※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 参った。ほんま、参った。まさか、本当に言われるなんて考えてもみんかった。
 多分、あれやろなぁ。桜藤祭の…えっと、いつやったか。
 とにかく、卒業したらオッケーなんて冗談半分にゆうたけど、本気にされとるとは思いもせんかった。
 それじゃ、ウチと同じってことやないか。ウチかて、あれから妙に意識してまってしょうもなかったんや。
 卒業したら解決や思とったんに、あいつ見事にかわしてきよった。

 どないしたらええんやろ。本気にしても、ええんかな。だって、十も年下なんやで。
 いまは良くても、時間がたったら伊藤も絶対に後悔するんちゃうか。
 あいつ、電話しろゆうとったな。したら、きっちり告白されるんやろか。
 そしたら、ウチ断れんのかな。…正直、自信ないわ。ああいう若いっちゅうか、熱くてまっすぐなのには、その…。
 …ぶっちゃけ、弱いねん。

 …でも、電話はせなあかんのやろなぁ。せんかったら、あいつ学校まで押しかけて来そうや。
 んなことになったら、マジにコロリといってまうで。…あー、あかん。顔が火照ってきた。

 あれや!若気の至りっちゅうヤツや。せやから、マジにしたらあかんのや。
 電話しよ。そんで、断んねん。それが、伊藤のためなんやて。

「…あー、もしもし。伊藤か?」
「はい。俺です」
「えっとな。今日は、お疲れさん。でな。さっきの話考えたんやけど」
「待ってください。俺、ちゃんと最後まで言ってませんよ」
「ええねん。大体わかったから。んで、ウチの気持ちとしては」
「よくないです。ふられるにしても、せめて言うことは言わせてください」

 せやから、それがあかんのや。正面切って言われたら、頷いてまうやないか。

「…伊藤な。よう考えてみい。ウチら、いくつ離れてると思とるんや」
「歳の話ですか?そんなの、イヤってほど考えました。俺が30歳になったら、先生は…
ななこさんは40歳です。それがどうしたっていうんですか」
「こんだけ年上と付き合って、青春の無駄使いとちゃうんか?」
「意味、わかんないです。なにもかもひっくるめて、あなたじゃないとだめなんだ」

 …そーゆーのはナシやろ。反則や。
くぅ、ドキドキしてきよった…
…あかん。あかんで。なにときめいとんのや。深呼吸せぇ、深呼吸。

「ウチ、お前よりデカイで?」
「背の高い人が好みなんです」
「大雑把やし」
「それもです」
「…エセ関西弁しゃべっとる、変な女やねん」
「そんなの、前から知ってます」
「それに、趣味かて」
「先生」
「…」
「じゃない、ななこさん。いい加減、言ってもいいですか?」
「…あ、えっと」

 押され気味や。このままじゃヤバイで。
 …でも、なんで断らなあかんのやろ。歳がどうの、なんて理由も、どーでもよくなってきたわ。
 うんうん。そや。最後は、自分に正直にしかなれんのや。お前はよう我慢したで、ななこ。

 ……なんつって、実は最初っから受け入れ態勢万全やねんな。どうしようもない女や、ウチは。

「言ってもいいですか?」
「…ええで」
「…俺は、ななこさんが好きです。桜藤祭のときからずっと、あなたに憧れていました。
だから、俺と付き合ってください。俺の、恋人になってください」
「…ええけど、あかん」
「どういう意味ですか?」
「…あのな。柄にもないことぬかすけど、笑うなよ?」
「はい」
「電話やのうて、面と向かってゆうてほしいねん。そしたら、その、ちゃんと返事できると思う」
「…そうですか」
「どや。あかんか?」
「わかりました。じゃあ、今度会ってください。3回目の告白をします」

「3回?」
「卒業式で1回。いまが1回。次に会うとき、1回ですから」
「…そか。悪いな、めんどくさい女で」
「いいですよ。でも、この次は絶対、気持ちに応えてくださいね」
「…そったら、いつ会う?」
「俺は明日にでも会いたいです」
「じゃあ、明日や」
「…本当に?」
「本当や。…あのな。お前は気付いとらんかもしれんけど」
「はい」
「……ウチかて、待てんのや」
「な」
「…ああ、もう!恥ずい!限界やっ。明日、午後2時に糟日部の駅でええか?そんじゃ切るでっ。おやすみ!」
「あのっ…」

 …ふう。
 なんや、この展開。断るつもりが、なんちゅう体たらくや。
 …まあ、ええか。それにしても、『あなたじゃないとダメだ』やて。こっ恥ずかしいこと、よう言うわ。

 ああ、ニヤニヤしてまう。傍から見たら間抜けなんやろな。
 こんなにそわそわすんのも、久しぶりや。でも、めっちゃ気分ええな。
 またドキドキしてきよった。みっともないわ。好きやねんから、しゃーないな。