※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

星桜の下、佇む少女を見つける。
 どうやら、出遅れたらしい。

 ぼんやりと星桜を見上げる彼女の背中からは、その表情はうかがい知れない。
 でも、何を想っているかは解る…なんて、ちょっと自惚れだろうか。


「…パティさん」
 かける声に、少女が振り向く。ちょっとクセのある金髪が、秋風にふわりと揺れた。

「…モウ、オソいデスヨ」
「ごめん」
 少し頬を膨らませて、パティさんが抗議する。その姿が妙に愛らしくて、僕は謝りながら、ちょっと笑ってしまう。
「…ごめん、本当に、待たせたよね」
 ここに至るまでに、一体どれだけの日々をを繰り返したのか。
 その記憶すら薄れつつある今となっては、それはちょっと計り知れないけれど。
 俺の言葉に、パティさんは首を横に振って答えとした。
「いいデス。…キテくれまシタカラ」
 碧い瞳が、こころなしか潤んで見える。
「ユーキ…」
「パティ…」
 呼び捨てにする。
 彼女が、そう望むから。

 どちらからともなく近づき、抱きしめあって。
 ドキドキいってる鼓動が、重なり合って。
「“あの時”の思い出は、いつか消えるかもしれないけど…そのぶん、目いっぱい新しい想い出、作っていこうよ」
 俺の隣に、パティがいる。
 些細で、でも幸せな想い出を。
「…ユーキ、I love you…」
「Me too…」
 ちょっと気取って、英語で返してみたりなんかして。


 重ねた唇の感触は、消えることのない、初めての“想い出”となった……




   らき☆すた~陵桜学園 桜藤祭~ After Episode
   想い出のつづき
   パトリシア・マーティンの場合~Loveして☆Hugして☆Kissもして~




「ユーキ! Good Morning!」
 いつもの明るい声がしたとたん、腕に柔らかな感触。
 パティと腕を組んでの登校風景は、一月もしないうちに学園の名物となった。

 なんというか、主に男子生徒の羨望と殺意に満ちた視線が痛い。

「? どーかしたですカ?」
「いや、俺は幸せだなって思ってただけ」
 そう、傍にパティの笑顔があれば。何も恐れるものはない。

「…ちょっと奥さん見ました? 朝っぱらからなんというか破廉恥ですこと」
「まーなんていうか、名実共にバカップル化してるわよね、あの二人」
 背後から微妙に棘のある言葉がつついてくる。
「どこの井戸端会議だよ、こなたさん」
 振り返ると、いつもの面々。
「べっつにー」
 ぷいとそっぽを向く。なんか時々、妙にこなたさんがご機嫌ナナメな時がある。
 …俺、何かしたっけ?

「でも、ちょっとだけ羨ましいかも。あれくらい幸せいっぱいだったら、学校生活ももっと楽しくなるんだろうね」
「ふふ。そうかもしれませんね」
 比較的好意的な意見は、かがみさんとみゆきさん。

 実際、パティが恋人になってから、世界がガラリと変わった気がする。
 前の学校も、楽しくなかったわけじゃないけど。なんというか、段違いってヤツなのだ。
 それはやっぱり、学園祭というイベントを一緒に過ごした仲間達のおかげであり、そして…彼女がいたからこそ、なんだろうな。
「…ア」
 不意に、俺の腕がきゅっと締め付けられる。犯人は言うまでもない。
 気付くと、もう校門前だった。
「…おワカれ、ですネ」
「…ん。また、放課後ね」
 ハイ! と笑顔で頷いて、パティは昇降口へ駆けていった。


  *


 放課後は、図書室の片隅で。
 と言っても、密会とかじゃない。ちょっとした勉強会ってヤツだ。
 俺が国語と古文。パティが英語。
 …まぁ、お互いの苦手分野を補い合う、というか。

「アラタめてブンポーとかいわれてもピンとキませんネー?」
「まぁ、意図せず使ってるだろうからな。パティたちにしてみれば」

「“おかし”…オカシいってコトですカ?」
「じゃなくて、“趣がある”って意味。…んと、どう説明したもんかな…?」

 時々…というか、しょっちゅう…つまるところがあって。
 それを二人で一緒に考えて、調べて、見つけて。
 これも、ちょっとした想い出のひとつ。


「…そーいえば、ユーキはもうすぐソツギョウですネ」
「…うん」
 ふと、パティが呟くように言った。
「サミしく、なっちゃうデス」
「…まぁね。でも、ずっと離れるってワケじゃないよ。そりゃ、今より逢える時間は減っちゃうかもだけどさ」
「…フツーなら、そうデス」
 パティの声が、沈む。
「でも、パティは…いつかステイツにカエらないとデス。ハナれバナれになっちゃうですヨ」
 そう…パティは留学生。
 日本に定住しているわけじゃない。
 いつか…帰らないといけない。

「…逢いに行くよ」
 いや、違う。
「迎えに、行く」
 パティの頭をそっと撫でながら、俺は自分に言い聞かせるように、あるいは誓うように、言う。
「ユーキ…」
 潤んだ碧眼が俺を見上げる。
 …まずい。
 すごく、キスしたくなってきた。

 きょろきょろとあたりを見回す。
 人の気配は…ないよな?

「パティ…」
 そっと肩を抱き寄せる。甘えるように俺によりかかる少女は、他の誰よりも可愛くて―――いとおしい。

「もっと…ギュってしてくだサイ」
 彼女の可愛いリクエストに、応えて。
 どちらからともなく、目を閉じて。


 ―――幾度目かの、口付けを交わす。


「ヤクソク、ですヨ?」
 腕の中で、パティがくすぐったそうに呟く。
「ゼッタイ、ムカえに、キてくだサイ」





「アイしてマス。…ユーキ」
 あの時より、ちょっとだけうまくなった日本語で…
 パティが、そう囁いた。