※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…進路?」

放課後。
なんとはなしにダベってた俺たちのところに、小早川さんたちがやってきた。
「はい。週末までに希望を提出しなさいって」
手にした洋半紙には、希望進路を幾つか書くような欄が描かれている。アンケートみたいな感じだろう。
あ、そういう季節か。
「……でも、まだピンと来なくて…」
「それデ、コナタたちにソーダンしよっテ!」
なるほどね。



げっとざ☆ふゅーちゃー




「そんなわけで、まずは参考までに先輩方の進路を聞きたいっス」
俺たちの進路か…
えーと、確かみゆきさんは…
「私は医学部で進学を…」
「で、つかささんは料理学校だっけ」
「うん。お料理もっと勉強したくて」
うーむ、二人ともしっくりくるなぁ。
…でもみゆきさん、医者って苦手だった気が。特に歯医者とか。
「私は、一応法学部で進学よ」
「…マジで?」
「なによ、らしくないっての?」
かがみさんににらまれた。
「や、そーゆーわけじゃないけど」
意外としっかりした進路でびっくりしたくらいで。

「そーいえば、ゆーくんって進路決めてたっけ?」
背後からこなたの声。
正確には、俺の背中に寄りかかってぺたぺたとくっついてるんだけど。
「ん、まぁね」
本当はつい最近まで漠然としか決めてなかったんだけど。
「文芸学部で進学希望」
へー、と周囲から声。
「もともとなにかしら書くのは嫌いじゃなかったんだけど、そうじろうさんと話するようになってから、結構興味持っちゃってさ。折角だから本格的に勉強してみようかなって」
「先輩、小説家目指すんスか?」
「どうかな。まずは知ってみたいって好奇心みたいなもんだし、どうなるかはまだわからないよ」
っと、仮にも彼女たちは俺たちに相談しに来たんだ。テキトーなことは言えないな。

「なんてゆーか、さ」
こほん、と咳払いひとつ。
「まずはなにをやりたいか、それを決めるのも難しいと思うんだ」
俺だって、いまのいままでかかったわけだしな。
「就職するにしろ、進学するにしろ。進学するなら、どのジャンルってのもあるし」
それこそ選択肢は鬼のようにある。
「だから、今は…何に興味があるか、くらいでいいと思うよ」
好きこそ物の…ってのもある。
それを伸ばせるチャンスがあるんだ。乗っからない手はない。
「大丈夫。キミらはまだ2年猶予があるんだから」
でも、それにあぐらかいてちゃだめだけどね。
そう言って締めくくる。

「おぉ~」
ぱちぱちと拍手。なんか恥ずかしいな。

「いやー、さすがゆーくん。カッコいいことゆーねぇ♪」
なでなで。
「ちょ、頭なでるなって」

「そういえば、お姉ちゃんは進路決めたの?」
小早川さんが問いかける。
ふむ、俺も聞いたことないな。
「うーん、正直全然なんだよねぇ~」
「おいおい」
呆れ顔のかがみさん。
「まぁ、あてがないわけでもないというか」
「なぁに?」
首をかしげるつかささん。こなたはにんまりと笑って、改めて俺に抱きつく。

「ゆーくんとこに永久就職☆」



…………世界が凍りついた。



「ちょ、こ、こなた!?」
焦る。嬉しいけど、めっちゃ焦る。
「……ヤなの?」
上目遣いに俺を見る。寂しげな目で。
こら、そんな目で俺を見るな。
「…………ヤじゃ、ないです」
照れる。そりゃもうこの上なく照れる。

「コナタ、“エーキューシューショク”ってなんですカ?」
「んー、簡単に言っちゃうと。お嫁さんってことかな?」
きゃっ、言っちゃった♪ なんて。
…キャラ違くない、こなた?

「ナルホドです! …じゃァ、ワタシの進路はこれでケッテーですヨ!」
さらさらと進路希望のプリンタにペンを走らせる。
なになに…
第1希望の欄に書かれたのは…


【ユーキのアイジン】


「こーゆーコトですネ! ワカリマス!」
……って待てぃ。
「それは進路じゃねえ!」
「そーだよ、ダメだよパティ!」
助け舟を出してくれるこなた。
「ゆーくんの愛人枠はもうかがみんの予約が入ってるんだからっ」

……はい?

「ちょっ、なにバカ言ってんのよこなたっ!!?」
耳まで真っ赤になって、かがみさんが怒鳴る。
「えー、違うの?」
「ったりまえだ!」

……やれやれ。

「なんか、あれだな」
「はい?」
俺の呟きに、みゆきさんが首をかしげる。
「どれだけ時間がたっても、万一みんなバラバラになっても…この空気…ってか、雰囲気?……変わらない気がしてきたよ」
きゃいきゃいとかしましく騒ぐこなたたちを見てると、そう思う。
「……ですね」
くすくす笑いながら、みゆきさんが頷いた。

「あ、でも変わるものもあるよ?」
「え?」
いつの間にか俺の傍らに戻ってきていたこなたが囁く。

「……たとえば、私の名字とか♪」
小悪魔ちっくに微笑んで、俺の腕にしがみつく。
まったく、こなたってヤツは。

「…それも、いいかもな」
ただ、そうじろうさんは大泣きしそうだけど。
「婿養子って手もあるよ?」
「…選択肢には入れとくよ」

…でも、ま。

「その“未来”は楽しみだけど…」
「?」
「“今”、こーやっているときを大事にしたいかな」
何度も同じ“時”を繰り返した身としては、今のこの何気ない時間が、なにものにも変えがたいものだって、知っているから。

「……そだね」
こなたが頷いて、そっと寄りそう。その肩を、抱き寄せる。


放課後の喧騒が、遠くに聞こえた。