※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――物心ついた頃から、そうだった。
――それを話すと、お父さんはいつも怪訝そうな……それから、ちょっと悲しそうな顔をした。
――だから……私は、心の奥に隠すことにした。
 
「あー、気にしないで。小さい頃の話だし」
 
――物心ついた頃から、見えていた。
――でもすぐに、それは他の人には見えないものだと知った。
――だから……私は見えないふりをした。
 
「行こ。……お母さんの姿は、この目にしっかり焼き付けたからさ」
 
――物心ついたころから、聞こえてた。
――でも、聞こえないお父さんがかわいそうだった。

――だから……二人だけの、秘密にした。
 
「だめだ……お母さん、どうしよっか?」
『うーん……ごめんなさいね、こなた』
 
 
――だから、私は寂しくない。
 
――お母さんは、いつもそばにいてくれてるから……ね。