※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は、叫んでいた。

泣き叫んでいた。

もう、言葉になんか、ならなかった。



みなみ「・・・ゆた・・・違っ・・・わたっ・・・」

ゆたか「み、みなみちゃ・・・っ・・・みなみちゃんっ」


私は、ゆたかを抱き締めて。ぎゅっと抱き締めて。

ゆたかも、最初は驚いたけど、でも、強く抱き締め返してくれた。



何分か、それとも、何時間か。
二人、ずっと抱き合って泣いていた。




しばらくして、落ち着いて。

最初に口を開いたのは、ゆたか。

ゆたか「みなみちゃん」
みなみ「・・・何?ゆたか」

ゆたか「ごめんね」
みなみ「・・・私こそ、ゴメン」
ゆたか「ううん、そうじゃないの」
みなみ「・・・?」


『ゴメン』に対して『そうじゃない』?
何だろう。何が言いたいのかな。


ゆたか「今、言ったこと。先輩を諦める、って」
みなみ「・・・」


もしかして。


ゆたか「・・・やっぱり、無理かも。」
みなみ「・・・」


ああ、やっぱり


ゆたか「あっ、大丈夫!もう絶対、みなみちゃんを不安にさせるようなことはしないから。」

ゆたか「ただ、やっぱり、好きだから。今すぐ忘れるのは無理かも。」

ゆたか「・・・舌の根も乾かないうちに、こんな調子良いこと言って、ごめんなさい。」

みなみ「・・・ううん」


不思議な、気分。



みなみ「良いよ。ゆたか。」
ゆたか「みなみちゃん・・・」



こんなにも、優しい気持ち。



みなみ「逆の立場なら、きっと私もそうだから。」
ゆたか「・・・・・・」
みなみ「それで、また、嫌な気持ちになるの」
ゆたか「・・・いいの?」

たぶん、止められない。
きっとまたゆたかに嫉妬する。



でも、きっと、これが。


人を、好きになると言うこと。

みなみ「そうしたら、またこうして話そう。」

みなみ「嫌な気持ち、嫌な自分、全部伝え合おう。」

みなみ「だから、大丈夫」

みなみ「だって」



みなみ「だって、」



みなみ「私たちは、友達だから。」



ゆたか「・・・み・・・な・・・み・・・ちゃん」

また、涙。
私も、ゆたかも。

今日1日で、どれくらい泣いたんだろう。

知らなかった。


こんなにも、自分が、自分たちが、弱い人間だったなんて。


でも、いい。


今度は、笑ってるから。

こんなにも、暖かい涙だから。




こんなにも、幸せだから。