※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

12/24、今日はクリスマスイブだ。毎年男だけの寂しいクリスマスを送っていたが今年は違う。
彼女が出来たのだ。その彼女なんだが、待ち合わせの時間を20分過ぎても来ない。そろそろ電話してみようかな?と考えていた、そのとき

つかさ「お~い〇〇君~、ハァハァ。ごめんね、待った?」
〇〇「大丈夫だよ、俺も今来たところだし。」
つかさ「そなの?よかった~、待たせてると思って心配しちゃったよ~。」
(本当は20分近く待っているわけだが・・・。まあ、彼女らしいというかそこが可愛い所なんだけどな。)
つかさ「ここに来るまで大変だったよ~。駅に人沢山いるし押し潰されるかと思ったよ~。」
〇〇「まあ、クリスマスイブだからね。人が多いよ、特にカップルとか。」
つかさ「そだね~。」
〇〇「お、俺達も・・・」
つかさ「ん?どしたの?」
〇〇「あ、いや何でもない。じゃあ、行こうか、つかさ」
つかさ「うん!」

 

俺は今まで彼女がいたことがなかったので、クリスマスイブにどこに行けばいいのか分からなかった。
とりあえずカップルの王道ぽいところに行く計画を立てたんだが、
つかさ「わぁ~!!」
〇〇「つかさ、前にここに来たいっていってたよね?」
つかさ「うん!小学校の卒業旅行の思いでの場所なんだ♪」
ここは某ネズミランド、夢の王国だ。
〇〇「俺も久しぶりだな~。たしか幼稚園の頃にここに来て、〇ニーマ〇スの中におっさんがいて家に着くまで大泣きしたことがあるな~。」
つかさ「えぇ~!!ミ〇-っておっさんなの!?」
〇〇「いや、そうじゃなくて・・・。そういえば、つかさはどんな思い出があったの?」
つかさ「昔ここで私が迷子になっちゃってね、そのとき〇ッキーが私を迷子センターに連れてってくれたの。
あとお菓子とかもくれて、ド〇ルドとかもみんな優しかったんだよ!だから私ここが大好きなんだ!」

〇〇「へぇ~、てかつかさが迷子か・・・。つかさらしいねww」
俺は思わず吹いてしまったつかさ
つかさ「笑うなんてひどいよ~」
〇〇「アハハハハ」
つかさ「もぉ~、〇〇君のくせに~」
〇〇「アハハ、ゴメンゴメン。でもみんながつかさに優しくしてくれるってことは、それだけ優しい子ってことだよ。
そんな優しい子と付き合えて俺はとても幸せだよ。」
つかさ「も、もぉ~、ずるいよ~。」
つかさは顔を赤らめている。
つかさ「私も〇〇君みたいな優しい人と付き合えて幸せだよ。」
つかさは笑顔で俺に言った。

 

〇〇「じゃあ入ろうか?」
つかさ「うん!」
俺たちは中に入っていった。
つかさ「あのお城でっかいね~。ねぇ、〇〇君何に乗ろっか?」
〇〇「う~ん、やっぱ定番のス〇ースワール〇じゃない?」
つかさ「えぇ~!!あれって宙返りするんでしょ~!?」
〇〇「ちゅ、宙返り!?」
つかさ「あれに乗った人の9割が気を失うってこなちゃんが言ってたんだよ~」
こ、こなたさん、何嘘を教えてるんだよ・・・。そういえば、デート場所をここにしたのは実はこなたさんのアドバイスなのである。

先週の話
俺がこなたさん達と話しているときの事だった。
つかさ「ちょっと手洗いいってくるね~」
かがみ「あいよ~」
こなた「ねぇねぇ、〇〇君?」
こなたさんがニヤニヤした顔で聞いてくる。こういうときは大抵ろくな話ではないと思っていた。

だが、
〇〇「ん?どうしたのこなたさん?」
こなた「〇〇君ってさぁ~?つかさと付き合ってるんだって~?」
〇〇「ちょっ!!」
かがみ「ブフォーッ!!」
お茶を吹き出すかがみさん。目の前にいた日下部さんに勢いよく掛かる
みさお「おい、ぎたね~ぞひいだぎ~!!」
かがみ「ちょ、ちょっと!?それ本当なの!?つかさって〇〇君と付き合ってるの!?」
みさお「あたしのことは無視かよ・・・」
こなた「私はとっくの昔に気づいてたよ~。本当かがみんは鈍感だねぇ~」
かがみ「うっさい!」
こなた「だってさ~、考えても見なよ~。つかさ最近私たちとお昼ご飯食べないじゃん?」
かがみ「そういえばそうね~。約束してるからって言って、どこかに行ってたわね~。」
こなた「そこでさ、私のレーダーがピピーンと立ったんだよ~。後を追いかけてみたらさ、
屋上で〇〇君と二人で楽しそうにお昼ご飯を食べてたんだよ。しかも〇〇君ときたら、つかさにあ~んしてもらってたしさ。」
かがみ「す、すごいわね・・・」
こなた「でさ、お姉ちゃん的にはどう思うの?自分の妹と友達が付き合ってるってのはさ~」
かがみ「〇〇君、ほ、本当なの?」
〇〇「うっ・・・」かがみ「ちゃんと答えなさいよ!!」
こなた「うわ~、かがみん怖いな~。この後〇〇君をシメたりするのかな~」
かがみ「そんなことしないわよ!で、〇〇君どうなの!?」
これは話をそらしたりできる展開ではないな。ここは正直に話そう。
〇〇「あ、ああ本当だよ。俺はつかさ・・さんと付き合ってる。つかさの事が好きだ!」
つかさ「ちょ、〇〇君!!何言ってるの~!?」
こなた「おお!つかさ、戻ってくるタイミングが良すぎるね~。ギャルゲみたいだよ」
その後、普段怒らないつかさにすごく怒られた。でも最後に嬉しかったと言ってくれた。
ちなみにかがみさんには、アンタ達頑張りなさいよと肩を叩かれた。

つかさ「〇〇君、どうしたの?」
〇〇「ん?ああ、ちょっと思い出したことがあってね。」
〇〇「じゃあ早速スペース〇ールドに乗ろう」
つかさ「だってあれは危険・・」
〇〇「大丈夫だよ!何かあったら俺が守るからさ!今日はいっぱい楽しもう!」
つかさ「もう、それズルいよ~」
ス〇ースワールド
つかさ「ぎゃーん☆」
お化け屋敷的なもの
つかさ「こ、怖いよ~」
ス〇ラッシュマウンテン
つかさ「何じゃこりゃ~☆」


つかさ「うぇぇぇん、気持ち悪くてびしょぬれだよ~」

〇〇「だ、大丈夫?」
うっ、自分だけはしゃぎすぎちゃったな・・・。
〇〇「ゴ、ゴメン、俺つかさの事考ずにはしゃぎすぎてたよ・・・。」
つかさ「と、とりあえず休もうよ~。」
〇〇「あ、うん。あと、本当にゴメンなつかさ。お詫びにつかさの好きなものおごってあげるからさ。」
つかさ「うん、ありがとう」


〇〇「つかさはメロンソーダでいい?」
つかさ「うん!メロンソーダ大好き!」
そして食後、いろんなアトラクションを楽しんだ。そして夕方頃

〇〇「今日はいっぱい遊んだね」
つかさ「うん!すごく楽しかったよ!」
〇〇「じゃあ最後に観覧車に乗ろうよ」
つかさ「うん!」

俺たちは観覧車に乗った。
つかさ「うわ~、ネズミランドが一望できるよ~」
〇〇「そうだね。なあ、つかさ」
つかさ「ん?どしたの?」
〇〇「俺達って付き合ってnヶ月だな」
つかさ「うん。桜藤祭の時からだね。」
〇〇「俺、陵桜学園に転校してきたとき結構不安だったんだ・・・。友達関係とか学校の雰囲気とかさ。でもそんな不安はすぐに吹き飛んだよ。
こなたさんやかがみさん達が話しかけてくれたり、面白いところを教えてくれたり」
つかさ「こなちゃんはいっぱい知ってるからね」

〇〇「だから俺は学校がすごく楽しく感じたし、幸せだよ。でも、あと少しで終わってしまうんだね。」
つかさ「うん。私もすごく楽しかったよ・・・。」
〇〇「そして、一番嬉しかったのは・・・」
俺は言葉を詰まらせてしまった。楽しい学校生活、それも後三ヶ月で終わりみんなと離ればなれになってしまう。
それを考えただけで俺はとてもつらい気分になってしまった。
つかさ「〇〇君・・・。そんな悲しい顔しないで。そんな顔したら私まで悲しくなっちゃうよ・・・。」
つかさは涙ぐんでいる。俺は話を続けた。
〇〇「一番嬉しかったのは・・・、つかさと一緒にいられたからだよ。つかさ、ありがとうな。」
つかさ「うん・・・。
私も、〇〇君と一緒ですごく幸せだよ。私、勉強も運動も苦手だしおっちょこちょいで、男の子の話すのもあまり馴れてなかったんだ。
でも〇〇君は私にすごく優しくしてくれた。困ってるときも助けてくれた。テストの時も二人で頑張って私は今までで一番いい成績取れたんだよ」

つかさ「〇〇君、ありがとう。」

〇〇「つかさ・・・」
つかさも俺と同じ気持ちだった。

〇〇「つかさ、渡したい物があるんだ。」
俺はバッグからデコレーションされた包装を取り出した。
〇〇「メリークリスマス!つかさ」
つかさ「うん・・・、ありがとう〇〇君・・・。開けてもいいかな?」
〇〇「ああ、いいよ」
つかさは包装を綺麗にあける。包装紙は使い捨てだから一気に開けてもいいものなのだが。やっぱりつかさは優しい子なんだな。
つかさ「わぁ!!すごい!!」
中には可愛い柄のリボンが入っていた。
〇〇「こっちに来てからバイトしてなかったからさ。そんな高い物買えなくてゴメンね。つかさに似合う物を買ってあげたかったんだけどさ。」

つかさ「そんなことないよ。すごく嬉しい!〇〇君、これからもよろしくね・・・。」
つかさは俺に抱きついてきた。
〇〇「つ、つかさ。」
俺もつかさを抱きしめる。つかさはやはり強く抱きしめると砕けそうな程だ。
この感じどこかであった・・・。そうだ、桜藤祭の劇の後と同じだ。
つかさ「私、今すごく幸せだよ。〇〇君、大好きだよ・・・」