※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DVD作成

ミラーサイト(ftp.riken.jp/Linux/centos/)からダウンロード

isoイメージのあるパスは、5.5/isos/i386/

 

  • CentOS-5.5-i386-bin-DVD.isoをダウンロードする

ちょっと時間がかかります

DVDドライブの無いPCに入れる場合は、CD-R版を作成する

CentOS-5.5-i386-bin-*of7.iso(ただし、*は1~7の7枚分)をダウンロード

 

CD-Rを7枚も使うのはイヤな場合はネットインストールする

CentOS-5.5-i386-netinstall.isoをダウンロード

 

  • ダウンロードしたisoファイルをDVD-R(またはCD-R)に焼く

ライティングソフトを使って、isoイメージを焼きます

ファイルとして焼いてしまうと使えないので注意

 

 

DVDから起動

 

  • CentOSロゴ画面

とりあえずEnterキー

 

  • CD Found画面

メディアチェックは行わないので、Skipを選択

 

  • GUIのセットアップ画面

Next

 

  • 言語の選択

Japanese(日本語)を選択

次の画面から日本語で表示されるようになる

 

  • キーボードの選択 

キーボードは日本語を選択

 

  • パーティショニング

選択したドライブ上のすべてのパーティションを削除してデフォルトのレイアウトを作成

 

  • パーティション変更の警告

警告が出るので、はい

 

  • ネットワークの設定

eth0を起動時にアクティブ

編集を押してEnable IPv6 supportのチェックを外す→IPv4だけを使う

DHCPのままで次へ

 

  • タイムゾーン

適宜(アジア/東京)

システムクロックでUTCを使用のチェックを外す

 

  • rootパスワード

rootのパスワードを決める

 

  • パッケージ選択

Desktop-Gnomeのチェックを外す

とりあえず、何も追加しない 

 

  • インストールの確認

次へを押してインストール開始

 

 

しばらく待つ

 

 

ひたすら待つ

 

 

  • インストールの完了 

DVDが排出されたら、取り出して、再起動