※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んぁ~むっ♪」

 女の子にあるまじき大口をあけて、みさお…俺は“みさ”と呼んでいる…弁当のミートボールを放り込む。
 まぁ、彼女の場合、それが魅力でもあるのだけれど。

「~♪」

 もきゅもきゅと満面の笑顔で頬張る様を見ていると、思わず笑みがこぼれてしまう。
 それは、一緒に食事をしている峰岸さんやかがみさんもいっしょらしい。
「…? あんだよ、やんねーぞ?」
 そんな俺たちを見て、取られると思ったのか弁当箱を隠すみさ。
「いや、そうじゃなくて。…なんてか、さ。みさはいっつも幸せそうに食べてるなぁって」
「そーか? …まぁ、食べてるときは実際しあわせだしな~」
 ちょっと照れたように、みさが笑う。

「だから…」

 ひょいっとミートボールを咥えて、俺に近寄る。


「…んっ」




   ―――ちゅっ





「!!?」


 俺の口にミートボールが転がり込む。
 …っていうか、口移し!?

「えへへ…しあわせの、おすそわけってヤツだゼ♪」
 照れ笑いを浮かべ、みさがそう言う。

 多分、今俺、めっちゃ顔赤い。

「…あのさ、ゆうき」
「な、何?」
 唇についたソースをぺロリとなめて、みさが俺を呼ぶ。

「おいしーもの食べてるときもしあわせなんだけどさ」
 ええと…と口篭りながら、
「…今、こーやってゆうきといるときも、すっげー幸せなんだぜ。ホントのはなし」
 耳まで真っ赤になりながらそう言うみさが、とてつもなく愛しい。

「…うん。俺も…幸せ」
 これでもかってくらいに、想ってくれている人がいる。
 それを幸せと言わず、なんと言うのか。
 知ってるやつがいたら是非教えてくれ。

 全力で否定してやるから。







「…柊ちゃん、一言」

「…自重しろバカップル」
 完全に蚊帳の外の友人二人の視線が、ちょっとだけ痛かった。