※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

文化祭が終わって、数日後・・・。
???「起・・き・下・・い!遅刻・・・よ」
〇〇「ん~まだ眠い・・・」
???「どうしましょ~」
〇〇(あ~!みゆきさんか・・・俺達付き合ってるんだな。)
〇〇「おはようのキスしたら起きるよ」
みゆき「え!困りました」
〇〇「じゃあ寝る」
みゆき「分かりました!いきますよ」
10㌢・・・5㌢・・・あと少し
母「早く起きなさい!遅刻するわよ!全くも~。みゆきさんに迷惑かけるんじゃあ無いの」
〇〇「あと少しなのに」
みゆき「は、早く着替えて学校に行きましょう」
〇〇「顔が赤い・・。やっぱり恥ずかしいんだな」

登校中。途中こなたさん達と出会った。
みゆき「おはようございます」
〇〇「おはよ~」
かがみ「おはよう」
つかさ「おはよう。みゆきちゃん。〇〇君」
こなた「おはよう。いや~朝から熱いね!」
みゆき「あら?こなたさん熱でもあるんですか?」
流石みゆきさん。天然て怖い。
かがみ「みゆきの方こそ顔が赤いわよ?」
みゆき「え!そ、そうですか?」
こなた「もしかして、おはようのキスとかしちゃった?」
つかさ「わ~凄い!やっぱりするんだ」
みゆき「し、してません!」
こなた「やっぱり!したんだ!〇〇君どうだった」
〇〇「へぁ!し、してないよ。ね~みゆきさん」
こなた&かがみ「怪しい~。白状しろ」
みゆき「してませんよ」
こなた&かがみ「嘘だ」
みゆき「怒りますよ?」
怖い!顔は笑顔だか、オーラが違う
つかさ「??」
こなた&かがみ「す、すいません!」

黒井「ほな、授業はここまで!明日からテストやけど大丈夫かぁ?」
えぇぇ!明日からテスト?まじか・・・やばい。やばいぞ俺・・・
黒井「今日はここまで。」
キンコーンカンコーン

休憩中・・・
〇〇「はぁ~やべ・・・まじやばい」
みゆき「どうしましたか?何か悩みが有れば聞きますよ!」
いつの間にかみゆきさんが、立っていた。
〇〇「テストに自信が無くて」
みゆき「じゃあ、テスト勉強しましょうか?」
〇〇「本当!みゆきさんは天使だ!神だ!救世主だ~」
みゆき「じゃあ、放課後に・・・」
こなた「ね~私達の存在忘れられて無い?」
かがみ「仕方ないでしょ」
つかさ「ゆきちゃん楽しそう~」