※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

みさとの週末デートも、もう生活の一部になりつつあった。
 最初はお互い照れくさかったけど、今じゃ親友以上っていうかさ。

 そりゃ、学生の身分でいける範囲なんてたかが知れてる。
 それでも、俺たちは。

 一緒に遊んでる。その事実だけで、とても楽しくて…とても幸せなんだ。

「なーゆうき、今日はどこ行こっか?」



   だんしんぐ☆ほりでー



 みさが商店街をぴこぴこと歩いていく。
 アメリカンドッグをパクつきながらのそれは、Tシャツとジーンズという組み合わせもあいまって、一瞬男の子に見えてしまいそうにもなる。
 …もちろん、俺はそんなへまはやらないけどね。

 でも、たまには女の子っぽい格好もして欲しいな…なんて思ったりして。
 制服以外のスカート姿も、見るだけなら見てみたかったり。
 …なんか、わがままになってきたかも、俺。

「んお? …へー、ここゲーセンできたんだなー」
 ふと、みさが立ち止まり、俺もそれに倣う。
「そういえば、みさってゲームとかするの?」
「ん、たまにな。あんまウマくねーけど、楽しいから好きだゼ」
 考えてみれば、デートでゲーセンは行った事なかったな。
 …まぁ、デートスポットとしてはちょっと微妙だけど。
「入ってみよっか?」
「そだな。なんかおもしろそーだし♪」
 ほら、はやくいこーぜっ! なんて言いながら、みさが俺の手を取って引っ張っていった。

  *

「へー、結構いろんなモンがあんだな」
 ひとくちにゲームといえど、そのジャンルは幅広い。
 いわゆるクレーンゲームに代表されるプライズゲームや、家庭用ゲーム機をグレードアップさせたようなビデオゲーム。大掛かりな体感ゲームなどなど。
 ものめずらしそうにあたりをキョロキョロしながら、自分のお眼鏡にかなうゲームを探すみさ。

 …あ、あれとかいいかもな。

「みさ、こっちこっち」
「ん?」
 俺が案内したのは、某有名メーカーのダンスゲームの筐体。
「すっげーな…ゲーセンのゲームってレバーガチャガチャするもんばっかかと思ってたぜ」
 で、どーやって使うんだ? と首をかしげる。
「画面に音楽と一緒に矢印流れてくるから、タイミング合わせて同じ矢印を、足で押すんだ」
 ま、百聞は一見にしかず。
「まずは俺がやってみせるから、見ててよ」
 コインを放り込んで、プレイスタート。
 可もなく不可もなくな難易度を選んで、説明しながらこなしていく。
 うん、やるのはひさびさだけど、これくらいならなんとかなるかな。

「…どう?」
「ん、おもしろそーだな。やってみる」
 俺に代わってステップに立ち、今度は彼女がスタート。
 試しに俺が選んだのと同じ曲で。

「…お?」
 2曲目は俺オススメの曲で。
「…おお?」
 3曲目はみさの好みで。
「おおお~♪」

「なんだこれー! すげーおもしれー!!」
 気が着くと、すっかりハマってた。
 やっぱり、身体を動かすのが性に合ってるようだ。

 それからはずっとみさのターン!
 時折俺と交代しながら、ちょっと難易度の高いの選んで失敗したり、ダブルプレイで文字通りキリキリまいしたり…
 時間と懐の許す限り遊んでいるうちに、なんだかギャラリーも増えてきた。


「はぁ、はぁ…み、みさ…そろそろ…終わりにしない?」
「なんだよー、もうヘバったのか? じゃ、次二人でやろうぜ。それで終わりにするからさ」
 みさのお願いに、内心ジト汗かきながら頷く。

「そんじゃ、いくぜ!」

 何度もプレイしているうちに、俺も以前のカンが戻ってくる。
 基本的に動かすのは足だけだけど、メロディやリズムに合わせて腕とかも一緒に動かす。
 たまーにすごい勢いでステップ踏みまくってる上級者がいるけど、あれは俺に言わせればちょっと邪道かな。
 せっかく踊るんなら、全身使わないと。

 踊りながら俺がそう言うと、みさが「そうそう、そーだよな!」って。
 意見が合う。たったそれだけのことが、すごく嬉しい。

「なーなー、ゆうき」
「んー?」
 不意にみさが俺の手を握る。
「せーので、入れ替えするぞ。いいな?」
「え? ええ?」
 ニュアンスでなんとなく意図は察したけど…
 できるのか?
「できるかじゃねーよ。やるんだよ♪」
 …だそうな。

「んじゃいくぞ…せーのっ!」
 曲の途中、メロディが一瞬途切れる隙間をぬって、手を繋いだ俺たちの身体がくるりと回転して、立ち位置を切り替えた。
 おお~! と沸き立つギャラリー。ちょっと気分がいい。
 ちらりとみさを見ると。にかっと笑ってVサイン。

 やがて、曲が終わる。
 最後のステップをスパっと決めた途端、ギャラリーの拍手が背中に降りかかって来た。
 ちょっと照れくさいけど、それに応えて二人してサムズアップする。

「やったな、ゆうき」
「おう!」
 向かい合って、ハイタッチ。


 満足げなみさの笑顔が、スポットライトより眩しかった。