※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目を開けるとそこに広がっていたのは枯れた星桜の木だった。それを見て自分が寝ていた事を思い出す。
Fateの劇を終えた俺はたぶん無意識にここに来て寝たんだろう。あぁ、青空が眩しい。

「…何やってるのよ」

声がした方向に身体を起こす。誰なのかは分かっている。永森さんだ。

「寝てた。なんとなく」
「…とてもじゃないけど、さっきまであんな演技をしていた人とは思えないわね」
「もしかして俺の演技全然ダメだった?」
「いいえ、逆よ。とても良かったわ」
「そう言ってくれると嬉しいな」
「でもダメな部分もあったわよ」
「貴方は劇の間、たぶん誰かを意識していて集中出来ていない所があったわ。特にキスシーンの辺りはね」
「キスシーン…やっぱりダメだったな俺。結局キスできなかった」
「ライトを落としても誤魔化しきれないのよ」
「だね…みんなに散々迷惑かけちゃったな」
「でも、私としては嬉しかった…」
「え、何か言った?」
「な、なんでもないわ」
「ならいいんだけど」

「それよりも、約束…忘れてないでしょうね」

――約束、それは永森さんが俺に相談したいことがあるから劇が終わったら会いたいというものだ。

「もちろん忘れてないよ。相談って何?」
「…単刀直入に訊くわ。貴方に好きな人はいるかしら?」
「そ、そんないきなり言われても…」
「ちゃんと答えて。お願い」
「それは恋愛感情でって事だよね?」
「そうよ」

少しの沈黙の後、俺は答えた。

「好きな人は、いる」
「そう、いるのね…誰かしら?」
「俺の好きな人は…」

そう、俺の好きな人は――

「えっ…」

俺は永森――いや、やまとを抱きしめていた。
やまとの身体は暖かくて柔らかくて
透き通った瞳はとても綺麗で
なびく髪は風のようで
吐息が擽ったくて
ただ可愛くて
そんな彼女が
俺が世界で一番好きな人だ。

「な、なによっ!いきなりっ!」
「こうするのは嫌?」
「嫌じゃ…ないわよ」
「これが俺の気持ち。分かってくれた?」
「うん…嬉しい…でも」
「でも?」
「行動じゃなくて言葉ではっきり示して欲しいわ」
「分かった」

抱きしめた身体を一旦離し正面から向かいあう。
次に深呼吸を一つ。

「俺は…」

やまとをしっかりと見据えて宣言する。

「俺は永森やまとさん、貴方が好きです」

俺は今こういう風に面と向かって言うのは意外と恥ずかしい事を知った。
顔が噴火しそうだ。

「ど、どうかな?これでいいか――なっ!」

次の瞬間は俺が驚く番だった。やまとが俺の胸に抱きついてきたからだ。
その瞳にはうっすらと涙が浮かんでいる。

「…最初からそう言ってくれたらいいじゃない」
「ごめん」
「でも…ありがとう」
「なぁやまと、俺も返事は行動じゃなくて言葉で欲しいな」

背中に回った腕の力がより一層強まる。

「バカ…好きにきまってるじゃない」

やまとが顔を上げる。
そこから先に言葉はもういらなかった。
ゆっくりと二人の唇の距離は近づき、そして、重なる。

その時、枯れたはずの星桜が満開になった。
そんな気がした。



fin