※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今、私はどんな顔をしているのだろう。

一番大切な友達から、自分の恋人のことが好き、と言われて。

怒り?憎しみ?

・・・それとも、恐怖?

色々混じり合って、よくわからない。

こんな気持ちは、予想してはいなかった。

だから、たぶんこんな顔。

・・・戸惑いの、苦笑い。


みなみ「・・・ごめん」
ゆたか「・・・えっ・・・」

腕の中のゆたかが、私を見上げる。
その顔は、もうボロボロで。

みなみ「・・・私は、何をしたかったんだろう」
ゆたか「・・・・・・?」

ゆたかを、見る。
ゆたかも、私を見る。もう、眼はそらさない。
仮面も、必要ない。

みなみ「ゆたかが、先輩を好きだって気付いた時、苦しくなった」

みなみ「先輩がゆたかのことを好きになっちゃったらどうしようって」

みなみ「不安になって、怖くなって」

みなみ「どんどん、自分が嫌な人間になっていった」

みなみ「先輩は、私を選んだんだって」

みなみ「そんな、醜い優越感に浸って」

みなみ「先輩の隣にいるゆたかが、許せなくて」

自分の思いを、出来る限り口にする。

ゆたかは、口を挟まない。
じっと、ただ私を見つめて、聴いてくれている。

みなみ「今度は、ゆたかに対しても嫌な気持ちになってきて」

みなみ「いつも、世話をしてあげてる」

みなみ「先輩だって、ゆたかのことは厄介な後輩だって思ってる」

みなみ「ゆたかなんか選ぶ訳ない」

みなみ「そんなの、許さない」

みなみ「・・・そんな気持ちが、わいてきて。消せなくて」

みなみ「『違う。そんなこと考えてない。考えたくない』」

みなみ「『ゆたかは、大切な友達。先輩がゆたかを選んだなら、しょうがないんだ』」

みなみ「そんな風に、否定しようとしても」

みなみ「どんなに、振り払おうとしても、できなくて」

みなみ「このままじゃ、ゆたかのことを」



みなみ「・・・嫌いになっちゃう、って」


いつのまにか、私も泣いていた。

自分のため?
ゆたかのため?

きっと両方。


ゆたか「ごめん」
みなみ「・・・えっ?」

ゆたかが、口を開く。
その眼は、涙で溢れて。

でも、とても、キレイに思えた。

ゆたか「みなみちゃんが、こんなに苦しんでるなんて、思わなかった」

ゆたか「・・・こんなつもりじゃ、なかったの」

ゆたか「ただ、先輩の隣に入れたらいいや、って」

ゆたか「みなみちゃんも、それくらい許してくれる、って」

ゆたか「そんな、甘い気持ちで」

ゆたか「なんて、自分勝手で」

みなみ「・・・ゆたか」
ゆたか「聞いて」


圧されるような、強い視線。強い意志。

そうだ、私の言葉は必要ない。
次は私が聴く番。ゆたかの思いを、想いの全てを。



ゆたか「・・・私も、同じ」

ゆたか「悩んで、苦しくなって」

ゆたか「みなみちゃんに、嫉妬して」

ゆたか「こんな自分が嫌で」

ゆたか「こんな風に考えちゃう自分が、気持ち悪くて」

ゆたか「だから、考えるのをやめたの」

ゆたか「何も考えなければ、苦しくないから」

ゆたか「ただ、先輩の隣で、みなみちゃんのそばで」

ゆたか「楽しく笑って居れたら、それだけでいいや、って」


そうだ。
ゆたかは、笑っていた。
ふたりで私を、からかって。
先輩に、撫でられて。
触れ合う私たちを、見つめて。

それでも、ゆたかは笑っていた。

ゆたか「でも、結局それって、甘えだった」

ゆたか「みなみちゃんに、甘えて」

ゆたか「先輩に、甘えて」

ゆたか「何より、自分に甘えてた」

ゆたか「そんな自分のことだって、正当化しようとしてた」

ゆたか「みなみちゃんは、こんなに苦しんでたのに」


甘えてたのは、私だ。
ゆたかが先輩を好きなのを知って、勝手に嫉妬して。
見せつけていたのは、私。


許せない?

嫌な気持ち?

嫌われるかもしれない?



何様のつもりだ。

とっくに、嫌われていてもおかしくないんじゃないか。

ゆたか「・・・ごめんなさい、みなみちゃん。許してくださいとは言いません」

ゆたか「・・・もう、先輩の側にはいません」

ゆたか「想うことも、やめます」

ゆたか「願うことも、やめます」



ゆたか「だから、もう、苦しまないで」

ゆたか「みなみちゃんが苦しむのは、もう、嫌だから。」





みなみ「・・・・・・ゆたかっ!!」