※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 東京電機大学大学院
  • RCS2007-178

  • ラウンドトリップタイムを指標としたAP選択手法
ビーコンフレームからRTTを算出→APごとの平均値を算出→RTT平均値がもっとも低いAPを選択

評価方法
シミュレータ(qualnet3.9)
STAを均等に配置したモデル
STAを偏在させたモデル
移動を考慮したモデル

  • スループット特性
  • ハンドオフ回数

今後の展開
802.11a/g/n等の複数の規格を混在させた場合
高速ハンドオフの適用