※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


冬の雨は、冷たいものです。

予報を見て、にわか雨がある事を知って、傘を置いてくる。
私は、なにをしているんでしょう。やはり、浮ついていたのでしょうか。
彼は、はじめから天気のことなど気にしていなかったようです。

とりあえず、雨宿り。憂鬱でないのは、この人のおかげ。
手を繋いでいます。腕を、絡めてもいいでしょうか。少し、どきどきしますね。
あたたかい。でも、寄り添っていると、どうしても胸を押し付けてしまいます。
この胸は、あまり好きではありません。動き回る時は、疎ましいものです。
こんなときも、彼はつい、私の胸を意識してしまうようです。

嫌ではありません。でも、もっと見て欲しいものが、あるんです。
言ってしまいましょうか。小さな声で、彼の名前を呼んで。
胸ばかりではなく、顔を。もっと、見つめ合いたい。
ああ、恥ずかしい。彼の眼を見られません。自分で、言っておいて。
はい。なんでしょう。そんな、謝らないで下さい。
え…そんな突然。私も、好きです。あ、あ、そんなに、見つめないで下さい。
待ってください。周りに人が。でも、このまま。ああ、いけません。
顔が、近づいて、口が。あ…
んん…
ん…む…ぁふ……ああ……なんだか、不思議。
この人を好きということしか、浮かびません。
彼を愛しているだけの私。なんて、素敵。
はむ…ん…んっ……はぁっ…
甘くて、長いキス。ずっと、このまま。

…離れてしまうんですか?心が、寒くなります。
あ、でも、今度は背中が。後ろから、抱きしめられて。
これなら、胸も関係ありませんね。

でも、少し考え直したんですよ。
もう、胸を嫌いだとは思いません。
体中でこの人を愛する、私。この胸も、私の一部だから。

手を当てると、あたたかい。いつか、彼からも。
はしたない想いでしょうか。でも、いいんです。
この人の温もりの中で、私は女の人になっていくんですから。


         了