※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「言ってみれば、出来レースって言うか。
相手は俺が当然断るのを知ってて、相手もそれを望んでいて、俺もそれをわかっていて。
それでも、そうせざるを得ない状況で。」
みなみ「・・・・・・・・・・・・」
「・・・苦しかった」

苦悶。先輩の横顔は、ひどく歪んでいた。
「『ゴメン』、って、ただ一言言えば、それで終わりなんだけれど」

「・・・どうしても、言葉にならなくて」

「・・・ただ、しばらくじっと固まってた」

「そうしたら、小早川さんが、言ったんだ」

―――『ゴメンナサイ。先輩を困らせるつもりじゃなかったんです』

『ただ、伝えたかっただけ』

『答えは、いりません』

『だから、せめて』

『・・・嫌わないで、いて下さい』

『・・・それだけが、私の願いです。』

みなみ「・・・・・・・・・先輩」
「これで終わり。・・・情けないよなぁ、俺には、岩崎さんがいるのに。」

みなみ「・・・そんなこと、ありません」

よく、わかる。私だって、そうだから。
ほとんど知らない人に言われた私でさえ、こんなに心苦しいのに。
・・・先輩は、ゆたかに言われたのだから。

みなみ「・・・先輩」
「・・・・・・・・・」

みなみ「・・・先輩は、情けなくなんか、ないです。」
「・・・でも、俺は・・・」
みなみ「先輩」

私は、先輩の手を、取って。

みなみ「・・・情けないから、断れなかったんじゃ、ないです。」

先輩の手を、強く握って。

みなみ「・・・それは、きっと。」

・・・先輩の目を、見て。

みなみ「・・・先輩が、優しいから。優しすぎるから。」

それは、時には、ただの優柔不断に思われるかもしれないけれど。

みなみ「優しすぎて、壊れてしまうくらいに」

みなみ「・・・先輩の心が、暖かいから。」

「・・・岩崎、さん」

みなみ「・・・ありがとう、ございます」

みなみ「少しだけ、わかりました」

みなみ「・・・人に、好きに、なってもらった気持ち」

みなみ「嬉しいけど、苦しい気持ち」

みなみ「・・・とっても、難しい気持ち。」






「・・・それじゃあ、おじゃましました。」
母「ええ、またどうぞ。・・・でも、できれば今度は、昼間にね?」
「・・・う///ハイ。」
母「それじゃ。みなみ後はよろしく~」

・・・もう、日は変わった。明日も学校だ。先輩も早く帰らなくては。

「・・・岩崎さん、ゴメンね?相談に乗りに来たのに逆に乗られちゃった感じだ。」
みなみ「・・・そんなこと・・・ありません。すごく参考になりました。ありがとうございます」
「そう?」
みなみ「ハイ」
「・・・・・・なら、良かったよ。また明日、っと、今日、か。学校でね?」
みなみ「・・・・・・はいっ」





母「行った?」
みなみ「・・・うん」
母「・・・泊まっていけばいいのにね~」
みなみ「っっ!なっ//////」
母「冗談よ。お父さん仕事でいなくて良かったわねぇ。いたら、何て言われることやら」
みなみ「/////////」
母「さ、早く寝なさいよ~」
みなみ「///・・・うん。」



今日、知った事。

それは、誰かを好きになるよりも、

・・・誰かが、自分を好きになった時の方が、大変だということ。

・・・だって、それは、人の気持ちだから。


自分の気持ちだって、簡単には変えられないのだから。