※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 模試も無事終了し、本日は約束していた映画を見に行く日だ。
 ちなみに、模試はこなたさんたちのお蔭で、上々だった。
「みんな、おはよう」
「おはよー、相変わらず朝弱いのね」
「おはよ~、休みの日は起きるの大変だよね」
「おはようございます、待たせるのはあまり宜しくありませんよ」
 遅刻の俺は、みんなからバラバラの反応を貰う。
 ううっ、目覚ましがきっちり仕事をしてくれていれば、もっと早く着く予定だったんだ。
 がしかし、目覚ましに仕事を命じていなかったので、遅刻になってしまったというワケである。つまり、自業自得だ。
「ごめん、埋め合わせはちゃんとするよ。ってあれ? ……こなたさんは?」
「それが、まだ来ていないんですよ」
「こなちゃんも遅刻かな?」
「う~ん、今のこなたは遅刻しないと思うんだけどね。……どうしたんだろ?」
 かがみさんの言うとおり、こなたさんは朝に強い。だから、遅刻はしないはずだ。……なんとなく不安になる。
「……俺ちょっと探してくるよ!」
「ちょっ、まこと君!?」
「……行っちゃったね」
「余裕を持った集合時間にして、良かったですね」
「まったく、まこと君過保護すぎ」
「それにしても、結局こなたが戻る気配がないわね」
「どっちのこなちゃんも、大切な友達だから、戻っても戻らなくても寂しいよね」
「ですが、繰り返された桜藤祭の記憶が日々薄れていくように、いつか泉さんも、元の在るべき形に戻るのではないでしょうか?」
「今のこなたは、一応イレギュラーな存在だからね。まこと君はがんばらないと」
「ええ? お姉ちゃん、何でまこと君ががんばらないといけないの?」
「最近のあの二人を見てたら、なんとなくわかるでしょ」
「そういえば、お料理会辺りから、泉さんとまことさんはとても仲が良さそうですよね」
「そっか~、こなちゃんとまこと君は付き合ってるんだ」
「たぶん、その一歩手前くらいじゃないかと思うんだけど」
「つまり、泉さんが元に戻る前に、まことさんが告白できるようお手伝いをしようということですね?」
「そういうこと。まあ、なるべく二人きりにさせてあげるとか、そんな感じのことしかできないけどね」
「大丈夫だよ、あの二人ならきっと」
「つかさ、それ根拠はあるの?」
「ううん、ないよ。でも、なんとなくそう思うの」
「根拠はありませんが、私もそう思います」
「なんとなく結果は見えてるしね、それじゃ、今日さっそく仕掛けてみよっか」

 こなたさんを探していたら、駅の方まで来てしまった。恐らく、戻ったらかがみさんに、からかわれるんだろうな……。
 とりあえず、色々考えていても仕方ないので、こなたさんの姿を探す。
「……あれ? 伊藤君……?」
「あっ! こなたさん、おはよう」
「え? ……う、うん、おはよう。その……ごめんね、遅くなって」
「まだ上映には間に合うし大丈夫だよ。というか、どうしたの? こなたさんが遅刻なんて珍しいけど」
「えぇ!? えと……」
 何やら顔を赤くするこなたさん。
「もしかして、好きな作品だから、緊張して眠れなかった?」
「う……ん、そんな感じ……」
「そっか、それじゃ仕方ないよね」
「ご、ごめんね、約束してたのに遅刻して……」
「実はさ、俺も遅刻なんだ」
「そ、そうなんだ……」
「だから、ちょっと急ごっか?」
「……うん」
 俺はこなたさんの手を取り、走り出す。

「みんな、お待たせ!」
「おかえり~、こなちゃんを見つけられたんだね」
「おはようございます、泉さん」
「って、こなた大丈夫?」
 振り返ると、こなたさんは顔を真っ赤にして息を切らしていた。
 手を繋いでいることに気恥ずかしくなり、こなたさんの方を見れなかったのが原因だろう。
 こなたさんに悪いことをしてしまった。
「ごめんね……、こなたさん。ちょっと余裕がなくて……」
「う、ううん、大丈夫だよ。その……、少し疲れただけだから……」
「あー、なるほど、そーいうことね」
「え!? ち、違うよ。別に……そういうことじゃ……」
「うんうん、わかりやすい反応ね」
「……!」
 何やらかがみさんがニヤニヤしている。そして、その反応を見て更に赤くなり、慌てているこなたさん。
 もじもじしているこなたさんが、小動物チックで凄くかわいい。
「ホラホラ、時間ないから早く行こうよ!」
「へ? あ、いや、ちょっ、かがみさん?」
 かがみさんたちは、どんどん先に行ってしまう。
 こなたさんは、まだ少し息を切らしているので、手を引いてあげるべきかもしれない。今度はしっかり、こなたさんのペースに合わせなければ。
「こなたさん、また走るけど大丈夫?」
「……うん、大丈夫」
 そうして、映画館を目指しまた走り出す。
 さっきからずっと手を繋いだままだけれど、やはりまだ気恥ずかしい。
 考えてもみれば、かがみさんは俺の気持ちに気付いている節がある。もしかすると、かがみさんは俺に気を利かしてくれたのだろうか?

 上映開始前、俺が飲み物を買っていると、かがみさんがやって来た。そして――。
「帰りをこなたと二人だけにしてあげるから、気合入れなさいよ!」
 そんな爆弾発言を、笑顔で投下した。
「い、いや、そんなことを急に言われても……」
「こなたのことが好きなんでしょ?」
「うん、好きだよ。だけど、……さすがに急すぎない?」
「あのね、時間はもうないかもしれないのよ。急なんて言ってる場合じゃないでしょ」
「それはそうだけど……」
「だったら、少しだけでも進展させないと。足踏みしてるだけじゃ、後悔するわよ」
「……うん、そう……だね。できるだけがんばってみるよ」
 それを聞くと、かがみさんは満足そうに戻っていった。
 俺はがんばらねばと思いつつも、先のことに若干の不安を覚えるのだった。

 映画が終わり、俺たちは帰路に着こうとしている。
 この映画の感想を挙げるとしたら、原作の雰囲気を壊さず、うまくオリジナル要素も絡めた良作と言えるだろう。
 映画を見る前に、こなたさんから原作を借りて読んでおいて正解だった。
 みんなと感想を話し合うのが、楽しみでしょうがない。
「それじゃ、そろそろ帰ろうか?」
「あっ、ごめん。私たちはちょっと用事があるから、まこと君はこなたを宜しくね」
「へ?」
 かがみさんの目が、勝負を掛けろと言っている。もうここから二人きりですか。
「まこと君がんばってね」
「う、うん?」
 つかささん、それをこなたさんもいる、ここで言うのもおかしいと思うよ。
「それでは、私たちはここでお別れですね」
「そ、そう……だね」
 小さくガッツポーズを作り、応援してくれるみゆきさん。でも、こなたさんに見えてるよ。
 こなたさんは不思議そうにしている。気付いていないようで、助かった……。
「吉報を待ってるわよ」
 別れ際、そうかがみさんにこっそり励まされた。さあ、ここからが正念場だ。

「……」
「……」
 二人で帰路に着くが、緊張してうまく会話が続かない。
 これじゃダメだ、なんとかして会話を繋げて、雰囲気を良くしないと。
 そもそも、今日見た映画という切り札があるじゃないか。これを使えば間違いない!
「え、えとさ、こなたさん」
「……う、うん」
「あの映画なんだけどさ――」
「……あのシーンは、良かったよね……」
「うん、原作には無いシーンだったけど、原作の雰囲気をうまく再現してたよね」
 映画の話題は、異常なほど効果があった。現在、電車に乗車してからも、大分会話をしている。
 次の停車駅ってどこだろう? 車内アナウンスに耳を傾ける。
「次の停車駅は――」
 あ、あれ? おかしいな、次の停車駅はちょうど俺が降りる駅じゃないか。
 こうなったら、惚けて乗り過ごして、チャンスを待つしかないか!?
「あ……、まこと君次の駅だよね……」
「え? う、うん……ソウダヨ」
 ははは、さすがこなたさん。素晴らしいフォローだ、惚ける余裕さえない。
 これはマズイぞ、どうする俺!

 雰囲気を無視して突然告白!
無難にデートのお誘い!
 あえて強引に乗り過ごし!

 うん、ここまで余裕がないなら、無難な結果でも仕方がない。と自分に言い聞かせてみる。
「えと、こなたさん」
「……どうかしたの?」
「いや、そうじゃなくて、来週の日曜辺り暇かなって」
「え……? えぇ……!?」
 こなたさんの顔が真っ赤になる。
「忙しいかな?」
「う、ううん……その、大丈夫……だよ」
「じゃあ、来週の日曜にどこかに出掛けようか?」
「うん、……喜んで」
 ここで、ギリギリのタイミングで駅に着く。もう少し遅かったらアウトだったかもしれない。
「それじゃあ、俺はここで。また明日ね」
「……うん、また明日。……その、今日は……ありがとう」
 こなたさんは顔を赤らめつつも、いつもの控えめな笑顔で俺を見送ってくれた。来週こそは、きっと……!

 家に無事到着し、自分の部屋で休んでいると、かがみさんから電話がきた。
「もしもし、まこと君?」
「あっ、かがみさん。今日はありがとう」
「別に気にしなくていいわよ、それで、どうだったの?」
「あー、来週の日曜に、どこか出掛けることになったよ」
「……チキン」
「いや、映画の話題を出したら、予想以上に盛り上がっちゃって」
「えーと、それで告白の機会を失ったから、来週にってこと?」
「うん、そういうこと」
「あー、なんかあんたたちらしいわ、それ」
「そ、そうかな?」
「うん、すっごく。……まあ、来週はがんばりなさいよ。みんな応援してるから」
「わかってるよ、ありがとう」
 電話を切り、いつもより早く布団に潜り込む。緊張する機会が多かったので、大分疲れていたからだ。
 その日、不思議な夢を見た。こなたさんが、今までありがとうと言って、去ってしまうという夢だ。
 まるで、俺に別れを告げるかのようなその夢は、なぜか起きてからも鮮明に記憶に残っていた。

 週が明け、いつもどおりに登校し、教室へと入る。
 こなたさんは、今日は珍しく遅いようだ。
「おはよう、みんな」
 みんなはもう来ていた。かがみさんも隣のクラスから来ている。
 映画の話をしていると、背後に聞き慣れた声が聞こえた。
「おっはよー。いやー、久しぶりにネトゲやったら盛り上がっちゃってさ~」
「え……?」
 それは、見慣れた友人で、陵桜で最初の友人で、桜藤祭を一緒に過ごしたこなたさんだった。
「あれー? こなちゃんだー、久しぶりだね」
「いやー、私もみんなと会うのがすっごい久しぶりな気がするんだよねぇ、何でだろ?」
「それは、その……色々あったんですよ、泉さん」
「そうなんだ。って、かがみ何その顔、そんなに私に会いたくなかったのかなー?」
「いや、会いたかったんだけど……、なんていうか、あんたってタイミング悪いわね」
「どゆこと?」
 みんなが何か話しているけれど、何もわからない。なんというか、自分がからっぽになるって、こういう感覚なんだなと実感する。
「いや、色々と説明が面倒だから……ってまこと君!? 大丈夫!?」
「え? 何が?」
「いや、何がって……泣いてるのにわからないの?」
 ああ、頬に何か流れているなと思ったら、涙だったのか。
「うん……、久しぶりにこなたさんに会ったら、嬉しくて涙が出てきたみたいだ」
「……そっか」
「そろそろ予鈴が鳴るよ」
 俺は早々に席へと戻った。何だろう、頭がきちんと働かない。
「……ねえ、かがみ。後で、何があったかちゃんと教えて」
「わかったわ。まあ、一応こなた自身のことではあるからね。……ていうか、あんたってホント無駄に鋭いわね」
 結局、いつ授業が終わって、今日がいつ終わったのかもわからなかった。
 俺がわかるのは、喪失感が強すぎて、からっぽになってしまったということだけだ。
 そして、からっぽな俺を埋めるのは、次第に大きくなっていく後悔だけだった。

 一体どんな一週間だったのか、俺にはわからなかった。ただ、なんとなく一日が過ぎていくだけ。
 そして、今日は約束をしていた日曜だ。
 けれど、約束をした人はもういない。だから、もっと寝ていてもいいだろう。

「……起きて……ねぇ、起きてよぉ」
 声が聞こえる……聞き慣れた友人の声だ。けれど、それもおかしな話だ。ここに来るのは母さんぐらいなのだから。
「……おーい……早くしろー……、とっくに約束の時間は過ぎてるよー……」
「母さん……何言ってるんだ、今日は約束なんてないよ……」
「残念でしたー。こなただよー」
「うああっ!? な、何でこなたさんがいるんだよ!」
「おばさんに了解はもらったよ。ちゃんと理由も言ったし」
「なんて?」
「幼馴染の恋人です」
 その理由は……やめてほしい。というか、同じようなやりとりを、以前したような気がするんだけれど。
「はあ、母さんに嘘ついてまで、何しに来たのさ?」
「何しにって、そりゃ出掛ける約束したからに決まってるでしょ」
「その約束は……って、何で今のこなたさんが知ってるのさ?」
「ごめん、かがみに全部聞いた。やっぱ嫌?」
「うーん、一応こなたさん自身のことだし、俺がどうこう言えないよ」
「ふーん、じゃあ早く行こうよ。私自身との約束でしょ?」
「うっ……、そうくるか。……わかったよ、準備するから部屋から出て、待っててくれない?」
「はいはーい」
 もはやこなたさんのペースだ。けれど、落ち込んでいるときは、振り回されるくらいでちょうどいいのかもしれない。
「お待たせ、それじゃあどこに行きたい?」
「そうだねぇ、テキトーにぶらぶらしよっか、気の趣くままに」
「わかった。…………ありがとう、こなたさん」
「別に気にしなくていいよ。落ち込んでるまこと君なんて見たくないしね~」
 こなたさんが俺の手を取り、歩き出す。あのときとは、ちょうど真逆だ。
 今になってわかる、手を取ってくれる人が、どれだけ温かい存在なのか。

 好きな人に、伝えることができなかった言葉がある。きっと俺は、それをずっと後悔していく。
 けれど、俺を心配して、手を取ってくれる人がいる。その人のためにも、俺は前を向いて歩いて行こうと思う。