フォーススキル

  • レアリティとフォーススキルLV上限
1 2 3 4 5 6
LV 1 1 3 5 7 10


現在実装されているフォーススキルのなかで、
効果が分かりにくいスキルをいくつかピックアップしておりますのでご確認ください。

刻印値==>装備品
三千世界(2600)==>(2900)

クイック

味方ユニットを対象にクイック効果を付与します。効果が付与されたユニットは、クイックの回数分連続で行動することができます。

特徴
  • 「打ち消し」、「吸収」スキルで効果を打ち消すことができます。
※「吸収」スキルでクイック効果を取り込むことはできません。
  • クイックを付与されたユニットが吸収スキルを使用すると、クイック効果は消失します。
  • 特殊能力「2回行動」が発動した場合は、クイックの効果回数は消費されません。
※クイック効果発動後に2回行動が発生する場合もあります。
  • 行動不能系の状態異常(麻痺、石化など)にかかっていてもクイックは発動します。
  • クイックを重ねがけした場合、効果のターン数は加算します。
例:「クイック 2ターン」に「クイック 3ターン」を付与すると合計「5ターン」行動可能

クールタイム遅延

スキルの概要:相手のスキルクールタイム一定数遅らせることができます。

スキルの特徴:
  • 各スキルクールタイムの上限値以上は遅らせることができません。

例:クールタイムの上限が「2」の敵に対して、クールタイムを「5」遅延させるスキルを使用したとしてもクールタイムは「2」までしか遅らせることができません。


無属性

スキルの概要:属性相性に関係なくダメージを与えることが出来ます。

スキルの特徴:
  • 「属性バリア」によるダメージ軽減効果を受けます。
  • 「属性耐性」によるダメージ軽減効果は受けません。

例:『闇属性耐性』を持つ「[光]カナン」に対し、「[闇]ポニー」が無属性スキルを使用した場合、『闇属性耐性』によるダメージ軽減は発生しません。


天候

スキルの概要:スキルを発動することで、戦闘フィールド内に存在している特定のユニットに対し何かしらの効果を与えます。
発動した天候の種類によって、効果を受ける属性や効果内容が変動いたします。

 晴天:火と光属性ユニットの攻撃力をアップ
 雷雨:水と闇属性ユニットのスピードをアップ
 霊風:樹と闇属性ユニットのスキル攻撃力をアップ
 濃霧:光属性ユニットが受けるダメージを減少
 重力:ユニットのスピード(基本スピード値+ハピネス値+刻印値)が「2600」以上の場合、そのユニットのスピードを半分にする
    ※リーダースキルやバフ効果でスピードが「2600」以上になった場合は対象となりません
 三千世界:ユニットの攻撃力(基本攻撃力値+ハピネス値+刻印値)が「2600」以下の場合、そのユニットの攻撃力を2倍にする
    ※リーダースキルやバフ効果で攻撃力が「2601」以上になっても効果対象となります
 原初:敵味方問わず「全てのスキルレベルが【1】になる」
    ※スキルレベルが【1】になることで、各ユニットのフォーススキルの威力や効果ターンなどが変わる場合があります

迅雷:
└敵に『全体攻撃』を行い敵味方問わず「クリティカルを発生させたユニットの全行動終了後にスキルクールタイムを短縮」するスキル!
※クイックや2回行動による同一ユニットの連続行動のタイミングではクールタイムは短縮されません。
→全ての行動ターンが終了後に迅雷効果が発動いたします。
例:ユニットAの攻撃(クリティカル)→ユニットAの「2回行動」発動→ユニットAの攻撃(クリティカル)→ユニットAの行動終了時にスキルクールタイムが「1」短縮
※クリティカルが複数回発生した場合でも、短縮効果は「1」のみとなります。
※反射スキルによるダメージでクリティカルが発生した場合でも、スキル発動者のクールタイムが短縮されます。

スキルの特徴:
  • 天候スキルの効果は該当する属性やステータスであれば敵味方問わず適用されます。
  • 天候スキルの残りターン数はスキルを発動したユニットに依存します。(発動ユニットが倒れた場合は天候が解除されます)
  • 戦闘中に発動できる天候スキルは敵味方問わず1種類のみのため、違う種類の天候スキルが発動した場合は効果が上書きされます。
  • 天候スキルは打ち消しスキルで打ち消すことができません。


吸収

スキルの概要:相手に与えたダメージの一部で自身を回復し、相手に付与されていたステータスアップ系のバフや状態異常などの付与効果も吸収し自身に与えます。

スキルの特徴:
  • 回復量は相手に与えたダメージの半分に相当します。
  • 吸収スキル発動時、発動したユニットに付与されていたバフなどは解除されます。
  • 吸収したバフや状態異常は元々の効果ターン数に「+1」されます
  • 吸収できない付与効果も存在し、吸収できなかった付与効果は消失いたします。
  • ダメージを与えてから回復と付与効果の吸収を行うため、「1ターンダメージ無効」系の付与効果が発動している相手には、ダメージを与えることが出来ません。


傀儡

スキルの概要:戦闘フィールドに存在している他の味方ユニット1体を選択し、クールタイムの有無に関係なく選択したユニットのフォーススキルを使用できます。

スキルの特徴:
  • 傀儡スキルを持っているユニットに使用することは出来ません。
  • 状態異常などによる行動不能中のユニットに使用することは出来ません。(石化・麻痺・雪だるま化・カウントダウン発動中)
  • 状態異常によるフォーススキル使用不能状態のユニットを選択した場合、通常攻撃しか使用できません(沈黙・キューコン化)
  • 傀儡スキルによって発動するスキルの威力は、選択したユニットに依存します。


覚醒

スキルの概要:覚醒を使用すると「3ターンの間」、ステータス・使用できるフォーススキル・見た目が変化します。

スキルの特徴:
  • 次のWAVEに移行すると覚醒状態は解除されます。
  • 覚醒前に使用したフォーススキルのクールタイムは、覚醒中は回復しません。(逆の場合も同様)
  • 覚醒状態は打ち消し効果で打ち消すことはできません。


カウントダウン

スキルの概要:通常のフォーススキルとは異なり、一定ターン数経過した後に効果が発動します。

スキルの特徴:
  • 一部の敵ユニットを除き、カウントダウンスキル起動後はターンが経過し効果を発動するまで他の行動ができなくなります。
  • カウントダウン中にフォーススキルが使用不能となる状態異常を受けてしまった場合、カウントダウンが打ち消されます。
  • カウントダウンスキルは打ち消しスキルで打ち消すことができません。


マジックカウンター

スキルの概要:発動すると相手から受ける一部のフォーススキルを跳ね返すバリアを一定ターン数発動します。

スキルの特徴:
  • 跳ね返すことが出来ないフォーススキルも存在いたします。
  • マジックカウンターの残りターン数はスキルを発動したユニットに依存します。(発動ユニットが倒れた場合はマジックカウンターが解除されます)
  • 跳ね返したフォーススキルの威力は、該当のフォーススキルを発動したユニットに依存します。
  • マジックカウンターは打ち消しスキルで打ち消すことができます。


打ち消し

スキルの概要:対象ユニットに付与されているステータスアップ系のバフやバリア、自動蘇生などを解除することができます。

スキルの特徴:
  • 「ダメージ+打ち消し」効果を持ったフォーススキルの場合、ダメージを与えた後に打ち消し効果が発動します。
  • 「吸収」と異なり、対象ユニットに付与されている状態異常は打ち消しません。
  • 「ユニットの攻撃力アップ」や「受けるダメージ減少」などの一部リーダースキル、「覚醒」や「天候」などの特殊なフォーススキル効果は打ち消すことができません。