※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―桜藤祭が終わって―

陵桜に転校生としてやって来てから一体どれだけ時間が経っただろうか。
・・・なんて言うほど実際時間はそんなにたってないのだが、そんなわずかな時間の間に俺は運命の人ってやつをみつけたのだ。
運命の人?そんなこと言っちゃっていいのか?いや、いいのだ。
彼女にはまだ直接言ってないが、俺があの子を幸せにするって決めたらから。
同じクラスの柊かがみ、桜藤祭のクラス出し物をきっかけに俺と付き合うことになった。
星桜の木の下、彼女が告白してきたあの日の胸の高鳴りは今でも忘れることができない。
実際いまだに俺はかがみと付き合っていることを信じきれていないのが現状で、毎日学校でかがみに会うたびに小恥ずかしい感じになる。
まあ、それが初々しくて良いといっちゃあ良いのかもな。

―月曜日―

「ん・・・、もう朝か。」
目覚まし時計より先に起床。時計のボタンを押す。遅刻魔の俺にしてみればなんて珍しい事でしょう・・・以前の俺だったならな。
俺は今、かがみの彼氏だ。毎朝ギリギリ登校もしくは遅刻で皆に笑われたんじゃ、かがみに申し訳ないだろ?彼氏として。
そういうわけで、俺は何に対してもシッカリしようと決心したのだ。
「さてと、朝食食べて、のんびりと行くかな。」
朝にするべき準備を終え、学校へ向かう。
いつもと変わらない道、青い空、そしてこの季節の朝の独特なさわやかさが気持ちいい。
「そうだ、時間もあるしコンビニに寄って昼食でも買って行こう。昼休みのメシ争奪戦にはもうコリゴリだからな。」

学校へ着き教室へ入る。

「少し早めに着いたな。」
教室にはみゆきさんがいた。
「おはよう、みゆきさん。」
みゆき「おはようございます、○○さん。今日も天気がよくて気持ちいいですね。」
「そうだね、少し寒くなってきたけど、外出するのに絶好の季節だよね。」
みゆき「そうですよね。ところで、もしよろしければ今日のプレゼンの発表練習でもしませんでしょうか。
    まだ予鈴までも時間がありますし。」
「あ、そうだ。あれ二時間目から発表だよね。簡単にやっておこうか。」
そう、今日はクラス合同総合学習の一環として、三人一組であるテーマについて調べ、発表する授業があるのだ。
以前から今日のために準備をしてきたし、本当は練習なんかいらないのだけど、なんというか気分の問題で、発表当日に何もしないで本番を迎えるのは何か物足りない感じがする。
みゆきさんもきっとそう感じているのだろうか。
「あ、永森さん来たよ。ちょうどいい。」
「永森さんおはよう。今からプレゼンのリハ!入室早々で悪いけど、いいかな?」
やまと「わかったわ。・・・もう大丈夫だと思うけど。」
今回のメンバーは、みゆきさん・永森さん・俺なわけだが、これはクジで決まった。
かがみと一緒になれなかったのは残念だが、実は今日、どっちのチームが高評価を取れるかで、かがみと賭けをしている。
評価が低かった方が高かった方に遊園地のチケットをおごるという内容だ。
本当ならここは彼氏がおごるべきだが、かがみは恋人とは平等な立場でいたいそうで、そういうのが嫌らしい。
だから今回の賭けを俺から提案したわけだ。
かがみの「負けたーっ!」って顔を拝むのが楽しみな俺であるが、どっちが勝っても、チケットは俺が買ってあげようと思っている。ま、正直今回は負ける気がしないのだが。
「おはよ~!」
とやって来たのが、かがみ、つかさ、こなたの三人だ。
こなた「うおっ、朝から精が出ますねぇ三人とも~。あたしは眠くてモーダメ~。」
つかさ「ねぇ~、いつもより早く起きたから眠くって・・・。」
かがみ「ほら、二人とも。ちゃんと眼を覚ましなさいよ!
なんのために早く学校にきたかわかってるの?」
こなた「うぅ、五分だけ寝かせてくださいかがみ様―っ。」
つかさ「お姉ちゃん、あたしも五分だけ~、ほんとに~。」
かがみ「もぅ・・しょうがないわね。
コーヒー買ってきてあげるから、それまでに済ましておきなさいよ?」
そう言うとかがみは俺の方に向かって、ため息まじりの笑顔を向けた。
俺も笑顔で返すと、かがみは売店へと向かい教室を出た。
「相変わらずだね、あの二人は。」
みゆき「睡眠をとることは健康にもいいですし、今日みたいな良い天気だと、うとうとしてきてしまうのは仕方ないですよね。」
やまと「あれはだらしないって言うんじゃ。」
「そだね・・・。ま、かがみもいるし、なんとかなるでしょ。」
こんな感じに少し早めの朝は過ぎていき・・・二時間目。
クラス合同プレゼン発表が始まった。
会場は多目的室。あまり広いとは言えないが、2クラス分の生徒が入るには事足りる。
黒井先生「皆ちゃーんと準備してきたやろうから、期待してんで。
     一応念のため確認しとくけど、評価方法は審査員4人の先生方の合計ポイン             
     トで決まるさかい、MAX40点目指して気張りやー。」
発表が始まった。一グループ持ち時間15分で発表する。グループ数も多いので六時間目までずっと続くわけだが、
学生達にとってはいい休憩にもなりそうだ。さっそく舟をこいでいるやつもチラホラいる。
さすがにクラス合同なので黒井先生の鉄拳も今日は飛ばなさそうだ。ラッキーだな、おまいら。
いろんなテーマのプレゼンがされている。出来のよさはピンキリだが、なかなか面白くて退屈しなさそうだ。
平均的な評価は28点ってとこかな。
こうしてる間に、俺たちの発表になった。壇上へと上がると、皆が見える。
特に緊張はしないが、唯一気持ちが高ぶる要因が一つ・・・かがみが見ている。
俺はかがみにチラッと目を向けて、手を軽く振った。
それを見たこなたがかがみをおちょくる。いやー、赤面しているかがみはなんとも・・・、って、俺!ビシッとしなきゃなビシッと!

みゆき「礼。・・・それでは、発表をさせていただきます。
    今回私たちは、『命』について考え、論議してきました。その中でたどり着いた、
いくつかの答えを、私たちなりにですが、まとめさせていただきました。」
やまと「この『命』が疎かにされがちな現代、
私たちはより深く命の大切さを学び、私たちの将来や未来を担う子供たちのために活かそうと考えています。」
こんな感じに進み、発表は滞り無く終わった。
みゆき「以上です。ありがとうございました。」
俺たちが礼をすると、拍手の音が聞こえる。なんとなく達成感を感じて、評価する先
生達のほうへ眼を向ける。・・・さて、評価は・・・。
左から、9・10・9・10・・・てことは、38点だ。
教室中の生徒たちが「おおぉ」と唸る。それだけ高い評価なのだ。
よしっと小さくガッツポーズをひとつ。かがみの方を見て、ニヤッとしてやる。
かがみの顔からは少し焦りの表情が見て取れる。こなたとつかさは相変わらずいつもの通
りだ。
ちょうどお昼休みに入って、俺たちは昼食をとることにした。
いつものメンバー、かがみ・つかさ・こなた・みゆき・俺の五人だ。
永森さんはいつも誰かと一緒に食べているようだ。
こなた「いやぁ、さすがみゆきさんだねぇ。38点だってさ。すごいって~。」
「あの、俺は?」
こなた「君も良かったよ~、でもさぁ、発表中ずっとかがみんのこと見てたでしょ~。
    あまりにも露骨っていうか、それがなければ良かったのにねぇw。」
「え、そうだったっけかなだっけ??」
つかさ「あ~、これが図星の反応なんだよね~。しゃべり方がちょっと変になってるし。」
こなた「ぬっふっふっふ、二人は相思相愛、うらやましいねぇかがみんw」
かがみ「二人とも、そこまで!さっさと食べる!」
こなた「ぐふふふ、かわいいのうかわいいのう~。」
なんというか、毎日こんな感じなんだが、やっぱり恥ずかしいことに変わりは無い。
なんとか話を変えようとネタを探していると・・・。
「ねぇ、これなに?写真かな?」
つかさ「あ、これね、この前こなちゃん達と髪型をポニーテールにして遊んだときの写真なの。焼き増しできたから、今日こなちゃんにあげようと思って。」
「おお~、みんな似合ってるよ。髪形ひとつで雰囲気変わるもんだね。」
こなた「でしょ~、かがみのやつ見てよ。」
かがみ「あっ、ちょっとこなた!」
そう言ってこなたはかがみの写真を俺に見せる。
「か・・・」
こなた「かっこいいでしょ~なんか、武士みたいでw」
「かぁいい。」
こなた「おや?」
「かわいいなこれ。まじで。」
かがみ「ちょ、ちょっと、なに言ってるのよ!・・・でも、本当?」
「いや、本当に。実は俺、ポニーテール萌えなんだ。」
みゆき「ごちそうさまです。」
と言ったのはちょうど昼食を終えたかららしい。
こなた「いやいや、本当にごちそうさまですwていうか何、このバカップル。」
こなたはあいかわらずニヤニヤしながら言う。
かがみ「バ、バカップル言うな。普通よ普通!」
こなた「これが普通だったら今頃世界のカップルのせいで地球温暖化が末期になっちゃうんじゃないの?熱いだけにw」
「誰が上手いことを言えと!・・・とにかく、そろそろ昼休みも終わりだし、かがみ達は
次の時間発表なんだから一応準備くらいはしといたほうがいいんじゃないの?」
つかさ「そうだね~、あたしセリフ覚えてるかなぁ。」
かがみ「はぁ・・今更ですかい。朝から練習した意味あるのか・・・。」
「ま、とにかく頑張ってよ、期待してるからさ。」
みゆき「そうですね、発表、楽しみにしてますね。」
こなた「じゃあ多目的室にいこーー!」
「おk。」
机上を整理して、皆で多目的室へ向かう。つかさは歩きながらセリフ練習をしていて、
こなたは何やらかがみの耳にヒソヒソと喋っている。どうもニヤニヤしているし、
かがみは赤面している。一重に、怪しい。
5時間目が始まって、俺はかがみ達の順番を待った。やはり俺たちの38点以上を出すグル
ープは未だ現れていない。

―――

結局、かがみ達の点は32点だった。これはかなり健闘したと思う。
32点も38点も、どちらにしろA判定もらえるので実質大して変わらないわけだ。
あとはチケットのこと。あとでかがみに話しておかなきゃな。
「やっと終わったな。皆、一緒に帰ろうよ。」
こなた「あ、ごめーん。あたし用事があって今急がなきゃいけないんだよね。だからお先に~。」
つかさ「あっ、そうそう、実はわたしもなの~。ばいば~い。・・・こなちゃん待ってよ~。」
みゆき「私も今日は急な用事がありまして・・・今日は早めに失礼させていただきます。」
「あ、ちょっと。」
という間も無く皆は教室から出て行ってしまった。何か様子がおかしい。
とそこへ、教室に入ってくる女の子が一人。・・・かがみだ。
「おっす、お疲れ!なんかみんな急ぎの用があるっていって先に帰っちゃったんだけど・・」
かがみ「バカ。空気少しくらい読みなさいよね。あたしたちに気をつかってくれたのよ。」
「アッー。」
なるほど、昼休みのこなたがヒソヒソ喋ってたのはこのためだったのかもしれないな。
みんな、グッジョブだ。
「ごめん。じゃ、帰ろうか。」
そう言って俺たちは学校をあとにした。
学校の帰り道、辺りはすこし夕日の色に染まっていて、気温も昼間より下がり、すこし
肌寒く感じる。かがみとこうやって二人きりで帰るのは、桜藤祭の日以来か。
俺たちは、皆に気を遣わせるかもしれないと思って、あれ以来俺たちから皆を誘って下校
していたのだ。
かがみ「なんか・・・こうやって二人きりで帰るのも久しぶりだね。」
「そうだね。やっぱり改まって二人きりになると緊張するな。」
かがみ「・・・あたしは結構嬉しいんだけどね。」
「え、なんだって?」
かがみ「な、なんでもないわよっ。」
なんでもなくないかがみなのだが・・・実は何て言ってたかわかりますよ。
そうだ、チケットのことを話さないと。
「・・・あのさ、今日の発表のことだけど。」
かがみ「あー・・・。降参、負けたわー。やっぱみゆきがいると違うわよねぇ。
   というわけで、約束通りチケット、あたしがおごるわよ。」
「いや、その必要はないよ。」
かがみ「え?なんでよ。あたしが負けたんだから、おごるわよ。」
「実はさ、俺、今回勝っても負けてもチケット俺が買ってあげるって決めててさ。」
かがみ「はぁっ?それじゃ賭けの意味ないじゃない!」
意外に折れないかがみ。さて、どうやったら俺に払わせてくれたものか。
「その通り!でも何か賭けたほうがお互い発表を頑張るかなと思ってさ。」
かがみ「確かにそうだけど・・・だーめ。約束したでしょ?あたしが払います。」
「いや、それは困る!俺が払うって。」
かがみ「あたしが払うってば。」
「俺が払います。」
かがみ「いやあたしが。」
「いや俺が。」
かがみ「あーっもう!これじゃあいつまでたっても変わらないじゃない!あたしに払わせなかったら、あんたのこと嫌いになっちゃうからね!」
そう来るか・・・。もちろん冗談のつもりなのだろうが、ここはあえてこう答えてみる。
「それは困る。
でも、俺に払わせなかったら、かがみのこともっと好きになるからな!」
かがみ「・・・本当に?」
「本当さ。時間がループしちゃうくらい本当さ。これが嘘つく眼に見えるか?」
かがみに眼を近づける。が、かがみの態度が急変したおかげで
自分のやっていることが一気に恥ずかしくなって眼を逸らす俺。
かがみ「・・・本当に本当?」
もはや両者赤面状態。これはいいさくらんぼ。
かがみ「それじゃぁ、あんたに払ってもらおうかな・・・。
そしたらあたしのこと・・・・その・・もっと好きになるんでしょ?」
この反応には意表をつかれた。くぅ、なんだこいつは。可愛すぎて死にそうだ。
もはや反射的に
「かがみ、大好きだ!」
といってかがみを抱きしめる。
かがみ「ちょ・・・ちょっと!抱きつくなら抱きつく前に言いなさいよ!びっくりするでしょ・・・。」
学校の帰り道、抱き合う二人を夕日が照らす。それもドラマのワンシーンさながら。
まわりには人影もないし、ここでしばらく抱き合ってても大丈夫だろう。多分。
かがみ「・・・暖かい。」
「しばらく・・こうしててもいいかな。」
かがみ「・・・うん。」
しばらく俺たちはこのままでいた。会話はなかったが、何故か不思議と安心できた。
「かがみ。」
かがみ「なに?」
「今さ・・・・・この時期限定のポッキーが売ってるの知ってる?」
かがみ「ちょっと・・・なんでいきなりポッキーが出てくるのよ。
・・はぁ、雰囲気台無しじゃない。・・・で、それがどうしたの?
練乳イチゴムースのこと?」
と言ってかがみは俺から離れた。

「違いますよかがみさん、それは前回のね。夕張メロンムースのこと。」
かがみ「えっ、知らない。いつ出たの?」
「知らないのも当たり前。今日からコンビニに並ぶ新商品だからね。
 ・・・食べたいでしょ。」
かがみ「もちろん。・・・あ、どうせこなたみたい『かがみんはこれだから太るんだよ~』
    なんて言ってからかうつもりじゃないでしょうね!?」
「ちがいます~。いくら太ろうが痩せようが、かがみはかがみだろ?俺が愛する対象としてなんら変わらないよ。」
なんて言ってみる。
かがみ「え・・あ・・ありがと。
    えっと、あたしも・・その、あの・・・あんたと同じ気持ちだから。」
意外な反応だったのには驚いたが、俺は嘘を言うつもりはさらさらない。
そしてこう言われちゃうと・・・正直、たまりません。
「ほんとに?俺って幸せ者ですね、かがみ様!」
かがみ「はいはい、こなたみたいに呼ばない。」
・・・そうだ、今日はとっておきがあるんだった。
俺は自分のバッグに手を突っ込み、あるものを探す。
「はい、ところでこれなーんだ?」
かがみ「あ、ポッキー。『夕張メロンムース』・・・?
    あーっ!これって!」
「そう、今日発売の夕張メロンムースポッキー。
 実は今日の朝学校行く前に買っておいたんだよね。・・・はい、かがみにあげるよ。」
俺はかがみの手にポッキーを持たせてやる。
かがみ「え、いいの?」
さすがにびっくりしたようだ。しかし、かがみのポッキーを見つめる眼は輝いて見える。
・・・よほど好きなんだな。
「うん、かがみのために買ったんだし。」
かがみ「なんか・・・本当にありがとう。・・・あのさ、・・・お礼ってほどじゃないけど、・・・明日、お弁当作ってこよっか・・・?」
「おっ、いつぞや話してた手作り弁当!実はけっこう前から待ってたんだ。」
かがみ「そ、そうだったの?そうなら早く言ってくれれば作ってきたのに・・。」
「お願いしていいかな?」
そうきくと、かがみは髪をいじりながら恥ずかしそうな表情を浮かべた。
かがみ「いいけど・・・味は期待しないでよね。」
「最高だー!」
かがみ「・・・なんか、あたしが幸せ者かも。」
「ん、なに?」
かがみ「ん、あぁなんでもない!独り言よ独り言。」
「んじゃまぁ、家まで送ってくよ。少し寒くなってきたから・・・ほいっと。」
俺はかがみの腕を俺の腕に組ませた。恥ずかしそうに笑うかがみがなんともかわいい。

「普通に歩くより、こっちのほうが暖かいだろ?」
かがみ「・・・うん。」
そんなこんなで俺たちは柊家に着き・・・
「それじゃ、また―。風邪ひかないようにな。」
かがみ「○○こそ。・・・今日はいろいろありがとう。それじゃね。」
「おう、遊園地でのデート詳細はあとでメールするから!じゃーな~。」
こうして俺たちは別れて、俺は自宅へと向かった。
もう日も落ちかけて暗くなりはじめた空、いつもと何一つ変わらない帰り道、一人家に
向かう俺の頬を少し冷たい風が打つ。
それでも、俺はいつもより何倍も暖かかい気持ちだった。