いっしょに いたい っていうか……」

  「さっきって ひとの ポケモン つかっても しかたないよな でも ひとの ポケモン だよな…… やっぱ かえせって いわれるよな はぃめて いっしょに たたかった ポケモン なんだけどな……」

  「オレさ こいつと いっしょに つよくなりたいよ」

  「しゃべってないで とりあえず すすもうぜ…… なんか みずうみに いくときより あるくの おそくなってないか?」


ナナカマド博士と出会う。

××「あっ さっきのひと だ! オレたちのこと にらんで いないか?」


ナナカマド博士の話を聞いた後

××「なんだ いまの…… おこるなら おこれば いいのに…… それに ポケモン かえさなくて よかったのか?…… ○○…… オレたちも かえろうぜ……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。