※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…すごいな。俺ら、ホントに会ってるよ」
「なに言ってるのよ、そっちが言い出したくせに」
「いや、そうなんだけど。実際に2日連続で会ってみると、なんか違和感というか」
「わかる気もするけど…」
「やまとに会うのは、たまの楽しみって感じだったからさ。贅沢ってあんまり続くとバチが当たりそうじゃない?」
「そう。じゃあ、やめにする?」
「…まあ、2連チャンくらいならセーフでしょ」
「はいはい」

 つとめて冷静な言葉を使いながら、やまとは先にたって歩き出した。
 ただ、顔が赤くなっているのは自分でもわかる。

 こうが主催した祝賀会から、一晩しか経っていない。
 カラオケでさんざん盛り上がり、その後の食事会の席で、まことからふたりで会いたいと切り出されたのだ。
 半ば冗談なのはわかっていたが、別にいいけど、と口からこぼれていた。

 本当は、別にいいどころではない。そこからは一日中、顔がにやつくのをこらえていた。

「映画でよかった?一晩じゃなにも浮かばなくてさ」
「全然いいよ。こうがね、お勧めの映画があるって言うの。ほら、あれ」
「小神あきら初主演」
「それじゃなくて、隣」
「…時代劇?」
「うん。昨夜電話したら、絶対に観ろって言うから」
「渋い趣味をしてらっしゃる」
「でも、感動するんだって。悲恋ものらしいんだけど、こうってその辺りは見る目があるから」
「先に俺と観ちゃって、八坂さん怒らないの?」
 
 怒るわけがない。まことと観るように言ってきたのも、こうなのだ。
 なにか企んでいる気もしたが、せいぜい恋愛映画で盛り上げてやろうという程度だろう。
 それくらい大したことではないし、正直にいえば望む所でもあった。

 好きなだけでは、我慢できなくなっている。
 電話だけで満足していたのが嘘のように、まことを強く求めていた。
 もっと近く、そしてもっと長く。
 日増しに欲張りになっていく自分を、やまとは信じられないような気持ちで見つめていた。

 なにかのきっかけで、告白したい。そういう時、まことが映画に誘ってきた。
 なにかが背中を押しているような気がする。打ち明けるなら今日だろうと、やまとは密かに決心していた。

「あ、意外とおいしい。最近はポップコーンにも色々あるんだね」
「もう、食べながら歩かないの」
「この辺でいい?あんま前だと観づらいし」
「うん、いいと思うけど」
「それにしても、キャラメル味もいけるもんだ」
「それって、かなり定番だと思うけど」
「食わず嫌いっていうか、塩しか認めたくない意地があってね…」
「ふうん。男の子って、意地とかそういうの好きよね。全然理解できない」
「だけど、ずいぶん変なのもあったね。お雑煮パスタ味だっけ。あんなの誰が頼むんだか」
「食べた人、知ってるけど」
「…八坂さん?」
「じゃなくて、ひよりちゃん。二人で賭けをして、こうが勝ったそうよ」
「…女の子同士でなにやってんだか。で、味はどうだったの?」
「訊かないでほしいッス、だって」
「やっぱり?」

 会話に、ふと間が入った。まことの方を見ると、携帯電話の電源を切っている。
 やまとも自分の鞄を探り、眼鏡を取り出した。

「…あれ、メガネ?」
「うん。時々使うの。知らなかった?」
「知らない。ねえ、かけてみてよ」
「言われなくってもかけるけど」
「こっち見て」
「…別に面白くはないよ?」
「…うわ、うわぁ」
「な、なによ、失礼ねそんなに変?」
「いや、なんというか。…うわぁ」
「もっ、もういいよ。今日は使わない」
「待って、そのまま。えっと、写メ、写メ。電源入れなきゃ」
「やだ、撮らないでよ」
「ダメ?じゃあ、もっとよく見せてよ」
「ねえ、少し落ち着いて。一体なんなの?」

 そうは言ったものの、落ち着いていないのはむしろこちらだった。
 ぶつぶつと漏らしながら、まことは一心にこちらを見据えている。
 それどころか、眼鏡を外すのを止められたはずみで、手まで掴まれてしまった。

 汗が出てくる。うまく、ものが考えられない。ひどく息苦しいが、その息苦しさを心が求めている。
 まことがいる。その眼が、自分を見ている。手を、握られている。頭の中が、次第にそれだけに染まっていく。

 言いたい。あなたが好きだと、言ってしまいたい。言わないと、窒息してしまう。
 そう思い口を開いたが、なぜか声が出ない。まるで、心臓を強く握られているようだった。
 なにもかも、よくわからなくなっている。わかるのは、自分がまことに見られているということだけだ。

 その眼が、不意に逸れた。どうして、と思った次の瞬間には、ブザーの音が聞こえていた。

「…始まるみたいね」
「そ、そっか」
「ごめん。その、あんまり似合ってたもんだから、つい。なにか言わないと、わけわかんないよね」
「…少し、びっくりしたかも」
「いや、ホントにごめん」

 照れ隠しなのか、まことはすぐにスクリーンに向き直ってしまった。
 仕方なく、こちらも正面に視線を移す。それで動揺がおさまるはずもなく、
 冒頭の宣伝などはまるで頭に入らなかったが、本編が始まるとさすがに意識は移った。

 こうが勧めるままに選んだから、物語の筋などは全く知らない。
 時代劇などまるで興味がないが、実際に見ているとなかなかに面白かった。
 しかし、物語が中盤に差し掛かると、なにやら雲行きが怪しくなってきた。
 まこととの間に流れる空気が、目に見えて重苦しくなってしまったのだ。

 確かに、恋愛ものではある。台詞も演技も、心に響く。
 ただ、あまりにラブシーンが多い。というより、あからさまな絡み合いが、そこかしこに挿入されている。
 その辺りの描写は、はっきり言ってポルノに近かった。
 本当のポルノなど観たことはないが、目の前のそれはポルノと呼んでもいいものだろう。

 まことが唾を飲む音が聞こえた。反射的に横を見ると、なんと眼が合ってしまった。
 お互いすぐさま前に向き直ったが、そこで行われているのはポルノだ。
 どこにも逃げ場がない。下を向いて耳を隠せばなんとかなるだろうが、どこかでこのまま観たがっている自分もいる。

 隣には、当然のようにまことが座っている。
 まこともいま、自分を意識しているのか。それを考えた瞬間、鼓動が一気に速まった。
 顔を覆いたくなる。それでも、眼はスクリーンから離せない。
 結局、エンドロールが流れカーテンが閉じるまで、やまとは固まったように前を見つづけていた。

「お、終わったねぇ、やまと」
「…うん」
「とりあえず、出ようか。…えっと、ポップコーン残っちゃったね」
「…うん」
「もったいないけど捨てちゃおうか。それと、どっかでお茶でも飲もうよ。なんか死ぬほどノド渇いた」
「…うん」
「うん、じゃわかんないかもなぁ…」

 完全に、空気を持て余していた。
 まことの必死のフォローが有難い気もするし、かえって恥ずかしいだけとも思える。
 喫茶店に入ってからも、まともな会話は出来なかった。

 こうは、一体なにがしたくてあんなものを見せたのか。
 あの通りにしろ、などと言うなら、冗談もはなはだしい。結局、タチの悪いいたずらだったのか。
 自分の恋をそんな風に扱うなら、いくらこうでも許せなかった。

 まことは、さっきからなにか考え込んでいる。彼も、きっとこうに対して怒っているのだろう。
 泣きたかった。さっきから、自分のことが馬鹿みたく思えて仕方がない。

――――――――――――――――――――――――――――

 まことには、こうの言わんとしていることが如実にわかった。
 結論からいえば、さっさとつきあってしまえ、ということなのだ。ずいぶん過激なものを見せられたが、
 映画の内容はどうでもよくて、とにかくこちらの背中を蹴っ飛ばしたかったのだろう。

 少し荒療治すぎる気もする。いまの雰囲気は、ひどいものだ。
 あれだけの絡みをさんざん見せ付けられたのだから、当然だろう。
 喫茶店にいるが、やまとはさっきからストローをくわえてうつむいたままだ。
 気分を盛り上げるつもりでも、逆の効果にしかなっていない。
 仮にいま告白しても、やまとはそんな気分ではないだろう。

 それでも、こうはあの映画を勧めた。観終わったときの気まずい雰囲気など関係なく、
 自分にさえハッパをかけられればよかったのだ。
 つまり、たとえどんな空気になっていようと、告白すればうまくいくと思っている。

 まこと自身、脈はあるな、と思うことはあった。ただ、自分の中に妙な引っかかりがある。
 自分には大切な人がいて、他の女の子を好きになってはいけない気がするのだ。
 こうにとっては、そういう足踏みがたまらなくもどかしかいのだろう。だからこそ、
 押すのではなく蹴っ飛ばす方法を選んだ。

 ここで言わなければ、もうデートなど出来ないかもしれない。
 それほど、いまの雰囲気は重苦しかった。それも、こうの計算の内なのか。
 本気でないなら私の親友に近づくなと、そう言いたいのか。

 俺は、本気だ。口の中で、まことはそう呟いた。

「やまと」
「えっ?な、なにっ?」
「俺は八坂さんに同情するよ」
「…どうして?」
「あとで、俺とやまとの両方に絞られるだろうから」
「…そうね。…その、ごめんなさい」
「なんで」
「あんな内容だなんて、知らなかったから。
私、こうがあんなもの見せるなんて、思わなかったの。もうなに考えてるのかわかんないよ…」
「…なんでやまとが泣くの」

 首を横に振って、やまとは顔を覆ってしまった。泣いている気持ちは、わかる。
 楽しいはずの時間を、自分の不注意が壊してしまったと思っているのだろう。
 誰が悪いかと言うなら、こうが悪い。しかし、そんなことにもう意味はなかった。

 ほら、言えよ。そう囁かれた気がする。八坂さんは、黙っててよ。頭の中で言い返す。

「あのさ、やまと。泣いてないで、こっち向いてくれないかな」
「…ごめんなさい」
「それはいいから。俺さ、あの子がなに考えてるのか、わかる気がするんだよね」
「…どういうこと?」
「俺たちをからかうつもりは無い、ってこと」
「…全然わかんない」
「昨日、歩きながら八坂さんに訊かれたんだ。俺はやまとが好きなのか、って」
「えっ…」
「そんとき、なんか曖昧な返し方しちゃってさ。
それがもどかしくて、あんなもの見せたんだと思う。
なんでもいいからはっきりしろって、八坂さんに耳元で言われたような感じだよ」
「…あの…」
「だから、はっきりする。俺はね、やまと」
「まって」

 聞こえていた。でも、無視した。一度止まったら、もう続けられない。

「やまとが、欲しいんだ。どう言ったらいいかわからないけど、やまとが愛おしい。
ひとりになると、いつもやまとのことを考える。電話を切るとき、デートでお別れを言うとき、
どうしようもなく切なくなるんだ。もっと長く、出来れば、ずっとやまとと過ごしたい」
「まこと、くん…」
「いつから、って聞かれたら、正直わからない。はじめて声をかけたときかもしれないし、
八坂さんに引き合わされたときかも。自分でも気がつかないうちに、すごく気になってた。
でも、恋愛ってそういうものじゃない?だから、なんというか…俺、なにが言いたいのかな」
「…なに?」
「だめだな。本当は、ひと言でいいんだよね。ねえ、いままでのはナシでいいから、次だけ聞いてくれない?」
「…うん」
「…やまと」
「うん」
「好きだ、やまと。やまとがどう思ってるかは知らないけど、俺は君が好きだよ」
「…うん」
「ねえ。やまとは、俺のことどう思ってる?」
「…うん」
「うん、じゃわかんないかも」
「………うんっ」

 やまとが、また泣き始めた。拭ってやるにはテーブルが邪魔だ。それでも、手を延べてみる。
 やまとはそれを、大切そうに両手で包み込んだ。

「…ちゃんと返事してくれないと、俺、勝手に勘違いしちゃうよ?」
「すこし…まって…」
「いいよ」

 返事は、はじめからわかっていた気がする。だから、いつまででも待てる。
 両手で包まれた手を、そっと握り返す。やまとの手は、自分よりずっと小さかった。