※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  ~第四十五章~
 
 
 「黙れっ! いい気になるなよ、小娘がっ!」

鈴鹿御前の斬撃が、真紅の身体を真っ二つに引き裂こうと迫る。
いくら潜在能力を覚醒させたと言っても、喩えるなら、産まれたばかりの赤ん坊。
今ならば、両断することなど、文字どおり『赤子の手を捻る』ようなものだった。
事実、鈴鹿御前はまだ、自らの勝利を揺るぎないものと信じていた。


――その時、空を斬って、一陣の黒い旋風が駆け抜けた。

その気配に気づいたものの、鈴鹿御前は反応できなかった。
なぜなら、彼女が反応するより早く、ソレは到達していたのだから。
 
真紅を両断すべく振り降ろされる筈だった鈴鹿御前の剣は、
しかし、目的を果たすことなく、彼女の手首ごと吹き飛ばされた。
一瞬、何が起きたのか理解できなかった鈴鹿御前も、右手首から迸る漆黒の血と、
二の腕を駆け上がってくる激痛に、獣のような絶叫を上げた。


 「あんまり調子に乗ってるんじゃないわよぉ」

聞き慣れた声に、真紅が振り向いた先には――

 「お待たせぇ、真紅ぅ。不細工な顔が、少しはマシになったんじゃなぁい?」

太刀を冥鳴の発射態勢に構えて、いつもどおりの軽口を叩く、水銀燈の姿があった。
鈴鹿御前の右手首を吹き飛ばしたもの……それは、水銀燈の放った冥鳴だったのだ。
けれど、従来の冥鳴とは、明らかに速度、威力ともに増していた。

 「水銀燈っ!? 貴女、本当に……水銀燈なの?!」
 「……なぁに、その言い方。私が生き返っちゃ悪かったのかしらぁ?」
 「そんな訳…………そんな訳がないのだわ! 私は、貴女に――」
 「ああ、待って待ってぇ。話の続きは、後でゆっくり聞かせて貰うわぁ。
  それより、他の娘たちも、そろそろ夢の世界から戻ってくる筈よ」

水銀燈の言葉が、目覚めの挨拶だったのだろうか。
仰向けに寝かされていた薔薇水晶と雛苺が、静かに半身を起こし始めていた。
そして、金糸雀が、翠星石と蒼星石が、雪華綺晶が……
汚泥のような黒い穢れを振り祓って、立ち上がろうとしていた。

志半ばで斃れてしまった姉妹たちが、また、帰ってきてくれた。
その歓喜は、無限の勇気となって真紅の胸を満たし、全身を震わせる。
私は独りじゃない。
そう思えることが、こんなにも嬉しく、心強いことだなんて。

 「あぁ…………貴女たち……良かっ……本、当に」

もう涸れ果てたと思っていた涙が、真紅の赤い瞳から、ぽろぽろと流れ落ちる。
涙の粒は、すぐに大きさを増して、ついには大洪水となってしまった。
涙ばかりか、鼻水まで溢れてしまっている。

 「あらあら、酷い顔ねぇ、真紅ぅ。ちょっとは凛々しくなったと思ったのに。
  はっきり言って、貴女の不細工な泣き顔は、もう見たくないわぁ」
 「し……仕方……ないじゃない。私だって、泣きたくない……のに」

涙は、尽きることなく湧きだしてくる。拭いても拭いても、キリがなかった。
けれど、再会を喜び合う彼女たちの会話に、恐ろしい呻き声が割って入る。
悠長に和んでいる暇は、与えてくれないらしい。

 「ぐうぅ……おのれぇ。よくも、ふざけた真似をしてくれたな! 死に損ないどもがっ」
 「ふっ……それは、こっちの台詞よぉ。くたばりぞこないの、おバカさぁん。
  ウチのへっぽこ退魔師さんを、よくも可愛がってくれたわねぇ。
  これは、その御礼よ。ありがたぁく、とっておきなさいなっ!!」

ところが――
水銀燈が、太刀を構えて精霊を起動しかけた直前、驚愕すべき事態が発生した。
彼女の手の中で、太刀が眩い光に包まれたのだ。
何が、どうなっているのか? 突然の激変に、水銀燈は狼狽した。

 「ちょっとちょっとぉ……な、なんなのよぉ、これぇ!」
 「大丈夫よ、水銀燈。それは……最後の神器を貴女に授ける儀式なのだわ」

真紅の穏やかな声色に、水銀燈も落ち着きを取り戻す。
そして、数秒で光が収まった後――

 「……こ、これ……が?」
 「ええ。それこそが、第三の神器……神刀『紫綺』なのだわ」

水銀燈の手には、ひと振りの薙刀が握られていた。
その刃は紫水晶の様に透き通って、不可思議、且つ、神々しい輝きを放っている。
人の手では造り得ない細工は、正しく荘厳の一言に尽きた。
眺めているだけで、息苦しいまでの圧迫感を覚えた。

 「神剣『菖蒲』、神槍『澪浄』、そして神刀『紫綺』。
  穢れの元凶を討ち果たす上で、これら三本の武器は、必須なのだわ」
 「凄いわ、これぇ。でも、ホントに……私が貰っちゃっても良いのぉ?」
 「私は、貴女にこそ貰って欲しいわ。水銀燈」
 「……ふぅん? たまには、可愛いことを言ってくれるのねぇ」

水銀燈は、真紅に向けて片目を瞑ってみせ、薙刀を鈴鹿御前に向けた。

 「そういう訳だから、覚悟しなさぁい」
 「ぬぅっ!」
 「行くわよ、冥鳴っ!」

水銀燈のかけ声と共に、神刀の切っ先から、漆黒の精霊が解き放たれる。
その姿は従来と全く異なり、精霊の進化形態『冥鳴・黒龍変化』を取っていた。
黒龍と化した冥鳴が、漆黒の顎を開き、凄まじい速さで鈴鹿御前に迫る。

 「こんな子供だまし、弾き返してくれるわっ!」

冥鳴の突進を食い止めるべく、鈴鹿御前は両翼を前方に広げた。
赤い翼に、漆黒の顎が牙を立てる。その状態で、暫しの鬩ぎ合いが繰り広げられた。
みしみしと、翼が軋む。
ぎしぎしと、牙が食い込んでいく。

そして遂に、鈴鹿御前の足が地を離れ、吹き飛ばされた。

冥鳴は、鈴鹿御前の翼に噛みついたまま飛び過ぎ、彼女の身体を壁に打ちつける。
それだけに留まらず、壁を砕き、数多の瓦礫を鈴鹿御前に向けて降らせた。
鈴鹿御前の身体が、瞬く間に瓦礫の下敷きになっていく。

壁を砕いた凄まじい衝突音は、室内の空気を震わせた。
その大音響によって、目覚めたばかりで朦朧としていた娘たちの意識も、
完全に呼び覚まされる。

 「真紅っ! キミは――」
 「無事ですか、真……くぅ!」
 「……真紅。耳……生えてる」
 「え? え? ど、どうなってるかしらー!」
 「真紅が、狗になっちゃったのよー!」
 「っ!? 真紅っ……貴女の、その目はっ?!」

蒼星石が、翠星石が、薔薇水晶が――
金糸雀が、雛苺が、雪華綺晶が――

正気を取り戻すなり、真紅の元に駆け寄ってきた乙女たちが、
口々に真紅の容姿について言及した。
特に、雪華綺晶と薔薇水晶は、赤目に対し、敏感な反応を見せる。
今まで、彼女たちが人々に忌み嫌われる理由だった、狗神憑きの証。
その赤目の輝きが、真紅の双眸に宿っていたのだ。

 「これは……まさか……。薔薇しぃ、ちょっとゴメンナサイ」
 「え? ちょっ……ヤダぁ」

嫌がる薔薇水晶の手を払い除けて、雪華綺晶は妹の眼帯を外した。
そこに有ったのは、左右とも同じ琥珀色の瞳だった。

 「……ねえ、薔薇しぃ。私の眼帯を、外してみて下さらない?」
 「赤目……見たくない」
 「お願い。ね?」
 「…………うん」

渋々と頷いて、薔薇水晶は震える指先を、姉の眼帯へと伸ばした。
どうして、今更、こんな事をさせるのだろう。この非常時に。
薔薇水晶は、釈然としない心持ちで、自分が造って姉に贈った眼帯に触れて、
そっ……と、取り外した。

そして、隠されていた姉の右眼を見て、ハッと息を呑んだ。
そこに有るべき赤目は無く、左眼と同じ、琥珀の眼差しが有った。

 「お……お姉ちゃん……これは」
 「おそらく、真紅と一体となった時に、彼女へと引き継がれたのでしょう。
  だって、元々は彼女の能力なのですから。
  八つに別れたとき、私たちが受け継いだに過ぎないのですわ、きっと」
 「そのせいで、酷い目に遭ったよね……私たち」
 「でも、そのお陰で、私たちは強い絆を得ることが出来ましたわ」
 「……そうだね」

薔薇水晶の左目から、涙が零れ落ちた。
不思議な事に、涙は左の目からのみ流れ、右目からは一滴も溢れなかった。
そして、雪華綺晶もまた、右の瞳から落涙していた。
左の瞳からは、一滴も溢れさせずに……。

 「変だね、私たち。片方の目だけで、泣いてるなんて」
 「この涙は……子供の頃から隠され続けてきた涙ですわ。
  だから、思いっきり流してあげましょう。一滴残らず、涸れてしまうまで」
 「……でも、闘いにくいよ」
 「それならば、私が拭ってあげますわ。これから、いつまでも、ずっと」

言って、雪華綺晶は妹の華奢な身体を抱き寄せて――
涙を流す左目に、そっ……と、唇を触れさせた。

 「えへっ…………なんだか、恥ずかしいね」
 「ええ。少しだけね。でも……なんだか心地よいですわ」
 「……じゃあ、私も……お返し」

薔薇水晶は、両手で姉の頬を挟み込んで引き寄せ、泣き止まない右の瞳に、
優しい口づけを送った。
今まで、辛く、悲しいことばかりだったけれど……もう、平気。
支えてくれる人が側に居るから、私たちは、強くなれる。
至高の存在へと、昇華できる。

いつしか、二人の涙は止まっていた。
辛さも悲しさも、どこかに消え去って、幸せな感情だけが、胸を満たしていた。

 「さあ! 行きましょうか、薔薇しぃ。決着を付けに!」
 「うん! でも、お姉ちゃんは、真紅を手伝ってあげて。
  神槍の所持者として……勤めを果たしてきてよ」
 「解りましたわ。貴女は、大丈夫?」
 「だいじょぶ。見ててね」

薔薇水晶が瞼を閉じて、精神を集中する。精霊、圧鎧を起動……。
次の瞬間、彼女の全身を、純白の甲冑が包み込んでいた。
荘厳なまでに美しい光沢は、全ての穢れを跳ね返す、退魔の輝きを放っている。

 「……どう? 真紅と一体になっている時に、やり方が解ったの。
  これが『圧鎧・玄武変化』だよ」
 「凄い……素敵ですわ、薔薇しぃ」
 「私だけの力じゃないよ。みんなが教えてくれたから、できた」

雪華綺晶が感嘆の溜息を吐いて、褒め称えると、薔薇水晶は嬉しそうに微笑んだ。
そして、彼女は自分たちを温かく見守っている乙女たちを見回して、話しかけた。

 「みんなだって、きっと出来るよ。精霊たちは、きっと応えてくれるから」
 「じゃあ、ボクも試してみよう」
 「みんなを信じて、やってみるかしら!」
 「ヒナも、挑戦するの。少しでも、みんなの力になりたいのよ」

蒼星石は、剣を構えて精神集中に入った。
精霊、煉飛火が、どんな姿に変わっていくかは、何故か解っていた。
それは紅蓮の炎を纏い、翼を広げた気高い姿。

金糸雀の脳裏に浮かぶ氷鹿蹟は、青く透き通った、水晶の飛竜へと変貌を遂げて、
その雄々しい姿を惜しみなく見せつけている。

雛苺は想像の中で、驚嘆していた。
単なる光球に過ぎなかった縁辺流が、地に降り、逞しい四肢を生じていく。
変身は尚も続き、縁辺流は今や、威風堂々たる白い獣と化していた。

 「おいで、煉飛火」
 「さあ、出てくるかしら。氷鹿蹟」
 「縁辺流……お願いなの」

三人の求めに応じて、精霊たちが起動する。
煉飛火は、蒼星石の剣『月華豹神』から。
氷鹿蹟は、金糸雀の足元に落ちた影から。
縁辺流は、雛苺の首筋から。
それぞれが、起動直後から進化形態を取っていた。

 「蒼星石の煉飛火は、朱雀変化。金糸雀の氷鹿蹟は、青竜変化。
  そして、雛苺の縁辺流は、白虎変化ね。
  みんな上出来よ。とても立派で、素晴らしいのだわ」
 「真紅の法理衣は、どんな変化を見せるのかしら?」
 「さあね? あまり、変わらないと思うのだけれど……法理衣!」

赤い瞳、頭の狗耳、そして、ふさふさの尻尾。
狗神の徴を露わにした真紅が起動した精霊は、赤く色づいた紅葉の形をしていた。
無数の紅葉が宙に浮遊して、真紅を護る障壁を形成している。
効果範囲は、全方位。身体との間隔も広く開いているため、衝撃も伝わり難い。
まさに、理想的な防御障壁だった。

 「これで、全員……準備は良いわね」
 「私は、いつでも良いわよぉ」
 「カナも、準備完了かしら」

水銀燈は神刀『紫綺』を肩に担ぎ、金糸雀は銃に弾丸を詰めて、弾倉を押し込む。

 「いつでも、かかってきやがれです」
 「ボクたちだって、今すぐにでも戦えるよ」

双子の姉妹も、既に臨戦態勢に入っている。
雛苺、薔薇水晶、雪華綺晶も、真紅の号令を黙って待っていた。

空気を震わせる穢れの者どもの怒号が、確実に近づいている。
真紅は、黒龍変化した冥鳴によって崩され、瓦礫の山を成した壁を見据えて、
姉妹たちに声を掛けた。

 「みんな……聞いてちょうだい。
  私たちは、御魂の絆によって導かれ、一つの目的を果たすために、
  こうして集まったわ。そして、一時的に不幸な状況を経験したけれど、
  今は、心が一つに纏まっている。少なくとも、私はそう信じている。
  つまりは、八つの御魂が収束、融合したに等しいのだわ」
 「なるほどね。そういう捉え方も、出来たかしら」
 「必ずしも、真紅の中に宿る必要なんて、無かったですね」
 「ええ、そうよ」

真紅は、七人の顔を順に見回して、言った。

 「これは、私が選び取った運命。私なりのやり方で……
  一人も欠けることなく、穢れの元凶を討ち果たす結末を、私は望んだわ。
  だから、いま一度……みんなの力を、私に貸してちょうだい。
  そして、必ず勝利して……これで終わりにするのよ!」

 「今更……言われるまでもない」 薔薇水晶が、不敵に微笑む。

 「私たちは、ずっと以前から」 雪華綺晶は、神槍を頭上で回転させて見せた。

 「そのつもりだったのよ?」 雛苺は、白虎と化した縁辺流に跨って。

 「ボクたちは一蓮托生」 蒼星石は『月華豹神』を構え。

 「どんな時だって一緒かしら」 金糸雀も、迷いなく頷く。

 「今更、負けるつもりなんか無いですぅ!」 翠星石は、誰よりも元気に。

 「さあ、真紅ぅ! ケリを付けようじゃないの。私たちの因縁に!」 
 
水銀燈の一言で、全員が気合いを漲らせた。
 
 
怒号に混じって、けたたましく廊下を踏み鳴らす音が、近づいてくる。
敵の先鋒は、目と鼻の先まで来ていた。

真紅は、姉妹たちに微笑みかけて、号令を下した。

 「水銀燈と雪華綺晶は、私と共に、鈴鹿御前を討つのだわ。
  翠星石と蒼星石、金糸雀は、彼らを護りながら、敵を迎撃してちょうだい。
  薔薇水晶と雛苺は、私たちの妨害をする敵の部隊を掃討、殲滅する役よ」

銘々に了解の返事をして、彼女たちは素早く展開した。
蒼星石、翠星石、金糸雀の陣取った場所から程近い廊下に、穢れの槍足軽どもが姿を見せる。
長槍を構えて、躊躇いなく全力疾走してくる。

 「来たですよ、蒼星石。油断するなです」
 「凄い数だね。でも、今なら……大した驚異じゃないよ」

蒼星石は、そう言うと、廊下に向けて朱雀の姿となった煉飛火を放った。
朱雀が貫いた後には、一瞬にして灰となった足軽どもが、崩れ落ちていく。
忽ちの内に、廊下は灰の山で一杯になった。

いきなり、彼女たちの側を弾丸が過ぎった。
別の方角から、鉄砲足軽の一団が、鉄砲を撃ちかけようとしている。
第一射目が外れたのは幸運だった。

 「油断するなと言った側から、これですか! 睡鳥夢ぅっ!」

腹立たしげに吐き捨てると、翠星石は精霊で、一時的な障壁を形成した。
睡鳥夢の表面で、弾丸の跳ねる音が鳴り、止む。
その一瞬を待って、翠星石が精霊を格納した。

 「金糸雀っ! 今ですよ」
 「任せておくかしら」

一分の隙も見せない見事な連携で、金糸雀の氷鹿蹟が飛翔してゆく。
水晶を透かして見える篝火の明かりが、分光されて、虹色の光沢を放つ。

氷鹿蹟は、次弾を込めていた鉄砲足軽どもの頭上で滞空すると、
牙の生え揃った顎を開いて、人の耳には聞こえない極超短波の咆哮を上げた。
圧電現象によって水晶を発振させ、極超短波の電磁波に変換して放っているのである。
鉄砲足軽の骸骨たちは、何が起きたかも解らない内に、粉微塵に砕け散っていた。

 「…………ウソぉ」
 「へぇ。凄い威力だね。驚いたよ」
 「カナが一番、驚いたかしら」
 「できれば、私たちの近くでは、使って欲しくねぇですぅ」
 「もも、勿論! あんな攻撃の巻き添え食らったら、死んじゃうかしら」

【智】の御魂を持つ金糸雀ですら、どうなるか見当もつかなかった。
もし巻き添えを食らった場合、細胞内の水分子が励起、振動して、発熱を経て沸騰する。
その結果、肉体が内側から破裂してしまうのだ。
強力ではあるが、諸刃の剣でもあった。
 
 
 
その頃、真紅は水銀燈と雪華綺晶と共に、瓦礫の山へと近づいていた。
精霊の攻撃で斃れてくれる相手なら、何の苦労もない。
常人で有れば確実に圧潰している状況でも、鈴鹿御前ならば生きていると思えた。

案の定、真紅たちの接近を悟ってか、瓦礫の山が蠢き出す。
そして――赤い翼で瓦礫を撥ね除けながら、鈴鹿御前が立ち上がった。
憤怒と怨念によって鬼女に身を窶した、もう一人の真紅が。

 「わたしを、ここまで痛めつけるとは……思いもしなかったぞ」

冥鳴に引きちぎられて、失われた彼女の右手は、既に再生を果たしていた。
やはり、精霊の攻撃くらいでは滅びてくれないらしい。

鈴鹿御前の表情に、最早、嘲笑は無い。
右手に皇剣『霊蝕』、左手に龍剣『緋后』を握り締めて、鈴鹿御前は真紅を睨みつけていた。

 「もう、遊びは終わりよ。全力で、相手をしてやるわ」
 「上等よ。完膚なきまでに、叩きのめしてあげるわ」

お互いが放つ猛烈な闘気が、二人の間でバチバチと火花を散らして、鬩ぎ合っていた。
 
 
 =第四十六章につづく=
 
 

|