※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■プロクルステスの寝台

プロクルステス「伸ばす人」というのは客すなわち犠牲者を思いがけない仕方で苦しめた宿屋の主というか追いはぎです。
彼の宿では客は皆そこにある鉄の寝台にぴったりと収まらなければならないと彼は主張します。
この目的のために、彼は客が小さすぎると足を引っぱり、大きすぎると大きさに合わせて足を切り落としました。
個人が単一の型やパターンに合わせなければならない、また専断的に従わせようとする教育や政治システムのことは、プロクルステスの寝台と言われます。
  

更新履歴

取得中です。