固有アビリティ

基本的には以下の要素を除いて原作と共通しているので原作の攻略サイトを参照のこと。
シナリオアレンジとは「MANY」、バトルアレンジとは「BATTLE」をONにした状態。特に記載が無い場合どちらもONの状態での性能。

原作にないor習得Lvが違うor使い勝手の違うアビリティについて
アビリティの習得Lvの差異は改造版オリジナル及びドリスのものを例外とするとアレンジの有無に無関係。
改造版オリジナルのアビリティはシナリオアレンジONで習得可能。
片方のアレンジONで物理アビリティは全体攻撃でない+割合ダメージでないならクリティカルが確率で出るようになる。
また、物理アビリティの単体攻撃時は命中判定が行われる(例外:マインA系のアビリティ)。
カウンターされる物理アビリティは多くなっていることに注意。

レイク

  • ブラッドヒート・ランページ/AC火
改造版オリジナル。火属性物理単体ランダム4連続攻撃。消費TP35、AWT+220、Rate8→8→8→12。
EP18以後は([現EP]-18)/2の数値をRateにそれぞれ加算。習得Lv50。
最初の1撃でクリティカルが出れば残りの3発もクリティカルになる。
逆に最初がクリティカルでないなら残りの3発もクリティカルではない。
  • ネガ・カルネージャー/AC闇or破
シナリオアレンジONで消費TP40→45に増加。倍率もRate35→40と増加しているので±0?


「蒼流閃エクサブレイカー」と「天使の水着」を両方装備時限定
  • 無印改造版のセイクリッド・エクサブレイカーに相当する技/AC光
改造版オリジナル。消費TP100、AWT+350、Rate80、光属性物理単体攻撃。
固有アビリティの2ページ目でShiftを1回押せば使用可能になる。
8番目のアビリティ部分が変化する。但しアビリティ名や解説は表示されない。
  • ザ・フロントアクシデント
改造版オリジナル。消費TP=MAXTP/2、AWT900、敵味方全体対象MDF無視攻撃。
固有アビリティの2ページ目でShiftを2回押せば使用可能になる。
「無印改造版のセイクリッド・エクサブレイカーに相当する技」と同じく8番目のアビリティ部分が変化する。
アビリティ名や解説はきちんと表示される。
レイクVer.ザ・フロントアクシデントの仕様
成功率は高くないが成功した場合原作で割合ダメージ無効の敵でもHP1に出来る(オーバーソウル状態の敵も含む)。
現在HP1の敵UNITに対しては1ダメージを与える。
割合ダメージ系ながら例外的にボスにも通用する(基本的に現在HP-1ダメージ)。
服が破けた後に全体攻撃ながら例外的に敵に対して命中判定が存在する。
エル以外の敵女性UNITには無条件即死ダメージ(ヴィルジニーシリーズ、ハイディ、べネディクタ・ティアーズ、ヴィルヘルミーネ・ヴェーネ、Dレオナが該当)。
エルに対しては20万、イーヴル・ディザスティアに対しては799999ダメージ。
成功率は低いので仕様に関して抜けているボスがいるかもしれない。
但し味方に女性がいた場合そのUNITにもダメージ。ヴェーネ,ミネルヴァ,ドリス,ヤンシーの場合HP1に。
ヴィルジニーの場合現在HPが1/10?程度に。フォクシーは現在HPが2/3?程度に。
成功率は高くないが、チェイン数が低くてもフィーメイル以上のダメージを軽々と出すことが出来るある意味究極のアビリティ。
中を覗ける方による情報
元を辿れば無印改造版で技が8個ある状態でも使えるようにしておいたのが災いしたようだ。
この2つの装備が揃ってレイクで戦えるのが戦いの記憶か周回でアイテム持ち越しした場合位なので、あくまで物珍しさ程度の役割しかないかもしれない。

ヴェーネ

<ヴィルヘルミーネ、リフューズ・セラフィックブルー戦でオートドライブ優先発動>
  • ブラスティングサイト
オルター・イーゴ中は必中で通常よりクリティカルが出やすい。
  • セラフィックフェザー
シナリオアレンジONで天翼を装備するとAWT700→600。恩恵あるのだろうか…。イベント前でも天翼装備で使用可能となる。
  • エヴァーラスティング
改造版オリジナル。天翼装備でラスティングセルフに上書きされる。自身のHP及び不利状態を完全回復し、自動復活効果を付加する。
AWT0なので強力だがこれがないとエル戦は厳しい。イベント前でも天翼装備で使用可能となる。
  • グローウィングゾーン
シナリオアレンジONで消費TP280→350に増加、HPもMAXHP上昇分だけ回復。
ラスティングセルフがエヴァーラスティングに変化する都合上、シナリオアレンジONで自身の全不利耐性+50の効果がこちらに追加。
  • エヴァンジェライズ
シナリオアレンジONで効果が単体から全体へと変更。但し原作同様アイテム使用の方が結局は優れていると考えていい。
消費TP60→100、AWT700→800と変更。
  • エンジェリックエンゲージ
シナリオアレンジONで全員が技による自動復活有の状態だと使用不可に。使い勝手には変化なし。

ユアン

  • プロテクトスタイル
シナリオアレンジONで消費TP20→15に減少しプロテクト状態だと使用不可になる。習得Lv10。
  • ウィンディブレイド
全体攻撃時のRateが18→16と無印仕様になり僅かながら弱体化。習得Lv25。
  • リーディングサンダー
シナリオアレンジONでカウンターアタック可能攻撃に。

ケイン

  • サングラスボム
シナリオアレンジONで火破から光破属性に。
技のイメージに近くなったが火破属性ばかりのケインのアクセント位の変化。習得Lv10。
  • シークレットボマー
習得Lv20。
  • メイクアップ・ガンパウダー
習得Lv30。

ミネルヴァ

<ハウゼン=ミネルヴァ補正/フォクシー=ミネルヴァ補正、初期WT補正>
  • フェジテセイヴァー
バトルアレンジONでは自分が全有利状態だと使用不可。
同系統の技の中でバトルアレンジONで連続使用不可になるのはこのアビリティのみなので設定ミスの可能性がある。
  • ピュリファイアー・グリーン/AC光
シナリオアレンジONではAC光の代わりにAWTが350へと低下して一長一短。純正版仕様での表記AWT600は間違い、正しくは800。

フォクシー

<フォクシー=ミネルヴァ補正、初期WT補正>
  • ウィンドドレッサー
シナリオアレンジONで自分がクイック状態だと使用不可。習得Lv10。
  • フォビドゥンフレグランス
習得Lv25。
  • アロージングアクセル/AC風
改造版オリジナル。実質的にマーダラーヴィーナスの差し替え。
消費TP55。次の自分の行動のAWTを200減少させる。習得Lv70。
ブリーズ・W・ウィングドや風変動+ルージュ・オア・ブラッドとのコンボが強力。
  • ブリーズ・W・ウィングド
シナリオアレンジONでカウンターアタック可能攻撃に。

ニクソン

<ザーラ戦でオートドライブ優先発動>
  • ロザリオスナイプ
ザーラ戦で狂乱のロザリオ発動後に使用する場合に限り、威力16/5倍と相手のDEFをDEF/5としてダメージ計算する。
この効果はアレンジの有無に関係ない。
  • ガンナー・エンハンス
習得Lv5。
  • ガンナー・ヴァーサタイル
単純に撃つだけならランゲル戦のHARDで威力3/10補正。他の難度でもシナリオアレンジONでは同様補正。
仕様かバグかは判然としないがチャージ状態だとTPダメージの計算式が変わる。
詳しく検証はしていないが、チャージ状態だとニクソンのMENと相手のMDFが関係してくるようで、MEN=MDF付近が均衡?だろうか。
ニクソンのMENの方が低いとTPダメージは0になるが、高いと平然と1000以上のTPダメージを出す。
それにどうやらクレバー状態とチェイン数も影響する模様。また、ランゲル戦での威力補正を無視する模様。
スコアアタックしない場合はアイテム持ち越しなしでもバランスブレイカーになる。
例え大技であろうとTP消費する技は多いので、MAXTPとMDFが低いボスはチャージ後すぐアシストムーブを使うことで骨抜きに出来る。
スコアアタックをする場合は基本的にニクソンのMEN<敵のMDFが成り立つ+リヴァイバー使用個数制限あるのでバランスブレイカーにはならないと思われる。
  • ヘヴン・ザ・ホーイック
威力へのMEN加算分がMEN/2からMEN/5へと減少。微減だが技威力が弱くなっている。

ドリス

<ドリス=ヤンシー補正、初期WT補正>
  • セルフクレバー
シナリオアレンジONで自分がクレバー状態だと使用不可。
  • マジックマイン
シナリオアレンジONでダメージに加えて一定確率でターン数を+1する。へヴンズキャプター戦で必須のアビリティ。
消費TP25→40、AWT650→300。シナリオアレンジONで習得Lv20、OFFならLv30。
ターン加算効果は確率。無チャージで33%。1チャージで75%。2チャージで100%。
  • テクニカルサプリ
シナリオアレンジONで習得Lv30。一部のボス戦でダメージ無効化バグを使うのが極めて有効。
  • ペイルインヴァース
シナリオアレンジONで習得Lv45。
  • フォース・ヘルネクスト
シナリオアレンジONで習得Lv65。
  • フィーメイルノヴァ
ネタ武器かと思われた「マジカル☆ロッド」を装備して撃つとMEN3倍補正で更に与えるダメージが7/4倍に増加。
高Lvで撃つと異常なダメージが入る。Lv1でもハット等と組み合わせてこの補正を利用した方がダメージは大きい。
状況次第ではカウンター返しに次ぐ、或いは以上の威力が出る。魔法が弱体気味の中でこれだけは強い。
ジョシュア以後のボス戦で基本的に必須のアビリティ。
チャージバグ(Tスフィア関連のバグ参照)や幻魔独眼章と組み合わせるとLv1でも10万という異常な数値を叩き出す。
但し上限も低く、チャージバグを使う場合249999までのダメージとなっている。チャージバグを使わない場合の上限は174998±10%まで。
逆算すれば分かるがヤンシーのATK+ドリスのMEN*3=37000弱でこの上限を叩き出す。
上限が低いとはいえ、チェイン数が低いと20万以上のダメージを叩き出せるこれ以外のアビリティはそもそも存在しないに等しいが。

ヤンシー

<ドリス=ヤンシー補正、初期WT補正>
  • 駿馬猛蹴
習得Lv10。
  • 操癒流
習得Lv20。
  • 鋭滅態
バトルアレンジONでCRT+120→+80。弱体化したがAWT減少効果があるだけで使う価値はある。
  • 不惑我道・天女新星
シナリオアレンジONでカウンターアタック可能攻撃に。

ランサード

<ディザスティア一家戦にオートドライブ優先発動/ディザスティア一家戦に初期WT大幅減少>
  • グレイヴレイザー
習得Lv25。
  • ライフディヴァイド
シナリオアレンジONで大幅に効果変更。確実にHPを削りつつ敵のATKを17/20、DEFを半減させる。
ステータス低下はイーヴル・ディザスティアのみ例外でATK*0.9、DEF*0.75。
ステータス低下はそのUNITの次の行動終了時まで継続する。エネミーデータで確認が可能。
ボスや原作で割合ダメージ無効の敵にも効くため使い勝手は良くなったと言える。
消費TP25→30、割合ダメージが現在HP50%からMAXHP50%に効果アップ。カウンターアタック可能攻撃に。
原作で割合ダメージ無効の敵(揺籃の単体敵以外)にMAXHP:1/4
水晶龍、フォビア、ルインズインファント、滅びの海、豪魔にMAXHP:1/5
ボスのほぼ全版にMAXHP:1/32
バルバラのストロングホールド中にMAXHP:1/44
エルにMAXHP:1/40 ※オルター・イーゴ中には0
Dジョシュア、Dレオナ、DケインにMAXHP:1/16
オファニムにMAXHP:1/10
イーヴル・ディザスティアにMAXHP:1/50
ディザスターフォースにMAXHP:3/4、バトルアレンジONではそれに威力+1する
  • ムーンスクレイパーとセレスティアルソリチュード
シナリオアレンジONでカウンターアタック可能攻撃に。
  • クロスヒル・インヴォーク
改造版オリジナル。イーヴル・ディザスティア戦でのみ使えるアビリティ。ステータス強化+不利耐性強化。
非常に使い勝手はいい。アイテムをなるべく使わないならば必須のアビリティと言ってよい。
消費TP100、MAXHP,HP+1500,ATK+3000,CRT,AGL+10,AWT-20,DEF,MDF+500,AVD+70,MEN+1000,MOV+40,全不利耐性+30。

ハウゼン

<ハウゼン=ミネルヴァ補正、初期WT補正>
  • マッスル・ハイテンション
シナリオアレンジONで自分がフォースだと使用不可。習得Lv10。
  • プレサルヴェイション
習得Lv10。

ヴィルジニー

<DIE WALKURE、ゲルトラウト戦でオートドライブ優先発動>
  • オフェンサートランス
シナリオアレンジONでMAXHP減少に伴うHP減少あり(現在HP*4/5)。習得Lv10。
  • アーム・カラミティ
習得Lv20。
  • フィールドエレメント・シグマ/AC全
シナリオアレンジONでDジョシュア、Dレオナ、Dケイン、エルに対して全FEなしの時に与えるダメージがFE7.5個分となる。
他の相手には原作同様空撃ちはダメージなし。習得Lv35。
  • ショックウェーブ・Dアサルト
習得Lv50。
  • ディヴァイン・ディヴァイド
シナリオアレンジONでダメージがMAXHP50%から30%へと低下。
ハーフキャンセルを使えば60%与えられるが実質的には弱体化と言ってよい。
消費TP60→45。習得Lv60。
  • SHヴァルキリーアクセル
シナリオアレンジONで他のUNITの技を使うことでの連続使用は不可能になり弱体化された。
消費TP30→45、Rate18→15。習得Lv65。

その他、幾つかのアビリティはハーフキャンセル可能である。
自己能力変化アビリティのドライブ中での使用は、ドライブ前に使用する場合と比較した時ステータス変化が基本的に悪くなる(例外:鋭滅態)ので推奨されない。
なお、あくまでドライブ中における値の変化である。また、ドライブが切れると、どちらの手順であってもLvと装備が同じであれば同じ値となる。