※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…ゆうきくんっ」
とぼとぼ歩く背中に、声をかける。
振り返る彼の表情は、いつになく沈んでいて、痛々しい。
「あ、かがみさんか…」
「開口一番、ごあいさつね」
はっぱをかけるつもりの軽口。それでも彼の表情は晴れない。
「…やっぱ、つらい?」
言わずもがな、日下部とのケンカの件。
僅かに目を泳がせた後、ゆうきくんは力なく頷いた。
「単純に嫌われてたときとは違うからね」
仲良くなってから、恋人になってからの、拒絶。
彼氏のいない私としては、そのダメージを計り知ることは出来ないけれど。

「仲直り、したいよね」
「そりゃそうだよ。…でも、なんて声かけたもんかってさ」



峰岸に聞いた一件と、彼の説明を照らし合わせる。
話聞く限りだと、ゆうきくん側に非は殆どないといっていいだろう。
「…どうかな、かがみさん。なんか、いい案ない?」
すがるような目で、聞いてくる。
日下部と仲直りしたい、って想いが、視線から零れ落ちる。

……複雑。

なにか、もやもやする。
このまま、仲直りしなくてもいいのに、なんて考えたりして。


「……かがみさん?」
「…そう、ね」
一瞬浮かんだ、ヤな考えを振り払い、出来る限りの笑顔を装う。
「アイツだって、もう反省してる頃だろうからさ。まずは話、してみたらどうかな」
「そうかな…」
「あのねぇ、あんた仮にも彼氏でしょ? それぐらい信じてやんなよ」
ズキン、と胸が痛んだ気がした。

「…そうだよね。ごめん、かがみさん」
「私に謝ってどーすんのよ。いいからとっとと仲直りしろ。あんた達がケンカしてるとこっちの調子まで狂っちゃうわ」
そうするよ、と苦笑しながら言って、その顔に笑みを戻したゆうきくんは、足取り軽く走り去っていった。

―――まったく、世話が焼けるんだから。

溜息混じりに、心の中で呟く。

「いーの、かがみん?」
背後から声をかけられる。
「何がよ、こなた」
渋そうな表情で、私を見るこなた。
「実はちょっとだけ、後悔してるとか」
「―――!」
こいつ、たまに鋭い。
「やっぱ図星か。まぁ、解らなくも無いけどさ」
そう言って、寂しげな表情で笑う。
「実は、チャンスだったかもよ?」
「そーゆー発想、あんたらしいわね」
動揺を悟られないように、軽口を叩く。
「まぁ、実際私も一瞬そー思ったもん」
「…え?」
顔を伏せるこなた。
「でもま、やっぱりさ」
再び上げた顔には、笑みが宿っていた。
「どーせなら、彼の“いちばん”を見てたいじゃない?」
…ほんの少し、引きつってたけど。
「……まぁ、そうね」
多分、私の笑顔も引きつってる。

「さて…帰ろっか、こなた」
「そだね。…あ、ねぇかがみ」
「ゲーマーズ寄るの? いいわ、付き合ったげる」
「うそっ!? どーゆー風の吹き回し? 明日は槍でも降るとか?」
「どーゆー意味だコラ」

―――こなたの、言うとおりだ。

私が一番見ていたい、アイツの“いちばん”の笑顔は…



日下部の隣でしか、見られないのだから。