※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 遠くで、花火の音が聞こえる…

 それと同時に、さっきまで胸元にあった暖かさが遠ざかっていく。



 ―――ああ、“また”なのか。




 もう何度目になるだろう。

 幾度となく、繰り返した数日間。

 俺が陵桜学園に転校して、学園祭にいたるまでの数日間。

 様々な事件に巻き込まれて、どうにかこうにかで解決して。

 時に想って、時に想われて。


 そんな、追い続けた日々のなかで、もっとも鮮明に残っている記憶。

 ―――彼女との、記憶。


 きっかけはきっと、些細なこと。
 でも、今この胸に抱いている想いは、揺ぎ無いもの。
 そしてそれは、“彼女”も…一緒なハズ。

 だけど、時が巡る。

 次の瞬間、俺はまた最初の日に戻り―――
 彼女も今までの想いを、想い出を無くして、何事もなかったかのようにまた、“出会う”。




 …でも、そんなのもうゴメンだ。

 だから、俺は呼びかける。

「…いつか必ず、この時の輪を壊して、君を迎えに行く!」

「…もし、もしその時!」


「君が少しでも、ほんの少しでもいい。俺のことを、俺への想いを憶えていてくれたら…」

 俺の言葉に、彼女は首を振る。
 口を大きく開けて、俺と同じように叫ぶ。
 けど、その声はもう俺には届かない。



 …お・ぼ・え・て・る… …ぜ・っ・た・い… お・ぼ・え・て・る・か・ら…



 唇が、そう動いて見えた。

「…そう、だよね」
 自分の胸に僅かに残った彼女のぬくもりを、そっと握り締める。

「憶えていて。そして桜藤祭の日、星桜の下で逢おう」
 彼女が、頷く。

「それから…もう一度、想いを伝え合おう。さっきみたく、抱きしめあってさ」
 もう一度、頷く。

「それから…それから!」





「―――キスしよう。もう一度」


 彼女は照れながら、でも、しっかりと頷いた。



 …やがて時の抵抗が強まる。
 花火の音が遠ざかり、彼女の姿も、表情がぼやけ、輪郭がぼやけ…
 胸に残っていたぬくもりすら、希薄になっていく。

 俺は、最後の力を振り絞る。
 全身全霊を込めて…彼女の名前を、呼んだ。











  「―――――!!!」









     らき☆すた~陵桜学園 桜藤祭~ After Episode
     想い出のつづき