※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――翌日、昼休み屋上。
ゆたか「・・・で、あっさり断ってきちゃったんだ。」
みなみ「うん。」

・・・さっき、告白の返事をしてきた。

返事は、ただ二言。

『・・・好きになってくれてありがとう。でも、ごめんなさい。』

・・・相手は、本当に、辛そうな、悲しそうな顔で、去っていった・・・

ゆたか「・・・ええと、私と先輩との会話はどこにいっちゃったの?」
みなみ「・・・それは、ゆたかだもの・・・。先輩だって、他の人ならちゃんと断ると思う」
ゆたか「・・・優しさ、は?」
みなみ「優しいから、断るの」
ゆたか「・・・ぇええ・・・」

・・・ちなみに、ゆうべのことも、ゆたかには話した。
ゆたかも、あの日、先輩に話したのだし。

ゆたか「・・・なんか、みなみちゃん、図太くなった?」
みなみ「・・・そうかも・・・」

いろいろな気持ちを知る度に、なんだか少しずつ変わっていってる。
もちろん、一度には変われない。変わった気になってはいても、すぐに元に戻る。

・・・でも、確実に。

前には進んでいるはず―――

ひより「・・・あ、岩崎さーん!小早川さーん!」
ゆたか「・・・あれ、田村さんだぁ」
みなみ「・・・うん」

田村さんが駆け寄ってくる。かなり走ってきたらしく、息が荒い。

ひより「・・・っ、ハアハア、岩崎さん岩崎さんっ」
みなみ「・・・お、落ち着いて・・・どうしたの?」

田村さんが詰め寄ってきた。目には、怪しい光を携えて。

そして。

ひより「聞いたよ、聞いたっスよ~。告白されたんだって?」
みなみ「・・・ぇ、えっ?誰から?」

何故?私なんかの話題が、こんなに早く広まるの?

ひより「もうクラス中のウワサだよー。岩崎さんが、一年のアイドルを振った、って」
みなみ「・・・アイ、ドル・・・?」

・・・何、それ。

ひより「知らないの?相手の人、1年で一番カッコいいって、クラスでも有名なんだよ?」

・・・いや、そんなこと知るわけが・・・たしかに、いい人だとは思ったけど・・・

ひより「狙ってる子も多くて、平和協定なんかも結ばれてるくらい。学園の王子様だね。」
ゆたか「お、王子様・・・?」

みなみ「・・・ぇ・・・え・・・?」

・・・何、この展開

ひより「・・・おかげで大騒ぎ。私にもみんな『なんで?岩崎さん彼氏いるの?』って」
みなみ「・・・・・・・・・・・・ぇ」

ちょっと待って。まさか。

ひより「・・・いやー、だからその、三年生の恋人がいるよ、って言っちゃったー」

みなみ「・・・・・・・・・ぇ」

何故。どうして。

ひより「・・・しばらくうるさいかもねぇ。他の狙ってた子とかから」
ゆたか「・・・・・・えーと・・・みなみちゃん・・・」
みなみ「・・・・・・何も言わないで・・・」

みんな知ってる。
・・・ということは、その彼にも。時間の問題。

みなみ「・・・・・・・・・・・・ハァ・・・」
ゆたか「そ、その・・・ふぁいとっ」
みなみ「・・・うぅぅ・・・」



・・・もうしばらく、溜息は続きそうだ。