※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「改めて見るとこなたって髪長いよな。手入れ大変じゃない?」
こなた「んー、まぁそれなりにね」
「髪切りたいとか思ったことはない?」
こなた「ないこともないけど、何だかんだで気に入ってるしね」
「なるほど。まぁ確かに似合ってるっていうか、すっかり身体の一部だよね」
こなた「まーねー。けど、キミが見たいってんなら髪型変えてもいいかな?どんなのがいい?」
「そうだなぁ・・・ツインテールとか。ギャルゲーのヒロインっぽくなりそうじゃない?」
こなた「うむ。青髪ツインテールはお約束の一部だね。けど私ツンデレじゃないし」
「それを言うなら小早川さんだってそうじゃん」
こなた「ゆーちゃんのツインテは妹系のお約束の一部だからいいの」
「妹系もツインテールのイメージあるよね。あとは幼馴染とか?」
こなた「む、ソッチ系もあったか・・・キミの攻略中に試しとけば良かったよ」
「なんならもう一回攻略してみる?それで見せてよ」
こなた「私のツインテ見たいだけじゃんそれー・・・おkおk。今度試してみるよー」

「・・・・・・うーん」
かがみ「どうしたのよ?浮かない顔しちゃって」
「いや・・・なんていうかさ、俺もすっかりこなたに染められたんだなぁって」
かがみ「・・・確かに、こなたのオタク話に違和感なく溶け込でたわね、あんたも・・・」
こなた「朱に交わればなんとやらー。もう遅いよーフヒヒヒ」
「ちょっと自覚が足りなかったか・・・」
かがみ「ま、自覚したところでもう遅いけどね・・・」
「ホントだよね・・・かがみさんの二の舞は踏むまいと思ってたのに」
かがみ「何だと貴様!どういう意味だ!!」
こなた「かがみんも自覚が足りなかったねぇ・・・ウヒヒヒ」